秩父 コロナ。 新型コロナウイルス感染症対策の事業者支援/秩父市

【埼玉コロナ】秩父で初の感染者が確認される!場所はどこ?行動歴について!入学式・休校はどうなる?|埼玉マガジン

秩父 コロナ

なお、利用状況に応じて柔軟な対応を図ってまいります。 詳細は、下記のとおりです。 ・平日時刻を基本とし、普通列車の一部も運休となります。 ・一部列車の、始発列車繰り下げ、最終列車繰り上げを行います。 ・当分の間は平日、土休日にかかわらず同じ時刻で運転します。 <6月1日(月)~当分の間>(6月26日(金) 16:00現在) ・平日時刻を基本とし、普通列車及び急行列車の一部が運休となります。 ・西武線直通列車は全列車運休となります。 ・一部列車の、始発列車繰り下げ、最終列車繰り上げを行います。 ・当分の間は平日、土休日にかかわらず同じ時刻で運転します。 2.新型コロナウイルスの感染症予防対策について 秩父鉄道では、新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、以下の対策を推進しております。 ご利用のお客様におかれましても、咳エチケットや手洗い等の感染予防対策のほか、ラッシュ時間帯のご利用を避ける時差通勤・通学やテレワーク等の取り組みに、ご理解とご協力をお願いいたします。

次の

【公式】養浩亭|長瀞秩父 旅館~荒川のすぐ側にあり、長瀞秩父観光の拠点としてご利用頂けます。~

秩父 コロナ

令和元年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市を中心に、新型コロナウイルスに関連した肺炎の発生が断続的に報告されています。 現在国では、情報の収集・公表を行っているところです。 市民の皆様へ 【新しい生活様式の実践のお願い】 新型コロナウイルス感染症予防のために、ソーシャルディスタンスの確保、こまめな手洗いの実施やマスクの着用等をお願いします。 新しい生活様式の実践例が厚生労働省のホームページに記載されていますので、参考にしてください。 (厚生労働省ホームページ) 【新型コロナウイルスの感染予防】• 新型コロナウイルスの感染を予防するために、こまめに石けんやアルコール消毒液などによる手洗いや咳エチケットを行ってください。 特に屋内などで、お互いの距離が十分にとれない状況で一定時間いるときはご注意下さい。 持病をお持ちの方は、公共交通機関や人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。 咳やくしゃみ等の症状のある人は、マスクをつけてください。 発熱等の風邪症状が見られるなど、体調がすぐれない場合は、学校や会社を休み、外 出を控えてください。 新型コロナウイルスの感染を予防する消毒について 手指などは、こまめに石鹸で手を洗い、消毒用アルコール 70 %以上で消毒を行います。 物に付着したウイルスはしばらく生存するため、ドアの取っ手やノブ、ベット柵等の表面の消毒には、市販の家庭用塩素系漂白剤(ハイター、ブリーチ、ピューラックス等)を使用します。 よく触る場所は、希釈した塩素系漂白剤でふき取って消毒し、水拭きします。 手指の消毒にも使用できます。 <消毒する場所・方法> 消毒対象 方法 ドアノブ・手すり 次亜塩素酸ナトリウムで拭いた後、水拭きします。 トイレ・洗面所 通常の家庭用洗剤で洗い、次亜塩素酸ナトリウムで消毒します。 <消毒方法> 作業をする際は、手荒れを防ぐため手袋を使用し、部屋を換気しながら行います。 消毒液を布またはペーパータオルに十分含ませてから、消毒する場所を拭きます。 特に金属部分は腐食する場合があるため、拭いた後は水拭きします。 スプレー式ボトルの噴霧は、ウイルス拡散の可能性があるため、消毒対象に直接噴霧は避けます。 コロナウイルスとは これまでに、人に感染する「コロナウイルス」は、7種類見つかっており、その中の一つが、昨年12月以降に問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。 このうち、4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。 残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。 コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀です。 また、アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。 相談窓口 埼玉県では、3月1日より「埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター」を開設しました。 一般的な相談のほか、感染が疑われる場合には、帰国者・接触者相談センターを紹介します。 感染が疑われる場合は、引き続き上記の相談窓口にご相談ください。 3月11日 感染事例の発生について• 新型コロナウイルス感染症の感染事例の発生について 詳しくは埼玉県ホームページ(概要17例目)をご覧ください。 関連情報・相談窓口のご案内•

次の

埼玉 ベルク、地域貢献のため「コロナに負けるな!助け合い秩父マルシェ」開催のご報告|株式会社ベルクのプレスリリース

秩父 コロナ

埼玉県は11日、戸田市の自営業の70代男性と、さいたま市の会社員の50代男性が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。 これまで県内で確認された感染者のうち、1月末に中国・武漢市からチャーター便で帰国した4人が回復、退院したことも明らかにした。 県によると、今回陽性が判明した70代男性は、先月23日から3月1日まで成田空港発着でエジプトに旅行。 ナイル川のクルーズ船に乗船するなどしていたという。 帰国後、10日までに腹痛や37~39度台の発熱。 10日に帰国者・接触者相談センターに相談し、陽性が判明した。 男性と旅行した60代の妻もせきが出ており、入院しているという。 50代男性は1日、実家のある秩父市から西武秩父・池袋線とJR武蔵野線、京浜東北線を使い北浦和駅から徒歩で帰宅。 同日からせきが出始め、3日夜に38度の熱が出た。 2~6日は徒歩でさいたま市内の会社に通勤していたという。 さらに9日には、秩父市の医療機関を受診するため、北浦和駅から同ルートで移動。 その後、陽性が判明した。 県によると、男性の職場では3月5日、千葉県市川市の50代男性の感染が確認されていたという。

次の