多 部 未華子 悲しく て やりきれない。 多部未華子が悲しくてやりきれない…小林武史も評した歌唱映像が解禁

多部未華子さん、映画『あやしい彼女』で「悲しくてやりきれない」歌唱。どういう歌声なのか興味津々。サントラ発売されるかな?

多 部 未華子 悲しく て やりきれない

多部未華子主演の映画『あやしい彼女』が、4月1日 土 に全国公開される。 それに先立って、主人公を演じる多部未華子の、本格的な熱唱シーンの映像がこの度解禁された。 本作は、毒舌・皮肉屋・頑固と三拍子の揃った73歳おばあちゃんが、ある日突然20歳の姿に若返ってしまったことから巻き起こる爆笑と感動の物語。 笑い、人間ドラマ。 そして本作のもう1つの重要なファクターとなるのが音楽だ。 「見上げてごらん夜の星を」、「真赤な太陽」、「悲しくてやりきれない」と、世代を超えて心を震わせる60年代の名曲たちが登場し、盛り立てるが、劇中では、この楽曲すべてを多部自身が熱唱している。 本作で多部が主演に抜擢された理由のひとつは、水田監督がたまたま観劇した舞台(「キレイ~神様と待ち合わせした女~2014」)で生歌を聴き、「彼女ならいける」と太鼓判を押したこと。 しかし、多部は歌に強い苦手意識を持っていたため、撮影前の多忙なスケジュールの中、3か月もの音楽特訓を敢行。 練習に練習を重ねた多部は、劇中歌プロデュースとして楽曲のアレンジを手掛けた音楽プロデューサーの小林武史に「まるで別人のようになっている」と評されるほどに成長。 撮影現場では、水田監督の指導のもと、その歌声に主人公の生きてきた人生を重ね、女優だからこそできる表現で名曲の数々を歌い上げ、要潤はじめ共演者からも絶賛されている。 この度解禁した映像は、多部率いるバンド「怪しい彼女」がネットで話題になったことで、初めて人気音楽番組への出演が決まり、ザ・フォーク・クルセイダーズの「悲しくてやりきれない」のカバーを披露するシーン。 多部演じる節子が、自身の人生を重ね合わせ歌う姿と、歌への苦手意識などみじんも感じさせない自信にあふれた力強くも切ない歌声は、撮影時、現場スタッフから感嘆の声があがったほどだと言う。 映画の予告編では「真赤な太陽」の歌声が既にお披露目されており、ネットでは「多部ちゃん歌上手すぎ」「あやしい彼女おもしろそうww 多部未華子歌上手かった」「多部ちゃんの歌声、キター!!素晴らしい。 」と既に話題になっていた多部未華子の歌唱力。 今回の「悲しくてやりきれない」のカバーにも大きな注目が集まりそうだ。

次の

多部未華子 窪田正孝と別れUQ結婚!旦那・熊田貴樹見染める性格と美

多 部 未華子 悲しく て やりきれない

多部未華子さんが、映画『あやしい彼女』で歌唱 倍賞美津子扮する73歳の瀬山カツが20歳に若返った姿・大鳥節子を演じるのが多部。 節子の歌声に魅了され、ついには個性的な彼女に惹かれていく音楽プロデューサー・小林拓人を要、バンド青年なカツの孫・瀬山翼を北村が演じる。 実際の歌番組といえるほどリアルなセットと複数のカメラの前で、多部は「ザ・フォーク・クルセダーズ」の大ヒット曲「悲しくてやりきれない」を熱唱する姿を披露。 どこか悲しげで切ない表情を浮かべながら歌い、自然に涙する多部の姿に、現場スタッフから感嘆の声があがっていた。 より ちょっと前に「」の映画版を見ました。 けっこう重要な役で多部未華子さん登場するんですが、雰囲気がなんとも映画に合ってて。 前から好きな女優さんのひとりでしたけど、映画やドラマの感じに上手に化ける女優だなぁという感想が多部未華子さんにあって。 そんな多部さんが映画で歌ったという記事を読んで、びっくりびっくり。 歌ったのがフォークルの「悲しくてやりきれない」ですか! しかも、涙を流すとは……。 役者だねぇ 女優だってーの。 小林武史さんが音楽をプロデュースされたそうで、どういう仕上がりになってるのか興味津々。 多部未華子さんは4曲歌われるのだとか。 どういうふうに歌ってるのか、早く知りたいなぁ。 女優さんの歌手活動って悪くないなと思ってまして。 曲を聞いてみないとなんとも言えないのだけど、CDになったり配信されたりするのでしょうか……。 映画で歌われたということですから、『あやしい彼女』のサントラ盤としてCDは発売されるんでしょうな。 多部未華子さんいっそのこと、さんみたいに歌手活動もされたりするのも悪くないように思えたりします……。 あやしい彼女、え、エイプリルフールに公開? ん? 映画「あやしい彼女」は2016年4月1日(金)、エイプリルフールに公開。 より 映画の公開日、たまたま日の巡りがそうだっただけでしょうけど……。 「あやしい彼女」だから、えーっと、エイプリルフールという言葉にちょっぴりドキリとしまして……。 一瞬、何か冗談 嘘 が混じってたりしてるのかもしれないと疑いの目が芽生え……。 しかし、多部さんは歌うのは間違いのないですよ……ね? それにしても、お、音源が聞きたい。 多部未華子さんが「悲しくてやりきれない」を歌ったという文字列だけで、興味そそられまくってますので……、けっこうもどかしい。 どういう歌声なのか興味津々。 サントラ発売されるかな? という話でした。

次の

あやしい彼女 インタビュー: 変顔、毒舌、涙の熱唱…多部未華子が魅せるキュートな「あやしい彼女」

多 部 未華子 悲しく て やりきれない

そんな多部が、キュートなルックスとは裏腹に、相手関係なく毒舌を浴びせる威勢の良さで周囲を圧倒する不思議女子に変身。 73歳でありながら20歳の若かりし日の肉体に戻った「」に挑んだ。 (取材・文・/編集部、写真/山川哲矢) 家族とケンカして家を飛び出し、ふと目に付いた写真館にふらりと入った73歳のおばあちゃん、瀬山カツ。 一人娘を育てることにすべてを注ぎ、あっという間に老後の人生に突入してしまったが、あこがれのの写真に触発され、カメラの前で目を輝かせる姿は少女そのもの。 が見せるカツの強さと少女性は、多部演じる若返ったカツ=大鳥節子に引継がれている。 外見は20歳の少女だが、中身は73歳のおばあちゃん。 「撮影前に倍賞さんとお話する機会をいただいて、『戦災孤児だから逃げ足が速い、貧しく育ってきたからすごく愛情深いといった共通認識をふたりで持っていたらいいね』という話をして、走り方やわかりやすく特徴的なところは一緒に相談しながら作っていきました」「倍賞さんが先に撮影をされていたので、初めの頃は現場を見学させていただいたり、現場に私がいないシーンはモニターで見せてもらったりして、常にカツさんを意識していました」と二人三脚でヒロイン像をつくり上げた。 2014年に大ヒットを記録したオリジナル版「」を、数々のコメディ映画を手がけてきた監督が再構築した。 水田監督は「まず自由に演じさせていただき、『ここはちょっとこうしてみようか』という細かいものや、このポイントだけ際立たせる」という俳優の持ち味を生かす演出で、現場は「段取りが終わるといつも『やりにくいところはない?』『大丈夫?』と気にかけていただき、テストも何回も重ねるのではなくすぐ本番に行きました。 コメディ部分にせよ、シリアスなシーンにせよ、役者が一番演じやすい空気を作ってくださいました」。 そんな中、「(オリジナル版が)すごく面白くて3回くらい見てしまいました」という多部は「台本を読んで現場に行っても、良くも悪くもいろいろ比較したり頭に残っていたのですが、監督が全く違う撮り方をしていたので途中から意識したり比べることもなくなりました」とキャラクターに入っていった。 笑顔、変顔とくるくると変わる表情、軽快なステップなど、カツと節子は年齢を超えた天真爛漫な輝きを放つ。 さらに、節子になりきった多部が熱唱する往年の名曲などが、スクリーンを通じて見る者の心を打つ。 最も難しかったという「悲しくてやりきれない」は、涙をこぼしながら歌い上げている。 劇中ではそんな堂々とした歌手姿を披露しているが、意外にも多部は人前で歌うことが苦手だそうで、撮影の3カ月前から特訓を重ねた。 「先生と1対1でのボイストレーニングを週に1回、撮影が迫ってからは週2、3回やっていました。 音程が違っていたり、ピッチが速いなどすごく初歩的なことから始まったので、『大丈夫かな』と思いながら家で録音したものを聞いていたのですが、そういう経験は初めてだったので何が答えなのか、目的地がどこなのかも分かりませんでした」と手探り状態。 それでも「テクニックも技術もないですし、持ち味も特に発見できなくて。 でも、最終的に気持ちが大事だと言われて、台本を読んでその気持ちに沿ってレコーディングをしました」とマイクの前に立った。 のど自慢大会、路上ライブと歌う舞台もさまざま。 観客とひとつになるライブ会場では、フェスの熱気に包まれた多部が生き生きとした笑顔を弾けさせている。 「本当に盛り上げ上手なエキストラさんたちで、アーティストさんの『(ステージに立つと)気持ち良い』『みんなに助けられている』という言葉がすごく伝わりました。 あの空気感やライブの一体感をエキストラさんが作ってくれて、本当に良い疑似体験をさせてもらったので印象深いです」と充実感をにじませる。 歌とともに、多部が次々と着こなす衣装も本作の魅力のひとつだ。 「」のヘプバーンを思わせる白シャツ&フレアスカートにアップスタイル、ドットシャツとかわいらしいファッションで魅力を振りまいている。 色とりどりの衣装の中でも、お気に入りはのど自慢大会で着用した大ぶりなフラワープリントのレトロなワンピース。 「衣装合わせの時からかわいいなと思っていたのですが、出来上がった映画を見て衣装が映えて素敵だなと思って。 ほかにもスカーフの使い方がオシャレ」と声を弾ませた。 歌にファッションに、多部の魅力がふんだんにちりばめられている本作。 コミカルな作風の根底では、若返ったことで、新たな生き方とともに家族との関係を見つめ直すカツ/節子が描かれている。 「いろいろな環境があると思いますが、絶対に家族はいるもの。 両親がいるもともとの家族、自分たちで作る家族といろいろな形がある中で、『家族ってなんだろう』と改めて考えられるような映画だと思います。 娘だったり親だったり、さまざまな立場や方向で見られる映画だとも思うので、どの世代の方が見てもただ面白いだけじゃなくて考えさせられたり、劇場を出る時はすごく前向きになって出られるよう楽しんでもらえるのが一番」。 今回、前代未聞のヒロインに挑戦した多部。 同級生と打ち解けられない女子高生、周囲に流されるように生きてきた女性など、役ごとにさまざまな表情を見せてくれる。 「この役をやりたいというものはないです。 これからもいろいろな職業の役をいただいたり、立場や求められる役も変わると思うので、考えて臨めるくらいプライベートを充実させて、いろいろな引き出しを持てるような生活を送りたいです。 どんな役がきても大丈夫な豊かな表現力を持てる生活が一番だと思っています」と等身大の思いを明かした。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の