コロナ アマビエ。 「もし疫病が流行することがあれば、私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ」と言った妖怪アマビエをコロナ終息祈願で絵師さんたちが描く!

甘~い“アマビエ” コロナ終息の願い込める 首里の和菓子店「季節感を味わって」

コロナ アマビエ

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月に入ってからSNSで注目されているのが「アマビエ」という半人半魚の妖怪です。 海から現れ、「もし疫病が流行することがあれば 私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ」と告げたという記録にちなんで、たくさんの人が絵を描いて投稿しています。 しかし他にも疫病を予言する妖怪がいる中で、アマビエが現れたと残されている記録は1件のみ。 一体どうしてここまで注目されるのか、「」(柏書房)などの著書がある湯本豪一さんに聞きました。 「アマビエ」とは アマビエとは、江戸時代の弘化3年(1846年)4月中旬頃に、肥後国(熊本県)の海に現れたとされる妖怪です。 くちばしのような口に、ウロコに覆われた体、足は3本という、独特の姿も特徴です。 海の中に毎晩のように光るものが出没するため、役人が向かったところ、このアマビエがいたという記録が当時の瓦版に残されています。 この先6年間の豊作を予言するとともに、「病気が流行することがあれば、私の姿を絵に描いて人々に見せよ」と告げたとされています。 イラストレーターのサタケシュンスケさん( satakeshunsuke)が投稿したアマビエのイラスト。 ツイートは1. 6万回以上いいねされている。 出典: 予言する幻獣・妖怪、他にも 湯本さんによると、「豊凶(豊作と凶作)と流行病を予言する」という点がアマビエの大きな特徴であり、同様の予言をしたとされる「予言獣」は、他にも新聞などで記録されているといいます。 例えば、明治8年の「東京日日新聞」(毎日新聞の前身)には、凶作を予言した「天日子尊(あまびこそん)」という幻獣の記載があります。 家ごとに天日子尊の姿を写したものを貼り、朝夕拝むことで災難を逃れられると告げたとされ、実際に湯沢の村の家々の入り口には、天日子尊の絵が貼ってあったというものです。 猿のような姿の予言獣「尼彦」 出典: 湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)蔵 猿のような姿をしているという「尼彦(アマビコ)」の他にも、アマビエと同じく肥後国に現れたとされる「アリエ」、半人半牛の「件(くだん)」、人魚のような姿の「神社姫」などの記録が残っています。 目撃される場所も海だったり陸だったり、姿もさまざまですが、「予言する」という点で共通しているといいます。 湯本さんは「豊凶と病気をセットで予言したというのが一番ポピュラーですが、そうではない場合もあり、コレラなど具体的な病名を出して予言したというケースもある」と話します。 「アマビエ」書き間違いだった? 一方、「アマビエ」が記録されている資料は1件のみ。 他にも予言獣がいる中で、ここまでアマビエが注目されているのはどうしてなのでしょうか。 湯本さんは「そもそも20年ほど前までは、他の予言獣の資料があまり調査されることがなかった」と話します。 そんな中、妖怪研究家としても知られる「ゲゲゲの鬼太郎」作者の水木しげるさんが、アマビエを紹介したことで広く認知されるようになったといいます。 17日には水木プロダクションの公式ツイッターアカウントが、水木しげるさんの原画を投稿した。 出典: 「類似する他の予言獣の記録を調査することで、一件しか記録のなかった『アマビエ』も少しずつ実態が見えるようになってきました」 湯本さんは、「アマビエ」は「アマビコ(あま彦・天彦)」を知らない人が、情報を書き写すときに『コ』の字を『エ』と転写してしまったものだという説を唱えています。 「原本が失われたことで、偶然『アマビエ』の記録が残ったのではないか」と話しています。 「姿を写して」庶民の信仰があった 今回のアマビエの大流行の大きなポイントとして、「姿を写して人々に見せる」という指示があります。 アマビエは「絵を見せること」のみ告げたとされていますが、他の類似する予言獣と照らし合わせると、これによって「病気を避けられる」という意味だととらえることができるといいます。 家鴨屋ぽんさん( emikokamo)が制作したアマビエの3Dモデル。 無料配布されており、このモデルを使ってフィギュアを作る人も続出している。 出典: こういった伝承の背景に、湯本さんは「人知を超えた出来事への畏怖と、庶民の生活状況があった」と話します。 現代で暮らす私たちは、それらが目に見えなくても、感染症が細菌やウイルスで引き起こされることを知っていますし、適切な予防や治療が必要であることも理解しています。 しかし、江戸時代の人々にとってはそうではありません。 「江戸時代の人々にとって、凶作や病気というのは自分、あるいは村という共同体を滅ぼしかねない一番重要なものです。 しかし科学的・医学的な知識が広がっていませんから、人々は目に見えない何か、自分たちではどうしようもできないものがそうさせていると考え、畏れや信仰みたいなものが出てきます」 そんな彼らを救う信仰の対象として、神社やお寺も根付いていた一方、供物や賽銭といった「差し出すもの」が必要な場面もあります。 「自分自身が食べられるかどうかという状態の人たちからすれば、単に『拝めば救われる』という形になると藁をもすがる思いになりますよね」 そうした庶民の暮らしぶりから、「予言獣の絵を描き、門口に貼って拝む」という信仰が広がっていったと解説します。 ちなみに湯本さんによると、残されている予言獣の絵には大きく分けて「2つのタイプ」があるといいます。 ひとつは肉筆で描かれたもの、もうひとつは木版で印刷されたもの。 「予言獣のプリミティブな信仰としては『自分で描いて拝む』というものですが、これに乗じて、何枚も印刷したものを売って儲けようとした人もいるという記録も残っているんです」 「自然消滅」していった予言獣たち 明治20年代になると、「くだん(件)」を例外に、徐々に新聞から「予言獣」の記載は消えていきました。 湯本さんは「おそらく科学的な考え、医学的な知識が広がっていく中で、廃れていったものだと考えられます」。 しかしそれから100年以上経ち、医学や情報技術が進歩した現代でいま、再び人々が「アマビエ」を描き、願いを込めています。 記者が「この状況が興味深いですね」と話すと、湯本さんは「基本的に怪異というのは、時代にしたたかに乗ってくるものなのです」と語ります。 「昔からタヌキは人間をばかすと言いますよね。 大入道に化けたという伝承もありますが、明治時代になるとそれまでなかった『汽車に化ける』というパターンも出てくるんです。 明治中期に写真が普及すると、心霊写真という怪異も生まれます。 なので怪異というのは、時代に応じて社会の変遷にしたたかに入り込んで、綿々と生き残っているのです」 大阪市にあるコーヒー豆店「うさぎとぼく」は、「コロナにまけるな!」というコメントつきのアマビエのラテアートを紹介した。 出典: 時代の中で変わっていく「妖怪・幻獣」とのかかわり。 江戸時代や明治時代では瓦版や新聞で広められた予言獣も、今ではインターネット、そしてSNSを使って人々に知られています。 そして今の私たちにとって、アマビエは純粋な信仰というよりも、新型コロナウイルスによって暗い話題が続く社会の中で、遠隔からお互いに励まし合う共通言語のように使われているように感じます。 更に100年後の未来の人々の目には、このアマビエ現象はどう映るのでしょうか。 もっと進化した方法で、広がっていくアマビエの姿を想像してみたくなりました。 「肥後国海中の怪」として残されるアマビエ=『新聞文庫・絵』 84ページ (京都大学附属図書館所蔵) 出典: 17日には水木プロダクションの公式ツイッターアカウントが、水木しげるさんの原画を投稿した。 出典: 猿のような姿をしている予言獣「尼彦(アマビコ)」。 「アマビエ」は「アマビコ」を書き違えたのではという説を妖怪を研究する湯本豪一さんは唱える。 出典:湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)蔵 「肥後国海中の怪」として残されるアマビエ(トリミング)=『新聞文庫・絵』 84ページ (京都大学附属図書館所蔵) 出典: イラストレーターのサタケシュンスケさん( satakeshunsuke)が投稿したアマビエのイラスト。 ツイートは1. 6万回以上いいねされている。 出典: 家鴨屋ぽんさん( emikokamo)が制作したアマビエの3Dモデル。 無料配布されており、このモデルを使ってフィギュアを作る人も続出している。 出典: 大阪市にあるコーヒー豆店「うさぎとぼく」は、「コロナにまけるな!」というコメントつきのアマビエのラテアートを紹介した。 出典: 3月5日にはフリー素材サイト「いらすとや」でアマビエのイラストが公開された 出典: おすすめ記事(PR)•

次の

新型コロナでツイート激増「アマビエ」って何? 妖怪漫画が話題

コロナ アマビエ

「もしも疫病が流行したら、私の姿を描いた絵を人々に早く見せなさい…。 」そんな予言をする妖怪が、かつて日本に現れたと伝えられています。 その妖怪の正体は「アマビエ」。 新型コロナの感染拡大を受けて、では、数々のアマビエのイラストが投稿されています。 疫病を防ぐ!? アマビエ伝説 アマビエの絵がSNSで話題になっている理由。 それは、冒頭に記したとおり、伝染病の流行を防ぐ予言をしたことが伝えられているからです。 伝説の舞台は江戸時代の肥後国(現在の熊本県)。 ある春の夜のこと「毎晩、海の向こうに謎の発光物体が現れる」という報告を受け、役人と漁師たちが海辺に調査にやってきました。 しばらく海を眺めていると、闇夜の波間に青白い光がぽぅっと現れ、彼らの方へゆっくりと近づいてくるではありませんか。 鳴き声と共に海から現れたその光る物の姿は、3本足に、鱗のある体、そして…くちばしのついた顔。 普通であれば、ギャ〜〜ッ!と腰を抜かしてしまうような怪物の登場ですが、その場に居合わせた人たちは、不思議と恐怖感を感じず、その姿をじっと眺めていました。 やがてその怪物は口を開きます。 私は、海中に住むアマビエである。 そう名乗ったあと、こう続けました。 この先、数年間は豊作が続きます。 しかし…もしも疫病が流行したら、私の姿を描いた絵を人々に早く見せなさい。 このように予言したあと、アマビエと名乗るその不思議な怪物は、静かに海の中へと帰って行きました。 アマビエ伝説のユニークなポイント この伝説は、弘化3(1846)年の出来事として、当時の瓦版に描かれました。 全国でもアマビエが現れたとされる報道はこの一件のみです。 人間の災いを予言したり、落としたりする妖怪はアマビエ以外にもいくつか存在しますが、アマビエは自ら防御の効能があることを伝えている点が非常に珍しい妖怪です。 「絵を見せなさい(=自分の姿を見せることで流行を防ぐことができる)」と伝えている姿は、妖怪というよりも神様に近いのかもしれません。 他にもいるぞ、予言する妖怪 アマビエと同じように人間の言葉を話し「予言」と「除災」をしたことが伝えられている妖怪は、他にもいます。 件(くだん) 「件」という文字が表すとおり「人」の顔に「牛」の体をした妖怪。 江戸時代〜昭和初期まで、全国各地に現れました。 江戸の幕末に最も広まった伝承では「生まれたばかりの子牛が人の顔をしている。 人間の言葉を話し、数日で死んだ」とされています。 死ぬまでの間、さまざまな出来事を予言をするといわれ、その内容は必ず当たるという言い伝えもあります。 豊年亀(ほうねんがめ) 女性の頭に亀の体、毛の生えた尻尾を持つ妖怪。 江戸時代の紀州に現れたと伝えられています。 アマビエと同じように海辺に現れては世間に起きる災いなどの予言を残しています。 こうした予言にまつわる妖怪が現れたとされる時は、いずれも混乱の多い時代でした。 疫病や飢饉、戦争など社会にあふれる不安と混乱が、救いを求めて妖怪を生み出したのかもしれません。 令和の時代にも、新たな妖怪が現れるのでしょうか。 今の不安定な状態が落ち着き、一刻も早く平穏な世の中が戻ってくることを願います。

次の

過去には販売差し止めも… 対コロナ妖怪「アマビエ」が流行るワケ

コロナ アマビエ

3月には水木プロダクション公式ツイッターが「水木しげるのアマビエ原画」を公開し、大きな話題に。 「疫病退散」の願いを込めておもいおもいに表現された「アマビエ」のイラスト・グッズ・お菓子を集めてみました! アマビエとは・・・ 江戸時代の肥後(熊本)に出現した妖怪。 外見は人魚のようで、鳥に似たくちばしがある。 「 病がはやったら私の写し絵を人々に見せよ」 と言いのこし、海へ消えたとの言い伝えがある。 「アマビエ」という名称については、目撃記録が一つしかなく、名称の意味が不明であることから、 「アマビコ」という同種の妖怪の誤記 という説も提唱されている。 アマビコとは・・・ 九州地方を中心に伝わる3本足の猿のような姿をした、予言を行い病を除けるという妖怪。 尼彦、あま彦、天彦、天日子、天響、海彦等と表記する。 クリエイターの描いたアマビエのイラスト編 目次• Suicaのペンギンや千葉県のマスコット「チーバくん」、東宝のちびゴジラなどのキャラクターデザインを手がける。 「アジカン」のジャケットでおなじみ!中村佑介さんのアマビエ 疫病退散お守り描きました。 スマホ壁紙にどうぞ。 数日経っても投稿作品が入ってない方はお知らせください。 ノスタルジックな作風で、ASIAN KUNG-FU GENERATION等有名アーティストのCDジャケットや書籍の装丁など多く手がける。 アマビエも手洗いを推奨 こちら、二次使用はダメですがプリントアウトして手元に置くとかならもちろんOK。 ボリス雑貨店ではシールお札をつくって通販や店舗のお買い物された方に差し上げます。 猫や植物を緻密に描いた独特の雰囲気のイラスト、摩訶不思議な生物「ギュスターヴくん」の絵本も人気。 ホルベイン、資生堂、GUCCI、MELANTRICK HEMLIGHETなど企業・ブランドとのコラボレーションも多い。 コロナが早くおさまりますように。 かわいいペンギンの「もこぺん」シリーズが人気。 ゲームセンターのプライズ(景品)、オリジナルキャラクター商品の販売を取り扱う。 近年では、ニコニコ動画出身の男性音楽ユニット「浦島坂田船」メンバー「となりの坂田。 「困ったことがあったら、私の絵を描いてだれかに見せるといいわよ」 そう言うとパッといなくなったの。 2010年フランスからやってきたウサギの女のコ。 ちょっぴりとぼけているけど素直で、優しい心の持ち主。 サンリオピューロランドのみグリーティングが行われており、専用コーナーも存在(現在はポストのみ)。 現在ピューロランドでスタッフの仕事をしている。 2019年には、大分県速見郡日出町にあるサンリオキャラクターの屋外型テーマパーク「ハーモニーランド」でも「スタッフのお手伝い」としてデビューを果たした。 「アマビエトラック」で話題!!東京モノノケさんのアマビエ 【イラストの使用に関して】 こちらの「アマビエ」のイラストに関してのみになりますが、「疾病収束祈願」を拡める目的に限り、ご自由にお使いいただければと思います。 作品は「もののけ屋」シリーズ・「みちのく妖怪ツアー」シリーズ・「ラノベ古事記」装画/挿絵・静岡市キャラクター「今川さん」など。 すごい、駅員さん頑張ったんかな。 仕事の都合上、どーしても家をでないと行けないけど、これからもがんばります。 ホームから中央南改札へ降りる階段に楽しいアマビエさんが! 駅員さん画。 駅員さんはテレワーク出来ないもんなぁ。 用の線画を作ったのでもしよかったら個人用に限りご自由にご利用下さい。 — 伊藤潤二 junjiitofficial 『富江』シリーズ、『うずまき』などの大御所ホラー漫画家の「アマビエ」登場!。 「真打ち登場!」「子どもがガチ泣き」「コロナモも裸足で逃げる」「恐すぎて爆笑w」などネットでも話題に。 イラストレーター中村杏子さん『 アマビエトラック』イラスト 【お知らせ】 このたび清水運輸株式会社様のトラックにアマビエのイラストをプリントしていただきました。 関東一円を走行される予定なので運が良ければ見られるかも…? 私たちの生活を支えてくださっている物流の皆様を応援するとともに、一日も早い事態の終息を願います。 「 アマビエトラック」はリレー形式で運輸会社とイラストレーターを繋いでいくアマビエチャレンジのひとつ。 当Webでもインタビューしたイラストレーター「東京モノノケ」さんと一番運輸のトラックがきっかけで始りました。 トラックにイラストを提供した中村杏子さんは「私たちの生活を支えてくださっている物流の皆様を応援するとともに、一日も早い事態の終息を願います」とTwitterでコメント。 鬼太郎とねこ娘アマビエについて語る!(東映アニメーション公式YouTubeチャンネル) 漫画家・やじまけんじさんのアマビエ こんなアマビエはいやだ。 ツイッター上でアマビエが増え過ぎて猫みたいに当たり前の存在になってしまった場合。 NHKよるドラ 『いいね!光源氏くん』原作者・漫画家えすとえむさんのアマビエ 千葉さんのアマビエ絵に、誕生日リクエスト企画で田中監督にいただいていたリクエストを思い出したので描きました。 原作光くんでなく千葉さん光くんバージョン。 まだまだ油断大敵の日々ですが、少しずつ日常が戻りますように。 光源氏は絵を描かせても抜群のセンスだったようですよ。

次の