スターダスト。 バー スターダスト (Bar Star Dust)

スターダスト☆レビュー

スターダスト

メンバー [ ]• (ねもと かなめ、 - ) 、。 出身、162cm、60kg、A型。 放送学科中退。 柿沼清史(かきぬま きよし、1957年 - ) 、コーラス。 埼玉県出身、身長172cm、体重68kg、血液型B型。 寺田正美(てらだ まさみ、 - ) 、コーラス。 埼玉県出身、身長162cm、体重48kg、血液型O型。 埼玉県熊谷市出身、身長170. 5cm、体重72kg、血液型AB型。 サポートメンバー [ ]• 添田啓二(そえだ けいじ、 - ) 、コーラス。 出身、血液型O型。 岡崎昌幸(おかざき まさゆき、 - ) ギター、キーボード、コーラス。 出身、血液型O型。 過去に在籍していたメンバー [ ]• (みたに やすひろ、キーボード・現在esq)• 来歴 [ ]• 、グループ名「(ジプシーと)アレレのレ」として第18回に出場。 「おらが鎮守の村祭り」で優秀曲賞を受賞。 デビューに際し、グループ名をスターダストレビューに改名。 のスタンダードナンバー「スターダスト」とグループが持つ多様な音楽性を形式で披露したい、とのことから。 、アルバム『STARDUST REVUE』、シングル「シュガーはお年頃」でデビュー。 に発売された5枚目のシングル「」がのソングに起用され、知名度が上昇した。 「夢伝説」のヒットを受け発売されたアルバム『TO YOU 〜夢伝説〜』は、スターダストレビューの意向を汲まない過去の発表曲を集めた物で、このアルバムの発売により3枚目のオリジナルアルバム発表の機会が失われてしまい、メンバーを大いに落胆させた。 中期頃からは、「Stay My Blue-君が恋しくて-」(1988年)、「Be My Lady」(1989年)とCMソングに2年連続で起用された。 1989年には「夏のシルエット」がのCMソングに起用された。 には、時代からメンバーに加わり、キーボード、ヴォーカル、アレンジを担当した三谷泰弘が活動のため脱退した。 には、サポートメンバーだった光田健一が正式にメンバーとなり、11月までキーボード、コーラス、として活躍した。 に「100曲ライブ」で101曲演奏し、「24時間でグループによる最も多く演奏された」としてに認定される• 2001年、系のオークレコーズに移籍。 、アルバム『Style』を発表。 には、『Style』と同じくのプロデュースによる『Heaven』を発表。 、彼らの人気曲4曲をアコースティックアレンジでしたシングル「〜accoustic〜」を最後にオークレコーズを離れ、に移籍した。 1月、シングル「いのちのこたえ」を発表。 同年5月にはデビュー25周年記念アルバム『HOT MENU』を発表。 このアルバムのためにスターダストレビューの4人、サポートの2人に加え、歴代メンバーの三谷泰弘、光田健一、奏者・山本公樹、一夜だけのスペシャルコンサート(『No Ballads』)で競演したが一堂に会し、アマチュア時代の代表曲「おらが鎮守の村祭り」をレコーディングした。 、にて「STARDUST REVUE 30th Anniversary オールキャストで大謝恩会 〜5時間程度まったりと〜 おみやげ付き」を開催。 過去に在籍していた三谷や光田がゲストとして参加したほか、シークレットゲストとして、、(VTR出演)、が参加し、6時間を超えるライブとなった。 、「夢伝説」がのとなる• 過去に在籍していた三谷と光田は参加しなかった。 スペシャルゲストとして、、、、、、、、、、の11人のゲストが参加した。 6時間を越えるライブとなった。 、根本が脳に小さな血栓が見つかり緊急入院した。 そのため還暦少年の発売イベントなど中止となった。 7月以降のコンサートは通常通り行われた。 エピソード・その他 [ ]• 根本がライブの最中に歌詞を間違える事は日常茶飯事で、とあるクリスマスライブにおいては同じ曲の同じ部分で3度も歌詞を間違え、演奏が何度も途中で止まるという事態が起こっている。 それでも演奏終了後に「今日は3部構成でお送りしました」という一言で、観客もメンバーも大爆笑とともに納得させてしまったという。 また、根本が語った言葉に「歌詞は生き物」というものもある。 ライブでの歌詞の間違いはアルバムにも収録されており、ライブアルバム『FACE TO FACE』に収録されている「One More Time」では「はずさ」という部分を「だろう」と迷った挙句、結局「だずさ」と発音したものが選ばれて収録されている。 また、イントロで必ず根本が前フリをするが、登場時に 「お待たせいたしました。 スターダストレビューでございます。 老いも若きも一緒に踊ろうではありませんか」など、独特の前振りをする事もある(ライブアルバム『Secret Face』に収録されている)。 からは「生まれて初めてコンサートというものを見に行くときには、スターダストレビューのライブを見に行け」と言われるほど、エンターテイメント性に富んでいる。 育児で忙しい母親世代でも鑑賞しやすいように、コンサートの時間帯を昼下がりに設定することも多い。 柿沼はの助っ人ベーシスト(当時が脱退し、後任のが加入前)として『』を演奏したことがある。 根本はのほか、、、、相田翔子など、数々のアーティストの作品にもゲスト参加している。 ライブでしばしば、アカペラを披露する。 『CHARMING』(三谷泰弘在籍時)、『DEVOTION』(光田健一在籍時)と2枚のアカペラアルバムもリリースしている。 なお『DEVOTION』に収録されている「マシュ・ケ・ナダ」には(当時)が「ハァッ! 」という• 根本は、とによるのラジオ番組に常連ゲストとして度々出演していた。 リスナーからは「容姿がに似ている」と茶化されたり、趣味のアダルトビデオ収集に関して突っ込まれたりしたが、根本は大喜びで笑い転げていた。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ] 枚 リリース日 タイトル カップリング 収録アルバム 備考・タイアップ 品番 1st ラストシーン STARDUST REVUE(AB面とも) CMソング L-1520 2nd 1981年 夕暮れのスケッチ(「」劇中歌 A:(オリジナルアルバム未収録) B:TO YOU -夢伝説- L-1558 3rd 5月25日 I'm Getting On Without You 今宵はモダン・ボーイ(AB面とも) 発売当時は一番長い曲名だった。 L-1577 4th ダンスはいかが? A:TO YOU -夢伝説- B:ワーナーイヤーズ・カップリングコレクション(2012配信限定) L-1634 5th 5月25日 Back Street A:TO YOU -夢伝説- B: CMソング デモ・テープの段階ではスロー・バラードだった。 テレビ朝日系ドラマ「」エンディング・テーマ。 「」CMソング カップリング曲の「ナチュラル〜抱きしめてこのままで〜」は配給映画『』主題歌。 ・が作詞、がバックコーラスで参加。 2002年5月22日には『STARDUST REVUE』から『Brightest! 』まで、2006年4月19日には『SOLA』から『DEVOTION』までと『LOVE SONGS II』にそれぞれボーナストラックを加え、デジタル・リマスタリングされたCDが再発売された。 「HOT MENU」は、ゴールド認定(CD、)。 THE ROCK SHOW TOUR '87〜'88• STARTIC IN• SUMMER TOUR in "STARTIC"• BEST WISHES• STARTIC '94• Keep On Rollin' 艶 '95-'96• STARDUST REVUE CONCERT TOUR 2000-2001 "STARS"(7月)• STARDUST REVUE LIVE ENTERTAINMENT TOUR "Heaven"()• STARDUST REVUE LIVE ENTERTAINMENT TOUR "AQUA"()• 25th Anniversary Tour "HOT MENU"()• STARDUST REVUE LIVE TOUR "31"()• 楽園音楽祭2009 STARDUST REVUE in 薬師寺()• STARDUST REVUE LIVE TOUR "太陽のめぐみ"()• STARDUST REVUE 30th Anniversary DVD 「年めくり30年30曲」()• STARDUST REVUE 30th Anniversary Tour30年30曲(リクエスト付)()• オールキャストで大謝恩会〜5時間程度、まったりと〜おみやげ付き(2012年)• STARDUST REVUE LIVE TOUR 「B. 」2012 - 2013()• 楽園音楽祭2014 STARDUST REVUE in 日比谷野外大音楽堂()• STARDUST REVUE LIVE TOUR SHOUT()• FUJI 楽園音楽祭2015 STARDUST REVUE in ステラシアター()• FUJI 楽園音楽祭2016 STARDUST REVUE 20回目のテアトロン with んなアホなボーンズ()• STARDUST REVUE 楽園音楽祭 還暦スペシャル in 大阪城音楽堂() 書籍 [ ]• ALL ABOUT STARDUST REVUE(、)• とっても映像解体新書(、S. コミュニケーションズ)• Stardust Revue 20th anniversary Book(、)• 要のある音楽〜完全攻略〜(2002年、)• 「楽園音楽祭」完全攻略ブック(、)• (tvk)2012年9月9日 - 同局としては2007年以来5年振りとなる、観客をスタジオに招いたスタジオ・スペシャルライヴを行った。 2015年4月3日、NHK総合で放送されているコント番組「」(NHK総合)において3rdシリーズ開始を記念した生放送終盤において、エンディングソングに使われている、"Spice of Life"を生演奏した。 ラジオ [ ]• (2006年4月2日〜ほか、でも聴取可能)- 根本を除く3人が出演。 「NACK de ROCK」 2010年12月現在、埼玉のFM局・NACK5で月曜深夜0時〜1時に放送中。 根本が出演。 脚注 [ ]• グランプリはの「」。 『』1989年5月1日放送分。 外部リンク [ ]• 公式サイト• レコード会社公式サイト• STARDUSTREVUEch - この項目は、(・・・・など)に関連した です。 - 2. - 3. - 4. - 5. - 6. - 7. - 8. - 9. - 10. - 11. - 12. - 13. - 14. - 15. - 16. - 17. - 18. - 19. - 20. - 21. - 22. - 23. - 24. - 25. - 26. - 27. - 28. - 29. - 30. - 31. - 32. - 33. - 34. - 35. - 36. - 37. - 38. - 39. - 40. - 41. with STARDUST REVUE - 43. - 44. - 45. - 46. - 47. - 48. - 49. - 50. - 51. - 52. - 53. - 54. - 55. - 56. アルバム.

次の

【イルミナカラースターダスト】イルミナ新色でクールも可愛いも作れちゃうヘア5選♡|コラム 美容室 NYNY Mothers MOMOテラス六地蔵店 宇藤 優子|ヘアサロン・美容院|ニューヨークニューヨーク

スターダスト

現在、第1弾から第4弾まで配信が決定しており、ショートストーリー仕立てのドラマをYouTubeの「スターダストプロモーション 制作3部」公式チャンネルで公開していく。 から小泉光咲、『FAKE MOTION』に出演の吉澤要人、『第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』グランプリ受賞の松本大輝、『インハンド』などに出演の高橋春織、『いいね!光源氏くん』『小説の神様』に出演の柴田杏花ら若手俳優陣が集結。 企画・監督をつとめたのは、注目の若手クリエイター4人。 『坂道のアポロン』『フォルトゥナの瞳』でメガホンをとり、本年『思い、思われ、ふり、ふられ』『きみの瞳が問われている』の公開が控えている三木孝浩氏らが所属するSTARDUST DIRECTORS主催のイベント『STARDUST DIRECTORS film fes. 』短編コンペテイション部門で発掘された八重樫風雅氏、東かほり氏。 きょう正午より配信される第1弾『フィフティー・フィフティー』には、小泉、松村、高岡凜花が出演。 監督・脚本は八重樫氏。 小泉演じる高校生のシンゴは、松村演じる親友のレイジに相談を持ちかける。 その相談とは、高岡演じる同じクラスの朝比奈へのリモート告白。 それぞれの想いが交錯し、思いも寄らぬ事実も発覚していく。 そして、タイトルにある『フィフティー・フィフティー』の意味とは…。 自粛期間中ならではの恋愛模様をリモート画面越しに映し出す。 第2弾『男子を飼う』には、田辺、柴田、小野寺晃良、永井彩加、吉倉あおい、関めぐみが出演。 監督・脚本は、東氏。 小野寺演じる山下拓真が、田辺演じる江藤リカの呼び出しのもと、柴田、永井、吉倉、関演じる女性5人に監視される。 なぜ監視されているのか。 5人に隠された共通点とは何か。 女性同士が様々な議論を展開し、真相に迫っていく。 最後に明かされる衝撃の事実とは…。 6月下旬より全3話を配信予定。 第3弾『駆ける帰宅部に明日はあるのか』には、松村、松本、高橋、吉田、冬野心央、宇野愛海、永井、吉澤ら若手俳優が総出演。 監督・脚本は、渡邉氏。 松村演じる野田ケイジ、松本演じる吉村コウタ、高橋演じる川崎スズカ、冬野演じる畑中トオルの帰宅部4人が部員募集に奔走するコミカルな物語。 個性豊かな帰宅部候補生の入部オーディション、伝説の帰宅部OBのアドバイス、部活クラッシャーとの最終決着…。 果たして、帰宅部は存続できるのか。 7月上旬より全6話を配信予定。 第4弾の監督・脚本には吉野氏を迎え現在制作中。 休校期間が間も無く終わろうとしている中、手探りのまま始まる学校生活に疑問を感じる高校生たち。 Twitterのタイムラインに流れてきたあるハッシュタグから、男女6人の青春群像劇が始まる。 7月中旬配信予定。 これら『SSS〜Special Short Story〜』はタレント自らが撮影。 新しいドラマの形式でありながら、今の20代30代に刺さるようなショートストーリーを配信していくとしている。

次の

スターダストとは

スターダスト

株式会社スターダストプロモーション Stardust Promotion, Inc. 市場情報 非上場 略称 スタダ 本社所在地 〒150-0011 1-13-14 渋谷松永ビル3階 設立 事業内容 俳優・タレント・音楽アーティスト・アイドルのマネージメント他 代表者 (会長) 藤下良司(社長) 資本金 1,000万円 売上高 10億円以上20億円未満(2014年現在) 純利益 2億円以上5億円未満(2014年現在) 従業員数 50人以上100人未満(2014年現在) 主要子会社 を参照 外部リンク 株式会社スターダストプロモーション( Stardust Promotion)は、にを置く、のである。 俳優のマネジメントに加え、女性アーティスト部門の や男性アーティスト部門の などを手がける。 概要 [ ] 所属部門の区分についてはを参照 俳優・タレント部門 [ ]• 所属タレントの多くは基本的に俳優としてのみ活動しており、バラエティ番組への出演など、いわゆるタレント活動を並行して行っている所属者は、をはじめ、、など少数である。 そのため俳優としての仕事が少ない一部のタレントは「スターダストには『スター組』と『ダスト組』とネタにすることがあるが 、そのような区別は実際には存在しない。 には、「スターダスト芸能3部新人発掘オーディション」を初開催。 グランプリには、賞にはクリスプ幸枝(栗原レイラ)、スターダストグループの「CDC」賞には柘植涼夏()、オーディション雑誌『』選出の「デ・ビュー賞」には備前希日(尾関きはる;元)が選ばれた。 、芸能3部・ティーン部門に所属するタレントを中心に『少女劇団いとをかし』を結成。 、「本気で声優を目指す人達」を対象に声優部門を設立。 、「国際的に活躍できる若手女優の発掘」を目的に、13歳から23歳までの女性を対象とした「第1回女優オーディション」を実施。 2017年度後期の『』の、2018年度前期の『』のと2作連続で朝ドラヒロインを起用することになった。 その他、1996年度後期『』の、1999年度後期『』のなどの朝ドラヒロインを輩出している。 音楽アーティスト・アイドル部門 [ ]• 細野義朗がのと親交があったため、1990年代に音楽制作事業をビーイングが手掛け、の、、、(前DALI)など、所属アーティストのサウンドプロデュースを行っていた。 なお、デビューには至っていないが、はビーイングのデビュー予備軍だった。 1996年以降、坂井泉水・宇徳敬子・MANISHらがビーイング内部の事務所へ続々と移籍する事になり関係が薄れてきたが、2000年から2003年までの及び2003年にデビューした期間限定ユニットのはビーイングが久々に手掛けた。 その後、スターダストが自前で音楽制作を手掛ける様になったため、現在では両社の関係は希薄となっている。 2000年代には所属アーティストのサウンドプロデュースを、、、、等が行い、女性のなどがブレイクした。 1998年に「 ANGEL EYES」と呼ばれるプロジェクトがスタート。 これは若手女優レッスン生のユニット、および発表会の名称であり、同社におけるアイドル育成の原点となった。 その後、発表会を見に来ていたのスタッフから連絡があり、彼女たちを起用した番組の製作を打診され、『』として2000年12月から2003年9月まで放送された。 常設のアイドルグループについては、2008年結成の(2011年にももいろクローバーZに改名)が初となる。 なおファンクラブの名称はANGEL EYESで、かつてのプロジェクト名を流用した形となっている。 妹分として、、、 なども結成され、いずれもメンバーは芸能3部に所属する女性タレントから選抜されている。 芸能3部は、2014年から女優部門の「SECTION3」とアイドル部門の「SECTION 3 IDOL」に分けられた。 という、育成メンバーによるグループも後者に属する。 2017年から「SECTION 3 IDOL」に他部署の女性グループ(など)が合流し「 」(通称スタプラ)が誕生した。 2010年には男性アーティスト部門の「 」も始動。 所属グループとしてはやなどが有名である。 俳優・タレント [ ] 一覧はを参照 女性 [ ]• (元)• (元)• (旧・大山アンザ)• (元)- に移籍• - に移籍• (元日本テレビアナウンサー)-同社退社後に所属• (元)• - 休業を経てHEARTS OF DIAMONDに移籍• (元)現在は芸能界引退• (元)• 尾関きはる(備前希日)(元SKE48)現在は芸能界引退• - 学生時代に所属• - に移籍• - に移籍• (元AKB48)• - (旧:アップフロントエージェンシー)に移籍後イーコンセプトに移籍• (元ロッカジャポニカ)• - に所属• (旧・梶浦花) - に移籍• (旧・杉原あんり) - に移籍• - に移籍• - に移籍• - に移籍後へ移籍。 その後、と業務提携する形で個人事務所エアジンを立ち上げた。 (元:AKB48)• (元はちみつロケット)• - に所属• - に所属• (元はちみつロケット)• 東恵子()• (元)• (元TBSアナウンサー)- 学生時代に所属• ()- 2017年2月8日逝去• (旧・赤川こはる)- に移籍• - に移籍• (旧・momoko)- ホリプロに移籍• 男性 [ ]• さくちゃんとじぃじ• グループ会社 [ ]• 株式会社スターダスト音楽出版 アーティストのプロデュース・マネジメントや楽曲管理 など• スターダストプロモーション・スターダスト音楽出版に所属する人材を起用した映画・書籍・映像作品・イベント・グッズなどの企画・制作を担当するライセンスエイジェンシー。 出演依頼・企画相談の窓口を担っている。 スターダストプロモーション・スターダスト音楽出版のアーティストの一部が所属するレコード会社• 株式会社スターダストネット ウェブサイトやファンクラブの運営 など• タレント猫()・タレント犬()・文化人のマネージメント など• 株式会社SDI(スターダスト インタラクティブ) 主に男性グループのグッズの制作・販売 など• 株式会社WONDER STYLE 主に女性グループのグッズの制作・販売 など 脚注 [ ] []• アスタキャリア. 2015年1月10日閲覧。 - goo テレビ番組・TVトピック• - ナタリー・2014年3月5日• (少女劇団いとをかし公式サイト)• (シアターガイド、2014年7月22日)• exciteNews. 2015年12月30日. 2016年9月12日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2016年6月3日. 2016年6月3日閲覧。 レコードコレクターズ2010年9月号より• 【アイドル発見】. 2015年11月7日. 2015年11月7日閲覧。 メンバーの石井杏奈ではない。 2012年10月3日時点のよりアーカイブ。 2013年1月6日閲覧。 2012年10月26日時点のよりアーカイブ。 2013年1月6日閲覧。 2011年7月8日時点のよりアーカイブ。 2012年12月16日閲覧。 2012年10月31日時点のよりアーカイブ。 2013年2月3日閲覧。 外部リンク [ ]• - 動画配信サービス• - チャンネル• - スタプラ公式モバイルサイト• SD3info -• stardustsendai -• hamachoko58 -• boostar446 - オーディション情報• デニス• 小林伯熙• 原田一輝• 林晃平• 井上稀翔• 中村祐翔• 髙橋龍星• 渡辺雄斗• 大倉空人• 堀間翔• 今井楓• 小林大暉• 山下夕越• 芳賀柊斗• 朝美瑠音• 内野伶菜• ジャスミン• ライラック• 高橋咲樹• 羽野瑠華• 彩永あいり• 岡村梨里• 桐山花綾• 有原さな• 佐野愛夏• 加藤未来• 高岡凜花• 白川怜奈• 白石南帆• 土岐瑞葵• 秦穂香• 朝日奈芙季• 山崎美月• 湊梨紗• 小出華苑• 杉浦さくら• 河村花• 小椋梨央• 櫻愛里紗• 鮫島彩華• 青山愛依• 横堀菜々美• 渡辺梨世• きなこ• 朝倉さくら• 小栗まりな• 渡邊璃音• 大高みなみ• 檜山奈南果• 西谷星彩• 朝倉ひなか• 星乃明日美• 山川虹羽• 葉山未来• 亘理舞• 堀口日萌• 星谷汐音• 木下夏希• 吉村栞乙• 吉村眞乙• 山崎友莉花• 桜野希子• 広井こころ• 早川あひる• 石黒詩苑• 西田圭李• 深川和音• 勝又春• 三井マリナ• 青木菜々香• 神山凛• 美南早希• 阿部美月• 渡辺くるみ• 美波はる• 本庄風月• 石井るり• 華野瑚子• 安積美唯• 月井美緒• 太田彩巴• 安田野乃• 崎本紗衣• 武野汐那• 藤井桃香• 西垣有彩 キッズ• 山口莉来弥• 山中しいた• 谷垣有唯• 沖田有和• 窪田吏玖• 渡嘉敷龍• 大塚陽斗• 櫻莉杏• 藤村木音• 瑞城さくら• 山口にこ• 和泉詩• 橋本和• 天川れみ• 中西真優• 羽野真央• 森嶋さくら• 磯山ふみ• 斉藤萌紅美• 中村いお• 加々谷日彩• 綾波亜弥• 角田麗衣• 本堂杏奈• 平良圭叶宇• 谷口華音• 鈴木ありさ• 川本結月• 永岡心花• 仲村悠菜• 来栖美歩• 風見和香• 大塚咲希• 松尾由愛• 久永莉穂• 冴樹侑和• 千葉さりあ• 浅井アヤネ• 国本姫万里• 渡嘉敷杏• アーティスト• 愛甲朔也• 麻井香音• 浅賀望大• 朝葉珠璃• 嵐祐人• 有村悠真• 有元啓太朗• 有本大貴• 安藤稜浩• 飯坂和矢• 石井雅哉• 市川陽夏• 伊藤玻羅馬• 井上愛梨• 今井春登• イングリス海偉• 植田香凜• 内山愛美• 海上学彦• 江口シオン• 大橋典之• 大橋龍馬• 大屋香乃• 岡野敬• 小川礼• 荻野直哉• 荻野龍斗• 尾﨑実生• 落合晴音• 乙羽真凜• 樫本詠知• 春日結心• 春日レイ• 香瀬あざみ• 片山蔵人• 金井マイ• 兼子丈輝• 上村謙信• 神谷勇楽• 川嶋夏実• 河島英人• 菊地美結• 清瀬このは• 工藤愛由夢• 久保楓• 熊谷魁人• 黒澤諒• ケイラ• 小泉陽菜乃• 越山敬達• 後藤田由起子• 近藤ゆき• 今野亘琉• 坂井太陽• 佐藤昊希• ジェフリーマローン• 志田弦音• 島田惇平• 鈴木智有• 鈴木心愛• 鈴木雄大• 関空亜• 高尾颯斗• 高桑真之• 髙橋蓮欧• 高村晃平• 武井駿• 田村ニコラス• 津田愛奈• ティアラ• 得能志生• 得能勇志• 冨波心• 中川享之介• 長野蒼大• 中野龍• 長野凌大• ナポレオンスター• 西田喜穏• 虹野優太• 能浦航汰• ノエル• 浜田麻希• 林優心• 原田怜生爽• 平野勇樹• 平野音郁• 平野翔馬• 福田桃芭• 藤井航• 藤澤雛• 藤田陽士• 藤田優斗• 藤野煌• 船橋蘭• 星野仁• 堀越リアム• マークルシアン蓮• 前出燿志• 牧野太英• 増田みずき• 松澤遼太郎• 松本ししまる• 松本龍之介• 水口隆志• 水野瑠偉• 溝上青王• 三本健介• 三富大成• 南野大地• みのり• 宮内杏璃• 宮崎杏樹• 村崎秀明• 森田悠斗• モルル夕菜• 八木優羽亜• 山下竜輝• 山下永玖• 山下遼• 山根大弥• 山橋明日菜• 吉岡琉生• ラウアー亜未衣• 瑠伊穂• REY• レックス• ローズ杏美• 渡邉瑠南• 渡邉花鈴• 渡来航太• 有岡歩斗• 安藤夢叶• 石田ノエル• 石田ローウェン• 五十﨑優真• 出田ブランドン• 岩井里奈• 岩井蓮• 梅田凌佑• 浦山天斗• 大島夏乃• 大西伊紗• 大山蒼生• 岡香鈴• 岡本結芽乃• 岡本芽唯• 奥野楓佳• 小野結月• 加藤翔太• 鎌田聖菜• 川口大翔• 河村朱莉• 川村伯真• 紀田直哉• 北脇里紗• 栗瀬陸• 小森大輝• 小山杏果• 佐々木櫂• 佐々木頼忠• ジェイ• 下山天• JURI• 白石嵐丸• 髙田侑希• 髙橋美利阿• 宝川紗羅• 橘祐里• 田中博翔• 千知謙• 徳井太一• 永田陸斗• 中野瑠偉• 中村まな• 西川陽菜• 西村零• 橋本歩夢• 林穂乃花• 原野琴美• 福井太陽• 福島愛• 藤川希子• 松川日陽• 松川明衣花• 松田しのん• 松村泉輝• 松元寧音• 三屋響• 宮本弘佑• 森兼菜緒• 安田依唆• 矢内姫愛• 山口瑞姫• 山﨑日和• 湯浅凛子• 吉村信愛• 由本脩真• Rinka• ルディック詠美• 若井瑛人.

次の