帰省ラッシュ 年末年始 新幹線。 ベタな帰省ラッシュの法則

山陽新幹線|正月2019のUターンラッシュピークや自由席の混雑状況

帰省ラッシュ 年末年始 新幹線

こんにちは、ゆきりんです! 今年もあと少しですね・・・ 年末年始の予定は立てていますか? 年末年始は自宅でテレビを見ながらゆっくり過ごす方、一方で実家に帰ってゆっくり過ごす方や旅行など出かける方が多いと思います。 私は実家に帰ってテレビ見ながらゴロゴロして、こたつに入りみかんを食べて過ごすのが大好きです!笑 帰省する時、高速バスや新幹線や飛行機など利用する方が多いので 年末年始は大混雑しますよね・・・ 楽しみにしていた帰省や旅行を移動で台無しにしたくないですよね。 出来ればスムーズに混雑を避け目的地まで辿り着きたい・・・みなさんもそう思うのではないでしょうか? そこで今回は『 東北新幹線年末年始2019-2020混雑予想!Uターン帰省ラッシュ』と題しまして、東北新幹線年末年始2019-2020の混雑予想と、Uターン帰省ラッシュについてまとめてみましたので、みなさんのご参考になればと思います。 それではさっそく、本題に入っていきましょう! Contents• 出かける手段として、新幹線や飛行機や高速バスを使うと思います。 年末年始は一気に集中するため大混雑が予想されます。 お盆やゴールデンウィークより年末年始に帰省される方が多いようです。 年末年始のニュースで見る混雑状況は本当にパニック状態です。 [ 2019年] 12月28日 土 「 仕事納め」 12月29日 日 「 混雑ピーク」 12月30日 月 「 混雑ピーク」 12月31日 火 2019年年末の混雑が予想されるのは仕事納めの 2019年12月28日 土 からではないかと思います。 年末混雑ピークは29日、30日になるかと思います。 [ 2020年] 1月1日 元旦 1月2日 木 1月3日 金 「 混雑ピーク」 1月4日 土 「 混雑ピーク」 1月5日 日 2020年年始の混雑が予想されるのは 2020年1月3日 金 からではないかと思います。 帰省や旅行から帰り、家でゆっくりしたい方が多いようで余裕を持って帰ってくる日が3日、4日に重なるのではないかと思います。 カレンダーを見ると 2019年〜2020年の休みは最大9連休。 大・大・大混雑間違いなし!!! 新幹線では座る事ができない状態で長時間立って移動になる事も考えておきましょう。 *早めのチケット予約をして指定席を確保することをおすすめします。 東北新幹線年末年始2019-2020のUターン帰省ラッシュを調査! 故郷、帰ってきたよ 年末年始帰省ラッシュ — WEB TOKACHI-十勝毎日新聞 webtokachi 年末年始に出かける時避けて通れないのが『 Uターンラッシュと帰省ラッシュ』です。 2018年新幹線年末年始の混雑状況でおさらいしていきましょう。 JR北海道 北海道新幹線 下りピーク12月29日 上りピーク1月3日 *ピーク時も比較的余裕があるようです。 北陸新幹線(東京~金沢)、本日25日より直通運転再開しました! ただし、車両不足のため、年内にダイヤが元に戻るのは困難な見通し。 年末年始のUターンや帰省は例年以上の混雑になる可能性も。 上りピークは満席。 *東北・秋田新幹線は、下りピーク29日、30日。 上りピーク1月3日は激しく混雑。 JR東海 東海道新幹線 下りピーク12月29日 上りピーク1月3日 *下りピーク29日は、博多まで満席。 新大阪までは夜遅い便だと予約が可能です。 30日も夜遅い便だと予約が可能です。 1月3日は早朝の便・グリーン車一部予約可能です。 JR西日本 山陽新幹線・北陸新幹線 下りピーク12月29日 上りピーク1月3日 *ピーク時の山陽新幹線 新大阪〜博多間 は混雑。 JR九州 九州新幹線 下りピーク12月29日 上りピーク1月3日 *ピーク時でも時間によっては予約可能です。 見比べると、帰省ラッシュは12月29日。 Uターンラッシュは1月3日という事が分かります。 ピーク時でも時間帯を工夫すれば予約が可能の場合があります。 比較的、夜の便の方が空きがあるようですね! 東北新幹線年末年始2019-2020年のUターンラッシュや帰省ラッシュも同じ傾向にあるのではないでしょうか! まとめ 今回は『 東北新幹線年末年始2019-2020混雑予想!Uターン帰省ラッシュ』と題しまして、東北新幹線年末年始2019-2020の混雑予想と、Uターン帰省ラッシュについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか? 年末年始の混雑は避けて通れません。 出来るだけ快適に移動したいですよね・・・ 混雑ピークでも時間帯を工夫すれば快適に移動できるかも知れません。 日中より夜の便が予約や移動がスムーズかも・・・ 2019-2020年大型連休を快適に楽しみましょう。 それでは今回はここまでとさせていただきます。 最後までご覧いただきましてありがとうございました。

次の

帰省ラッシュ予想!高速道路・新幹線・空港の混雑情報も

帰省ラッシュ 年末年始 新幹線

日本における帰省ラッシュ [ ] 概要 [ ] 日本では、休祝日・・・・・10月の大型連休などにに在住している人が出身地である地方などに一時帰省する際に発生する。 年末年始休暇、ゴールデンウィーク、お盆休みが過ぎると、今度は都市圏への帰宅によってが発生する。 帰省ラッシュの際はほとんどの帰省者が・を使用するため、・、、・の混雑が起こる。 そのため、道路では、鉄道ではの上昇・(指定席の場合は)の不足(特に長距離移動の・)、の混雑、航空機・旅客船では乗客率の上昇・・の混雑といった問題が発生する。 また、が多発し死傷者が出るという問題も帰省ラッシュの時期に発生している。 特に高速道路ではの付近、の付近、のなど、首都圏と地方部の境界部または境界付近の地域で帰省者による渋滞が起こりやすく、 渋滞スポットとしてよく知られている。 帰省ラッシュの対策 [ ] 解決には(ラッシュアワー、通勤ラッシュ)と同じく、混雑のピークとなりそうなや日付をずらしての帰省が考えられるが、現在ほとんどの会社のやがほぼ同日なので、大幅に日付をずらすのは難しいと考えられている。 またこれらに対応するに勤務している労働者は無論のこと、・・サービス業・はお盆休み自体のない場合も多い。 鉄道においては、を追加運行し本数や両数を増やすなどの措置を取っており、高速バス、航空便でも臨時の増発がなされるが、補いきれていない場所もある。 また運賃・料金の設定により混雑を平準化させる方策も取られており、JRは繁忙期・閑散期によって料金区分に差を設けているほか、最混雑時には(早割系も含めて)の使用ができない場合が多い。 航空便でも混雑時とそうでない時期によって、運賃に大きな差を設けている。 (早割系が顕著) 高速道路各社()では通常のとは別に詳細な渋滞予測を提供して利用者の便宜を図っており 、その他にもにおける深夜割引や、路線によっては休暇・休日時のピークを外した時間の料金を割り引くなどのが試みられ、交通が集中する時間帯から混雑を分散させることが行われている。 日本国有鉄道(国鉄)の対策 [ ] 現在よりも旅客輸送のシェアが高かった(国鉄)では、から前半の帰省ラッシュ時に以下の対策を行っていた。 当時はや高速道路、航空路線といった高速交通網の整備がまだ進んでいなかったこともあって、帰省客輸送は国鉄のが多くを担っていた。 の始発駅の変更(発を発に、発を発や発に変更)。 の容量不足のため、のも品川発で運行。 の始発駅の変更(上野駅始発をや発に、東京駅始発を品川や発に、始発を発に変更)。 混雑時間帯に上野駅や東京駅に到着する列車の到着駅の変更(上野行きを大宮行きまたは行き・行きに、東京行きを品川行きに変更。 普通列車のほか、急行列車も対象)。 車・車の両数の変更(一部の在来線昼行特急列車を全車指定席とする。 逆に「」や多くの急行列車のは自由席を増やす)。 急行列車の始発駅において、「」(一部は形状のものもあった)を発売。 指定券の発売区間や発売枚数を制限する(で遠距離区間のみ指定券を発売)。 やを普通自由席車に置き換える。 主要駅にはなどを使用した待ち合わせ場所の設定。 そのほか、全国各地からし、保有車両を極限まで使用したの運行が行われた。 予め旅客列車のとして設定されていたやだけでなく、お盆や年末年始の期間はの運行本数も減少するため、その貨物列車のダイヤを臨時旅客列車に転用する形でも行われた。 のを発車するは午前1時台発まで各種列車が10分ないし15分の間隔で設定されたほか、急行「」(からまで、〈または・〉からまでを、東海道本線 - 東京駅 - 上野駅 - または経由で運行)のような、通常は運行されない経路での列車も運行された。 「 」も参照。 マスコミの報道 [ ] テレビやラジオ、新聞などの各メディアは主に年末年始、ゴールデンウィーク、お盆などの期間には鉄道・旅客機の乗車率や高速道路の渋滞状況などをはじめとした帰省ラッシュの混雑状況を報道している。 近年ではラッシュ期間が始まる前に混雑予測・渋滞予測の報道を行い、ラッシュのピークから時間や日にちをずらすなど分散して移動するよう促すことがある。 日本国外での状況 [ ]• アメリカにも、日本と同じように帰省ラッシュがある。 サンクスギビング()やを家族と過ごす習慣があり、この時期に帰省ラッシュが発生する。 また、前後は帰省に加えて旅行客も増え、空港が大変混雑する。 ヨーロッパ各国でも、帰省ラッシュに類する混雑は存在する。 ただし、州によって学校の休暇時期をずらすなど、混雑への対策が取られている国もある。 中国ではのに帰省する人が多く、各交通機関は大混雑()となる。 この期間は1億人以上が移動するものの、鉄道局が増発する列車は200本程度しかないため、駅や車内の混雑は想像を絶する。 韓国では旧正月とに帰省する人が多く、各交通機関は大混雑し、はとの一部のインターチェンジで出入規制が行われる。 の多い 、 、 、 などでは明けのの前後に帰省ラッシュが発生する。 では10月~11月、の祭典であるの前後に帰省ラッシュが発生する。 では4月、旧正月であるの前後に帰省ラッシュが発生する。 脚注 [ ] [].

次の

帰省ラッシュ予想!高速道路・新幹線・空港の混雑情報も

帰省ラッシュ 年末年始 新幹線

Contents• 30日は17時以降に東京発の列車は、普通車の空きが少しありました。 今回の年末年始のお休みを見ていると 12月29日(土)~1月3日(水)がお正月休み、という方が多いのではないでしょうか? ただ、今回は5日が(金)となっていますので、企業によっては 12月29日(土)~1月8日(月・祝)までお休み、というところもあるかもですね! お休みを考えると、今年2018年~2019年は二度目のUターンラッシュが 1月7日(日)頃にやってくる可能性もありますよね。 ちなみに、JR各社から発表された発表によると 例年の混雑状況は下記の様になっています。 年末年始の新幹線の予約状況はこちらから確認できます! 一日一回更新されています。 自由席の混雑状況 この様に、年末年始は沢山の人が新幹線を利用しますよね。 「指定席がもうないから自由席なんてもう座れるはずがない」 「立って乗るのは当たり前」という風に思っている方も多いと思います。 毎年、年末年始は 乗車率が100%を超える事は当たり前になってきていますよね。 混雑のピークが重なった場合は、 乗車率180%なんてこともありますもんね。。。 自由席の混雑状況はいつもどんな感じになっているかというと・・・ 東京駅は大混雑ですね。 仕事納めで帰省される方も多いと思いますが、気をつけてお帰りください。 お車の皆様も安全運転で、宜しくお願い致します。 あまり知られていないので、1~3号車に並ぶ際には、 少しでも座席が多い2号車がお勧めです! 他の車両に乗る時にも、なるべく偶数車両を選ぶとよいですよ。 そこを、あえての 「ひかり」を選ぶ事で、時間はかかりますが自由席に座れる率は上がります。 更に、時間的余裕がある方は 「こだま」を利用すると、もっと空いている可能性は上がります。 山陽新幹線でも以下の日程にて臨時便が運行されます。 まとめ 今回は、山陽新幹線|正月2019のUターンラッシュピークや自由席の混雑状況 という事でお届けしてきました。 今年2018年~2019年の年末年始は、カレンダー的にもUターンラッシュが 二分化すると少しでも混雑が減ってよいのですが・・・。 ちなみに、指定席の発売日は 利用する列車が始発駅を発車する日の1カ月前 午前10時 から予約が可能ですので、 出来るならば早めに指定席を予約して確実に座れるのが望ましいですよね! 少しでも快適に年末年始の帰省を乗り切る事ができますように!! 今回も最後までご覧いただきありがとうございました。 また別の扉でお会いしましょう。

次の