井戸の中の蛙。 「井の中の蛙大海を知らず」の意味とは?続きと類義語も解説

故事成語「井の中の蛙大海を知らず」の意味と使い方:例文付き

井戸の中の蛙

お正月の初夢のことわざで「一富士二鷹三茄子」というものがあります。 これは夢に出てくると縁起がいいものを表したものです。 ほかにも、「井の中の蛙大海を知らず」にも実は続きがあるんです。 今回は、こうした有名な言葉の意外と知らない「続き」をご紹介します。 柔らかさのあるものが固く強靭なものをいなす場合もあるという意味です。 しかし実は「剛よく柔を断つ」という「固いものが柔らかいものに打ち勝つ」という意味の続きもあるのです。 「狭い世界で一つのことを突き詰めたからこそ、その世界の深いところまで知ることができた」ということをあらわしています。 早起きを推奨する標語のようなものだったのでしょうね。 まあ確かにそのとおりです 笑。 品質は大事ですが、人の命には代えられませんからね。

次の

「井の中の蛙大海を知らず」の意味と語源

井戸の中の蛙

黄河 こうが の神が、初めて海へ行ったところその広さに驚き、北海の神に話したらこのように言われました。 「井戸の中の蛙が海のことを語れないのは、井戸のくぼみにこだわっているからだ。 夏の虫が凍りのことを語れないのは、夏の季節にとらわれているからだ。 いずれも狭い環境にとらわれ、ありきたりの視野・見方しか持ち合わせていないからだ。 あなたは大きな海を見て、自身のおろかさを知り、物事の真理を知ることができたのだ。 」 この様に、『秋水』では、視野が広がったことを賞賛する言葉として「井の中の蛙大海を知らず」を使用しました。 この話が転じて、「井の中の蛙大海を知らず」は世間知らずを指す意味を持つようになりました。 他の二つは、儒教と仏教。 「井の中の蛙大海を知らず」の例文 「井の中の蛙大海を知らず」を使用した例文を見てみましょう。 「井の中の蛙大海を知らず」と似た意味を持つ言葉 「井の中の蛙大海を知らず」と同様の意味を持つ言葉があります。 その一つが、「針の穴から天をのぞく」です。 「針の穴から天をのぞく」は、自分の狭い見識をもとに、大きな事柄について勝手に推測をする例えです。 目の前の景色しか見ることができていない時に使用します。 「井の中の蛙大海を知らず」と同じように見識が狭い状態を表しています。 まとめ 以上、この記事では「井の中の蛙大海を知らず」について解説しました。 読み方 いのなかのかわずたいかいをしらず 意味 狭い知識や見方にとらわれて、視野がせまくなっている状態 原点 荘子の書いた『秋水』で説明されている 由来 井戸の中の蛙に海の話が通用しないのは、蛙が井戸という小さな世界に生きているから 続き 狭い世界にいたとしても、空が雄大なことは知ることができる 類義語 針の穴から天をのぞく 「井の中の蛙大海を知らず」は、日常生活でもよく使用することが出来る言葉です。 ぜひ使ってみてください!.

次の

井の中の蛙とはどういう意味?

井戸の中の蛙

秋の大雨の季節、あらゆる川の水が黄河に注ぎ込んでいました。 両岸は遠く隔たり向こうに立っているのが馬なのか牛なのかも見分けがつかないほどです。 黄河の神「河伯(かはく)」はすっかりうれしくなり、天下の善と美がすべて自分のところに集まったと思い込みました。 河伯は黄河の流れに沿って東に進み、やがて北海(ほっかい)に到達します。 そこで東を向いて眺めると水の果てが見えない大海原です。 河伯は北海の神「北海若(ほっかいじゃく)」を見ながら嘆きました。 「私はこれまで実にうぬぼれていました。 あなたの計り知れない大きさを見て、上には上があるものだと知りました」 すると北海若は 「井の中の蛙に海のことを話してもしかたがない。 蛙は狭い自分の棲みかになじんでいるのだから。 夏の命しか持たない虫に氷のことを話してもしかたがない。 夏の虫は自分の生きている短い時間だけをすべてと信じているのだから。 見識の狭い人間に大道のことを話してもしかたがない。 その人は世間の教えに縛られているのだから。 今お前は大きな海を見渡して、初めて自分の小ささを知った。 今のお前ならば大道の理についても語り合えそうだ」 と言ったということです。 「井の中の蛙」はまた「井の中の蛙、大海を知らず」とも言います。 この言葉もまた、上に挙げた『荘子』の物語から来ています。 ところでこの「蛙」、なぜ「カエル」ではなくて「カワズ」なんでしょうか? はっきりしたことはわかりませんが、昔からこの二つの呼び名があったようです。 江戸時代の「蛙」でも 芭蕉の句では「古池や かわずとびこむ 水の音」と「カワズ」ですが 一茶の句では「やせがえる 負けるな一茶 ここにあり」と「カエル」になっています。 不思議なもので上二つの有名な俳句、蛙の読みを交換するとイメージがだいぶ変わってしまいます。 芭蕉の句からは深みが消え、一茶の句からは軽妙さが消えます。 では「井の中の蛙」を「カワズ」から「カエル」に変えたらどうでしょうか? 格言の重みが消える気がします。 昔の人はこうして二つの音の語感から使い分けたのかもしれません。 「井の中の蛙」の関連語 「井の中の蛙」と同じく『荘子』がもとになってできた故事成語には、「」「」「」「」などがあります。

次の