ペルー 言語。 ペルーの物価・通貨・両替所まとめ【かしこくお得に旅行するために】

【ペルーの言葉】公用語は?英語は通じる?ペルーの言葉ガイド

ペルー 言語

シラバス・ガイドライン• 評価・試験• 2015年度日本語教育機関調査結果 調査結果 機関数 教師数 学習者数 19 92 4,074 学習者数 内訳 教育段階 学習者数 割合 初等教育 2,104 51. また、調査対象となった機関の中から、回答のあった機関の結果を取りまとめたものです。 そのため、当ページの文中の数値とは異なる場合があります。 日本語教育の実施状況 全体的状況 沿革 1908年(明治41年)カニエテ市に日本人小学校が創設されたのが最初であり、その後次々と日本人学校が誕生し、多い時で36校が存在した。 1920年(大正9年)には旧リマ日本人小学校が創設され、そのほかにもリマ市内、カヤオ、ワラル、ワチョ、チンボテ、ワンカヨ等において日本人学校が創設された。 これは当時の日本人が、永くペルーに残る気持ちはなく、4~5年の間仕事に就き、故郷へ錦を飾るという気持ちを強く抱いており、そのためには子弟の教育も日本語でなければならなかったからである。 第二次世界大戦が始まると、ペルーはブラジルに先駆けて日本へ宣戦布告する。 そして政令により旧リマ日校を始め日本人学校は次々に接収されるか、自発的に門戸を閉じていった。 校名を変える、校長をペルー人に変える等の方法で、辛くも存続したのは3校だけであった。 戦後各地において再度日本語教育機関が創設され、政府の認定校(公教育機関)として現在に至っている。 背景 日系三世及び四世が主体の現在において、日系一世及び二世が中心となり日本の文化を子弟及びペルー人に伝達すべく、日本語教育と併せて普及活動を行っているが、現在の主流は継承語としての日本語教育でなく、外国語としての日本語教育である。 大学等で日本語を勉強してもほとんどの場合、単位を取得することは不可能な上、クスコ等の観光都市の一部例外を除き国内において日本語を生かした職につくのは容易ではないのが現状である。 特徴 2017年10月現在、大小含めて30以上の日本語教育機関、日本語コース、私塾等があるが、きちんと組織され、教師数・学習者数共に充分と言える機関は首都リマに集中しており、地方は体制が脆弱である。 また、幼稚園レベルから大学レベルまで幅広く学習者がいるが、大学においては正規科目ではなく課外授業の扱いになっていることがほとんどであり、学習者数の割合は低い。 日本語学習者は初級レベルが多く、日系人、非日系人、老若男女を問わない。 主な学習動機として、 1 日本語そのものへの興味、 2 マンガ・アニメ等のポップ・カルチャーへの関心、 3 日本への留学、 4 将来の就職等があげられる。 マンガやアニメ等、日本のポップ・カルチャーへの関心から学習を開始する若年層が増加している。 また、学習者が力を発揮する機会として、日本語能力試験や全国日本語弁論大会等がある。 最新動向 ペルー日系人協会( APJ)の日本語普及部が、2015年から南米スペイン語圏の各国の参加を得る形で日本語教育連絡会議を開催している。 この会議を契機とし、現在、APJ日本語普及部は、南米スペイン語圏ネットワークの中心的役割を担っている。 教育段階別の状況 初等教育 下記【中等教育】参照のこと。 中等教育 2017年現在、リマではラ・ウニオン総合学校やラ・ビクトリア校など、日系人が設立し、ペルー教育省の公認を受けた5つの小中学校において、またリマ以外の都市では3つの小中学校において、第二外国語として日本語が教えられている。 これらの学校では、既に非日系人の子弟が過半数を超えており、日常会話を中心に学習している。 高等教育 日本語は正規の単位取得科目にはなっていないが、2017年10月現在、国立ラ・モリーナ農業大学の語学センター、私立サン・イグナシオ・デ・ロヨラ大学、国立サンマルコス大学で日本語講座を開講している。 また、私立カトリカ大学の東洋研究所では、不定期に日本語講座を開講しており、同大学内に設置された山形大学のサテライトオフィスも日本語講座を開講している。 一般的に、日本語教育を実施している大学が少ないため、日本語に関心を持つ多くの大学生は、民間の日本語教育機関で日本語を学んでいる。 その他教育機関 幼児、児童、成人一般と幅広い学習者がいるが、学生、会社員が多数。 初級レベルが中心。 ペルー日系人協会が日秘文化会館で開講している日本語コースは特に生徒数が多く、2017年10月現在、約600名が在籍している。 教育制度と外国語教育 教育制度 教育制度 6-5制。 初等教育が6年間(6~12歳)、中等教育(日本の中学、高校に相当)が5年間。 計11年間が義務教育である。 教育行政 教育機関のすべてが教育省の管轄下にある。 言語事情 公用語はスペイン語。 地方ではケチュア語やアイマラ語が使われている。 外国語教育 公立の小中学校では英語は必修ではないが、一部の学校では教えている。 私立学校では、学校により英語のほかに、フランス語、ドイツ語、イタリア語等が幼稚園の時から教えられている。 大学では、各校によって選択できる語学に違いがあり、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語等から選択する。 ほとんどの場合日本語では単位を取得できないが、教えている大学もある。 大学入試での日本語の扱い 大学入試で日本語は扱われていない。 学習環境 教材 初等教育 下記【中等教育】参照のこと。 中等教育 日本で出版されたテキストから必要な部分もしくは使用可能な部分を選択、または自作教材を使用している。 『まるごと』(三修社)• 『にほんごドレミ』(国際協力機構)• 『こどものにほんご』子どもの日本語研究会(スリーエーネットワーク) 高等教育• 自作教材 その他教育機関• 日秘文化会館• (1)幼児部、児童部• 自作教材• (2)生徒部• 『こどものにほんご』 前出• 『みんなの日本語』(前出)• 『国語の教科書』中・上級クラス(光村出版)(日本からの帰国子女の教育に使用されている)• (3)成人部• 『みんなの日本語』(前出)• 『学ぼう! にほんご小中級』日本語教育教材開発委員会(専門教育出版) マルチメディア・コンピューター ほとんどの日本語教育機関にはコンピューターが設置されている。 数も使用方法も機関によってかなり違いがあるが、基本的なプリント教材作成、インターネットからのダウンロード、 CD、 DVDなどの視聴覚教材を使ったクラス活動はどの機関でも行われているようである。 教師 資格要件 初等教育 下記【中等教育】参照のこと。 中等教育 特に資格や条件は必要ない。 養成方法としては、ベテラン教師が研修やセミナーまたは実体験で得た知識をもとに、若手教師を養成している。 高等教育 語学センターでの日本語講座では特に資格や条件は必要ない。 その他教育機関 特に資格や条件は必要ない。 日本語教師養成機関(プログラム) ペルー日系人協会(APJ)日本語普及部は日本語教師養成講座1年コースを隔年でおこなっている。 日本語のネイティブ教師(日本人教師)の雇用状況とその役割 18名の日本人の日本語教師がペルー各地で活動している。 教師研修 国内研修としては、ペルー日系人協会日本語普及部及びペルー日本語教師会が実施する合同セミナー・勉強会がある。 訪日研修としては、国際交流基金及びJICAが実施している日本語教師研修がある。 現職教師研修プログラム(一覧) 教師会 日本語教育関係のネットワークの状況• リマ市在住の日本語教師を中心とした「ペルー日本語教師会」があり、弁論大会への協力、日本語能力試験への監督員の派遣、セミナーの開催、教材の貸し出しや相談の随時受け付け等を行っている。 ペルー日系人協会日本語普及部主催による「日系校及び日本語教育機関の校長とコーディネーターの会議」(必要に応じて開催)では、日本語教育について情報交換を行っている。 最新動向 2017年度、APJが日本語教師資格認定を行う教師養成講座の実施を企画している。 日本語教師派遣情報 国際交流基金からの派遣 なし 国際協力機構( JICA)からの派遣(2017年10月現在) 青年海外協力隊 ペルー日系人協会 クスコ 1名 シニア海外ボランティア ペルー日系人協会( APJ) 日本語普及部 1名 その他からの派遣 (情報なし) 日本語教育略史 日本語教育略史 1908年 カニエテ市に日本人小学校が創設 1920年 旧リマ日本人小学校ほか創設 1969年 リマ日本人学校開設 1978年 ペルー日本語教師会創設 1991年 ペルー日系人協会日本語普及部創設 2015年~ 南米スペイン語圏日本語教育連絡会議を開催 参考文献一覧.

次の

ペルーの物価・通貨・両替所まとめ【かしこくお得に旅行するために】

ペルー 言語

ケチュア語について ケチュア語はインカ帝国時代に使われていた言葉。 同じケチュア語でも地域によって差が出る場合があります。 使用率はペルー国民の10%が第一言語といてケチュア語を使用します。 数はなんと300万人!アプリマク県、ワンカベリカ県、アヤクチョ県などでは50%ほどの住民が第一言語としてケチュア語を使います。 ペルー人のほとんどの人口がスペイン語を話す!と紹介しましたが、ケチュア語を第一言語とする人口も多くいます。 わかりやすい例が、テレビなどをケチュア語のみで放送するプログラムもあります。 さらに、Youtubeをケチュア語で配信する場合も! ケチュア語は昔の言語というわけではなく、現在も生きた言語として使用されていることを覚えておきましょう! アイマラ語について アイマラ語主に、ペルー南部で使われる言葉です。 ペルーの南部には、プーノ、チチカカ湖やウロス島などがあります。 ペルーのみで使用される言葉ではなく、ボリビアやチリ、アルゼンチンなどでも使用する民族がいます。 総数は約200万人。 ペルーで英語は使えるの? 結論からいうと、 ペルー人は英語を話すことができます!ただ、ネイティブではありません。 スペイン訛りの英語を話すため、英語力に自信がない方は聞き取りに苦労する可能性があります。 概ね、高校卒業程度の英語力があればある程度スムーズに会話をすることができます。 「ペルーの言葉は何語?」で紹介したように、ペルー人が使う言葉のほとんどはスペイン語!若干地域によって違いはありますが、ほとんどのペルー人がスペイン語を話します。 ペルーの言葉:挨拶や返事など ここでは、スペイン語を中心にペルーの言葉を紹介!• いいえ No(ノ)• こんばんは Buenas tardes(ブエナス タルデス)• (オラ) 英語でいうHello!• (ムーチョ グスト)• おやすみなさい Buenas noches(ブエナス ノーチェス)• (チャオ)• ありがとう Gracias(グラシアス)• どういたしまして De nada(デ ナーダ)• ごめんなさい Lo siento(ロ シエント)• (アルギエン サベ アブラール ハポネス?)• 英語が話せますか?? Hablas ingles? (アブラ イングレス)• (クアント クエスタ エスト?)• ペルーの公用語は3つ!スペイン語・ケチュア語・アイマラ語です。 使われる言葉が3つもあるとペルー旅行が少々不安になりますよね。 ここでは、言葉の不安を払拭してくるペルー旅行ツアーを紹介します。 クスコからマチュピチュまでは4時間程掛かります。 もし、列車に乗り間違えたら大変なことになりますよね。 また、滞在先ホテルの手配サービスもこのツアーには入っています。 言葉が通じないの土地でホテルやチケット手配などはなにかと不安なもの。 そういった不安を振り払ってくれるのがこのツアーの魅力です。 スケジュール管理など、困ったときには日本語でガイドさんに尋ねれば良いので、とても安心して旅行を楽しむことができます。 ツアーの目安スケジュール• 1日目 クスコの滞在先ホテルで待ち合わせ!オリャンタイタンボ駅へ送迎• マチュピチュ村へ! 三ツ星ホテルで宿泊• 2日目 登山体験!ワイナピチュ山 orマチュピチュ山• 日本語ガイド共にマチュピチュ遺跡観光• クスコは街そのものが世界遺産です。 芸術の国・スペインとインカ時代の高度な文明が融合するクスコを思う存分楽しめるツアーです。 このツアーの魅力の一つはひとりでも参加可能という点!ひとりで旅行する際に気を付けたいのは、トラブルに巻き込まれることですよね。 このツアーでは日本人ガイドさんが付いているので起こり得るトラブルを未然に防ぐことができます。 わからないことはどんどんガイドさんに聞きましょう! ツアーの目安スケジュール• 宿泊先ホテルで待ち合わせ• クスコ市内とインカ帝国を観光! コリカンチャ・アルマス広場・12角の石・サクサイワマン・ケンコー・プカプカラ・タンボマチャイを探索!• ウユニ塩湖とは標高3,700メートル!広さは日本の岐阜県とほぼ同じ!人生で一度は見ておきたい絶景スポットです。 見渡す限りが真っ白く、日本ではめったに見ることのできないペルー旅行の人気スポットです。 特に、クスコからウユニ塩湖のあるラバスまではかなり距離。 このツアーのひとつの魅力として、チケットやホテルの手配はすべてサービスに含まれているという点です!めんどうなスケジュール管理などもしてくれるのでおすすめですよ。 スケジュールが組まれているからと言って、すべてスペイン語や英語などで対応するのは不安ですよね。 このツアーでは、移動中など全行程に日本語ガイドさんが付いてくれるので、安心して観光を楽しむことができますよ! ツアーの目安スケジュール• 1日目 空港ゲートで待ち合わせ!目印となるボードを持ったドライバーがお出迎え• 2日目 飛行機でクスコへ!到着後はクスコ市内を観光• 3日目 :ワイナピチュ山 or マチュピチュ山+マチュピチュ遺跡観光• 4日目 クスコの空港からラパスへ!飛行機移動• 5日目 朝日や星空観賞• 6日目 ウユニ塩湖を終日観光!夜にラパスへ移動。 7日目 ツアー終了!空港までお見送り 【ペルーの言葉】公用語は?英語は通じる?ペルーの言葉ガイドまとめ この記事では、ペルーの言葉を中心にお伝えしました。 公用語は3つでスペイン語・ケチュア語・アイマラ語です!主にスペイン語を話すペルー人が多いですよ。 また、英語については訛りが強いものの話すことができます。 概ね、高校卒業レベルの英語能力があると便利ですね! 記事の最後には、会話や言葉が不安な方のために安心の日本語ガイドさんが付くツアーのみを紹介しておきました。 ペルー旅行をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!.

次の

ペルー基本情報 概要

ペルー 言語

ペルーの土着の言語で最大のものはケチュア語です。 かつてのインカ帝国の言語で、ペルーの他、エクアドル、コロンビア、アルゼンチン、ボリビアにも話し手がいます。 全部で800万人以上の人が話していると言われています。 二番目に大きいのが、ペルー南部からボリビアにかけて話しているアイマラ語です。 全部で200万人ぐらいの人が話していると言われています。 その他にも、アムエシャ語、カンパ語、ピロ語、トゥユネリ語等々、10〜20ぐらいの言語が行われています。 また、かつては北部の海岸地帯で広く話されていたユンカ語を始めとする幾つかの言語は、現在では話し手がいなくなってしまっているそうです。 もうひとつの回答にあるとおり、これらの土着の言語の他に、ヨーロッパ人がもたらしたスペイン語が使われています。 いずれにせよ、中南米の国々では多くの言語が行われています。 中米のグアテマラなどでは、総人口の40%以上の人々が土着の言語を日常語としているそうです。 宜しかったら、私の質問・他の回答もご覧ください。

次の