ご丁寧にご返信。 ご丁寧にご返信をいただきありがとうございます。ご丁寧にご返信をた...

ご丁寧にご返信をいただきありがとうございます。ご丁寧にご返信をた...

ご丁寧にご返信

英語で催促メールを送る際は、「簡潔に」「丁寧に」を心がける• 紹介する英語のフレーズを利用して、正確にニュアンスを伝えよう 英語で催促メールを送る際のポイント ただでさえ緊張する催促メール。 そのうえ普段書きなれない英語で、催促メールを送るのは難しいですよね。 今回は特に大切な2つのポイントを抑えて、相手を不快にさせない催促メールを送りましょう。 ポイント1.主張を簡潔に伝える 英語には日本語のような遠回しの表現がないため、メールを書く際には 内容を簡潔にする必要があります。 遠回しな伝え方では、相手には伝わりません。 何が問題で、相手にどうして欲しいのかを考えメールの要件を1度書き出してから文章にしてみるといいでしょう。 ポイント2.丁寧な表現を使う ビジネシーンでは、基本的に「丁寧な表現」を使うことを心がけましょう。 例えば「Can/Will you〜?」の代わりに「 Could/Would you〜?」を使うのが一般的です。 英語には敬語表現がないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、丁寧な表現やビジネスで使われる表現は決まっています。 ビジネスで使用するときには、オフィシャルな場にふさわしい言葉遣いなのか確認するようにしましょう。 Hi[Hello], Mr. [Mrs. 「こんにちは、~さん。 Dear Mr. [Mrs. 「~さんへ。 」 催促メールの文末で使える「返事を下さい」という英語表現 相手がなかなか返信をくれない場合に、メールの返信を催促することもあるでしょう。 次は、メールの返信を催促するシーンで役立つ英語表現を紹介していきます。 英語のビジネスメールには「 シンプルに、わかりやすく丁寧に」という暗黙のルールがあります。 要件が不要に長くならないように気をつけましょう。 返信先を指定する場合の英語表現は? 催促メールに限らず、返信するメールアドレスを指定する場合には以下のような表現を使ってみましょう。 I am still expecting your response regarding ~. 「~についての返信をまだ待っています」• This is a reminder that I have yet to receive a reply from you on the e-mail below. 「念のため、下記メールについてのご返信をいただいていないことを再連絡いたします(以前送った文面を添付)」• I was wondering if you have had chance to look at the e-mail below. 「下記メールをお読みいただけたでしょうか?」• I was wondering if you have had checked the email below. 「下記メールをお読みいただけたでしょうか?」• Just(I was)wondering if you have received my previous message. 「前回のメールは届いていますか?」• Would you kindly give your reply, as your response is very important to us?「とても重要な件ですので、何卒ご返信をお願いします」• If you have not already, please take a moment to check the message below. 「まだであれば、下記のメールをご確認ください」• I would appreciate it if you could give your response. 「ご返信いただけると幸いです」• Since we are in a big hurry, please get back to us as soon as possible. 「急いでいるので、できるだけ早めの返信をお願いします」• I was wondering if you have received the email I sent on January 25th. 「1月25日に送りましたメールは届いていますか?」• Your immediate response is highly appreciated. 「早めにご返信いただけると幸いです」 納期に間に合わせるために使える催促メールの英語表現 取引先に対して、現状ペースでは納期に間に合わないなどの催促メールを送ることもあるでしょう。 その際は下記フレーズを参考に、催促メールの文面を作成してみてください。 (I am)Sorry to bother you, but ~. 「お忙しいところすみませんが、~」• I apologize for the urgency, but ~. 「お急ぎ立てしてすみませんが、~」• Sorry for the rush, but ~. 「急かしてすみませんが、~」• Recognizing your very busy schedule, ~. 「とても忙しいのは重々承知ですが、~」• I understand that you have a heavy schedule, but ~. 「とても忙しいのは理解していますが、~」 これら例文の後には、 急を要する理由や要件を書きましょう。 しかし、場合によっては嫌味に思えてしまうなど、かえって悪い印象を与えたりする場合もあります。 その前置きが本当に必要かどうか、十分に考えた上で送るようにしましょう。 例文を参考に英語で催促メールを送ろう.

次の

英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

ご丁寧にご返信

「返信不要」を使った丁寧な言い方の三つ目は、「返信は結構です」です。 「返信は結構です」と言うのは、とても正解に思える言い方ですが、実際は、そうでは、ありません。 「結構です」という部分に問題があります。 「結構です」という表現は、上の立場の人間が下の立場の人間に対して使う言葉だからです。 なので、そうではない上の立場の人間に対してや同等の立場の相手などに使うのは、明らかに間違いですし、ビジネスの場合でも間違いです。 「返信は結構です」に限らず、「結構です」を含む表現には、気を付けましょう。 自分では、そんなつもりはなくても、相手からすると、馬鹿にされたような下に見られているような、そんな気持ちになってしまう表現なのです。 なので、返信不要に返信するのは失礼ではないですし、相手も自分も安心できるので、余裕があれば、返信してしまっても問題ないです。 確認いたしました。 などの簡単な報告などでも、良いので、気軽に送ってみましょう。 相手も自分も安心できる楽な環境がこうやった意識をしなくてもできるようになれば良いですが、それは、とても難しいことです。 なので、お互いに相手の事を思って歩み寄り、良い環境を作るように意識しなければいけないのです。 自分が返信不要を使ってビジネスメールを送ったときの気持ちなども考えると、より考えやすいのではないでしょうか。 返信不要に返信するのは失礼ではないので、相手のメールの文章などからどう考えているのか考えて判断しても良いかもしれません。 LINEで返信不要スタンプを送る時の注意点についてご存知でしょうか。 LINEで返信不要スタンプを送る時というのは、基本的に業務連絡であることがほとんどです。 そこでわざわざスタンプを使う必要は、あまりありません。 そんな中でわざわざ返信不要スタンプを送るというのは、あまり良い印象を持たれない可能性が高いです。 それでもし、普通の人があまり使わないようなスタンプでそれをやると、さらに悪い印象になってしまいます。 LINEで返信不要を送るならば、基本的に返信不要スタンプではなく、言葉で返信不要を伝えるようにしたほうが無難でしょう。 スタンプを使いたくなる気持ちもわかりますが、それで嫌われてしまっては、意味がないです。 優先順位をしっかりと考えましょう。 今回は、返信不要の敬語や返信不要ですなどの丁寧なビジネスメールの言い方について紹介していきました。 返信不要というとても単純そうな言葉でも、とても深い意味があったりと、日本人の暗黙のルールのようなものは、難しいです。 ですが、日本で仕事をして生きていく以上、それを覚えることは、とても重要です。 知らなかったでは、済まされないのです。 丁寧なビジネスメールの言い方も他にも様々なものがあるので、気になった人は、調べてみましょう。 返信不要を上手く使いこなせるようになって、ビジネスシーンを上手く生き抜いていきましょう。 ビジネスシーンは、覚えることが多いですが、一つ一つそれを身に着けるたびに、あなたの評価は、上がっていくはずです。 頑張りましょう。

次の

迅速かつ丁寧な対応いただきありがとうございました、って英語でなんて言うの?

ご丁寧にご返信

英語で催促メールを送る際は、「簡潔に」「丁寧に」を心がける• 紹介する英語のフレーズを利用して、正確にニュアンスを伝えよう 英語で催促メールを送る際のポイント ただでさえ緊張する催促メール。 そのうえ普段書きなれない英語で、催促メールを送るのは難しいですよね。 今回は特に大切な2つのポイントを抑えて、相手を不快にさせない催促メールを送りましょう。 ポイント1.主張を簡潔に伝える 英語には日本語のような遠回しの表現がないため、メールを書く際には 内容を簡潔にする必要があります。 遠回しな伝え方では、相手には伝わりません。 何が問題で、相手にどうして欲しいのかを考えメールの要件を1度書き出してから文章にしてみるといいでしょう。 ポイント2.丁寧な表現を使う ビジネシーンでは、基本的に「丁寧な表現」を使うことを心がけましょう。 例えば「Can/Will you〜?」の代わりに「 Could/Would you〜?」を使うのが一般的です。 英語には敬語表現がないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、丁寧な表現やビジネスで使われる表現は決まっています。 ビジネスで使用するときには、オフィシャルな場にふさわしい言葉遣いなのか確認するようにしましょう。 Hi[Hello], Mr. [Mrs. 「こんにちは、~さん。 Dear Mr. [Mrs. 「~さんへ。 」 催促メールの文末で使える「返事を下さい」という英語表現 相手がなかなか返信をくれない場合に、メールの返信を催促することもあるでしょう。 次は、メールの返信を催促するシーンで役立つ英語表現を紹介していきます。 英語のビジネスメールには「 シンプルに、わかりやすく丁寧に」という暗黙のルールがあります。 要件が不要に長くならないように気をつけましょう。 返信先を指定する場合の英語表現は? 催促メールに限らず、返信するメールアドレスを指定する場合には以下のような表現を使ってみましょう。 I am still expecting your response regarding ~. 「~についての返信をまだ待っています」• This is a reminder that I have yet to receive a reply from you on the e-mail below. 「念のため、下記メールについてのご返信をいただいていないことを再連絡いたします(以前送った文面を添付)」• I was wondering if you have had chance to look at the e-mail below. 「下記メールをお読みいただけたでしょうか?」• I was wondering if you have had checked the email below. 「下記メールをお読みいただけたでしょうか?」• Just(I was)wondering if you have received my previous message. 「前回のメールは届いていますか?」• Would you kindly give your reply, as your response is very important to us?「とても重要な件ですので、何卒ご返信をお願いします」• If you have not already, please take a moment to check the message below. 「まだであれば、下記のメールをご確認ください」• I would appreciate it if you could give your response. 「ご返信いただけると幸いです」• Since we are in a big hurry, please get back to us as soon as possible. 「急いでいるので、できるだけ早めの返信をお願いします」• I was wondering if you have received the email I sent on January 25th. 「1月25日に送りましたメールは届いていますか?」• Your immediate response is highly appreciated. 「早めにご返信いただけると幸いです」 納期に間に合わせるために使える催促メールの英語表現 取引先に対して、現状ペースでは納期に間に合わないなどの催促メールを送ることもあるでしょう。 その際は下記フレーズを参考に、催促メールの文面を作成してみてください。 (I am)Sorry to bother you, but ~. 「お忙しいところすみませんが、~」• I apologize for the urgency, but ~. 「お急ぎ立てしてすみませんが、~」• Sorry for the rush, but ~. 「急かしてすみませんが、~」• Recognizing your very busy schedule, ~. 「とても忙しいのは重々承知ですが、~」• I understand that you have a heavy schedule, but ~. 「とても忙しいのは理解していますが、~」 これら例文の後には、 急を要する理由や要件を書きましょう。 しかし、場合によっては嫌味に思えてしまうなど、かえって悪い印象を与えたりする場合もあります。 その前置きが本当に必要かどうか、十分に考えた上で送るようにしましょう。 例文を参考に英語で催促メールを送ろう.

次の