美味しい餃子の作り方 肉汁。 本当に美味しい餃子|何度も作りたい定番レシピVol.9

美味しいシュウマイの作り方~肉汁があふれ出る!【プロ直伝のレシピ】

美味しい餃子の作り方 肉汁

餃子をフライパンからキレイに剥がす方法 餃子づくりの悩みを調査してみると、3つのポイントが分かってきました。 1つ目は『フライパンにくっついてボロボロに!』という悩みです。 餃子のでんぷんは加熱すると糊状になり、フライパンにくっつくのです。 そこで問題です。 すると皮のでんぷんが糊状になり、フライパンとくっつきはがれなくなるのです。 酢をかけると酢酸が糊を溶かすので、餃子がフライパンからキレイに剥がれます。 味は酸っぱくならないので大丈夫です。 この方法は焼きそばや焼うどんにも応用可能! ぜひお家でもやってみましょう。 肉汁たっぷりにジューシーな餃子を作る方法 2つ目の餃子作りの悩みは、『肉汁が出てしまいジューシーさがない!』ということです。 餃子の餡にある食材を入れることで、肉汁たっぷりの餃子を作ることができるそうです。 肉汁を閉じ込めジューシーにするために、餃子の餡に加える食材とは? A. 大根 B. 油揚げ C. わかめ 正解: B. 油揚げの内部には空洞がたくさんあり、肉汁を閉じ込めたまま焼き上げることができます。 応用編として、 ハンバーグに油揚げを加えると、ジューシーさがUPします。 キレイな羽根つき餃子の作り方 3つ目は『羽根つき餃子が上手に作れない!』という悩みでした。 一般的な羽根つき餃子は、小麦粉を水に溶かして入れるという方法です。 これがドロドロになり固まらないことも多いようです。 初心者でも簡単にきれいな羽根つき餃子を作るには? 適度な焦げを作るのがポイントです。 簡単に羽根つき餃子を作るために、小麦粉の代わりに使うあるものとは? A. パン粉 B. そば粉 C. 粉チーズ 正解:C. 5倍のたんぱく質が含まれています。 ぜひお家で実践してみてはいかがでしょう。

次の

男子ごはんの肉汁たっぷり餃子のレシピ。大人気の絶品餃子。

美味しい餃子の作り方 肉汁

ハンバーグの材料は肉にかぎらず、基本的には冷えていることが望ましいのです。 特に、使用する合挽き肉では、脂分を熱にさらすことを避けなければなりません。 肉汁の流出に、ストレートにつながるからです。 ハンバーグ作りでの合挽き肉といえば、それをこねる作業が待っています。 肉をこねる作業については、従来、粘り気が出るくらいまでしっかりこねることが推奨されていましたが、これは肉の繊維を断ちすぎるという理由につながって、肉汁の流失を招くおそれがある、という考え方が注目されています。 この記事では、肉の赤身と脂身が混ざり合う程度のこね方をおすすめします。 いずれにしても、こねる際に 手を氷水などで冷やしてから行うことが大切です。 ハンバーグを肉汁たっぷりにするコツの締めは、ハンバーグを 蒸し焼きにすることです。 フライパンを十分に熱したら弱火にします。 強火はNGです。 時間をかけるとしたら、こね方にではなく、焼き方にかける必要があります。 十分に温まったフライパンに、俵型のハンバーグを入れます。 片面に焼き目が付いたら返します。 すでに、あふれ出ている脂を回し掛けながら、もう片面も焼き上げます。 両面に焼き色が付いたらアルミホイルで覆います。 蒸し焼きにします。 フライパンのフタでは、ハンバーグとの間に空間がありすぎます。 アルミホイルでザックリ覆った方が目的に叶います。 10分程度蒸し焼きしたら、火を止めてそのまま5分、予熱で火を通していきます。 この5分間が、 肉汁を落ち着かせてハンバーグにたっぷり肉汁を閉じ込める、コツとなります。 玉ねぎとセロリはみじん切りにします。 フライパンにオリーブオイルを入れて火を入れ、玉ねぎを加えたら炒めていきます。 1分程度炒めるだけでOKです。 あめ色にする必要はありません。 炒め終えたら、冷蔵庫で冷やしておきます。 ボウルに合挽き肉を入れて、塩を加えてザックリ混ぜ合わせます。 粘りが出るまでこねる必要はありません。 氷水で冷やした手で行ってください。 ボウルにセロリと冷やした玉ねぎ、パン粉、溶き卵および調味料を加えて、全体をよく混ぜ合わせます。 混ぜ合わせたタネは冷蔵庫で30分休ませます。 セロリは肉の臭み消しと、ハンバーグに上品な風味をを与えてくれます。 冷蔵庫で冷やされたハンバーグの脂分は、固まることによって肉汁を閉じ込めることになります。 フライパンに油をしいて火を入れます。 ハンバーグの表面を焼き固めるために、強火で焼くのはまちがいです。 初めから最後まで弱火でじっくりと焼くことが、肉汁を閉じ込めることにもなり、おいしいハンバーグに大切です。 片面を焼き上げたら、ハンバーグをひっくり返してもう片面を焼きます。 周りに出た脂を掛けながらやさしく焼き上げます。 ハンバーグの両面に焼き色が付いたら、アルミホイルをザックリとかぶせます。 適度な隙間を保って、ハンバーグの温度が必要以上に上昇することを防いでくれます。 肉汁たっぷりのジューシーさが、ここで確保されます。 10分ほど蒸し焼きにしたら、火を止めて予熱料理を5分行います。 この間に、肉汁が落ち着いて肉汁たっぷりのハンバーグにつながります。 ハンバーグ• 合挽き肉300g• 卵1個• パン粉1カップ• コショウ• ナツメグ各少々• ソース材料• マッシュルーム1カップ• ニンニク大さじ1• 赤ワイン1カップ• 市販品デミグラソース1缶• チキンヴィヨン1カップ• ケチャップ大さじ1• ウスターソース大さじ1• サラダ油・バター各適量• フライパンで玉ねぎを炒めたら、冷蔵庫で冷やしておきます。 合挽き肉をボウルに入れて、塩少々を加えて練り上げてます。 他の材料と調味料も加えて、混ぜ合わせておきます。 空気を抜きながら、ネタを成型したら冷蔵庫で30分寝かせておきます。 フライパンにサラダ油を入れて、弱火で熱しハンバーグを焼き上げます。 いったんハンバーグを取り出しておいて、ソースを作ります。 フライパンの余分な脂くぉふき取って、バターを入れ、中火でマッシュルームを炒めます。 ニンニクと玉ねぎも加えて炒めます。 最後に、シメジも加えてひと炒めしたら、赤ワインを加えて強火に変えてアルコールを飛ばします。 赤ワインが煮詰まったら、デミグラソースを加えて沸騰させます。 チキンヴィヨンとケチャップ、ウスターソースも加えます。 ハンバーグも戻し入れて、フタをして蒸し煮します。 ソースが煮詰まってきたら、バター少々を加えて完成です。 合挽き肉300g• みじん切りニンニク1片• 調味料(塩・粗挽きコショウ・ナツメグ各適量)• サラダ油適量• ソース(赤ワイン1カップ・中濃ソース50cc・ケチャップ大さじ2)• 生クリーム適量• ニンニクと玉ねぎをフライパンで炒めて、冷蔵庫で冷やしておきます。 合挽き肉に塩をして、ボウルで練り合わせておきます。 つなぎの材料と調味料にニンニク、玉ねぎも加えて混ぜ合わせます。 空気を抜きながら、ハンバーグを成型したら、冷蔵庫で30分休ませます。 フライパンで両面を焼き上げたら、ソースの材料を加え、フタをして弱火で蒸し煮にします。 ソースが煮詰まったら完成です。 器に盛って、生クリームを回し掛けます。 合挽き肉250g• 卵1個• パン粉大さじ1• 塩、コショウ、ナツメグ各適量• 細かく砕いた牛脂少々• サラダ油適量• 玉ねぎは炒めたら、冷蔵庫で粗熱を取っておく。 合挽き肉に塩を加えて、練り上げておきます。 肉と玉ねぎ、つなぎの他の材料すべてをボウルに入れて、混ぜ合わせておきます。 空気を抜きながら成型したら、冷蔵庫で30分休ませます。 フライパンにサラダ油を入れて中火で熱します。 ハンバーグに小麦粉をまぶしてから、フライパンで焼き上げます。 両面を焼き上げたら、大さじ2の湯を加えてフタをし、蒸し焼きにします。 弱火で8分焼いたら完成です。

次の

餃子のレシピ(作り方)

美味しい餃子の作り方 肉汁

お店で食べる餃子とおうちで作る餃子。 どうしてこんなに違うんだろう?と思うことはありませんか? ほんのちょっとした作り方の違いで美味しい餃子がおうちでも作れるんです。 日頃家に無いような、使わない材料も必要ありません。 難しい作り方で覚えきれない、なんてこともありません。 簡単で美味しい餃子の作り方をご紹介します! 【1】キャベツではなく白菜を使う 餃子と言えばキャベツを入れる、と勘違いされている方が多いのではないでしょうか? 本来、中国ではキャベツは使いません。 白菜を使います。 白菜を使うことが餃子の作り方のポイントです。 白菜はキャベツに比べてより多くの水分を含んでいます。 その水分を塩で抜く事で、元々水分があった隙間に肉汁がたっぷり染み込みます。 べちゃっとせずじゅわっとジューシーな美味しい餃子に仕上がるのです。 白菜はざくざくとみじん切りにします。 一緒ににらも小口切りに。 ボールに白菜とにらを入れたら、小さじ1杯ほどの塩をまぶします。 全体に塩をなじませるように軽く揉みます。 30分から1時間程度置いておくとびっくりするくらい水気が出ています。 ぎゅっと絞って水分を抜きましょう。 水分を抜く前の野菜は、大体豚挽き肉の3から5倍くらいの量。 水分を抜いた野菜は、豚挽き肉と同じくらいの量。 こんなに水分が抜けちゃいます。 【2】にんにくは入れない 餃子と言えばにんにく!そう思っている方は多いのではないでしょうか。 中国では餃子ににんにくは入れないのです。 やはり美味しい餃子の作り方は本場から学ぶのが一番です。 にんにくを入れない事で、より野菜のうまみや豚肉のジューシーさを堪能できます。 次の日の会議が・・・デートが・・・ そんな心配も必要ありません。 女性の方も安心して餃子を食べられますね! 餃子の具材の作り方は、味付けに塩、こしょう、しょうゆ、酒、オイスターソース(あれば)を。 豚挽き肉と水気を抜いた野菜をしっかりこねましょう。 ボールの周囲に少し白く豚挽き肉の脂分がつくくらいまでしっかりこねるのが餃子の作り方のポイントです。 【3】綺麗に包んで、より美味しい餃子に! お店で食べる餃子はとても形が綺麗ですよね。 見た目の美しさも、目から入る情報が脳に伝わり、より「美味しい!」と感じるために重要ではあります。 しかし、もっと大事なことは「うまみを逃がさない事」にあります。 包んだ口が少しでも開いていると、肉汁が溢れてしまいます。 折角白菜の水分を抜き、そこに肉汁を含ませたいのに・・・! 必ず口は隙間なく閉じるようにします。 餃子の皮の真ん中に肉だねを置き、周囲を水でぬらします。 端から少しつまみ、手前になっている皮のみに少し折り目をつけてひだを作ります。 向こう側の皮とともに閉じます。 (向こう)----- (てまえ)-レ-レ- 端から順にこの様にひだを作り、餃子の皮を閉じていきます。 すると、自然と餃子らしいゆるいカーブのついた形になります。 両方にひだを作ると、餃子を立てることが出来ない形に仕上がりがちですが、立てようと思わなくても自然と立った形に仕上がります。 【4】「焼く」ではなく「茹でる」 では、早速焼いていきます。 フライパンを熱し、油を軽く引いたら餃子を並べます。 お店で出てくるような「バリ」と呼ばれる餃子にするためには、水ではなく小麦粉を小さじ1杯程度溶いた水を使用するのが餃子の作り方のポイントです。 水加減は、餃子が半分以上かぶる程度。 たくさんの水が入るので、フライパンに対して餃子の数が少ないと、折角綺麗に並べた餃子が動いて、ばらばらの位置になってしまいますので気をつけてくださいね。 中火強くらいの火加減でぐつぐつ言わせる位の火加減にします。 ふたをしてじっくり餃子を茹でていきます。 茹でる事で、上面の皮がもちっ!となります。 茹でている間にうまみが逃げないためにも、餃子の皮をしっかり閉じて作るのが大事だったのです。 【5】ぱりっとキツネ色の焼き加減に 完全に水分がなくなるより前にふたを開けます。 茹でられた餃子の皮がかなり膨らんでいたと思います。 この状態で、餃子と餃子がくっつきにくいようにごま油を上からたらします。 餃子の皮の水分が飛ぶとくっついてしまうので、皮の水分が多くあるうちに皮と皮の間にごま油が入り込むことで、くっつきを防止します。 そのまま火をかけていると、フライパンの側面が色づいてきます。 水溶き小麦粉を使用すると、餃子をひっくり返さなくても焼き加減が分かります。 こんがりキツネ色になるまで、触らずじっと我慢して下さい。 ここだ!と思うところで火を止めるのが作り方のポイント。 そして、餃子をお皿に盛り付けましょう。 フライパンから餃子をはがし、フライパンの上にお皿を乗せ、一緒にひっくり返すと焼き目が上になり簡単です。 【番外編】餃子の皮の作り方 美味しい餃子が上手に作れるようになってくると、皮から作ってみたくなる衝動に駆られることがあります。 菜箸で混ぜながら、少しずつお湯を加えます。 小さな塊が出来ていきます。 少し粉っぽいかな?と思うくらいのところでお湯を加えるのをやめます。 熱いですが、我慢して手で生地をこねます。 粉っぽさがなくなってきてひと塊になってきます。 生地が滑らかになったら餃子の生地の完成です。 1cm程度の細長く生地を伸ばし、1から1.5cm程度の長さで包丁で切ります。 大体10から15個前後くらいできます。 ころころと丸く形を作り、真っ直ぐつぶし、さらに麺棒などで伸ばします。 麺棒は大きくて伸ばしにくい、または家に麺棒がない方は丸いお箸でころころして伸ばしても出来ます。 全体が同じ厚さ、ではなく、具が乗る真ん中は少し厚くなる程度に伸ばします。 綺麗な円形に伸ばせなくても、包むときにちょっと引っ張ったりして口が閉じられれば大丈夫です! あとは具を包んで餃子を焼きましょう。 焼くときの水加減は、市販の皮より少し多めの4分の3程度かぶるくらいにすると生地にしっかり火が入ります。 餃子の皮から作ると、肉汁がさらにジューシーに感じられ、とても美味しい仕上がりになります。 その為、市販の皮のときより出来上がる数が少ないです。 具を作り過ぎないように気をつけて! 【美味しい餃子の作り方:まとめ】 作り方のコツさえつかんでしまえば、いつでも簡単に美味しい餃子を作ることが出来るようになります。 一度作ってしまえば覚えるのに苦労しない作り方にしました。 是非一度こちらで紹介した餃子の作り方をお試しください。

次の