巨 蟲 列島 グロ。 巨蟲列島

巨蟲列島のネタバレ!グロすぎる虫との戦闘シーンがヤバイ!

巨 蟲 列島 グロ

【巨蟲列島】第4巻の結末ネタバレ 巨蟲列島4巻が重版かかりました!ありがとうございます!皆様のおかげです!これからも頑張りますのでよろしくお願いします!!@番猫 — 藤見泰高@大巨蟲列島連載中 fuzimiken まずは、あらすじを紹介します。 修学旅行中に乗っていた旅客機が海上で何かに接触し墜落。 織部睦美は孤島に漂着します。 クラスメイト達と合流し救助を待ちますが、この島は 巨大昆虫の巣窟と化していました。 睦美は持ち前の昆虫の知識と山の知識を活かし、仲間と共にサバイバルを続けます。 教師の 中条茉莉華が率いる生存者グループと合流し、この島に残された 最後の安全な場所へ向かうことに。 ついに目的地の手前まで辿り着きますが、 茉莉華と睦美が巨大なジグモに捕まってしまいます。 以下、本編の詳しいネタバレです。 【闇の中】 睦美と茉莉華が 巨大ジグモに捕まり、巣へと運ばれている隙に階段を駆け上がる8人。 階段の上は睦美の言っていた安全な場所、 たどり着いたのは古い無人のお寺でした。 お堂の中に入り込む8人。 千歳は睦美を助けに行きましょうと皆を誘いますが、アツシを筆頭に他の仲間も協力を拒みます。 望は茉莉華を救出したくて千歳に賛同。 千歳は武器を探しに外へ出ようとしますが、アキラに止められ、柱に縛り付けられてしまいます。 甲斐はアツシや美鈴に気付かれぬように静かに外へ。 望は甲斐の後を追い、茉莉華の救出に力を貸して欲しいと頼みますが、歩美の件もあって甲斐は断ります。 諦めない望は自ら身体を提供し、結果、甲斐の協力を得ることに成功。 甲斐は何かを思い付き、何処かから襖を持って来ます。 ジグモの巣の中では 睦美も茉莉華もまだ生きていました。 どうやら箕輪を食べたことで空腹が満たされ、 睦美達は保存食、いわばストックという訳です。 バババババッと急に大きな羽根音が聞こえ、ジグモはすぐに反応。 睦美と茉莉華を糸で巻き付けたまま巣から飛び出します。 辺りを警戒するように階段の影で身を潜めるジグモ。 ジグモに引きずられる形で睦美と茉莉華も外に。 睦美はすぐに 違和感を感じます。 上空にジガバチの姿が見当たらないからです。 羽音を立てていたのは甲斐でした。 甲斐は以前にジガバチの巣に入った時、 携帯に羽音を録音していました。 襖はスピーカー代わり。 ジガバチの羽音を襖で大音量にしたのです。 結果、 ジグモはジガバチが狩りに来たと勘違いしてパニックに。 甲斐と望は背後からジグモに近づき、糸で巻かれた二人のもとへ。 甲斐はライターとカッターを使い、ヒートナイフ状態にして睦美に巻き付いた糸を切っていきます。 望はライターで糸を燃やしながら、茉莉華に巻き付いた糸を解いていきます。 しかし、 糸が焼かれる匂いをジグモが察知して、糸を巻き取り始めてしまいます。 慌てる甲斐と望。 睦美は何とか糸から脱出。 一方、 茉莉華は暴れて抵抗した分、糸の締め付けがキツくなっていました。 望はなかなか解き切ることが出来ません。 ジグモに巻き取られていく茉莉華。 望は甲斐から携帯を奪い、羽音を流します。 睦美はこれ以上ジグモを刺激しては逆効果だと言いますが後の祭り。 ジグモはまたもパニックに陥り、 姿の見えないジガバチを捜して移動を開始。 引きずられていく茉莉華。 中途半端に動けるようになった分、余計に暴れる茉莉華ですが、暴れれば暴れるほど糸が締まっていきます。 悲鳴をあげる茉莉華は・・・ その身体がまるで連なったウィンナーのように・・・! そして・・ 巻き付いた糸が、茉莉華の肉も骨も締めちぎります。 バラバラになって飛び散る茉莉華! あまりにも無残な結末に声が出ない睦美達でした。。 血だまりと肉片の中に茉莉華の頭部を発見した望は、それを拾い上げ号泣します。 【自決】 石垣によじ登る睦美。 甲斐と望が睦美の真下へジグモを誘導します。 タイミングを計り、睦美はジグモの背中に飛び移る事に成功。 その頃、上の境内では 巨大コガネムシの大群が飛来。 コガネムシはアツシ達に張り付こうとします。 パニックになるアツシ達を、 お堂の柱に縛り付けられていた千歳が見ていました。 千歳は美鈴に縄を解くよう叫びます。 千歳は睦美からこんな時の対処法を聞いていました。 縄を解かれた千歳が外に出て皆にいいます、 助かりたかったら全裸になってと! ジグモの背中に飛び移った睦美は、自分達を捕まえていた糸を捜します。 糸はジグモの前脚にしっかりと絡んでいました。 睦美はその糸を解きつつ、 糸先を二重8字結びにしたモノを数本作ります。 それをジグモの脚に投げると、糸はジグモの脚や牙に絡まり、自らを拘束。 ジグモの動きが止まります。 睦美はジグモの背中から腹部に移動。 ジグモは起き上がり、睦美を牙で襲います! その瞬間、睦美は手を放し地面に落下。 ジグモの牙は勢いのまま自身の腹部に突き刺さります。 ズズズンンと自身の牙によってジグモは息絶えてしまいました。 境内では千歳の指示のもと、全員が全裸になります。 カブトムシの仲間はミネラルが欲しい時、人間の汗を舐めることがある。 以前、睦美からそう聞いたことがあると説明。 全員、 水を浴びて汗を落とすように千歳が命じます。 境内の井戸から水をすくい、急ぎ汗を落とすアツシ達。 思惑通りコガネムシは襲って来なくなりましたが、近くに脱いだ衣服に群がっており、身動きが取れません。 そこへ階段を駆け上がり睦美たちが現れます。 【救助】 睦美は状況を即座に理解。 この場所へ向かうことを提案しただけあり、対応が迅速でした。 甲斐に、 お堂の下には乾燥させた本松明があるはずだから、それを燻して煙を出すように指示。 睦美は堂内にあった香炭に火をつけ、煙が充満したところで千歳達を堂内に呼び寄せます。 堂内に駆け込むアツシや美鈴達。 松明に火をつけた甲斐が軒下から出て来て睦美に次の指示を仰ぎます。 火を消して煙だけを境内の広範囲に散布するよう甲斐に指示。 甲斐に散布を任して睦美達も堂内に避難します。 やがて境内に煙が漂い始め、コガネムシ達は飛び立っていきました。 アツシが睦美に どこが安全な場所なんだと詰め寄ります。 甲斐が睦美の代わりに答えます。 お堂に焚いた香炭と松明の煙で、初めて安全地帯が完成したのだと。 皆がホッとする中で、望だけは違っていました。 突然、望が怒鳴りはじめます。 茉莉華先生が亡くなったのは睦美のせいなのになんで皆黙ってるのと。 千歳は茉莉華先生や箕輪が亡くなったのは私達全員の責任だと皆に話します。 甲斐が思い出したように、 階段を上ってくる途中で救助船を見かけたことを皆に伝えます。 その言葉に驚き、全員で階段から海の方向を見てみると確かに救助船の姿。 皆、助かったと抱き合って喜び、感情を爆発させます。 アツシ達は薪を燃やして煙を立ち上げ、救助船に居場所を知らせます。 しかし、1時間待っても2時間、3時間と待っても一向に救助が現れません。 話し合いの結果、明日の昼間に全員で船着き場を目指す事に決定。 【ハンター】 睦美達は救助船が居る湾に向かい夜明けと共に出発。 睦美の気がかりは、 ジグモの骸も茉莉華の遺体も食べ尽くされていたこと。 それはなにか恐ろしい個体が近くにいることを暗示しているのです。 途中、木に張り付いているカメムシの仲間である サシガメを見つけます。 このサシガメも巨大化しており、睦美は皆に危険性を説明。 カメムシの仲間は体内で毒ガス作り出す、いわばバイオプラント。 化学兵器といっても言い過ぎではないかも知れないと伝えます。 さらに、 サシガメの仲間には「シャーガス病」という寄生虫の媒介虫になっている種類も居るといいます。 親友のアキラを寄生生物によって失っているアツシは急に動揺。 早くこの一帯から出ようと森の方へ走ります。 急に走り出したアツシの動きに周りにいたサシガメ達は反応! 素早い動きでアツシはもちろん、睦美達の周りにも集まり始めます。 皆は棒で撃退しようとしますが、堅くて刺すことが出来ません。 睦美は 松明の熱で追い払うように皆に指示。 寄生虫の存在を知ってからアツシにいつもの動きがありません。 アツシはサシガメに纏わりつかれてしまいます。 一匹が針状の口をアツシの腕に刺し込み、何かを注入。 アツシの腕はパンパンに膨らみます。 パニックに陥るアツシですが、 睦美達は松明を燻り安全地帯を作ろうとします。 香住は頭上にある木々に無数のサシガメを発見! 睦美達は愕然となります。 もしこれが全部落ちてきたら・・・。 皆がそう思いながらサシガメ見ていた時、 ドンッとそのサシガメ群は大きな発砲音と共に砕け散ります! 続け様に、2発、3発と、周りの木にいたサシガメも撃たれていきます。 ついに救助隊が来たのです。 女性隊員に促され皆が隊員のもとへ走ります。 ライフルで蟲を撃退していた二人のおっさんがキリがないといって残弾数を確認。 それを聞いていた睦美が横を流れる沢へ下りることを提案します。 サシガメは水の中までは追って来ないからと。 睦美達は隊員達と沢へ下ります。 川辺で休憩を取りながら、女性隊員が睦美達に状況を説明。 自分は海上保安庁「 巡視船み」の乗員で、2週間前から音信不通になっているこの島の調査に来たといいます。 横からおっさんが、 自分ら猟友会12名と海上保安官20名で島の探索を行っているからもう安心、大丈夫だと笑います。 ドン ドン ドンと島のアチコチから聞こえる発砲音。 もう一人の眼鏡のおっさんが、 仲間が害虫駆除を始めたみたいだなぁと森に目を向けた瞬間! ズバババァァッっと突然大きな触手状のモノが川から飛び出し、眼鏡のおっさんを瞬く間に捕獲! 川から顔を出していたのは 超巨大なヤゴで、眼鏡のおっさんは・・・ \巨蟲列島4巻の結末の続きはこちらから/ 【巨蟲列島】第4巻を読んだ感想 【宣伝】巨蟲列島4巻、本日発売です!よろしくお願いします! — 藤見泰高@大巨蟲列島連載中 fuzimiken 4巻は濃い内容でした。 もしかしたら、この島で性格悪くなったのかもしれませんし。 全員が裸になりますが、皆必死で、 羞恥心なんて緊急事態においては二の次なんだと改めて思いましたね。 それにしても カブトムシの仲間が人間の汗を舐めるなんて知りませんでした。 巨大なコガネムシに大量に群がられ、カジカジされることを想像するとゾッとします。 このパートを読み終えた後、 家に蚊取り線香やお香のストックがあるか考えちゃいましたね(笑) ラストにチラッと出て来た超巨大ヤゴは相当不気味です。 この画はしばらく頭に残りますねぇ・・それだけ作者が力を入れた画なのだと感じました。 その反動なのかわかりませんけれど、 服を描くことを忘れてしまったのかってくらいのパートがありました。 憎めば憎むほど、茉莉華への想いが増幅するのでしょう。 自分の手は汚さずに睦美を何とかしてやろうという徹底ぶりがスゴイ! 望はずっと前からナイフを持っているのに、ですからね。 親友が寄生生物によって亡くなったことが、アツシにとってはトラウマになってしまった・・・そんな事も含まれていたシーンなのでは。 そう思って見ると、そのビビりっぷりが少し違って見えます。

次の

巨蟲列島の乳首ありのエロ画像は何巻?raw・zip以外で無料で読む ...の画像

巨 蟲 列島 グロ

こんにちは。 山本アンドリュー()です。 今回は、「マンガクロス」にて絶賛連載中『巨蟲列島(きょちゅうれっとう)』のアニメ化に対する海外の反応をご紹介します。 主人公 織部 睦美たちを乗せた修学旅行中の旅客機が原因不明の事故により孤島に墜落してしまう。 生き残った生存者と救助を待つことにするが、その孤島は巨大昆虫でコントロールされた地獄の島だった…果たして睦美たちは巨大昆虫から生き延びることができ無事に脱出できるのか…。 ジャンルはサバイバル・ドラマ・シリアスの要素が散りばめられています。 一度は妄想したことがあるようなシチュエーションに、ワクワクするのは私だけでしょうか。 Amazonをはじめ各種電子書籍のコンテンツで配信されている本作。 GWにご覧になってはいかがですか? 目次• 『巨蟲列島』について 大好評『巨蟲列島』は無料配信サイト「マンガクロス」で2014年より連載。 アニメ化決定と時を同じくコミックの新刊第6巻も発売される。 昆虫漫画のスペシャリストで知られる原作者は藤見泰高。 「巨大化した虫に襲われたら」というシチュエーションが恐ろしく伝わる作品。 サバイバルホラー漫画という代名詞がつくほど展開が読めないところにファン心理をくすぐる。 総監督には「狼と香辛料」「あきそら」の高橋丈夫。 脚本を務めた森田繁は「蒼き銅のアルペジオ」を手掛けた実力者。 製作陣の人選には心強さがある。 リアルに描かれた昆虫が支配する島とは?原作者の思いに惹かれていくファンたち。 ファンの中には半信半疑でコメントしているものもいる。 しかし、サバイバル色が強い本作に対する海外の反応を一部紹介していこう。

次の

巨蟲列島6巻を完全無料で読破する裏技解説!漫画村、zip、rarの時代は終わった

巨 蟲 列島 グロ

これからも巨蟲列島を宜しくお願いいたします。 藤見 — 藤見泰高@大巨蟲列島連載中 fuzimiken まずは、あらすじを紹介します。 修学旅行中の 私立鳳翔高等学園2年生の生徒達を乗せた旅客機が、海上を移動中に何かに接触し墜落。 搭乗していた生徒のひとり、 織部睦美は孤島に漂着します。 目を覚ました 睦美は辺りに散乱する飛行機の残骸、そして人体の一部などを見てパニックに。 友人や先生、生き残った人間を求めてやみくもに動き回りますが誰とも遭遇しません。 やがて落ち着きを取り戻した睦美は、 今まで学んできた山の知識を活用し、何としても生きて帰るんだと決意します。 【遭難】 修学旅行中に旅客機が墜落し、島に漂着した 織部睦美。 ここはどこか? 睦美は昆虫に興味があり、生態を調べる関係で山の知識に長けていました。 きっと山の知識が応用出来るはず。 群生している植物、ここまでの飛行時間を逆算して考えます。 ここは 小笠原諸島か八重山諸島のどこか。 場所の大まかな特定が出来たことで完全に平静さを取り戻します。 睦美はとりあえず食料を探すことに。 近くに岩礁を見つけた睦美は巨大なフジツボを見つけます。 そこへ同じクラスの 松岡歩美が偶然現れます。 睦美を見つけるなり、歩美は抱き着いて号泣するのでした。 別の場所、この島に漂着していた生徒達が森の中の道をあてもなく歩いていました。 自販機を見つけた 柘植博と 甲斐和彦。 扉を強引にこじ開け、二人は中のジュースを飲みまくります。 それを咎める 鳴瀬千歳。 (睦美の親友) 神野美鈴は 千歳の優等生ぶりを皮肉ります。 美鈴は男達に食料を探してこいと命じます。 上条アツシはふざけんなよと拒否。 美鈴はアイドルとして活動もしている 三浦真美のパンツを見せてやるから探せと再度命令。 ヲタの 小田哲や 柘植、 甲斐はご褒美に釣られ、食料を探しに向かいます。 真美は美鈴が怖くて何も言い返せません。 そこへ千歳たちとは少し離れて行動していた 伊能愛が現れます。 愛は用を足しに森へ入ります。 すると、 しばらくして森の中から愛の悲鳴が! 千歳、 真美、 白川美紀は森の中へ急ぎます。 3人がそこで見た光景は信じられないものでした。 愛が6メートルはあろうかという大きさのアゲハ蝶3匹に襲われていたのです! 悲鳴をあげる千歳達。 その悲鳴を聞き、美鈴や柘植たちも駆け付けます 2匹の巨大アゲハは捕らえた愛にストロー状の口を突き刺し、体の養分を吸い取ります。 骨と皮だけになり絶命する愛。 助けに向かった小田も、愛の養分を吸い終えた2匹に襲われあえなく絶命。 柘植も果敢にも突っ込みますが餌食となります。 そこへ千歳の悲鳴を偶然近くで聞いた睦美と歩美が駆け付けます。 信じられない光景に声を失う睦美と歩美。 睦美はヘアスプレーとライターをガスバーナー代わりに使い、巨大アゲハを撃退することに成功します。 千歳と睦美は再会を喜び合いますが、大きな羽音が聞こえた次の瞬間、 巨大ジガバチが千歳を抱え上げ上空へ! 【巣窟そして対決】 巨大ジガバチに攫われた千歳を助けに行くか、行かないかで揉める7人。 睦美は 生き残る確率を上げるためにも千歳の携帯が必要だと説明。 全員で巨大ジガバチの巣へ向かう事になります。 千歳を攫った巨大ジガバチが向かった方向へと進み、やがて 古びた民家の集落を見つけます。 民家の2階には大きな穴が開けられていることから、ここが巣と判断。 民家の中へ入ると、そこには 生きたまま幼虫のエサにされている人間達が。。 それを見て、 この島が廃島ではなく、人が住んでいたことに愕然とする睦美。 一旦全員で外へ出ると、巨大ジガバチがアツシの親友であるアキラを別の家に運んでいました。 アツシはアキラを助け出すことを決意。 睦美もアキラが運ばれた家に千歳が連れ込まれたと読みます。 睦美は歩美に、先ほどの民家にあった洗剤と水を運んでくるように頼み、 あることを指示。 アツシと睦美はお互いに親友を助けるため、巨大ジガバチが入っていった民家へ入ります。 2階で意識の無いアキラを見つけるアツシ。 しかしそこには 巨大ジガバチが! 民家の外では、歩美が睦美に言われた通り、 バケツの中の水に洗剤を混ぜて民家の壁にぶちまけていました。 すると程なくして、 別の巨大ジガバチが洗剤の匂いに反応して民家目掛けて飛んできたのです。 身を隠す歩美達。 民家の中ではアツシを救うため、睦美が巨大ジガバチにヘアスプレーを噴射! 巨大ジガバチがひるんだ隙に、アキラを抱えてアツシは逃げます。 睦美もその場から離れようとした時、飛んできたジガバチがそのまま家の壁に激突! ドガンッ 衝撃で床が崩れ、睦美とアツシ、巨大ジガバチも1階に落ちてしまいます。 2階が崩れたことで千歳を見つけることが出来た睦美ですが、一人では運び出せません。 そこに歩美が現れ、一緒に千歳を救出することに成功します。 アツシもアキラを抱えて脱出。 その頃2匹の巨大ジガバチは、睦美のかけたヘアスプレーの匂いが原因で戦いを始めていました。 その間に睦美達は森の中へ避難します・・しかし! 【吸血の森】 ジガバチの巣窟から避難した睦美達は森の中へ。 美紀は 美鈴の背中に巨大な蟲が張り付いているのを見つけ、驚きます。 睦美はすぐにその蟲を払います。 張り付いていたのは 巨大なマダニ。 睦美は巨大マダニの巣に入り込んでしまったことを皆に伝えます。 歩美は今来た道を戻ろうと提案。 森を抜けた先に医療施設があることを千歳の携帯で確認していた睦美は、 一刻も早く千歳とアキラを救う為には迂回は出来ないと歩美に言います。 皆で話し合った結果、森を突っ切る事に。 マダニを刺激しないよう、音を立てないように静かに森を進む睦美達。 すると 美術の野沢先生を見つけます。 近寄り声を掛けると、先生は立ち上がり、こちらへ近付いて来ます。 野沢先生の顔面は大小無数のマダニで覆われており、もはや意識が飛んでいる様子でした。 その姿を見て睦美は愕然とします。 先ほど見たサイズだけでなく、小さなマダニもいると分かったからです。 小さいサイズは発見し難い為、対処が遅れます。 早くこの場から離れなければ!と焦る睦美。 その時、緊張に耐え切れなくなった真美が大声で悲鳴を上げてしまいます。 悲鳴に反応したマダニに周りを取り囲まれる睦美達。 睦美はやむなく非情とも思える決断をします。 悲鳴よりも、 地面に響く振動の方にマダニが反応すると考え、助かる見込みのない野沢先生を棒で突き倒したのです。 ドッサッ 倒れた野沢先生に一斉に群がるマダニ、マダニ、マダニ。 その隙に睦美を先頭に全員が一丸となって森を走り抜けます。 どれくらい走ったのか、日が落ちて辺りは暗くなっています。 無事に浜辺にたどり着いた睦美達。 睦美は皆に、目に見えないような小さなマダニも取り払うことを指示。 10分以上、海に浸かっていればマダニは頭の方へ逃げてくる、その後で、今度は頭をよく海水で洗い流せば大丈夫だと。 全員が裸になり、それぞれ海に入ります。 睦美は千歳の体も洗い流していました。 その頃、美鈴は色仕掛けでアツシに迫り、身体を提供します。 美鈴はアツシこそリーダーにふさわしいと嘯き、 歩美は邪魔だよねと囁きます・・・ ぞわぞわっとする巨蟲のリアルさは絵で見るほうがスリル満点です^^!! 【巨蟲列島】第1巻を読んだ感想 捕まえたマダニは、標本にしようと思ったけど保管するビンと酢酸エチレンが見あたらなかったからガムテープで巻いてから熱処理して捨てました。 とりあえずは安心だけど、時間を見つけて庭の探索をしなければっ!!!巨蟲列島のマダニ話は1巻に載ってます 笑)宣伝でした。 藤見 — 藤見泰高@大巨蟲列島連載中 fuzimiken 墜落した割に生存者が多く、無傷なことに驚きます。 けれど、そんな重箱の隅をつつくような事を考えてちゃ面白くありませんよね^^ 主人公の睦美が巨大昆虫に襲われながらも、勇敢に立ち向かう姿に最初は違和感を感じました。 なぜ?怖くはないのかと。 しかし読み進むうちに、 睦美は恐怖を感じながらも、どこかでワクワクしているのではないかと思うようになりました。 昆虫に興味があって、その生態まで調べるほどの、いわばマニアです(笑) 自分の知識が役に立ち、尚且つ探求心を刺激されるいまの状況を無意識に楽しんでいるかもしれません。 いずれにせよ、 この先も睦美の知識と探求心が仲間を救うのでしょうね! 今巻で 自分の身近にいるジガバチの生態を知って、ちょっと引きました。。 捕まえた獲物を針で動けなくさせ、その獲物の体に卵を張り付けて放置。 今巻で登場したジガバチのフォルムはとても美しいです^^ そして、 上半身と下半身をつなぐクビレ部の異常なまでの細さに注目していただきたい! 実物もそうなっており、 なぜあそこまで細長くなっているのか?この漫画を読むまで考えたこともありませんでした。 しかし、漫画を読んで、ああ、なるほどなと、初めて理解。 上半身で獲物を捕まえたまま針を刺すには、邪魔にならない長い胴体が必要というわけです。 本作はそういった生態のリアルさも描かれていくのですね。 アニメっぽいキャラクターに対して、蟲達をリアルに描く事で恐怖感を出すことにも成功しています。 今巻では群がる蟲の恐怖が執拗に描かれていて、そっち系が好きな方にはタマラナイ場面の連続です。 ジガバチの幼虫、マダニ、どちらもワラワラと大盤振る舞いですよ^^ 大盤振る舞いなのは蟲達ばかりではありません! 健全な若者達の裸も大盤振る舞いです。 これは本作の大きな特徴でもあり、ある意味「売り」と思われます。

次の