ハイセンス テレビ 価格。 【楽天市場】ハイセンスジャパン ハイセンスジャパン 4K対応LED液晶 50A6800

テレビについて価格が低めのメーカーでハイセンスやフナイというメーカーが...

ハイセンス テレビ 価格

ハイセンス液晶テレビ2020年モデル ハイセンスは4月27日、4K液晶テレビの新モデル「U8F」シリーズと「U7F」シリーズを発表した。 前者は価格. com プロダクトアワード2019の金賞を受賞したハイエンドクラス「U7E」シリーズの後継モデル、後者は価格. comの「薄型テレビ・液晶テレビ」カテゴリーの人気売れ筋ランキング1位(2020年4月27現在)の「E6800」の後継モデルとなるエントリークラスの製品だ。 5月下旬より順次発売開始となる。 また、今回の新モデルから本体デザインを刷新。 さらに、視聴位置から見下ろす角度にあるアンダーフレームに山形の角度を設け、より薄く見えるようにするアンダーフレームデザインも取り入れたのもポイント。 ハイセンス「55U8F」 ハイセンス「75U8F」。 「レグザエンジンNEO plus」に搭載されていた「3段階超解像処理」などの各種高画質化機能に加え、新たにAIによる超解像処理が追加された。 シーンを判別し、それぞれのシーンに適した超解像処理を行う「シーン別超解像処理」、映像の動き量をAIで判断し、前後のフレームから超解像処理に最適なフレームを選択して処理を行う「モーション別超解像処理」、映像のエリアごとの黒つぶれや白飛びを識別して処理を行う「エリア別適正露出復元」といった高画質化機能により、さらに美しい映像が楽しめるようになったという。 東芝映像ソリューションと共同開発した「レグザエンジンNEO plus 2020」を搭載 液晶パネルは倍速駆動対応で、バックライトは直下型LEDによるローカルディミングをサポート。 倍速駆動とバックライト制御によるフレーム補間技術「SMR(Smooth Motion Rate)」は、今回のモデルから他社製品の同様機能の性能数値化算出方法を参考に数値化することにしたそうで、「SMR 960」という名称となっている。 直下型LEDバックライトはローカルディミングに対応 倍速パネルとLEDバックライト制御によるフレーム補間技術「SMR(Smooth Motion Rate)」も搭載 操作性の面では、独自UIである「VIDAA」が、最新の「VIDAA 3. 0」にアップデート。 従来モデルの「VIDAA 2. 5」では左右にスクロールする形の操作系だったが、「VIDAA 3. 0」では、1段目にグローバルの動画配信サービスやテレビ機能を、2段目に日本独自の動画配信サービス機能を、さらにその下に動画配信サービスのおすすめコンテンツを配置するといったように、横だけでなく縦にもスクロールする形の操作体系に改められた。 最新の「VIDAA 3. 0」のユーザーインターフェイス また、テレビリモコンのデザインも大きく変更。 従来機種では、動画配信サービスへのダイレクトボタンは、「Netflix」と「YouTube」の2つしか用意されていなかったが、新モデルでは「Amazon Prime Video」「Hulu」「AbemaTV」「U-NEXT」といった使用頻度の高いボタンが新たに追加されている。 付属のテレビリモコン。 、動画配信サービスへのダイレクトボタンが6つに増えた エントリークラス「U7F」シリーズ 液晶テレビエントリークラスの新モデル「U7F」シリーズ。 ハイセンス「U7F」シリーズ。 「U8F」シリーズと同じく、大海原を航海する帆船をイメージしてデザインしたそうだ 映像エンジンは最新の「NEOエンジン2020」で、高精度の映像信号処理によって階調性や 微小信号の再現性が高まり、グラデーションなどをより滑らかに再現できるようになったという。 また、昨年モデル「E6800」に搭載されていた「NEOエンジン」との差分として、「ワイドビューアングル」という機能を搭載したのもポイント。 映像設定から同モードをONにすることで、視野角を広げて斜めから見ても引き締まった映像を楽しめるという。 搭載する映像エンジンは「NEOエンジン2020」 なお、液晶パネルは「E6800」同様に等倍速パネルを採用。 バックライトと偏光フィルムの間に特殊なフィルムを取り付け、偏光フィルムで遮られた光をフィルムで反射させて再利用することで輝度を高める「バックライトブーストフィルム」も、「E6800」から引き続き搭載する。 「バックライトブーストフィルム」も引き続き搭載.

次の

ハイセンス「E6800」は『文句ナシに“買い”』の高コスパ4Kテレビだ!その実力を徹底チェック! (1/2)

ハイセンス テレビ 価格

ハイセンスというブランド名をまだ聞き慣れない人もいるかもしれないが、既に50年の歴史を持つ老舗企業グループ。 日本の10倍以上の規模がある中国のテレビ市場においてシェア1位、グローバルのTVシェアでも4位という世界の巨大ブランドだ。 日本におけるハイエンドの薄型テレビ展開を本格化したのは昨年のこと。 REGZAの名前で薄型テレビを展開する東芝映像ソリューションの映像技術を得て、そのノウハウをハイセンスブランドのテレビづくりにも活用し始めた。 こうして、グローバルブランドとしての圧倒的な部材の調達力と、日本の薄型テレビメーカーの高画質ノウハウを兼ね備えた、コストパフォーマンスの高い製品を産み出せる下地を持つブランドが誕生したのだ。 その新体制下で昨年12月に発売された4K液晶テレビ「A6800シリーズ」は、新4K衛星放送チューナーを内蔵したり、東芝映像ソリューションと共同開発した高画質エンジン搭載するなどのハイコスパ性で大ヒットした。 製品ラインナップは50型と43型の2モデル。 日本のリビングにも置きやすい手頃なサイズを狙ったラインナップ展開であることがうかがえる。 50型が10万円前後、43型が9万円前後という手頃な価格も魅力のひとつだ。 画質面を司る映像エンジンは2019年仕様の「NEOエンジン」。 NEOエンジンの特長のひとつが、地デジ番組を強力に高精細化してノイズ処理を行う「地デジ高画質化処理」だ。 映像のエッジ部や平坦部を認識してノイズ処理する「高精細ノイズ処理」によって、モスキートノイズやブロックノイズを軽減させる。 また、「エリア別高画質復元」では、平坦な部分はノイズを処理し、目立たないディテールの細かい部分はシャープにと映像に応じて最適化。 「テクスチャー復元」では画面全体に対して彩度適した輝度になるように映像を調整し、映像の質感までも表現する。 そしてさらに「HDR再現処理」で地デジ放送も質感や色潰れなくHDR化処理。 そのほか、液晶テレビの残像を軽減してスムーズに表示する「SMR」にも対応している。 映像を解析し絵柄に応じた高精細化とノイズ処理が追加される。 「明るさセンサー」で周囲の明るさを検知して最適な画質に調整するだけでなく、地域(初期設定で入力)・季節・時間帯の情報からも照明環境を推定、そして視聴するコンテンツの種類も判別と、複数の条件を用いて映像の色やコントラスト、シャープネスまで自動調整してくれる。

次の

Hisense

ハイセンス テレビ 価格

数ある4Kテレビの中でも、抜群ともいえるコストパフォーマンスを実現しているHisense(ハイセンス)A6800と E6800。 大手メーカの最新4Kテレビと同じような機能を備えながらも、格安テレビ並みに価格が安いため、 地味ながらもかなり売れています。 この2種の4Kテレビ、A6800のほうが旧モデルでE6800のほうが新モデルであるため、 価格が異なることはもちろんですが機能やインターフェースも若干異なっているんですよね。 しかし両モデルとも人気があるため、どちらを買えばよいかで迷っている方もおられるのではないでしょうか? というわけで今回は、ハイセンス A6800と E6800の違いについて解説するとともに、 どちらを購入するのがお得なのかについてお話ししたいと思います。 まず最初に、ハイセンス A6800とハイセンス E6800の主なスペックをご紹介するとともに、その違いについて説明します。 以下、A6800とE6800の50型のモデルのスペック表です。 50型のほか、43型のモデルもラインアップされていますが、 サイズや重さ、消費電力以外のスペックは50型のモデルと変わりません。 7 kg(50型) 最初の表が旧モデル「A6800」のスペック、次の表が新モデルの「E6800」のスペック表で、 E6800の表にある赤文字は、両モデルの相違点となります。 以下、違いについて書き出してみました。 A6800とE6800の違い ・HDMI端子の数が異なる ・連携できるスマートスピーカーの種類が異なる ・消費電力、本体のサイズ、重さが異なる ・映像処理機能に若干の差がある まずわかりやすい点としては、HDMI端子の搭載数があげられます。 旧モデルのA6800では3端子であったものが、E6800では4端子へと増加しています。 3端子でも普通に使う分には十分な数ですが、 ゲーム機など外部デバイスの接続が多い人には、できるだけ数が多いほうがケーブルを差し替えなくてもよいため便利なのですよね。 あと、連携できるスマートスピーカーの種類も増えています。 A6800ではGoogleアシスタントのみであったものが、 E6800ではAmazon Alexaにも対応するようになりました。 これはスピーカーを持っている場合に限ってではありますが、利用するのなら利便性が高いといえます。 さらに消費電力について。 新モデルのE6800では、A6800と比較して消費電力が抑えられています。 わかりやすくいうと、より省エネになったということです。 見た目にはわかりませんが、内部のパーツをより省電力なものに変更したのだと思われます。 もともとA6800も消費電力は高いほうではありませんでしたが、E6800ではA6800と比較して10Wほど消費電力が下がっており、 テレビの視聴時間が長い人ほど電気代の面で恩恵があるといえます。 あとデザインが若干変わった関係で、本体サイズや重さにも変化がみられます。 新モデルのE6800の方が、A6800よりもわずかに小さくまた軽くなりました。 特に重さは約5kgと大きく減っており(50型のモデルの場合)、より設置が楽になったのではと思われます。 軽すぎると、子供がぶつかった場合や地震の時に転倒しやすいという心配もありますが、 設置がしやすいのは悪くありません。 そして最後ですが、映像処理機能にも変化があります。 こちらは上記のスペック表には記載していないのですが、 使われているレグザエンジンNEOの処理機能が、新しいE6800では若干増えているようです。 といっても新旧モデルともに、映像処理機能は東芝レグザのエンジンをベースにした「レグザエンジンNEO」が使われており、 画質にはっきりと大きな違いがあるわけではなさそうです。 以上のように、細かく見ると変わっている点はそれなりにあるように思えるのですが、 全体として見た場合、 A6800とE6800との間にそれほど大きな違いはないといえます。 HDMI端子の数が増えたのは一部の人にとっては便利かもしれませんが、 「だから絶対にE6800のほうが良い」といえるかというと、そんなことはないのですよね。 テレビに外部デバイスを接続することが多い人や新しいものが好きな人、 またAmazon Alexaを使う人は新モデルの「E6800」を選ぶべきですが、そうでなければ無理してE6800を選ぶ必要はありません。 ハイセンス A6800と E6800 どの程度の価格差があるのか 今回のハイセンスのテレビだけに限ったことではありませんが、旧モデルと新モデルとが同時販売されていたとしたら、 例外なく旧モデルのほうが価格が安いです。 当たり前ですよね。 ほとんどの製品は新モデルのほうが機能が増えていたり、使いづらかったところが改善されているところがほとんどであるため、 ユーザーには新モデルを買ったほうがメリットがあるわけです。 メリットがあるぶん、価格が高くなっています。 ただハイセンス A6800と E6800に関しては、前項でも述べたようにそれほど大きな違いはありません。 なので、特に新モデルを買わなくてはいけない理由がないのなら、A6800を買ったほうがコストを抑えることができるでしょう。 で、具体的にどの程度の価格差があるのか? 家電の価格変動は大きいため、確実な数字は出せませんが、 2020年4月13日時点で確認したA6800、E6800の最安価格は以下の通りです。 細かく見ると、43型に関しては旧モデルのA6800のほうが若干安くなっています。 しかしサイズの大きい50型に関しては、驚くことに新モデルのE6800のほうが全体的に安い傾向があります。 この程度の差しかないのであれば、新モデルを選んでもよいのではないでしょうか。 一方で少しでも安いほうが良い方は、その時点で最安となっているモデルを選びましょう。 現時点の価格は、以下のページで確認できます。 ハイセンス A6800と E6800の特長 ・4Kチューナー標準搭載 ・レグザエンジンNEO搭載で高画質 ・HDR(HDR10、HLG)に対応 ・VOD機能など便利な機能を搭載 ・価格がとにかく安い ものすごく簡潔にお話しすると、4K放送を見るための4Kチューナーを標準で内蔵している点と、 高性能な映像処理エンジンを搭載しているという点が大きいです。 国内大手メーカーのテレビは、画質が高く高機能ですが価格が高いですよね。 ハイセンスのA6800やE6800は、そういった大手のテレビと同様の画質・機能を実現しながらも、低価格なところが多くの人に受けています。 「安かろう悪かろう」ではないばかりか、「安かろうよかろう」といってもよいくらいの内容なんです。 なかには「安さ」だったら、格安テレビも負けていないのでは?と思われる方もおられるかもしれません。 しかし格安テレビは機能を削ることでコストダウンを図っているため、 4K対応であっても最初から4Kチューナーを内蔵している製品は多くありません。 また画質もいまいちである製品が多いです。 ほかにもVODサービスに対応していなかったり、インターフェースの内容が最小限であったりと妥協しなくてはならない点が多くあります。 できるだけ安く買いたい人にはメリットが大きい一方で、 場合によっては「安物買いの銭失い」にもなりかねないのです。 一方で、ハイセンス A6800と E6800は安いのにもかかわらず、 大手家電メーカーの最新テレビと変わらないくらいのスペックで低価格を打ち出しています。 なので、コストパフォーマンスが良いといわれるのです。 正直、これまでのテレビの価格から考えるとありえない価格設定だともいえます。 まあ、大手家電メーカーの価格の高いテレビの中には、よりスペックが高く高機能・高画質を楽しめる製品もありますので、 予算が許すのならそういったモデルを選んだほうが満足度は高いはずです。 しかしテレビに10万、20万もかけたくないという人もいますよね。 コストをかけたくないけど、ある程度満足できる機能や画質を持ったテレビが欲しいという人には、 ご紹介しているハイセンス A6800と E6800が向いているといえるでしょう。 興味をお持ちの方は、ぜひ製品をチェックしてみてください。 関連記事.

次の