ザウルス 語尾。 遊☆戯☆王デュエルモンスターズGXの登場人物

【恐竜雑学】サウルス(ザウルス):ドン:トプスの意味とは?

ザウルス 語尾

「方言」なか言葉のーとしては面白いのですが、の「語尾」にはそれを遥かに超えるがあるかと思います。 そこで今回は「独特すぎるの語尾」を、にしてみました。 は年前からやって来た妖精貴族の子供との事で、古語っぽい「~おじゃる」が語尾として非常に特徴的。 他にも自分の事を「麿(まろ)」、2人称を「そち」「そなた」と言うなど、古語を意識したが多く、一度聞いたら忘れられないがありますね。 2位は「ラム」の「~だっちゃ」!弁でもある、「ラム」の「~だっちゃ」が2位を獲得しました。 侵略のためにやってきた鬼型ラムのかなり特徴的な語尾「~だっちゃ」、疑問形になる時は「〜のけ? 」に変化するようです。 3位は「」の「~ナリ」!っぽさが若干感じられる、「」の「~ナリ」が3位に・インしました。 1人称は「ワガハイ」で、語尾は「~ナリ」という事で何となく武士を彷彿とさせ、反面世界のは武士らしさが強調され「〜ゴザル」になっていました。 筆者的には『』の「」が言う「~ゲソ」「~イカ」がなかなか独特だと思ったのですが、それぞれ8位と15位とあまり振るわない結果となってしまいました。 今回は「独特すぎる!の語尾」をご紹介させていただきました。 気になるもぜひご覧ください! 調査方法:編集部が「リサーチ」に対してを行い、その結果を集計したものです。

次の

独特すぎる!キャラクターの語尾ランキング

ザウルス 語尾

839 ID:1gn8E2ydp. 816 ID:PWCJhouY0. 785 ID:4q0QvjxQa. 514 ID:74EWynn0r. 458 ID:HCK0t43jd. 722 ID:JrIdzMNi0. l lハ :. ::::::. : , :. :::::::. \い个:. 291 ID:lzoGLXUm0. 978 ID:YFyFQCv00. 118 ID:9gJEelgU0. 925 ID:WSlCU8Yt0. 200 ID:9gJEelgU0. 632 ID:Xi1HRzuKp. 172 ID:b9AM1CBGd. 499 ID:UtAce0dxd. 357 ID:j78cfeS1d. 746 ID:pHUMW43W0. 581 ID:P19y7EqA0. 106 ID:72abf1kBa. 097 ID:m23r6isGd. 310 ID:uqcQVNUk0. 654 ID:9gJEelgU0. 434 ID:P19y7EqA0. 554 ID:9gJEelgU0. 213 ID:pHUMW43W0. 982 ID:jJgE1fZb0. 042 ID:9gJEelgU0. 486 ID:rv2xQMEtd. 212 ID:6o2fEXU0a. 224 ID:izKEOTE50. 098 ID:GgBSTS3La. 521 ID:TuDWZ2H50. 871 ID:4Jn1C5xd0. 851 ID:9wfwT3vld. 939 ID:72abf1kBa. 730 ID:Ix2mavIt0. 219 ID:dT2FTIO20. 651 ID:x1Cqy7Jm0. 010 ID:ZZg2erduK. 978 ID:HA0vxqHo0. 522 ID:BaPU5QXT0. 650 ID:pHUMW43W0. 553 ID:72abf1kBa. 661 ID:FelaHQot0. 103 ID:hlseewbf0. 204 ID:c45BbDjo0. 922 ID:QypbXP4Ir. net ティラノ剣山に比べてダイナソー竜崎のかませ感は異常 総レス数 65 12 KB.

次の

語尾で誰か分かっちゃうアニメキャラランキング

ザウルス 語尾

は、実際に存在したとの共存した「協和」が由来とされる。 () 種族(見たまんま)の特徴がを用いた語尾。 「」が。 ウサ () のをとしたがに使用する語尾。 ウラ () 名前の一部が語尾になっている語尾。 ゃる 坂ノ上 () にの・が使用する語尾。 古の「ゃる」自体は「ある」の丁寧として用いられていた。 おす () でよくにする語尾。 共通の「~です」と同じ。 例:お分かりいただけただろう か? かいっ? () 左記のが問いかける発言をする際は大抵この語尾が使われる。 かしら () 共通の「~ですか」の変形。 意味は同じで、疑問を投げかける際に用いる語尾。 でも使われる。 かし () なが使いそうな語尾。 基本的に「かしら」と同じ意味だが、「ー」の長音符を付ける事で独自の表現としている。 ? () 「~かな?」の変化形と思われ。 かも () 「~かもしれない」の形。 ギョラ () 名前の一部が語尾になっている語尾。 ギョン ふみ男 () 名前及び関連するが語尾になっている語尾。 () 種族等の特徴が語尾になった。 ちなみに「」のは「下足」であり「足」を意味する。 時代物に登場するが使うことが多いものの、最近ではが使用する場合もある。 元は古の「ございます」をとする。 実際に使用されていた語尾だが、以降は一般的に使用される事がくなった。 () 自身の名前が語尾になる。 ゴッツンコ () 自身の名前が語尾になる。 の () 種族等の特徴が語尾になった。 とで発音等に変化を加えて違いを表す事が多い。 ゴロ の () 種族等の特徴が語尾になった。 とで発音等に変化を加えて違いを表す事が多い。 オモッ () の容姿等の特徴を用いた語尾。 聞いただけで、使用しているがどの様な特徴を持っているかがわかる。 さ 大寺 () 親しい間柄で会話する際に用いる事があるが、語尾として頻繁に用いられる事は少ない。 の言葉に似たような表現がある。 ザス () の名前の一部を語尾にしている。 この場合は「ディノザス」など。 の () の () な語尾の1つ。 持ちののがよく使う。 はからある山の手言葉。 一時はの標準にもなりかけた。 ザンス () テラザ () な語尾の1つ。 嫌みったらしいが良く使う語尾。 は代に活躍したの が使用していた語尾。 (の) し () 「だし」と同様で「~だよ」が変形した語尾。 容姿が若くみえるでも、設定上用いるもある。 は東部の。 では、でも老若でこの語尾を当たり前のように使用している。 () の語尾。 ん () 弁()でよくにする。 共通の「~だから」という意味になる。 「じゃけ」や「じゃけん」等と意味は同じな為、元々1つの語尾がによって更に変化したものと思われる。 じゃけ () () に見られる表現方法。 共通の「~だから」という意味になる。 語尾としては割りと定番である。 じゃけん () () に見られる表現方法。 基本的には「じゃけ」と同じ意味だが、こちらは共通だと「~だからねぇ」とが少し変化する。 じゃろ () 一般的にと呼ばれる語尾の一種。 その名の通り老人が用いる語尾なのだが、左記のの様に外見はそれ程でなくても設定上(にべて)高齢のが用いる事もある。 では老若問わずとして用いられている。 じゃん () () の代表的な語尾。 等では、したを表現する時に用いられる(左記のはいずれもその類ではない)。 ウィッター () ( 「じゃん」の違う表記。 じょ () 波弁(弁)の「~です」にあたる語尾。 左記のの場合は、語尾として用いている事があるが、作品のはの為、波弁とは関係なく用いていると思われる。 ずら () 弁 ・ 弁 ・ 甲州弁 ・ 信州弁で見られる表現方法。 「づら」も同義。 () () () 「ずら」の違う表記。 ぜ () 基本形は「~だぜ」とう形式だが、「~ぜ」と聞いていてに感じる使い方をする場合がある。 ぜい () 弁圏内の出身者が標準を話そうとする際に、変則的に用いられる独特な語尾。 ぜぇ! () 「~だぜぇ」の形式でにする語尾。 ただし、左記のに限ってはか使い方が特殊な為、詳しくは「」を 参照。 ぜよ () でよくにする語尾。 様々な作品でがこの語尾を用いる事が多い為、なのに一般的に認知されている。 ぞう () のをとしたがに使用する語尾。 () の弁で用いられる会話表現。 共通の「~ではないですか」を弁で表現した旧表現にあたる。 あくまで表現方法なので、厳密に言うと語尾ではない。 () () の設定かは不明だが、内や内ではこの様に表記する事がある為、語尾の一種と思われる。 ダー ・T () 「~だ」の変化形と思われ。 だーね () 「~だね」の変化形と思われ。 () () () 「~だよ」と同じように「~」と使う。 開始の「」の「べるの」が語尾の最古か(もっと古いで単発的に使用された事はある)。 そのべるの自身は、芸人の亜土が由来とっている。 詳細は「」の記事参照。 だぎゃ 三河 () のでよくにする語尾。 だし () 「~だよ」「~です」等が変化して出来たと思われる語尾。 親しい間柄の相手と会話をする際に用いる人も多い。 左記のの場合はであろうと用いる。 だじぇ () () 「~だぜ」の変化形と思われる。 だぜ () () () () な語尾の1つ。 がよく使う語尾だが、左記の様にが使う事もある。 詳しくは「」を 参照。 だぞ () () 塚 () () な語尾の1つ。 にがよく使う語尾だが、左記の様にでも使う事がある。 だぞっ () おそらく「だぞ」の変形したものと思われる。 だっち くち () にある「っち」を参照。 だっちゃ () () 元々は弁で見られる語尾(他地域でも語尾につける所あり)。 だっぴゃ だっぴゃ人 (勝手なやつら) の作品において、のちにの「だっちゃ」へ至ることとなった過程的語尾。 だな ラックス () 本来は断定する際に用いる語尾。 ただし左記のラックスの様に、語尾として用いる事もある。 () 「だな」の別表記。 表記にする事で、ではなくが用いている様に思わせることが出来る。 だなも () で用いられる表現。 「~だ」の語尾部分が消滅したものと思われる。 ピョン () 弁・(東三河)で用いられる表現。 元々は推量表現であるが、左記では語尾として使われている。 だネー 育恵 () 現代っ子()を表現する為に「ね」だけを表記にした特殊な語尾。 ド () () かつてからの南端にかけて分布していたの一つ。 の化とともに、周辺の農村地区をさせる言葉として定着した。 ではの的と重ねたり、いわゆるの一つとして使われる場合が多い。 玉出 () な語尾の1つ。 では尊に属し、時代あたりだと対等な相手にも使い、現代だと下の相手に使ってやや尊大な感じを与える。 だもん () 「ダ」イア「モン」ドから来ていると思われる。 だもんよ () だよ な語尾の1つ。 元々、りに古くからある語尾。 だヨー 育恵 () 「~だよ」の変化形と思われる。 ダヨー (、他) 元々はの語尾として使われていたもの。 が種族化するうち、他のダヨーたちも自身の種族名を語尾とするようになった。 ダワ ート () 「~だわ」の変化形と思われる。 だわさ () () () 自身の名前が語尾になる。 チョピー () 自身の名前が語尾になる。 ッシャ () ッシャー () っしょ. モフ (ザ の挑戦状) 「~でしょ」が崩れた言葉だと思われる。 っす () () として使われる語尾の中ではなものの一つ。 にの等によって使われるが、それ以外にもな性格のや、なところのあるによっても使われる。 元々はの一部で使われていただったが、ののち敗れた側の出身者を下に見たがる潮のなか立場の弱い者の使う言葉として定着したを持つ。 そのためか、勝者側のだった「」とは逆に使うといで見られることもある。 ッス () () () ス () 「っす」の別表記。 「っす」と同様、基本的にはという位置づけ。 「っす」も同様だが、時と場所を選らばずに使い続けているとといで見られるので注意。 時代のの皆さんがよく使っていた。 っすわ () 意味としては「っす」や「ッス」と同じ。 ただ正確に共通に訳すと「~ですよ」とが変わる。 っち 宗像弁で「~ということ」という意味だが、基本的に語尾ではその様な意味合いで用いられる事はどい。 っちゃ () 「」のであるが、の「繁れる」に登場する弁を元にしたもの。 っつて だいけると可くなる語尾「っつて」 これを流行らせようっつて ってばよ () っピ () ッピ () 場合によっては「ッ」が抜ける場合もあり。 断定を避ける口的表現だが、付けのための語尾として使ってしまうと、控えめな性格を表現していることになるっぽい? づら () にある「ずら」を参照。 () () 元々はの周辺で使われていた。 にした出身者が陸軍の中でを強め、そのでが上官との会話(報告)に用いる語尾として定着した。 では防衛関係に限らず、さまざまな職場において上の人と話す際に使われる。 である 高なやの等のがよく使う語尾。 で ア () 見くん () 基本的に「である」と同じもの。 「である」とべ、や博識などのが使う傾向が強い。 教頭 () 「で」の表記。 であ~る メッド三世 (ザ) 「で」と同じだが長音符である「ー」がより長い事を表現する為に「~」を使用している。 す (お伝ゾー) () おそらく「~です」が変形したものと思われる。 デース () () ・ () 何故かに多く用いられる語尾。 ちなみに左記の・に関しては、参戦に伴って喋り方に手を加えられたものであり、である「」ではこの語尾を用いていない。 でがす 元々は周辺で使われたのひとつ。 やで見られる「でごんす」と同じ系統に属した言葉と思われる。 ののち、に敗れた側を下に見たがる潮の中での農村部出身者が使う語尾とされるようになった。 で () 基本的には「でがす」と同じだが、一部を表記にする事で他のとの化を図っている。 でげす 元々は弁の一つ。 以降もや色町などので使われ続けたが、特に間(役的な)などのにより、下っ端が使う語尾として再定義されるようになった。 でゲス () 「でげす」の違う表記。 でございます () 三波夫でございます 「~です」が変形した語尾。 やたらに丁寧。 丁寧でも「ございます体」と呼ばれる特殊な語尾。 多分語尾の中でも一番ややこしい部類に入る。 でごわす () 元々はの(弁)で見られる語尾。 でごんす (の全般) 元々はからにかけての地域を中心に使われていた。 弁の「でがす」と同じ系統に属する言葉と思われる。 古くから取りの使う語尾として定着してきたが、では転じて的な場所でなどが使うこともある。 でス アオベエ () 「でごんす」の違う表記。 でさァ () 「~ですよ」が変形した語尾。 っ子など威勢の良い人物の語尾として使われる。 でし 離珠 () チ魔 () 用例を見る限り「~です」の変化形と思われ。 でしゅ リ () 「~です」の変化形と思われる。 幼児や年少などによって使われることが多い。 です () ですます調の基本的な語尾であり、において最もな語尾。 通常は終止形として用いる語尾だが、左記ののの様に、常に「~です」の様な形でする特殊なも存在する。 ですっ () 最後に促音(つまる音)で終わる。 ッ () 最後に促音(つまる音)で終わる。 で () () () 「~です」の変化形と思われ。 ですぜ 上下関係を保ちつつ且つ砕けた会話をする下っ端の語尾。 要は、の親分と手下の関係でう手下が使う語尾で砕けた感はあるが、一応年上や上のに対して使う。 ですぜィ () 「ですぜ」が変形した語尾。 () () 元々として古くからある言葉。 () () () ちかげ () 「~ですよ」が変形した語尾。 に放送した「」のシャ意図的に語尾に「ですの」と付けることでになった。 で カア・ョ () 「~ですよ」が変形した語尾。 ですのよ () 「~ですよ」が変形した語尾。 等の持ちの設定のがよく使う。 あと、なにも用いられる傾向がある。 ですわ () () ・マンシュ () () 「~ですよ」が変形した語尾。 等の持ちの設定のがよく使う。 あと、なにも用いられる傾向がある。 でち ルダ () 「~です」が変形した語尾。 でちゅわ () 「~ですわ」が変形した語尾。 でプ まめ (まめ!) で 闇 () でやんす () () な語尾の1つ。 下っ端がよく使う。 どす () () () ()でう「~です」に当たる語尾。 余談だが、「どす」の後に「ぇ」を加えると、何故か気品が高く聞こえる。 () を含むの出身者の間で使われる語尾。 () の名前の一部を語尾にしている。 この場合は「」など。 ナ () 「だナ」「なんだナ」「するのナ」など。 ナツ () 名前の一部が語尾になっている語尾。 なの () な語尾の1つ。 のがよく使う。 なのー () 基本的に「なの」と同じだが、より年齢を低く思わせる為に長音符である"ー"をつけて表現している語尾。 ー ー類 (、他) 元々はの語尾として使われていたもの。 ー類が種族化するうち、他のーたちも自身の種族名を語尾とするようになった。 なのかな () 疑問形の語尾。 ただし、左記のはこれを連発する。 の () () () () ・プグ () 等のが説明している時等に 用いられる語尾。 「~なんですよ」の形と思われるので、表現方法であって語尾ではない。 ただし、語尾としては成立している。 なのだー 歩 () 語尾の1つ。 既存する語尾に独特の言い回しを加える事で、にを持たせる表現方法。 なのだわ () 語尾の1つ。 既存する語尾に独特の言い回しを加える事で、にを持たせる表現方法。 なのです () () () () な語尾の1つ。 場合によって「~なのですよ」に変形する。 なのですよ () () 「なのです」が変形した語尾。 なのよな () 「なんだよな」の形。 なのれす () が回らない時に「~なのです」の語尾を使用した例。 () などで多用される助動詞で、意味は「~である」とった断定する意味合いがある。 これがの語尾として転用されたものと思われる。 なんだな () (裸の) () の語尾に頻出する発音「ム」(~ですという意味)から。 ニャ () () () のをとしたがに使用する語尾。 にゃ () () () のをとしたがに使用する語尾。 ただし、左記のはれっきとしたである。 () のをとしたがに使用する語尾。 また、周辺のではよくにする語尾でもある。 ニャス () 用例を見る限り「~です」の変化形と思われ。 ニャン () 「にゃ」「ニャ」と同じく、のをとしたがに使用する語尾。 にゅ () 語尾の代表例。 幼い事を表現する為に、語尾の最後を()で終わらせる。 にょ = () 語尾の代表例。 幼い事を表現する為に、語尾の最後を()で終わらせる。 () 語尾の1つだが、容姿や年齢、種族などの特徴が盛り込まれていないしいもの。 (時々使う程度) 「」に関しては、独特の語尾にする事で、印付けようとしているのだと思うが、わからない。 ね () がに使用する語尾。 「ネ」の別表記の意味で用いられる事もある。 ネ () っぽい格好のがよく使用する。 の にが使用する語尾。 ネ () のじゃ () () () (生) 老人がよく使う語尾だが、でも使う事がある。 詳しくは「」 参照。 のだ (2) ボッ () のら () 長音符である「~」をつけて「のら~」という形式で使用する事がある。 の「ちゃん」のが最古。 バリ イ () ピニョン 深一成 (()) ピョン 深一成 () () のをとしたがに使用する語尾。 ただし、左記の深一成はれっきとしたである。 ブー ブー () のをとしたがに使用する語尾。 左記のブーはれっきとしたなのだが、鼻等がに似ている事からこの語尾が使われているものと思われる。 (初期) () ワス () にをとしたが用いる語尾。 中には(初期)の様に特徴をしたものもある。 フプ フープ () 名前の一部が語尾になっている語尾。 プモ モ () 名前の一部が語尾になっている語尾。 ぷり () ベシ 深一成 () ペポ シ () シを含む種族の出身者の間で使われる語尾。 () () ます ですます調の基本的な語尾であり、において最もな語尾。 みたいなー スコルポス () 辺りがよく使う語尾。 ただし左記のスコルポスの様に語尾として用いる事もある。 ミポ ミップル () 語尾の代表例。 の容姿等を語尾にする事で、に特徴をつける為に生まれた語尾。 () 語尾の代表例。 の容姿等を語尾にする事で、に特徴をつける為に生まれた語尾。 みゅ () 語尾の代表例。 の容姿等を語尾にする事で、に特徴をつける為に生まれた語尾。 みょ~ん () の口癖「おんみょ~ん」が語尾として変化したもの。 () 名前の一部が語尾になっている語尾。 ムプ ムープ () 名前の一部が語尾になっている語尾。 メポ メップル () 語尾の代表例。 の容姿等を語尾にする事で、に特徴をつける為に生まれた語尾。 もん な語尾の1つ。 の(特に意地っりな)などのがよく使う。 やで () () 亜子 () () にのでにする語尾。 やん () () () () にのでにする語尾。 よん () ラピ () 自身の名前の一部が語尾になる。 りゅん () () 語尾の1つだが、容姿や年齢、種族などの特徴が盛り込まれていないもの。 れす () 用例を見る限り「~です」の変化形と思われる。 ボ団幹部 () () 関連のが使用する。 わ () にが多用する語尾。 「~ですわ」や「~ませんわ」等の様に使い、の扱いになる。 ただし、左記のの場合はに対してもこの表現の為、一種の語尾にもなっている。 わい と呼ばれる語尾の一種。 その名の通り、老人がに用いる語尾だが、設定上でが用いる場合もある。 ワケ エミ () 特に、「~なワケ」と言う形で使用されることが多め。 獅子丸 () のをとしたがに使用する語尾。 ちょっと特殊な例 ここではする語尾や語尾の中で、使い方が特殊な語尾を掲載する。 また、作中の表現方法が、結果的に語尾の様な形式に生したものや、その独特の言い回し(口癖に含まれそうにいものに限る)についても当に掲載する。 語尾 な発言 簡単な説明 「」で出てくる「」が。 今では「」と、語尾に「」をつけるが多く見られる。 かな、かな () 語尾を何故か繰り返す。 ギャラクカ~っしょ! 志々美 () 感嘆を表現する際に、文頭に「ギャラクカ」、文末に「~っしょ!」を付ける。 関連の単 () 文末に合わせたや画材等の名前を付ける。 でしょう () 「」に「だろう」の丁寧形である「でしょう」が加わった特殊且つややこしい語尾。 通常の会話ではまず使わない。 全般 (各作品) 「この野郎」の形。 恫の言葉であり、のや 、チンピラなどの語尾でよく見られる。 の名前 () がこれを語尾として使い、しかも決まったの名前ではなく発言毎にで名が変わる。 全種類使用しており、一番使ったのは「」。 例:「勝負だぜ !」 でございますです ターテ・ () 「でございます」に更に語尾をつけた特殊な語尾。 ですだ () 「です」「だ」のそれぞれ別の語尾が組み合わさって成立している特殊な語尾。 何故か出身という設定のが使用する事が多い。 ですだよ シェンホア () 「です」「だよ」のそれぞれ別の語尾が組み合わさって成立している特殊な語尾。 だっいや トットリ () 「だっちゃ」「わいや」と、それぞれ弁で用いられる語尾だが、2つ続けて用いる事はい。 木崇之氏が考案し、作中で用いられた特殊な語尾。 です? ・シ・ ヒュラッ () 語尾そのものはだが、疑問系の際「~ですか?」ではなく「~です?」になる。 語尾というよりは口癖だが、語尾として「です」が存在する為、当に表記。 なのよさ () 「~なの」「~よ」「~さ」の3つが組み合わさった特殊な語尾。 なんだな、これが () 異なる語尾が2回連続で続くしい。 ~C () 何故か必ず語尾がで終わる。 ? ( ) が疑問系関係なく「?」をつける事がある。 「ただの口癖では?」 な例 ここでは語尾とうよりは口癖に近いものを掲載。 語尾 な発言(人物) 簡単な説明 () 語尾とじゃなく。 もはやに近い。 イケる、イケる! () 語尾というよりは口癖。 村 () つけないといけない事でも口にする。 ・・・ () やらない () 、とも略される。 () は恐らく「」に登場した『』であると思われる。 詳細は「」や「」も参照されたい。 それとにゃンの取り上げたい 美由子 () () パッフ若槻荘フィーング年末進行にて突如現れたの語尾。 思ったよりなじむらしい。 それとにゃンの取り上げたい。 () 語尾でもないし雰囲気ぶち壊しです。 本当に有難うございました。 ってことね () 「ってことね」を標準にすると「~ということね」になる為、厳密には語尾ではない。 どちらかというと口癖。 使わざるを得ない () 「~を得ない」は一般的に使われている言葉だが、この言葉のは『』でが言った「を持ったが相手なら」で、をさらった連中がを持つ組織であり、危険極まりないため、こういう状況になった以上はこの技の封印を解かなければを助けられないという覚悟を決めたから。 関連では彼のを知ってか知らずか、「~使わざるを得ない」という形式のがやたら立つ。 例:「 っていうか、支離滅裂?」 語尾につける事もあるが、幹に来る事もあるので当に表記。 ちなみにミッk おっと、 (対戦L) 今回のはか? 「」 めがっさ () 左記の独特の言い回し。 意味は「とても」「めっちゃ」と同じで、おそらく同意の「めっさ」が変化したものと思われる。 「めがっさ~」と使われる為、厳密にうと語尾ではなく幹に相当する。 ~とミサカは~ます () 通常のの後に左記の文言が続く形になる為、当に表記。 また、とは異なり、以下の最後の語尾はです・ます調で終わる事が多い。 例:「そうゆうがあるのですか? とミサカは 少々に尋ねてみ ます。 」 ~って ~てみたり () 通常のの後に続く形になる為、当に表記。 また、と異なり、以下の最後の語尾はです・ます調等で固定される事がい。 例:「一たりとも信用してないし! ってを踏ん でみたり。

次の