今日も推しが尊い 意味。 「尊い」とは?意味や使い方をご紹介

「推し」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

今日も推しが尊い 意味

下記クリックで好きな項目に移動• オタクが使う「推しが尊い」の意味 好きな相手に使う言葉 結論から言うと、「推しが尊い(おしがとうとい)」は あなたが大好きな相手に使う言葉です。 「推し(おし)」はアイドルや二次元キャラの中で、あなたが特に応援している相手のことを指します。 「尊い(とうとい)」は、特定の相手に対して「最高だ!素晴らしい!」と感じる時の誉め言葉です。 つまり、意味としては 「推し(=好きな相手)」が「尊い(=素晴らしい)」という意味になります。 また、妄想とか興奮とかいったものをすっ飛ばして、ただずっと見ていたいと感じさせる高貴さ。 pixiv. 早い話が、「何でもかんでも『尊い』の一言で済ませるのって、説明能力が無いんじゃないの?」 という話ですね。 専門家のオッサンが言いそうなセリフですが・・・ そんなオッサンに伝えたい。 オタクの語彙力を舐めないでほしい。 推しの良さを表す言葉は、いくらでもあるんですよ。 むしろ、ガチで推しの良さを伝えようとすれば、 原稿用紙10枚でも足りないくらいです。 でも、 推しの良さを言葉では伝えきれないから「尊い」としか言えないんですよ。 そもそも、ツイッターなどのSNSでは字数制限が厳しいので、自然と文章が短くなります。 だから「尊い」とか「しんどい」とか使うんですよ。 つまり、 語彙力はあるのです。 専門家のオッサンたちは、それをわかってない! 以上、管理人からオッサンへの一言でした。 まとめ 推し(好きなキャラやアイドル)が、そこに存在するだけで幸せ。 そんな 愛情を一言で表したものが 「尊い」という言葉です。 ただし、本来の日本語とは使い方が違うので使用の際にはご注意くださいね!.

次の

尊いのオタク意味って?用語としての使われ方を調べてみました!

今日も推しが尊い 意味

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 「推し」の意味とは? c Shutterstock. 以前から使われていましたが、AKB48が一世を風靡した際に、一般にも広く知られるようになりました。 最近ではアイドルだけではなく、アニメキャラクターやゲームのキャラクター、球団などのチーム、そして食べ物に対しても使われるようになりました。 現在では、そのジャンルの中で「特に好きな」ものを指す言葉として使われています。 他者に薦めたいほど好きである、ということです。 恋愛は自分だけが相手と親しくなりたいと望むのに対し、推しは他者にも薦めたいという気持ちが含まれている点が異なります。 「推し」の関連語いろいろ c Shutterstock. com 「推し」に関連する言葉をご紹介していきましょう。 1:箱推し 「箱推し」は誰か一人を推すことではなく、アイドルグループなどのグループ全体を応援することを指します。 特定の誰かを好むのではなく、グループメンバー全員を応援している場合に使います。 「箱推し」に似た意味の言葉に「DD」という言葉があることをご存知でしょうか? 両者を混同すると、「箱推し」をしている人からは睨まれますので、お気をつけください。 DDは「DaredemoDaisuki(誰でも大好き)」の頭文字を取った言葉です。 つまり「アイドルなら誰でも好き」という無節操さがあります。 2:推し被り 「推し被り」とは自分が推しているアイドルを他の人も推している状態のことをいいます。 推し被りが起こった場合、対応は大きく2つに分かれます。 一つはライバル視して敵視するタイプ、もう一つは共感して仲良くするタイプです。 3:神推し 「神推し」とは自身の推しの中でも最大級に推していることを表しています。 この場合の「神」は「非常に」や「とても」を表し、後に続く言葉を強調する接頭語として使われています。 似た言葉として「単推し」という言葉もあります。 こちらはアイドルなどのグループの中でたった一人だけを応援する場合に使われます。 4:一推し 一番好きなメンバーのことを指します。 ちなみに、二番目に好きなメンバーのことは「二推し」、三番目に好きなメンバーは「三推し」と言います。 5:推し変 「推し変」は「推し」を変えることを意味します。 要は他のメンバーに鞍替えすることです。 ちなみにジャニーズタレントのファンの間では応援していたタレントのファンを辞めることを「担降り」と言います。 6:推し増し 「推し」は変えずに、別の「推し」を増やすことを意味します。 推しの正しい使い方は? 例文をご紹介 c Shutterstock. com 日常会話にも出てくる「推し」。 幅広く使える「推し」の使い方を紹介しましょう。 1:「推しがドラマに出るから、今日は早く帰る」 好きなアイドルもしくは俳優さんを「推し」と表現して使っています。 他にも「推しに恋人が発覚してつらい」や「社内では課長が推しかな」などというように使い、憧れの先輩やあまり喋ったことのない相手にも使ったりします。 2:「この映画は推しだから、絶対映画館で観た方がいい!」 人やキャラクターではなく、作品や物にも使えるところが、「推し」の使い勝手のよさです。 他にも「このお店の推しはハンバーグランチ!」や「私はこのメーカーのボールペンが推しだな」などというように、日常の会話でも取り入れやすいところがポイントです。 3:「今回のスキャンダル報道の対応を見て、推し変することに決めた」 ここでは「推し」の関連語である、「推し変」の使い方を紹介しました。 他にも「コンサートに感動して、箱推しすることにした」や「今夜は推し被りしている先輩と飲みに行って語る」などというように使います。 c Shutterstock. 親しい人たちの間で楽しく使うことをおすすめします。 推しの類義語はどんなものがある? c Shutterstock. com 1:尊い 本来の「尊い」は高貴だ、とか敬うべき存在に使う言葉ですが、ここで言う「尊い」は推しに対して使う表現です。 推しが素晴らしく、信仰心すら抱くほどの感情に高まった時に使います。 推しとセットで使うことが多いですね。 例えば「推しが尊すぎてつらい」などというように、推しがかっこよすぎて胸が苦しくなるほど最高だ、というときに使います。 2:推しぴ 「推し」に代わり「推しぴ」という言葉が台頭してきています。 ピープルという言葉がついていることから、推しが一人である必要はありません。 例えば「新作映画を観たら、推しぴが増えた」などというように使います。 ちなみに「彼ピ」という言葉もありますが、これは「彼氏」を可愛く呼んだものです。 番外編:エモい 「推し」のことを表現する際に、「エモい」という言葉もよく耳にします。 例えば「この音楽はエモい」などというように使います。 最後に c Shutterstock. com 後輩社員が言ってた謎の言葉「推し」についてマスターできたでしょうか? 一度覚えると、いろんなシーンで人、物にまで使えるので便利な言葉ですよ。 TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

セブチ?知らない

今日も推しが尊い 意味

家族全員で無人島を開拓しています。 島民代表ですこんにちは。 どうぶつの森シリーズはかなりの時間泥棒ですが、こんな時期には子供たちのいいモチベーションになっています。 今日は私以外には至極どうでもいい、けれど私が私らしく、近年元気でいられる本質のひとつについてです。 「推しが尊い」。 もう一回。 「推しが尊い」!!! ちなみに近年よく聞く推しが尊いというフレーズ、あくまで推す側が畏敬の念から思わず漏れ出るものをごく簡略化して 何故なら推しすぎて語ると毎回文字数を異様に費やすから だと思っています。 「推し」という概念でざっくりひとまとめにされる前から、特定の誰かや何かのファンになる方々はいらっしゃいますものね。 崇高である。 神々しい。 うやまい重んずべきである。 めでたくよい。 すぐれている。 —-広辞苑無料検索より引用 アッ全部ゥ…その通りですね……。 私にとって、趣味の国内バスケ観戦で唯一好きな選手は、マイヒーローそのものなので、純粋に素晴らしくて、バスケットの楽しみを与えてくれる存在です。 私なりに、尊さを話すと、観戦チケットを買って観たときに、現実に存在しているだけで まったくの他人である私の 人生に彩りを与えてくれるなんて凄すぎて、いつも有り難さでいっぱいになります。 集中しているので、そっと観させていただいています。 私は重度の肩凝りなんですが、観戦に言って姿を見つけるだけで血の巡りが良くなって肩が軽くなります。 嬉しい気持ちって大事。 張り合いがある 主に働くことに。 がんばれば試合、がんばればサイン会、がんばればバスケが観られる…もちろん趣味はあくまで余暇としての兼業主婦ですが、モチベーションはいくらあってもいいので、やる気の源って大事。 風邪を引かなくなった 引けなくなった、が正しいか。 疲れている場合ではなく、土日に具合が悪くなっている場合でもありませんし、試合会場で元気な状態でなければ入れません。 健康管理、私は家族の体調が悪くても行けないので、とても気をつける良い習慣になりました。 これはアウェイ用の白ユニフォームです。 至言であり、今現在、最も響く言葉です。 もちろん、マイペースに行ける日だけ、という意味もあります。 私も、全ての試合に行ける余裕は、時間的にも金銭的にも家族としても、ありません。 ただ、 この楽しみは、いつか終わる楽しみである ということは、忘れないでいようと思っています。 スポーツ選手には、いつかセカンドキャリアを歩む日が来ます。 また、選手より遥かに年上な私は、もちろん先に死にます。 観戦したその日が、私の最期でもいいように、悔いなく、楽しく、情熱的に応援するのが私です。 いつも思うのは、その立場を理解してくれている方々に与えられるばかりで、応援して勝って喜ぶほかは、口先のお礼くらいしかできないこと。 動的な種目の鑑賞としての完成度の高さだけでも、充分に価値のある鍛錬を重ねていることのほかに、プロフェッショナルな心を持ち合わせた人間性も尊敬できること。 ほんの偶然の、奇跡のような経験だと思っています。 同じ時代に、たまたま好きなスポーツを好きな選手がやっていること、観に行くきっかけがあったこと、それを楽しめる健康や余裕がほんの少しあったこと。 胸がいっぱいになるくらい嬉しかったり悔しかったり、垣間見える努力に感動したり、心を揺さぶってくれること。 素敵な思いをさせてもらっているな、と思います。 いっぱい応援させてもらえて、それを許してもらえて、ありがたいです。 元気でいてほしいし、怪我なく、満足のいくバスケットボールを、納得のいく選択ができるように、いつも祈っています。 一生の中で、全く由来のなかった方のことをこんなにも応援したい、と思うことはさほど多くはないでしょう。 貴重な、面白くもほろ苦い時間です。 素晴らしい時間が、また戻ってきますように。

次の