化物語2 忍の目。 AT中の忍の目[No.133415]

巧みな展開と言葉遊び化物語を徹底解説。

化物語2 忍の目

皆さんど~も! 勝てないスロッタータカプです。 (僕もその一人です。 ) 早く対処法やワクチン等がでてくることを日々願っています! さてさて最近はちょい打ちばかりしているので稼働記事は全然あげていませんでした。 前回の稼働記事は、連勝することを願いつつもほとんど良いとこ無しで終わってしまいました。 最初はよく理解しがたい話についていけず意味が全く解りませんでしたが、何度も見ていくうちに 良く考え込まれているのだなと何故か少し感動さえしました。 見れば見るほど西尾維新さんて天才だな!と思います。 そんな最高アニメ 化物語で今日は勝負!いざ!参る~! 目次• 新台だもんね!からの 仕事からの帰りにどうしても 化物語2が打ちたい!打ちたい!せめて見たい!という思いから ホールに直行しました! 導入日には行けず、この日は2日目でした! 1度目に立ち寄ったホールでは3台しかなくもちろん満席、空きそうにもない状況です。 2度目に立ち寄ったホールでは4台(やはり満席か、、、) 仕方ないですね、、、新台だし。 設定には期待は持てなさそうです。 化物語といえば 倍倍チャンスですよね!何とかして入れたいもののゲーム数的にちょっと諦めていたところで リールロック発生! ここでまさかの 「おっふ!!」(心の声パート2) 中段チェリー降臨! これはいったいどうなるのだ? 右下のルーレットみたいなやつが抽選中、、、そして結果 青いけどこれって 白ボーナスなんですね(絶対 青でしょ?) 大量上乗せに期待できます! ボーナス中は全然 カットイン出ませんでしたがこのボーナスのおかげで 結構乗せれました(平均知らないんですけど~!) これだけあれば結構ゲーム数回せるだろうし 倍倍チャンス味わえるとワクワクしていたのですが これがまさかの駆け抜けとは、、、ヒキがいいのか悪いのか、、、 この後ちょっと継続して打ったのですが時間もあまりなかったので終了しました。

次の

巧みな展開と言葉遊び化物語を徹底解説。

化物語2 忍の目

総合記事:• 次作:(2008年)• ゲーム:(2012年)• ゲーム:(2015年)アニメ版の楽曲を収録 - プロジェクト ポータル ・ 『 化物語』(バケモノガタリ)は、による。 第1弾(通巻1、2巻目)として()から刊行された。 はが担当している。 にテレビアニメ化、には『』としてゲーム化、に漫画化された。 概要 『化物語』は21世紀初頭で日本の田舎町を舞台に高校生の 阿良々木暦が「怪異 かいい 」に関わった少女達と出会い、その怪異にまつわる事件を解決していく物語。 作者の西尾は「とにかく馬鹿な掛け合いに満ちた楽しげな小説を書きたかった 」と語っており、ギャグやパロディ、メタ視点を交えた登場人物同士の会話に多くのページが割かれているのが特徴。 上下巻構成になっており、上巻は『』(講談社)9月号から5月号まで連載された第一話「ひたぎクラブ」、第二話「まよいマイマイ」、第三話「するがモンキー」を、下巻はBOX書き下ろしの第四話「なでこスネイク」、第五話「つばさキャット」を収録している。 パッケージイラストは上巻は戦場ヶ原ひたぎ、下巻は羽川翼が描かれている。 あらすじ 高校3年生の 阿良々木暦は春休みにとんでもない『事件』に巻き込まれて以来、人とは少しだけ異なった部分があった。 『事件』を通じて親しくなったクラス委員長の 羽川翼と共に文化祭の準備をしていた5月のある日、ひょんなことから2年間ろくに会話すらしたことがない病弱なクラスメイト 戦場ヶ原ひたぎの秘密を知る。 彼女には、およそ体重と呼べるものがほとんど無かったのである。 暦は秘密を知った日の放課後、ひたぎから秘密をばらさないようにと猟奇的な脅しを受け、口許をで刺される。 それにもめげずに彼女の問題解決に対する協力を申し出る。 暦は事件の後遺症として他人よりも異常に傷の治りが早くなっており、ひたぎの負わせた傷もすっかり塞がっていた。 ひたぎによると、2年前に1匹の不思議な蟹に出会い、重さを根こそぎ持っていかれたのだという。 彼女の体重は平均的な体格にもかかわらず5kgしかなかった。 春休みに遭遇した事件解決に際し、暦と翼は怪異に詳しい 忍野メメという風来坊のオッサンの力を借りた。 暦とひたぎはメメに相談するため、彼がねぐらにしている学習塾跡の廃墟ビルに向かう。 メメはそこで金髪の少女で『吸血鬼の成れの果て』という 忍野忍と暮らしていた。 「助けるんじゃない。 君が勝手に助かるんだ。 ボクは力を貸すだけだ」と語るメメ。 メメによるとひたぎの体重を奪った蟹もやはり怪異であるという。 ひたぎはメメの力を借り、自分の体重を奪った怪異と再会するのだが、それには彼女自身が抱え持つ別の問題が関係していた。 『事件』の影響から怪異に纏わり付かれるようになった暦。 暦に助けられて以降、毒舌ツンデレながら好意を抱くようになるひたぎ。 しかし、暦とひたぎが親しくなったことで暦の周囲は再び慌ただしくなっていった。 登場キャラクター 「声」は 版における担当。 詳細は「」を参照 阿良々木 暦(あららぎ こよみ) 声 - 本作の主人公。 私立直江津高校三年生の男子生徒でクラスの副委員長。 春休み中、吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードと遭遇し、眷属にされた後遺症で怪我の治りが非常に早い。 また眷属としてかつて保持していた力とは比べものにならないが忍に血を吸わせることで常人離れした戦闘能力を発揮する。 基本的には健全な男子高校生でウブかつ奥手。 対人関係は基本的に苦手で翼以外に友達はいない。 女子のこと(女心)はまったくわかっていない。 根っからの「お人良し」で関わった事には最後まで責任を負う。 アニメではアホ毛が特徴で心象を表現するのに使われる(疑問に思った時はアホ毛がクエスチョンマークになる)。 戦場ヶ原 ひたぎ(せんじょうがはら ひたぎ) 声 - 本作全体のメインヒロイン。 暦とは同じクラスだが友達はおらず、体育の時間にはいつも休んでいる。 中学時代はのエースだったが病気を抱えてからは性格までもが一変した。 元々は資産家の令嬢だったが、母親が新興宗教にハマり散財した挙句に家出。 現在は安アパート暮らしの父子家庭。 実は相当の毒舌家で、自他共に認める。 逆に普通の男女交際がどのようなものか分からず、正しい誘い文句がわからず悪戦苦闘している。 当初、暦は「ツンドラ」と感想をもっていた。 過去ので、ある事柄に関しては克服できていない。 文房具で完全武装しており、ガードが堅かったが事件解決後はやめた。 ひたぎの変化が他の人物たちにも少なからず影響していくことになる。 偏差値は70超で優秀。 暦の彼女。 羽川 翼(はねかわ つばさ) 声 - 本作全体のサブヒロイン。 暦やひたぎのクラスの委員長。 成績優秀(学年トップ)、品行方正で絵に描いたような優等生で眼鏡っ子かつ巨乳。 暦をして嘘のつけない真っ白な性格だとみなされている。 プライドの高いひたぎも翼の学力について「別格」と評している。 暦にとって『大切な恩人』であり『たった一人の友人』。 自分以外の人物に纏わる怪異事件についても暦とは学校での会話、電話などで頻繁に話している。 暦が春休みに遭遇した事件の一部始終と顛末を知る。 また、に『障り猫』という怪異に遭遇し、暦と忍の活躍で解決をみている。 その際に彼女の抱え持つ深刻な問題が判明した。 詳細は第五話「つばさキャット」にて語られる。 髪型は後ろ二本の。 メメとは春休みの事件で関わっており、「委員長ちゃん」と呼ばれている。 暦のことが好き。 保科(ほしな)先生 暦達のクラスの担任の先生。 春上(はるかみ)先生 直江津高校の保健の先生。 忍野 メメ(おしの メメ) 声 - 怪異・妖怪変化の類の専門家。 金髪に金色の顎髭、右耳の逆十字の、薄汚いアロハに便所サンダルといったいでたち。 愛煙家で好む銘柄は。 各地を放浪しながら怪異譚の蒐集をしている。 なにもかもお見通しという抜群の嗅覚を持ち、暦を茶化しつつも助ける。 持って回った言い回しや含蓄の多い意見を表出するが根は「お人良し」。 暦はメメにある時払いの催促なしで500万円という負債を抱えている。 忍野 忍(おしの しのぶ) 声 - かつて暦と関わった吸血鬼キスショットのなれの果て。 外見は8歳児ほどの金髪の少女で頭にはヘルメットとゴーグルをつけている。 忍が暦の血を吸うことで、忍と暦はお互い吸血鬼としての力を取り戻すという共依存関係。 強力なエナジードレイン能力を持っており、『障り猫』騒動ではそれが解決に役だった。 暦と彼を取り巻く人間たちに対して思うところがあり、一切しゃべらなくなっている。 好物はミスタードーナッツ。 は暦と忍が和解に到り、それをメメが見届ける物語でもある。 「忍」と命名したのはメメで姓は自分のものを与えた。 キスショットの正式な名前の一部、「ハートアンダーブレード」にちなんで付けられた。 八九寺 真宵(はちくじ まよい) 声 - 第二話「まよいマイマイ」に登場する迷子の小学生。 髪型はツインテールで、いつも大きなリュックサックを背負っている。 わざとらしい言い間違いが多く、そのたびに暦にツッコミを入れられ「かみました」「違うわざとだ」というやりとりをみせる。 ひたぎや翼に対しては奥手かつヘタレ丸出しの暦だが、八九寺に対しては背後から抱きつくなどしているせいで疑惑をかけられている。 怒ると噛む。 最後には神になる。 神原 駿河(かんばる するが) 声 - 第三話「するがモンキー」に登場する直江津高校二年二組の女子。 ひたぎや翼とは中学以来の先輩・後輩関係。 バスケットボール部のキャプテンで驚異的な運動能力を持つ。 毒舌家のひたぎとは逆に褒め殺しキャラ。 自他共に認める『エロ女子高生』で露出狂疑惑もかけられる。 自称、大好きで美少女を見ると疼く。 左腕に包帯を巻いている。 ひたぎを心から愛して慕っていた。 千石 撫子(せんごく なでこ) 声 - 第四話「なでこスネイク」に登場する中学二年生の少女。 暦の妹である月火の同級生。 暦のことは「暦お兄ちゃん」と本人の了解の上で呼ばせて貰っている。 極度の恥ずかしがり屋だが、暦とイチャツクことに興味津々。 また中学生とは思えない、ツッコミどころの難しいボケをかます。 事件解決に際しては駿河にも世話になっている。 阿良々木 火憐(あららぎ かれん)、阿良々木 月火(あららぎ つきひ) 声 - (火憐)、(月火) 暦の妹の中学三年生と中学二年生で、「栂の木二中のファイヤーシスターズ」の通り名を持つ。 寝坊する暦をいつも起こしている。 アニメ版では次回予告担当。 戦場ヶ原父 声 - ひたぎの父親。 寡黙だがで格好いい紳士。 外資系企業に勤めている。 根っからの仕事人間でひたぎの危機になにも出来なかったが娘を愛する良き父親。 ひたぎはメメへの謝礼金10万円を父の仕事を手伝うことで作って返済した。 戦場ヶ原母 ひたぎの母親。 ひたぎが病に罹ったことにより、怪しげな宗教団体に嵌ってしまう。 宗教団体に纏わる事件が娘との関係を断絶させた。 書籍 (著)、〈〉、上下2巻 タイトル 発売日 ISBN 収録話 初出 化物語(上) 第一話 ひたぎクラブ 2005年9月号 第二話 まよいマイマイ メフィスト 2006年1月号 第三話 するがモンキー メフィスト 2006年5月号 化物語(下) 2006年 第四話 なでこスネイク 書き下ろし 第五話 つばさキャット 2013年10月12日、コンビニエンスストアの、限定で『化物語 入門編』が発売された。 表紙絵・挿絵はアニメ『化物語』のものが使用されている。 本文はとなっている。 レーベルは講談社BOXだが、外箱は無くソフトカバーとなっている。 タイトル 発売日 ISBN 収録話 初出 化物語 [入門編] ひたぎクラブ メフィスト 2005年9月号 こよみフラワー ひたぎコイン 書き下ろし テレビアニメ アニメプロジェクトの第1弾として企画され、よりほか、、にて放送。 BSジャパンでのの放送は『』以来2回目となり、これ以降はなく、続編作品である『』のBS放送局もに変更されている。 全15話。 第12話までがTV放送され、13話から15話までは公式ホームページ上で無料で期間配信された。 13話は当初は2009年10月28日より配信予定であったが都合により11月2日に変更され、さらに作業の遅れにより1日ずれ11月3日より配信開始。 15話は、6月26日深夜に配信され完結に至った。 さらに、2010年10月1日から11月5日まで、バンダイチャンネルにて第壹話から第伍話を期間限定で配信。 2010年、13日、20日の3夜にわたり、で全15話が放送され、TOKYO MXでもから行われた再放送で未放映分の13話から15話が地上波初放映された。 また、よりでもCS初放映となる13話以降を含む全15話を放映。 特徴 アニメ化にあたり登場人物のセリフの改変を避けるなど、原作をほぼ忠実にアニメ化している が、「なでこスネイク」はセリフの削除やシーンの追加などが多数行われ、原作と異なる個所が多い。 また第壹話冒頭では『』が90秒のダイジェストで描かれている。 手描きのアニメーションがメインだが、シーンによっては実写やCG、による文章、文字そのものを記号的に使った演出を交えた監督作品らしい絵作りが特徴である。 また、シリーズディレクターは『』や『』のオープニングなどで個性的な映像表現が話題を呼んだである。 「HGP明朝B」のを用いた真っ黒な背景に「 黑齣 kuro. 629 」と書かれたカットが代表的(時折背景の色によって「 赤齣 aka. 135 」「 白齣 shiro. 4646 」 などとなったりする)。 回想シーンや怪異がらみのシーンの一部にはが参加しており、独特の演出がなされている。 テロップや神原の部屋の赤い本のイメージはの映画から来ている。 後述のとおり、パッケージの際の修正(おもに後半の放送分)や、インターネット配信の大幅な遅れがみられ、「つばさキャット 其ノ伍」のコメンタリーでも「好みのシーンから完成させてる」、「線画だけで色が付いてないのにコメントできない」、「重要なシーンにだけは色が付いている」とコメントされている。 また尾石は特に12話以降の作成スケジュールは厳しかったとコメントしている。 次回予告は原作者の西尾による脚本であり、本編にはほとんど登場しない火憐と月火の掛け合いという形をとった。 西尾は次回予告の脚本作成時、月火が主要人物となる『(下)』の執筆をしておらず、この脚本の執筆により月火のキャラクターが見えてきた面もあると語っている。 また、予告においてはによる登場人物のデフォルメキャラが登場している(ひたぎのデフォルメキャラだけは、第六巻特典のブックレット内漫画にのみ登場する)。 舞台 物語の舞台は名前も明らかされていない架空の田舎町だが、背景となっている建物や風景は、様々なモチーフが取り入れられている。 オープニングの実写画像や作中の踏切等の鉄道風景はの周辺のの周辺である。 直江津高校はにある学校と を参考に描かれており、学習塾跡はがイメージされている。 ひたぎが居住する民倉荘には同じくシャフト作品である『』に登場するマルミ堂のイメージが取り入れられている。 また、浪白公園にあるオブジェはの沿いにあるを参考に描かれている。 『つばさキャット』に登場する街並みはの周辺が描かれており、も描かれている。 スタッフ• 原作 - 「化物語」(講談社BOX)• キャラクター原案 -• 監督 -• シリーズ構成 - 東冨耶子、新房昭之• キャラクターデザイン・総作画監督 -• シリーズディレクター -• ビジュアルディレクター -• 美術監督 - 飯島寿治• 色彩設計 - 滝沢いづみ• 撮影監督 - 会津孝幸、江藤慎一郎• 編集 - 松原理恵• 音響監督 -• 音楽 -• スーパーバイザー -• プロデューサー - 、針生雅行、久保田光俊• アニメーション制作 -• 製作 - 、講談社、シャフト• 次回予告脚本 - 西尾維新• 次回予告作画 - オープニング メインのオープニングテーマはメインヒロインである戦場ヶ原ひたぎ(斎藤千和)の歌う「staple stable」だが、各話ヒロインのテーマソングもそれぞれ作られており、オープニングアニメーションも曲ごとに作られている。 パッケージ版では、その巻に収録されている話のオープニングは全てその話のヒロインのテーマソングで固定されている。 ただし、第12話「つばさキャット 其ノ貮」は、「staple stable」となっている(本編中に羽川が一切登場しないためとコメンタリーで語られている)。 また「sugar sweet nightmare」のオープニング映像はネット配信の際に使われていた実写バージョンがBlu-ray・DVD第五巻「つばさキャット(上)」、Blu-ray・DVD版のために製作されたアニメーションバージョンが第六巻「つばさキャット(下)」にそれぞれ収録されている。 なお、2011年12月21日に発売された「」には全オープニングが収録されている。 小説などにある後書きのように、放送が終了したエピソードにスポットをあてて演じた声優が内容について語る番組。 リスナーからのはがき・メールの受付は行っていない。 収録内容は一部編集されており、完全版はパッケージ版の特典CDに収録されている。 Blu-ray完全生産限定版、DVD完全生産限定版、DVD通常版の3種類が存在する。 限定版は渡辺明夫描き下ろしのデジパック仕様で、本編ディスクのほかに「各話オープニングテーマ」と「あとがたり完全版」を収録した特典CDが付属する。 本編には西尾維新が脚本を書いた「登場人物自身による」(キャラクターコメンタリー)が追加されており、として切り替えることができる。 この他エンドカードピンナップやブックレットが付属する。 2009年9月に発売された版の第1巻「ひたぎクラブ」は3週連続で1位を獲得。 同年10月に発売された第2巻「まよいマイマイ」完全生産限定版は初動で3万9000枚を売り上げ、Blu-ray Disc版テレビアニメの初動売上記録1位を達成 、同年11月に発売された第3巻「するがモンキー」完全生産限定版は、初動で4万1000枚を売り上げ、テレビアニメのBlu-ray Discとしては初めての4万枚突破作品となった。 さらに2010年1月に発売された第4巻「なでこスネイク」で初動4万8000枚を売り上げて記録を更新、同年7月に発売された第6巻「つばさキャット (下)」では5万1000枚と、テレビアニメのBlu-ray Discとしては初めて5万枚を突破した。 Blu-ray Discのみのシリーズ累計売上枚数は、2010年11月時点で33万枚以上を記録している。 Blu-ray版を限定版のみで発売し、声優によるキャラクターソング(本作のように主題歌である場合も含む)やサウンドトラックは限定版の特典CDとして収録される形式は、本作以後のアニプレックスが関わるテレビアニメ作品のほとんどや一部の劇場版作品で現在に至るまで続いている。 また、Blu-ray版は完全生産限定版のため長らく再発売されない状態が続いていたが、『傷物語』・『偽物語』のアニメ化記念として2011年12月21日に第一巻から第六巻までをまとめたが発売された。 なお、TV放送時とBlu-ray・DVDではかなりの相違・変更点が見られる。 主な相違・変更点は以下の通り。 全話にオープニングが挿入されており、『まよいマイマイ』以降でTV放送時に「staple stable」が使われていた回もそれぞれ変更されている(ただし『つばさキャット 其ノ貮』は「staple stable」のまま)。 なお、第四巻『なでこスネイク』のオープニングは、『其ノ壹』と『其ノ貮』で映像が異なる(其ノ壹では撫子が帽子をかぶっており、其ノ貮ではかぶっていない)。 第一巻『ひたぎクラブ 其ノ壹』および、第二巻『まよいマイマイ 其ノ壹』のエンディングが、『まよいマイマイ・其ノ貮』以降のものと差し替えられている。 次回予告の音声が、Webで配信された「長篇版次回豫告」のものになっており、映像も4コマ風のものではなく次回の映像が使われている。 放送版の次回予告は映像特典として収録されている。 DVD・Blu-ray化に際して、背景やキャラクターの作画がやり直されたり、画面に文字だけだったシーンに映像が追加されたりといったことが全体的に目立つ作品だが、第四巻『なでこスネイク』は特にTV放送時との相違が大きく、声やBGMなどを除く作画などの面はほぼゼロから作り直されていると言っても過言ではない(声もタイミングなどが調整されている)。 ただし、この巻の2回分のTV放映時においては背景なども他の回と異なり新房監督作品的な演出がされていない一般的な背景などの演出がされていた。 なお、初回限定版に付くブックレットの画面写真は一部TV放映時のものも使われており、第三巻『するがモンキー』における『なでこスネイク 其ノ壹』の予告はTV放送時の映像が使われている。 なお、続く第五巻『つばさキャット(上)』でもキャラクターの表情や仕草、背景などに大幅なリテイクが施されている。 第四巻『なでこスネイク』のエンディング映像が「Ver. nadeko」に、第五巻『つばさキャット(上)』のうち『つばさキャット 其ノ壹』のエンディング映像が「Ver. Tsubasa」にそれぞれ差し替えられている。 関連書籍 アニメ化物語オフィシャルガイドブック 2009年発売、 アニメ放送直前に発売されたガイドブック。 と画集クラスの大きさ。 Side-Anime、Side-Novelの両面から読めるようになっており、表紙絵も渡辺明夫、VOFANがそれぞれ描いている。 西尾維新、シャフトに関係のある人物による描き下ろしイラストや、西尾と監督・新房昭之の対談、書き下ろし小説「〆に最初」(なこと写本シリーズ)などを収録。 アイドルマスターブレイク! 第3巻 限定版 発売、 『』のアイドルたちによる、本作オープニングテーマ5曲のカバー曲を収録したCDが付属している。 化物語アニメコンプリートガイドブック 2010年10月29日刊行、 アニメ化物語完結記念として発売されたガイドブック。 製作スタッフや声優へのインタビューやイラストギャラリーの他、西尾維新書き下ろしの短々編「ひたぎブッフェ」「まよいルーム」「するがコート」「なでこプール」「つばさソング」を収録。 書き下ろし短々編のテーマは千石撫子役の声優・花澤香菜が西尾維新に「暦とデートする話が読みたい」とリクエストしたことがきっかけで決定した。 普段のキャラクターとは違った面が描かれた番外編となっている。 アニメ『化物語』副音声副読本(上) 発売、 アニメ『化物語』副音声副読本(下) 発売、 アニメ『化物語』のブルーレイ、DVDに収録された西尾維新による副音声「キャラクターコメンタリー」の脚本を収録した書籍。 『化物語』の登場人物がアニメ『化物語』を見ながらトークするという内容。 本書に収録されるのは版で、実際にブルーレイ、DVDに収録された内容とは一部異なる。 上巻には「ひたぎクラブ」「まよいマイマイ」「するがモンキー」の副音声脚本が、下巻には「なでこスネイク」「つばさキャット」の副音声脚本が収録される。 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 発売、 シャフト発行によるオリジナル原画集。 「ひたぎクラブ」、「まよいマイマイ」、「するがモンキー」の各エピソード別3巻構成。 総ページ数1,112頁フルカラー。 化物語 PRODUCTION NOTE 発売、 シャフト発行によるオリジナル設定資料集。 キャラクター設定、ウエダハジメエンディング素材、針玉ヒロキ予告素材を収録した。 B5判並製変型表紙、総ページ数240頁フルカラー。 化物語 KEY ANIMATION NOTE 下巻 発売、 シャフト発行によるオリジナル原画集。 「なでこスネイク」、「つばさキャット上」、「つばさキャット下」の各エピソードと「美術設定集」を加えた4巻構成。 総ページ数1,240頁フルカラー。 パチスロ から2013年10月に「パチスロ化物語」が発売された。 の「」がいろいろな場面で使用されている。 基本的なゲームフロー 本機種には、他機種のようなビッグボーナスやレギュラーボーナスの概念はなく、差枚数管理型AT「倖時間」(ハッピータイム)でメダルを増やす仕様となっている。 ただし、「倖時間」中にプレミアム的な位置づけで「ボーナス」に突入することがある(後述。 また、通常時に発生するロングフリーズ演出から突入するボーナスも存在する)。 基本的なゲームフローは以下の通り。 プレイを開始する。 本機種はサミーの「マイスロ」に対応しており、プレイ開始前にマイスロサイトでパスワードを発行し、実機に入力することで、各種カスタムの使用、プレイデータの保存などが可能。 「マイスロ」を使用しなくとも、「選択ヒロイン」を変更することは実機上で可能である(一部の演出の選択率に変化が生じる)。 特定小役成立時の抽選に当選すると、自力解除ゾーン「解呪ノ儀」に入る。 継続G数は15G・30G・無限の3種類。 一部の小役の成立時には、「解呪ノ儀」には入らず、直接「倖時間」に突入したり、ロングフリーズ演出と「ボーナス」を経由したのちに「倖時間」に突入したりする。 無限だった場合は30Gを消化したのちも継続し、「倖時間」への突入が確定する。 解呪ノ儀中は毎ゲーム成立小役の種類によって「倖時間」の突入抽選を行う。 この時、逆押し指示から怪異図柄が中段に揃えば、倖時間へ直接突入する。 15G消化後、演出が「最終章」に発展。 暦が解呪に成功すれば「倖時間」に突入する。 なお、「最終章」の間も突入抽選は行われている(当選率が「解呪ノ儀」中とは異なる)。 15G消化前に「最終章」へ発展する場合もあり、「倖時間」への突入期待度が上がる。 暦が敗れた場合は1へ戻る。 また、30G(もしくは無限)が選択されていた場合、敗北後に再度「解呪ノ儀」に入る。 「倖時間」に突入。 残り枚数150枚からスタートし、中段ベル(10枚)成立時に7枚ずつ減算される。 レア役成立時に、(超)倍倍チャンスやボーナスの抽選を行っている。 倍倍チャンス - 残り枚数を増やす集中ゾーン。 超 倍倍チャンス - 残り枚数を増やす集中ゾーン。 倍倍チャンスより上乗せの期待度が高い。 ボーナス - 30ゲームのAT。 全役で残り枚数の増加抽選を行う。 倍倍チャンスおよびボーナス時は中段ベルが揃っても残り枚数は減らない。 5と6を繰り返す。 獲得枚数が規定枚数を超えることで倖時間が終了。 3ゲームの引き戻しゾーン「夢の時間ヲ終わラセルな」に移行。 3ゲーム中に何らかのレア役(順押し消化時のリプレイ・ベルリプレイ・ハズレ目以外)が成立すれば「倖時間」に再突入する。 「夢の時間ヲ終わラセルな」を消化すると通常時に戻る。 プレミアム演出 以下に挙げる演出は、発生した時点で何かしら(通常時=解呪の儀または直撃倖時間、倖時間中=倍々チャンス)の当選が確定となるもの。 他機種演出• 獣王シリーズのLED絵柄(ダナゾなど)が出現する。 アラジンシリーズの月絵柄が出現する。 ファイアードリフトのキャラクターが出現する。 ディスクアップのキャラクターが出現する。 ハードボイルドのキャラクターが出現する。 真宵が「アタリ木さん」と噛む。 パチンコ から2014年6月に「パチンコCR化物語」が発売された。 5人のヒロインすべての物語を収録し多彩な演出が楽しめる作品となっている。 また、選択したヒロインを時間の経過に伴いカスタムすることが出来るRTC(リアルタイムクロック)カスタムやサミー初の8チャージ機能を搭載している。 7図柄はカスタムで選択できる。 ただし、忍野忍は平日18:00以降か土曜日・日曜日でなければ選択できない。 リーチアクション内に「」や「」が登場する。 ビッグアップル. 秋葉原店では1フロアー全部本機で埋め尽くす新台入替を行う大掛かりな企画が行われた。 単行本4巻の発売前に累計発行部数が100万部を突破した。 原作・西尾維新、作画・大暮維人『化物語』講談社〈デラックス〉既刊9巻(2020年5月15日現在)• 2018年6月15日発売、• 第1巻特装版 2018年6月15日発売、• 2018年8月17日発売、• 第2巻特装版 2018年8月17日発売、• 2018年11月16日発売、• 第3巻特装版 2018年11月16日発売、• 2019年1月17日発売、• 第4巻特装版 同日発売、• 2019年4月17日発売、• 第5巻特装版 同日発売、• 2019年7月17日発売、• 第6巻特装版 同日発売、• 2019年10月17日発売、• 第7巻特装版 同日発売、• 2020年2月17日発売、• 第8巻特装版 同日発売、• 2020年5月15日発売、• 第9巻特装版 同日発売、 脚注 []• 12話までTV放送のち、13話 - 15話はweb配信。 化物語 上巻あとがきより。 アニメ化物語コンプリートガイドブック pp. 49-50• 黑齣などのカットの下に「動畫番號 無シ 動画番号 無し とあるが、カットとしては存在しているが、動画が一枚もなく、撮影で黒い画像 赤、白も同様 と文字を入れて撮影しているシーンである。 『化物語アニメコンプリートガイドブック ひたぎクラブ』講談社、2010年10月27日、23頁。 『別冊オトナアニメ シャフト超全集!! 』洋泉社、2010年6月10日、57頁。 本編の配信が6月25日、あとがたりによればコメンタリーの収録も同じく6月である。 さらにはあとがたりの収録の時点で「完成していない」と発言がある。 アニメ化物語コンプリートガイドブック まよいマイマイ p. アニメ化物語コンプリートガイドブック つばさキャット p. アニメ化物語コンプリートガイドブック ひたぎクラブ pp. 22-23• 化物語KEY ANIMATION NOTE 下巻 美術設定資料集pp. 8, 11• アニメ化物語コンプリートガイドブック するがモンキー pp. 35-38• この歌の中に"「し」抜きで"という歌詞があり、なおかつ音楽では「シ」の音が使われていないことが指摘されていたが、神前暁およびmeg rockの二人は全く知らずに作っており、公式見解としては「 怪異の仕業」とのこと(『アニメ化物語コンプリートガイドブック』より)。 地域によって放送話数に差が出るため、その調整の総集編。 第拾參話は当初10月28日から配信開始予定だったが、11月2日への延期が発表され、最終的には作業工程の遅れにより11月3日からの配信開始となった。 山崎健太郎 2009年11月4日. Impress Watch. 2009年11月4日閲覧。 山崎健太郎 2009年12月2日. Impress Watch. 2009年12月2日閲覧。 毎日新聞デジタル 2010年8月4日. まんたんウェブ. 2012年7月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年8月4日閲覧。 毎日新聞デジタル 2010年11月24日. まんたんウェブ. 2010年12月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年11月24日閲覧。 ビッグアップル公式サイト内 外部リンク• (1994年)• (1999年)• (2001年)• (2004年)• 総(2004年)• (2005年)• (2006年)• シリーズ(2007年 - 2008年、2010年、2012年)• シリーズ(2007年 - 2009年)• シリーズ(2009年、2011年)• シリーズ(2009年)• (2009年)• (2010年)• シリーズ(2010年)• 総(2010年)• (2011年)• 総(2011年)• (2012年)• 総(2012年)• (2013年)• 総(2013年 - 2014年)• シリーズ 総(2014年 - 2015年)• 総(2014年)• 総(2014年)• 総(2015年)• 総(2015年)• (2016年)• (2019年) OVA.

次の

巧みな展開と言葉遊び化物語を徹底解説。

化物語2 忍の目

化物語 忍野忍(キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード)の事等について まず、「傷物語」後の忍と阿良々木の二人の関係についてですが、 忍が阿良々木の事を「主様」や「お前様」等と呼ぶようになったのは二人が対等の関係になったからでしょうか? そういうことも含めて二人の傷物語後の関係の詳細が知りたいです あと、なぜ忍はミスドが好きなのでしょうか?(笑 吸血鬼なので人間が食べるそういうものを食べても栄養としては入らないのでは? ただの味を楽しんでいるようなものでしょうか? 忍の栄養は、阿良々木の血だけですよね? それと、忍は阿良々木の影に「縛られる」というのはどういう意味なのでしょうか? 阿良々木の感情を一方的に共有されるみたいな 最後にですが、キスショットが「忍」という名前をもらったのはつばさキャットで活躍したからみたいですが アニメでのつばさキャットでは、もうゴールデンウィークから一ヶ月後の2回目という感じですが、その「一回目」つまり最初のつばさキャットはどこで話されているんでしょうか? 長くなりましたが、この段落に分けた質問を 1, 2. として答えていただきたいです どうかよろしくお願いいたします 1.阿良々木と忍の関係について 実質的には阿良々木の方が上ですが、阿良々木は対等であろうとしています。 なぜなら、忍は阿良々木がいなければ存在できませんが、阿良々木はいつでも忍を見捨てることができるからです。 2.忍がミスドを好きな理由 栄養にはなりませんから、味や食感が好きなのかもしれません。 エピソードはありませんでしたが、おそらくは嗜好品なのでしょう。 3.忍の栄養 阿良々木の血だけです。 4.「縛られる」の意味 1や3で述べましたが、忍は阿良々木の血がなければ存在できません。 実質的に阿良々木が主の主従関係になります。 5.つばさキャット ゴールデンウィークのエピソードは阿良々木の回想しかありません。 エピソードとしての「つばさキャット」は二回目ですが、一回目は「つばさキャット」の合間に阿良々木の回想で語られます。 アニメでは「つばさキャット参」ぐらいでした。 ネタバレかどうかは分かりませんがもし今後見るならあまり見ないほうがいいかもしれません。 1、これは確か偽物語のとき 後期)の頃の忍のことだと思いますが忍(キスショット)はもう名前もないし吸血鬼としてもほとんどの能力が暦の血を吸わないと発揮できないし生きてもいけません。 僕の考えですが立場は絶対的に下でも吸血鬼もどきなので力は忍の方が上なのでお前といいながらも立場上様を付けなければいけないという感じだと思います。 前期の忍(傷物語)はまだ吸血鬼なので全然人間のことを下のに感じてます。 というか食べ物だと思っている。 中期の忍(化物語)は無口でいろいろ考えていました今後の自分の生き方とか。 後期の忍(偽物語)はすっごいくっちゃべってて面白いです。 ツンデレも入ってます。 2、大好きですね。 ミスドのおかげで人類が今もあるって感じくらい好きなようです。 ポン・デ・リングよりもゴールデンチョコレートの方が好きらしいですが、一番何が好きかは分かりません。 3、暦が居ないと生きていけないとかそんな感じだと思います。 あまり言葉の意味が難しくて良く分かりませんでした。 4、 3、ぽいのですが、忍の名前は忍野メメの苗字で縛られているそうです。 ちなみに由来はハートアンダーブレードから刃の下に心ありという意味っぽいです。 小説とアニメでは話す順序がちょっと違うのですがあまり一回目のブラック羽川は長くは話されない感じです。 どこかって言うのは忘れてしまいました。 なんかネタバレぽい所もあるのでそこを了承して下さい。

次の