デスノート l 死亡。 デスノートの最終回が衝撃的だった…驚きの結末と今後の予想

DEATH NOTEの「L」はなぜ死んだのですか?

デスノート l 死亡

このページの目次 OPEN• 1.L(エル)が持つ意外な特徴とは? デスノートのLは「世界一の名探偵」と言われるほど、 頭脳明晰な特徴を有しています。 世界の警察権力から「最後の切り札」と期待され、数多く難事件を1人で解決してきた実績があるんですね。 捜査手法は傲慢と取られることも多く、日本人捜査官からの反発はとても強いものがありました。 天才肌にありがちなように、彼は相当な変人で一般人は彼の言動に理解ができないことが多いです。 スポンサーリンク 2.L(エル)が隠していた驚きの本名 原作では1度も、Lの本名は明らかになっておらず、捜査をする上で 偽名を名乗ってばかりいました。 Lも「コードネーム」のようなもので、自分の名前を世間に漏らすことはしてこなかったのです。 しかし2006年に発売された公式ガイドブック「DEATH NOTE HOW TO READ13」にて、Lの本名が明らかにされました。 彼の本名は、「LLawlite(エル・ローライト)」。 作中で使われてた「L」は、コードネームではなく、 ちゃんと自分の名前に使われていたんですね。 Lの本名は映画やドラマなどでは明らかにされており、多くの人が知るようになりました。 スポンサーリンク 3.L(エル)に見られるヤバい性格 Lはどんな 性格をしているのでしょうか?• 不気味• 何を考えているか分からない• 他人を信用しない• 協力性が無い• 空気が読めない• 努力家 彼の言動を確認してみると、上記の性格が判明しています。 Lは非常に不気味で、何を考えているか分からない性格をしているんですね。 捜査に関しては誰も理解できない手法を用い、 後にその方法が最高の一手だと気づくケースは少なくありません。 常に冷静に状況を分析し捜査の手法を練りますが、協力性がまったく無いので仲間内から反発されることも。 それでも、相当な努力家なのは目に見えており、変な所はありますが悪い性格ではありません。 スポンサーリンク 4.L(エル)の趣味や特技が予想外だった… Lは不思議な魅力に包まれたキャラクターですが、趣味や特技が読者の多くが「予想外」と漏らすものでした。 Lの趣味は 「甘いお菓子を食べること」で、作中でも手元に必ずお菓子が用意されており、独特な食べ方をしています。 特技は「テニス」で、腕前は世界のトップレベルに肩を並べるほどで、テニスだけでも十分に生活できたでしょう。 それでも彼にとって、テニスは「遊び」の一環だととらえており、趣味の一つとして数えているようです。 スポンサーリンク 5.L(エル)が持っているスゴすぎる能力 Lは、捜査に関してスゴすぎる能力をいくつか発揮しています。 まず原作の中では、「最高の頭脳の持ち主」とされており、誰もLを超えることはできないほど。 主人公・夜神月ですら、単独でLに勝つことは不可能。 作中では、 「東応大学」の入学試験で全教科満点のトップ成績だったと判明。 また、相手を欺くことには世界で一番長けているとの声もあり、捜査に関する能力はずば抜けています。 スポンサーリンク 6.L(エル)が迎えた壮絶な最期 Lは、夜神月が関係する事件を解決するために、全力で捜査をしていました。 その過程で、Lは壮絶な最期を迎えたので以下から紹介しますね。 「第二のキラ」として知られる、 「弥海砂(ミサミサ)」は二度も死神の目と取引をしていました。 寿命が縮まるのを覚悟してまで、彼女は本物のキラを助けようとしていたんですね。 そんなミサを見ていた死神レムは、彼女を守るためにワタリと共に デスノートにLの名前を書きます。 死の間際、夜神月が卑劣な笑みを浮かべるのを見て、自分の推理が間違っていないのを心の中で再確認。 Lは追い続けた答えを得られたことに、満足感を覚えながら静かに息を引き取りました。 なんとも、壮絶な最期だったので当時は大きな話題になったんですね。 スポンサーリンク 7.Lが残したカッコいい名言特集 Lはいくつかのカッコいい 名言を残しているので、以下から紹介しますね。 このノートは史上最悪・最強の殺人兵器です。 いいだろう 私は初めて「L」として人前に姿を現そう…• 私は親というものを知りません。 でも夜神さん、あなたは立派な父親だと感じました。 キラは幼稚で負けず嫌いだ。 そう… 私も幼稚で負けず嫌い… だからわかる…• さあ!私を殺してみろ!!• い…命を懸ける事と 命をやすやすと奪われる可能性があることをするのは 正反対の事です• 言わなければ言うまで どんな手を使ってでも言わせます• ミサさん 真面目にやっていただかないと 蹴り入れますよ 印象的に無口なイメージがあるLですが、会話の必要性を感じた時にはしっかりとお喋りをしています。 そこまで多くない発言の中から、カッコいい名言が生まれているので、いかに重要な人物だったのかが理解できるでしょう。 まとめ ここでは、 Lの能力や驚きの本名、壮絶な最期について紹介していきました。 Lは非常に優れた能力を持ち、誰も想像できない手法で難事件を解決していたんですね。 最終的には夜神月が犯人と分かってから、静かに息を引き取りましたが、彼の推理は正しいと証明された瞬間でもあります。 再登場の可能性はゼロですが、彼の活躍は多くの読者の心に残っています。 関連ページ デスノートに登場する「ネイト・リバー(通称:ニア)」は、Lの後継者として注目されている人物です。 主人公・夜神月のライバルとして目の前に現れ、数々の頭脳戦を駆使した対決は非常に人気があります。 そんなニアですが、壮絶な過去を経験しているのをご存知… デスノートに登場する「リューク」は、本作の「顔」とも言える存在で読者から人気があります。 死神として主人公・夜神月に憑き、彼の言動を傍観者として楽しみながら見ているんですね。 そんなリュークですが、恐ろしい目的を持っているのをご存知で… デスノートに登場する「死神」は、本作を語る上で欠かせない存在であり、重要な働きをしています。 人間界と違う場所で生活している死神は、それぞれ個性を持ち考え方なども違っているため人気があるんですね。 そんな死神ですが、何を目的に人間界を訪れたのか気になります… デスノートに登場する「メロ」は、Lの後継者として育てられた男性で本名は、「ミハイル・エール」です。 メロの登場により、キラは追い込まれていき、彼が描いた世界は少しずつ崩壊していきました。 そんなメロですが、壮絶な最期を迎えたのをご存知… デスノートに登場する「弥海砂(あまねみさ:通称・ミサ)」は、本作のヒロイン的な位置づけにいるキャラクターです。 劇中の芸能界に所属するモデルで女優も務める人物で、ファンを多数抱えています。 そんなミサですが、壮絶な過去を経験しているのをご存知… デスノートに登場する「レム」は、メインで出てくる死神であり物語で重要な働きをしました。 死神らしくない、人間味あふれる言動を取るので読者からも人気が高く、話題となっているんですね。 そんなレムですが、壮絶な最期を迎えたのをご存知… デスノートに登場する「高田清美」は、主人公・夜神月に匹敵するほどの頭脳を持っています。 様々な場面で活躍をしていきましたし、アナウンサーの仕事をしているだけあってかなりの美貌です。 そんな高田ですが、壮絶な最期を迎えたのをご存知… デスノートに登場する「夜神月(ライト)」は、本作の主人公であるため読者から人気が高いです。 最初は好青年だったのが、デスノートを所持する事で人格面が崩壊する様は見る者に恐怖を与えます。 そんな夜神月ですが、恐ろしい最期を迎えたのをご存… デスノートの映画・デスノート Light up the NEW worldにのみ登場する死神「アーマ」。 可愛らしくそしてカッコいい言動を取ることにより、映画鑑賞した人から高い評価を得ています。 そんなアーマですが、感動的な最期を迎えたのをご存知で… デスノートに登場する「ジェバンニ」は、キラ捕獲のために結成された組織・SPKのメンバーです。 非常に優秀で誰からも信頼されており、かなりのイケメンなので読者からの支持も高いんですね。 そんなジェバンニですが、とんでもない能力を持っているのをご存… デスノートに登場する「魅上照(みかみてる)」は、悪を非常に憎んでいる人物の一人です。 検察庁に入ったのも、悪がこの世から消える世界を目標にしていたからで、夜神月との出会いは彼の人生を変えました。 そんな魅上照ですが、衝撃的な最期を迎えているのをご存… デスノートに登場する「マット」は、Lの後継者候補の一人として数えられているキャラクターです。 頻繁に物語に絡んでくる訳ではありませんが、彼が登場する事で物事が進展していったんですね。 そんなマットですが、悲惨な最期を経験しているのをご存知で… デスノートに登場する「松田桃太」は、物語で重要は働きをするキャラクターとして知られています。 シリアスな展開が続く本作において、ムードメーカーのような位置にいるため、読者からも人気が高いです。 そんな松田桃太ですが、驚きの能力を持っているのをご存知….

次の

L(エル)の名言・名セリフ|デスノート名言集

デスノート l 死亡

このページの目次 OPEN• 1.L(エル)が持つ意外な特徴とは? デスノートのLは「世界一の名探偵」と言われるほど、 頭脳明晰な特徴を有しています。 世界の警察権力から「最後の切り札」と期待され、数多く難事件を1人で解決してきた実績があるんですね。 捜査手法は傲慢と取られることも多く、日本人捜査官からの反発はとても強いものがありました。 天才肌にありがちなように、彼は相当な変人で一般人は彼の言動に理解ができないことが多いです。 スポンサーリンク 2.L(エル)が隠していた驚きの本名 原作では1度も、Lの本名は明らかになっておらず、捜査をする上で 偽名を名乗ってばかりいました。 Lも「コードネーム」のようなもので、自分の名前を世間に漏らすことはしてこなかったのです。 しかし2006年に発売された公式ガイドブック「DEATH NOTE HOW TO READ13」にて、Lの本名が明らかにされました。 彼の本名は、「LLawlite(エル・ローライト)」。 作中で使われてた「L」は、コードネームではなく、 ちゃんと自分の名前に使われていたんですね。 Lの本名は映画やドラマなどでは明らかにされており、多くの人が知るようになりました。 スポンサーリンク 3.L(エル)に見られるヤバい性格 Lはどんな 性格をしているのでしょうか?• 不気味• 何を考えているか分からない• 他人を信用しない• 協力性が無い• 空気が読めない• 努力家 彼の言動を確認してみると、上記の性格が判明しています。 Lは非常に不気味で、何を考えているか分からない性格をしているんですね。 捜査に関しては誰も理解できない手法を用い、 後にその方法が最高の一手だと気づくケースは少なくありません。 常に冷静に状況を分析し捜査の手法を練りますが、協力性がまったく無いので仲間内から反発されることも。 それでも、相当な努力家なのは目に見えており、変な所はありますが悪い性格ではありません。 スポンサーリンク 4.L(エル)の趣味や特技が予想外だった… Lは不思議な魅力に包まれたキャラクターですが、趣味や特技が読者の多くが「予想外」と漏らすものでした。 Lの趣味は 「甘いお菓子を食べること」で、作中でも手元に必ずお菓子が用意されており、独特な食べ方をしています。 特技は「テニス」で、腕前は世界のトップレベルに肩を並べるほどで、テニスだけでも十分に生活できたでしょう。 それでも彼にとって、テニスは「遊び」の一環だととらえており、趣味の一つとして数えているようです。 スポンサーリンク 5.L(エル)が持っているスゴすぎる能力 Lは、捜査に関してスゴすぎる能力をいくつか発揮しています。 まず原作の中では、「最高の頭脳の持ち主」とされており、誰もLを超えることはできないほど。 主人公・夜神月ですら、単独でLに勝つことは不可能。 作中では、 「東応大学」の入学試験で全教科満点のトップ成績だったと判明。 また、相手を欺くことには世界で一番長けているとの声もあり、捜査に関する能力はずば抜けています。 スポンサーリンク 6.L(エル)が迎えた壮絶な最期 Lは、夜神月が関係する事件を解決するために、全力で捜査をしていました。 その過程で、Lは壮絶な最期を迎えたので以下から紹介しますね。 「第二のキラ」として知られる、 「弥海砂(ミサミサ)」は二度も死神の目と取引をしていました。 寿命が縮まるのを覚悟してまで、彼女は本物のキラを助けようとしていたんですね。 そんなミサを見ていた死神レムは、彼女を守るためにワタリと共に デスノートにLの名前を書きます。 死の間際、夜神月が卑劣な笑みを浮かべるのを見て、自分の推理が間違っていないのを心の中で再確認。 Lは追い続けた答えを得られたことに、満足感を覚えながら静かに息を引き取りました。 なんとも、壮絶な最期だったので当時は大きな話題になったんですね。 スポンサーリンク 7.Lが残したカッコいい名言特集 Lはいくつかのカッコいい 名言を残しているので、以下から紹介しますね。 このノートは史上最悪・最強の殺人兵器です。 いいだろう 私は初めて「L」として人前に姿を現そう…• 私は親というものを知りません。 でも夜神さん、あなたは立派な父親だと感じました。 キラは幼稚で負けず嫌いだ。 そう… 私も幼稚で負けず嫌い… だからわかる…• さあ!私を殺してみろ!!• い…命を懸ける事と 命をやすやすと奪われる可能性があることをするのは 正反対の事です• 言わなければ言うまで どんな手を使ってでも言わせます• ミサさん 真面目にやっていただかないと 蹴り入れますよ 印象的に無口なイメージがあるLですが、会話の必要性を感じた時にはしっかりとお喋りをしています。 そこまで多くない発言の中から、カッコいい名言が生まれているので、いかに重要な人物だったのかが理解できるでしょう。 まとめ ここでは、 Lの能力や驚きの本名、壮絶な最期について紹介していきました。 Lは非常に優れた能力を持ち、誰も想像できない手法で難事件を解決していたんですね。 最終的には夜神月が犯人と分かってから、静かに息を引き取りましたが、彼の推理は正しいと証明された瞬間でもあります。 再登場の可能性はゼロですが、彼の活躍は多くの読者の心に残っています。 関連ページ デスノートに登場する「ネイト・リバー(通称:ニア)」は、Lの後継者として注目されている人物です。 主人公・夜神月のライバルとして目の前に現れ、数々の頭脳戦を駆使した対決は非常に人気があります。 そんなニアですが、壮絶な過去を経験しているのをご存知… デスノートに登場する「リューク」は、本作の「顔」とも言える存在で読者から人気があります。 死神として主人公・夜神月に憑き、彼の言動を傍観者として楽しみながら見ているんですね。 そんなリュークですが、恐ろしい目的を持っているのをご存知で… デスノートに登場する「死神」は、本作を語る上で欠かせない存在であり、重要な働きをしています。 人間界と違う場所で生活している死神は、それぞれ個性を持ち考え方なども違っているため人気があるんですね。 そんな死神ですが、何を目的に人間界を訪れたのか気になります… デスノートに登場する「メロ」は、Lの後継者として育てられた男性で本名は、「ミハイル・エール」です。 メロの登場により、キラは追い込まれていき、彼が描いた世界は少しずつ崩壊していきました。 そんなメロですが、壮絶な最期を迎えたのをご存知… デスノートに登場する「弥海砂(あまねみさ:通称・ミサ)」は、本作のヒロイン的な位置づけにいるキャラクターです。 劇中の芸能界に所属するモデルで女優も務める人物で、ファンを多数抱えています。 そんなミサですが、壮絶な過去を経験しているのをご存知… デスノートに登場する「レム」は、メインで出てくる死神であり物語で重要な働きをしました。 死神らしくない、人間味あふれる言動を取るので読者からも人気が高く、話題となっているんですね。 そんなレムですが、壮絶な最期を迎えたのをご存知… デスノートに登場する「高田清美」は、主人公・夜神月に匹敵するほどの頭脳を持っています。 様々な場面で活躍をしていきましたし、アナウンサーの仕事をしているだけあってかなりの美貌です。 そんな高田ですが、壮絶な最期を迎えたのをご存知… デスノートに登場する「夜神月(ライト)」は、本作の主人公であるため読者から人気が高いです。 最初は好青年だったのが、デスノートを所持する事で人格面が崩壊する様は見る者に恐怖を与えます。 そんな夜神月ですが、恐ろしい最期を迎えたのをご存… デスノートの映画・デスノート Light up the NEW worldにのみ登場する死神「アーマ」。 可愛らしくそしてカッコいい言動を取ることにより、映画鑑賞した人から高い評価を得ています。 そんなアーマですが、感動的な最期を迎えたのをご存知で… デスノートに登場する「ジェバンニ」は、キラ捕獲のために結成された組織・SPKのメンバーです。 非常に優秀で誰からも信頼されており、かなりのイケメンなので読者からの支持も高いんですね。 そんなジェバンニですが、とんでもない能力を持っているのをご存… デスノートに登場する「魅上照(みかみてる)」は、悪を非常に憎んでいる人物の一人です。 検察庁に入ったのも、悪がこの世から消える世界を目標にしていたからで、夜神月との出会いは彼の人生を変えました。 そんな魅上照ですが、衝撃的な最期を迎えているのをご存… デスノートに登場する「マット」は、Lの後継者候補の一人として数えられているキャラクターです。 頻繁に物語に絡んでくる訳ではありませんが、彼が登場する事で物事が進展していったんですね。 そんなマットですが、悲惨な最期を経験しているのをご存知で… デスノートに登場する「松田桃太」は、物語で重要は働きをするキャラクターとして知られています。 シリアスな展開が続く本作において、ムードメーカーのような位置にいるため、読者からも人気が高いです。 そんな松田桃太ですが、驚きの能力を持っているのをご存知….

次の

「デスノート」をまた読み返したくなる5つの考察!【最終回ネタバレ注意】

デスノート l 死亡

現在の登場人物でL以上の働きをする人物皆無。 自分を謀ったライトに対し レムがなんらかの細工をしたと見るのが妥当。 新キャラだせ、新キャラ。 が、Lの退場によってデスノの話が糞と化すなら生き返って欲しい。 このまま面白いままなら無問題。 本当に面白い漫画なら、新しいキャラや新しい展開にしても読者を惹き付けられる筈だ。 てかL生き返りとかほんと萎える。 どうかそのまま死んでいてくれ。 この流れで終わればデスノ間違いなく名作。 で、Lより絶対コイツの方がイイ!ってキャラが出来上がったから、 編集部込みでGO! が出て、そんじゃあさっさとL殺して盛り上げようかって話に 落ち着いたんじゃないかと妄想。 まあそんな感じだろう。 Lが見ている前で死ぬなら「不慮の事故でない」とはいえるし自爆スイッチ押す必要ないけど。 ようやく画バレ登場 DEATH NOTE デスノート ネタバレスレッドpage. pic. 『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・ 関連記事.

次の