ナイトブラ 洗濯機。 ナイトブラはプチプラで安いものでも育乳効果あり|おすすめのコスパのいいブラ

ナイトブラの正しい洗い方は? 洗濯機NG手洗いOK!【注意点も解説】

ナイトブラ 洗濯機

・洗面器 ・洗剤 ・バスタオル ナイトブラを洗う時に使う洗剤は、 「おしゃれ着洗い用」や 「ランジェリー用」を選ぶことがおすすめ。 素材の繊維を保護して、 ナイトブラの型崩れや生地の劣化を防ぐ効果があります。 一般的な衣料用洗剤でも大丈夫ですが、その場合、仕上がりの風合いや肌触りを良くするための柔軟剤も忘れずに使うようにしてください。 ナイトブラにパッドが付いているものは、洗剤が残りやすく十分に洗えないことがあるので、あらかじめ外しておきましょう。 ナイトブラの基本の洗い方 1. 洗剤を入れた洗面器で手洗いする ナイトブラは、手洗いが基本です。 はじめに水かぬるま湯を張った洗面器に洗剤を入れ、十分に溶かします。 そこにナイトブラを入れて、はじめに 数分浸け置きをして汚れを落としやすくしてから、いよいよ手洗いをスタート。 優しく押し洗いしたり、 水の中で振るうようにして洗いましょう 別にしておいたパッドも、ナイトブラと同じようにして洗います。 汚れやすい箇所は部分洗いをする アンダーバストや脇は皮脂や汗などで汚れやすいので、部分洗いをします。 この時、生地を強くこすり合わせないようにしながら、 ソフトな力で行うことがポイント。 柔らかく握るようにしたり、細かくつまんだりしながら洗うといいですよ。 十分にすすぐ 洗面器にきれいなぬるま湯をたっぷり汲んで、十分にすすぎを行います。 洗剤の成分がナイトブラに残っていると、生地を痛めて変色の原因になったり、残った洗剤成分で肌荒れを起こしたりする可能性があるので注意してくださいね。 バスタオルで水気をとる 洗い終えたナイトブラは、バスタオルなど 大きなタオルで挟むようにして十分に水気を取ります。 丸めたりギュッとねじるように絞ったりすると、繊維が伸びて型崩れの原因に。 ポンポンと生地を軽く叩いたり、上から軽い力で抑えるようにして、水がしたたり落ちないくらいまでに仕上げましょう。 洗濯機で洗っても大丈夫? 結論から言うと、洗濯機で洗っても大丈夫です。 しかし、本来ナイトブラは洗濯機で洗うと型崩れを起こしやすいので、 あまりおすすめしません。 ですが、忙しくて手洗いをする時間がないなどやむを得ない場合には、 洗い方に気をつけさえすれば大丈夫。 洗濯機で洗う時には、手洗いの時と同じようにパッドを外し、それぞれに洗濯ネットに入れます。 洗濯機では「手洗いコース」「ドライコース」など、 水流の弱いコースを選択。 他に洗濯物をたくさん入れると、パッドがつぶれたり、よじれてしまう原因になるので、なるべく少ない量でスタートします。 脱水は短い時間であればOK。 しかし、乾燥機能は高温になることで生地を傷めたり、シワや型崩れを起こしやすくなるので使わない方がいいでしょう。 ナイトブラを洗う頻度は? ナイトブラは 着用する度に洗うのが理想。 それほど汚れていないように見えるため、連日使っても大丈夫なように思えますが、不潔なのでNGです。 寝ている間の汗や皮脂などの汚れには 雑菌が繁殖しやすく、1日放置するだけでみるみる増えてしまいます。 肌荒れを起こす原因になるので、必ずその都度洗ってくださいね。 ナイトブラの長持ちする干し方のコツ 形を崩さないように干す ナイトブラは、洗った後カップや全体の形を整えてから干しましょう。 ストラップの部分をハンガーにかけて吊るすと、生地が重みで伸びてしまうので、注意が必要です。 ハンガーに逆さにして吊るし、 アンダーバストの部分をピンチで留めます。 レースなどデリケートな素材部分にピンチを挟んだりすると型崩れを起こしやすいので、生地の継ぎ目など、 布が重なって厚くなっているところを挟むようにするのがコツ。 複数個所留めると、1カ所にかかる力が分散されて生地に負担がかかりません。 干すときは陰干しが鉄則 直射日光に当てると、太陽の光や熱で殺菌されるようで爽快感がありますよね。 しかし、紫外線はナイトブラの生地を劣化させ、 色褪せなどの原因になるのでやめておきましょう。 ナイトブラは、直射日光があたらず、風通しのいい場所に干すことがおすすめです。 これって寿命?ナイトブラを買い替えるタイミングとは ブラの一般的な寿命は? 一般的なブラジャーの寿命は、 約100回着用した頃だと言われます。 つまり、同じブラジャーを毎日着け続けた場合は約3カ月半、1日おきの場合は約半年となり、意外と「短命」なのです。 ナイトブラは寝る時にしか着けないので、日中着けるブラよりも長持ちするのではないかと思われがちです。 しかし、 ナイトブラの寿命も同じく100回着用した頃。 就寝中にたくさんの汗をかくことで汚れやすく、寝返りでパジャマとナイトブラがこすれてしまうなど、日中と変わらないくらい、または、それ以上のダメージを受けます。 毎日同じものを着けるなら、 ワンシーズンごとに買い替える事が理想です。 「伸び」「色褪せ」は買い替えのサイン 夜用ブラであるナイトブラは、寝ている間のバストを支えるために伸縮性の強い素材が使われています。 「以前はバストをしっかりとホールドしている感じがあったのに、最近は緩く感じる。 」という人は、ストラップやカップ部分など、 ナイトブラの生地が全体的に伸びているのかもしれません。 特にアンダーバスト部分や、脇からバストを引き上げるようにデザインされたストレッチ部分が弱くなってきた時は、買い替えのサイン。 ナイトブラの生地の色やタグの印字が色褪せることも、素材が劣化している証拠です。 ナイトブラの形が崩れると、バストの形もそれに伴って崩れてしまいます。 生地が劣化して伸縮性がなくなったナイトブラでは、 バストの状態をきれいに保つことができないので、着けていても意味がありません。 少しでも劣化のサインが見られたら、ナイトブラを買い替えるようにしましょう。 まとめ~ナイトブラの洗い方と干し方を気を付けて長持ちさせよう~ ナイトブラは、 洗い方や干し方次第で長持ちさせることができます。 バストアップや美しい形キープするために効果的なナイトブラは、 生地の劣化や型崩れが美バストに悪影響を与えることも。 極端に言えば、たった1回、雑に洗濯をしてしまったがために型崩れすることもあるのです。 そうならないためにも、 毎日のお手入れは丁寧に行いましょう。 ナイトブラに寿命が訪れた時には、思い切って処分する潔さも必要です。 バストラインの美しさは若々しい印象を与えるものでもあり、アンチエイジングにも役立ちますよ。 【あわせて読みたい記事】.

次の

ハグミー(Hug me)の洗濯方法!気を付けたい3つのポイント|ハグミー(Hug me)ナイトブラの効果は?口コミ徹底調査

ナイトブラ 洗濯機

ナイトブラの洗濯頻度についての注意点は? ナイトブラは毎日洗濯しましょう。 というのも寝ている時の汗の量は、平均すると コップ1杯分!だからこそ、1度付けたナイトブラは洗濯するようにしましょう! 寝ている間にもこんなにも汗をかいているのです。 そして、 生理前や生理中は更に汗が増えると言われています。 その理由は女性ホルモンが多くなることで、体温が上がり寝汗の量も普段より増えるためと言われています。 寝汗をかくのは誰でも同じです。 そうなれば、ナイトブラも、もちろん汗を吸っています。 また女性は、乾燥から肌を守るために、ボディークリームなどで保湿をしている方も多いと思います。 当然それらのクリームは、汗とくっつき時間がたてば、汚れにもなります。 そして生地を傷める原因になるとも言われています。 簡単に言えば、 1度つけたら洗うこと! それにより清潔を保つこととナイトブラを長持ちさせることが出来ます。 ここで基本の知識として、ナイトブラを何枚持つのが良いかをお教えしましょう! 基本的に毎晩付けることが前提です。 そのために必要な枚数の目安は、 昼用ブラと同じ枚数もしくは少し少ない枚数を目安にしましょう。 もし悩んでいる場合は、まずは3枚用意するのがおすすめです!2枚だと洗濯頻度も上がってしまいますし、乾かない場合の心配もしなくてはならないのでおすすめできません。 ナイトブラを長持ちさせる洗濯方法と注意点 ナイトブラは意外と値段も普通のブラと変わらない物が多いですよね。 最近では、素材などにこだわった商品で、 かなり値段の張るものも増えてきました。 洗うときも干すときもパッドは取り外したほうがより清潔です。 最初に洗面台もしくは洗面器にナイトブラが浸かるくらいの 水をためます。 (もしくは 40度くらいのお湯) 2. ナイトブラの素材に合った洗濯洗剤を洗面台もしくは洗面器に入れます。 洗剤のすすぎ残しは肌にもよくありません。 ナイトブラを ふり洗いか押し洗いで洗っていきます。 きれいな水にとりかえて、ふり洗いか押し洗いですすぎましょう。 すすぎはきれいなお水を2~3回を目安に取り替えましょう。 すすぎ終わったら、大きめな タオルで包み、手でポンポンと押して水気をとります。 基本 手洗いで洗濯することで、生地に余計な負担や摩擦を起こす心配がないため、長持ちさせることが出来るのです。 ナイトブラの素材をチェックし洗濯洗剤に気を付ける コットンや麻、ポリエステルは 弱アルカリ洗剤がおすすめ!シルクは 中性洗剤がおすすめ! 洋服も素材によって洗う洗剤を変えますよね?それと同じように、ナイトブラの素材によって、洗濯洗剤を変えていくことが大事なのです。 それにより素材に合った汚れの落とし方になり、生地への負担が最小限になり、ナイトブラを長持ちさせることが出来るのです。 ナイトブラを洗濯機で洗濯する場合は必ずネットに入れる ナイトブラを使うきっかけにもなる、授乳後のタイミングは正直時間がない!! そんな時は、 ネットに入れて洗濯機で洗うのもOK!! なかなか手洗いの時間が取れない…という方は洗濯機に頼りましょう。 ネットに入れることで、他の洗濯物と絡むこともありませんし、生地の摩擦を抑えることも出来ます。 洗わずに不清潔になってしまっては、せっかくのバストケアも台無しになってしまうので、清潔が第一と考え必ずネットに入れて洗濯機で洗いましょう。 その際の注意点としては、 長い時間水につけるのはNGなので、洗濯時間は短めがおすすめです! ナイトブラを洗濯した後の干し方は?? ナイトブラを干す前にやることは、形を整えること!そして干し方は、 アンダーバストの前側の方を洗濯バサミで留めて干す! これにはきちんと理由はあります。 なぜアンダーバストなのか??と思いますよね。 肩紐の方を留めると、濡れた重みで、生地が伸びやすくなり、サイズが合わなくなる原因にもなるので、アンダーバストを留めるようにしましょう。 また干す場所も大事なポイントです! ナイトブラは、風通しが良いところで陰干しをすることが1番長持ちさせることが出来ると言われています。 ナイトブラを乾燥機で乾かすのはNG! ナイトブラを洗濯した後に乾燥機を使うのは、NGです。 乾燥機の中は、ぬれた洗濯物を乾かすために高温になっています。 高温になればなるほど、生地は傷みやすく、そして形は変わりやすくなります。 ちなみに、乾燥機付き洗濯機やお風呂場の乾燥機能もなるべく避けるのが無難でしょう。 もちろんアイロンもNGです。 そもそも、ナイトブラを着用するときに大事なことは 、ジャストサイズであること! 基本的に、自分の体に合わない物は、ナイトブラの効果をしっかり発揮することは出来ません。 高温の乾燥機にかけてしまい、 サイズが変わってしまっては、なんの意味もないのです。 そして、合わないサイズの物をつけ続けてしまうと、最悪はバストの形の崩れや垂れにも繋がりますので、気を付けましょう。 また高温の乾燥機でよくあるのが、 色が変わってしまうこと。 それだけではなく、他の衣類についてしまうなんて心配もあります。 せっかく洗濯したのに、1から洗濯のやり直しになる!なんてことにならないように、 ナイトブラは乾燥機にかけるのは避けましょう。 ナイトブラの基本着け方は、足から履くこと!そして 優しくバストにお肉を集めていくこと!これが鉄則です。 ナイトブラの寿命は?? ナイトブラにも寿命はあります。 まとめ ナイトブラを洗濯する際の注意点がお分かりいただけましたか?今まで、なんとなくで洗ってしまっていた人は、これをきっかけに正しい洗濯の仕方を実践してみることで、ナイトブラを 長持ちさせることが出来ます。 簡単なところでいけば、 まずはナイトブラをネットに入れて洗濯機で洗濯し、干すときはアンダーバスト側を洗濯バサミではさむ!たったこれだけを注意するだけです。 そして 「毎日洗うこと!!」です。 今日からあなたも洗濯方法を見直してみませんか??.

次の

暑い夏でも寝苦しくないナイトブラおすすめランキングナイトブラabcラボ

ナイトブラ 洗濯機

ナイトブラは、毎日、直接、身につけるものです。 だからこそ、ぜひとも清潔な状態をキープしたいですよね。 でも、いったい どのくらいの頻度で、どんな洗剤を使って、どんな方法で洗濯すればいいのでしょうか。 寝る前にお風呂に入った清潔な体に身につける場合は、お洗濯せずに何日か続けて使っても大丈夫なのか。 普通のブラは手洗いが一番というだけに、ナイトブラも洗濯機は使わない方が無難なのか、乾燥機などもってのほかなのか、お手入れ方法に関する疑問が尽きません。 そこで今回は、ナイトブラのお手入れ方法を特集し、正しい洗濯方法をご紹介します。 お手入れまわりの疑問を解決して、安心・快適なナイトブラライフを叶えましょう。 基本は手洗い• 専用の洗濯ネット• 手順 ナイトブラは手洗いが基本 ナイトブラはスポーツブラやハーフトップブラと比べても、繊細なアイテムです。 レースが使われている場合もありますし、パワーネットやアンダーベルトなど細かいパーツが入り組んだ複雑な構造でできています。 洗濯機に入れて回してしまうと、型崩れしてしまってせっかくの構造が台無しに。 ナイトブラは、基本的に手洗いでお手入れしましょう。 洗濯機を使うなら洗濯ネットを使用する しかし、さまざまな理由で手洗いができない人もいるでしょう。 その場合は洗濯機を使うことになりますが、その際は 洗濯ネットを必ず使うようにしてください。 洗濯ネットの選び方も大切です。 洗濯ネットにはいろいろな形がありますが、ナイトブラを洗うときには、 ブ ラジャー専用のネットを使ってください。 ブラジャー専用のネットは立体的になっているので、型崩れ防止に最適です。 ネットにナイトブラを入れるときには、ショーツや薄手のハンカチ、キャミソールなどを一緒に入れて、立体感のあるフォルムをキープしておくとよりよいです。 ナイトブラを洗濯する頻度は? ナイトブラを付けているときは、とくに運動をしているわけではありませんし、一度使ってもそれほど汚れているようなイメージがないかもしれません。 しかし、 寝ているときにはたくさんの寝汗をかいています。 ボディクリームなどを塗っている人も多いでしょうし、皮脂や皮膚がはがれたものなどいろいろな老廃物も付着します。 やはり、 他の下着と同様、ナイトブラも一度使ったら洗うのが一番です。 ナイトブラの洗剤は? 使う洗剤は、ナイトブラの素材によってかわります。 洗面器に水を張る• 洗剤を入れてかき混ぜる• ナイトブラを入れて洗う• 水を替えてすすぎ洗いを3回する• 大きめのタオルで包む• きれいに干す ナイトブラを手洗いするときは、洗面器にナイトブラがしっかり浸かるように、水をためます。 そこへ、 適切な洗剤を投入し、よくかき混ぜてください。 洗剤を入れた水のなかにナイトブラを入れて、ふり洗いか押し洗いをします。 水を替えてすすぎ洗いをしますが、このときも、 もみ洗いするのではなく優しくふり洗いするだけでOK。 すすぎは、3回を目安に行ってください。 最後に、大きめのタオルなどでナイトブラを包みます。 両手で包み込むような感覚で、優しく押して水気を除去します。 乾かすときは、しっかり形を整えてから干すようにしましょう。 自然乾燥するときは、黄ばみなどを防止するために陰干しで。 ナイトブラを乾かすときに乾燥機を使っても大丈夫? 普通のブラと同じく、ナイトブラも乾燥機を使うのはNGです。 乾燥機の熱は、 繊維を傷めてしまい、縮みや変色の原因になってしまうのです。 ただし、素材にもよります。 最近人気のオーガニックコットンなどの綿であれば、ある程度の温度でも対応できるのですが、ナイロンやポリエステルといった化繊素材は熱に弱いです。 乾燥機というとぐるぐる回るイメージがありますよね。 それによって、ナイトブラが伸ばされて傷みが出てしまいます。 でも、 ぐるぐる回る乾燥機でなくても、上述のように素材自体のダメージは避けられません。 例えば、浴室に乾燥機が付いている場合はつい使いたくなってしまうものですので、注意しましょう。 その他、ナイトブラの洗濯で注意したいこと お洗濯そのもの以外でも、ナイトブラを取り扱う上で注意しておきたいことがあります。 大切なナイトブラを長く使えるように、ポイントをおさえておきましょう。 ナイトブラは何枚もっているべき?• 長持ちさせる付け方は? ナイトブラ複数枚もっていた方がいいの? お洗濯の頻度は、人によってさまざま。 毎日やるという人もいれば、週に1回だけという人もいます。 生活習慣もいろいろですから、当然ですよね。 そのため、ナイトブラが何枚必要かという疑問に対しては、 お洗濯の頻度によって変わるというのが答えとなります。 例えば、ナイトブラを毎日取り替えることを前提に考えてみましょう。 週に一回しかお洗濯しない人は単純に考えて7枚必要になりますし、毎日お洗濯するなら1〜2枚でことたりるでしょう。 ナイトブラをお洗濯するとそのぶん生地には傷みが生じてきます。 生地のことを考えるなら、できるだけお洗濯の回数を減らすのが理想的。 でも、あまりにたくさん用意するのは費用面でも苦しいので、 現実的には3枚が適切な枚数だといえるでしょう。 2枚だと、雨の日が続いたりお洗濯ができない日があったりすると、たちまち続かなくなります。 3枚あれば、常に余裕が1枚ある状態をキープできて安心です。 同じことはショーツにもいえるので、参考にしてください。 ナイトブラを長持ちさせる付け方は? ナイトブラは、足から履いて付ける方が傷みが少なくてすみます。 伸縮性が高いので、頭からかぶって付けることも可能ですが、 付けるときにナイトブラの肩ひもやアンダー部分をギューッと伸ばしてしまいますよね。 これが、ナイトブラを傷める原因になってしまいます。 同じく肩ひもを無理に引っ張ったりするのもNG。 付け方にも注意してナイトブラを丁寧に扱うことで、長持ちしてくれます。 ノンホックだから安心!洗濯しやすいナイトブラ3選 仕事や家事などで時間に余裕が無かったりすると、 ホックやレースのあるブラを普通の洗濯ネットで洗ってしまい、ブラの形がボロボロに…なんてことありますよね。 そこで今回は、ノンホック・ノンワイヤーで洗いやすいナイトブラ3つをご紹介します。 どれも 通常の洗濯ネットで洗えるものばかりなので、お洗濯の手間も省けて楽ちんですよ!• VIAGE ヴィアージュ• モテフィット• ジニエブラ VIAGE ヴィアージュ :専用ネットつきだから洗濯もお手軽! VIAGE ヴィアージュ は、育乳効果の高いノンワイヤータイプのナイトブラです。 中に入っているパッドは厚みがあるため、長期間使用しても崩れないのが魅力的ですね。 また、 3枚以上のまとめ買いなら専用の洗濯ネットが付いてくる! もちろん通常の袋タイプの洗濯ネットでも洗うことが出来るので、他の洗濯物と一緒に洗濯機に入れることが可能です。 「新しい服やブラは使う前に一度洗濯しておきたい」という方にもおすすめです。 モテフィット:繰り返し洗濯しても傷まないのが嬉しい モテフィットは、バストを下から支える独自の構造や生地に配合されたSPANDEX素材によってどんなバストサイズの方でも着用できると人気の商品です。 こちらも ノンホック・ノンワイヤーなので、洗濯による型崩れを気にしなくて良いのが嬉しいところ。 中に入っているパッドは簡単に取り外しできるので、お洗濯も簡単。 「早く乾く」との声もあり、着用した次の日の朝やお昼に洗濯しておけば夜にまた使うことが出来ます。 中に入っているパッドを入れたままお洗濯が出来るので、忙しくて時間が無い時も安心。 干すときは、ブラのアンダー部分を上にすることで肩ヒモが伸びにくくなり、より長期間お使いいただけます。 まとめ:ナイトブラは正しい方法で洗濯すれば長持ちする ナイトブラは、 正しい洗濯方法でお手入れすることで長持ちさせることができます。 できれば手洗いするのが理想ですが、洗い方にも注意が必要です。 もみ洗いすると型崩れの原因になってしまうので、ふり洗いや押し洗いを。 脱水は、タオルで包んで水気を優しく除去します。 乾かすときは、 乾燥機を使うと生地を傷めてしまうので、自然乾燥が必須です。 もし洗濯機を使うときには 必ず専用の洗濯ネットを使用しましょう。 できるだけ長く使えるように、使い方を工夫してください。

次の