エクセル グラフ 種類。 Office で利用可能なグラフの種類

既存のグラフの種類を変更する

エクセル グラフ 種類

データの関連性がわかりやすいグラフを作るには? 「暑い日にはアイスクリームがよく売れる」「ある商品が若い世代に爆発的に売れている」……などの話題を耳にすることは、日常的にありますよね。 もちろん、このような話には根拠がある場合がほとんどです。 商品の売上の状況をいろいろな視点から分析した結果、気温や年代と売上高に関連があるということがわかるのです。 Excelで商品の売上高を記録・分析していると、これらの例のように、ある条件と売上高に関連が見えてくることがあります。 1日に新作ドリンクが購入された数と、その日の最高気温が記録されています。 データをよく見ると、「最高気温が低い日に売り上げが伸び、最高気温が高い日はあまり売れていない」ことがわかってきます。 でも、表の状態ではその関連性が捉えにくいですよね。 グラフ要素の追加や表示方法の変更をしたい時は 前項の最後の状態でもグラフの内容として誤りではありませんが、このグラフには縦軸が2つあるため、各軸が表している項目名や単位を軸のそばに表示しておいた方が親切です。 ここでは、縦軸に軸ラベルを追加し、軸ラベルの表示を縦書きに変更してみましょう。 この2つの項目を選択することにより、2つの縦軸のところにのみ軸ラベルが追加されます。

次の

【Excel】エクセルで3軸を表示する方法【散布図・折れ線グラフなど】

エクセル グラフ 種類

データの関連性がわかりやすいグラフを作るには? 「暑い日にはアイスクリームがよく売れる」「ある商品が若い世代に爆発的に売れている」……などの話題を耳にすることは、日常的にありますよね。 もちろん、このような話には根拠がある場合がほとんどです。 商品の売上の状況をいろいろな視点から分析した結果、気温や年代と売上高に関連があるということがわかるのです。 Excelで商品の売上高を記録・分析していると、これらの例のように、ある条件と売上高に関連が見えてくることがあります。 1日に新作ドリンクが購入された数と、その日の最高気温が記録されています。 データをよく見ると、「最高気温が低い日に売り上げが伸び、最高気温が高い日はあまり売れていない」ことがわかってきます。 でも、表の状態ではその関連性が捉えにくいですよね。 グラフ要素の追加や表示方法の変更をしたい時は 前項の最後の状態でもグラフの内容として誤りではありませんが、このグラフには縦軸が2つあるため、各軸が表している項目名や単位を軸のそばに表示しておいた方が親切です。 ここでは、縦軸に軸ラベルを追加し、軸ラベルの表示を縦書きに変更してみましょう。 この2つの項目を選択することにより、2つの縦軸のところにのみ軸ラベルが追加されます。

次の

【Excel】エクセルで3軸を表示する方法【散布図・折れ線グラフなど】

エクセル グラフ 種類

【Excel】エクセルで3軸の表示する方法【散布図・折れ線グラフなど】 当サイトのメインテーマとしてリチウムイオン電池について解説していますが、その研究現場のデータ解析時には基本的にエクセルを使うことが多いです。 エクセルにおいて、2軸までの表記方法は比較的容易にわかりますが、3軸分の表示をする方法についてはあまり知られていません。 ここでは、このエクセルの折れ線グラフや散布図において3軸以上の表記をする方法について確認していきます。 ・エクセルにおいて3軸の表示する方法 というテーマで解説していきます。 エクセルにおいて3軸の表示する方法 当サイトのメインテーマである電池を評価をし、そのときのデータをまとめたいとします。 このとき、電池に100Aの電流を通電させ、そのときの電池の「電圧」「温度」「電流」を測定しているとします。 このとき、すべての要素を一つのグラフに表記したく、3軸が必要となるのです。 実際のデータ(架空のもの)を使用して、グラフに3軸を記載してみましょう。 まずは、散布図のグラフを通常通り作成します。 まずは、電圧と温度の数値範囲を選択しましょう。 上のタブの挿入、散布図、マーカーのみを選んでみましょう。 すると以下のようなグラフが作成されました。 ここで、温度のデータ(系列2)を第二軸に変更するとします。 プロット上で右クリックし、データ系列の書式設定を選択しましょう。 続いて、左タブの系列のオプションを選び、第2軸にチェックをいれます。 すると、以下のように温度(系列2)の数値に対応している軸が右側に表示されました。 ここで、電流値の数値をグラフ中にいれたく考えていますが、100Aの100という数値を第二軸に対応させるとすると、温度の変化が見にくくなってしまいます。 以下の通りです。 温度のデータ変化をわかりやすくしたいため、上の例のような状態ではなく、電流値の値のグラフ上での変化の様子を小さくさせる必要があるのです。 そのため、仮に100Aという電流値を10に変換して一旦いまの軸で表示させた上で、軸の表記を図として追加し、無理やり100という数値に変えていきましょう。 以下のような状態で3軸の表記にしたいと考えているとします。 このような状態にもっていくための方法を確認していきます。 まずは、2軸まで表示された後に、変換して表示するための電流値のデータを作ります。 今回は温度10度の数値に対して、電流値100Aと表示したいため、逆数の10分の1の数値にしていきます。 次に追加したデータをyの値とし、xの値に時間を入力したプロットを表示させます。 データ上で右クリックを押し、データの追加をし、系列xの値には上述のよう時間の数値範囲、系列yの値には変換後の電流値の数値の範囲を選んでいきます。 すると以下のように、軸の変換用の電流値が表示されたグラフができました。 最後にグラフ上にテクストボックスにより、対応する3軸目の値を入れていきます。 今回は10の隣に100の数値、20の隣に200の値と対かしていくのです。 このとき、各軸が何を表しているのかも記入しておくといいです。 すると、先ほど記載の3軸が表記されたグラフができました。 3軸の数値軸や3軸以上の軸を設けたいときは、この手法を利用していきましょう。 関連記事.

次の