保護 子猫。 野良猫を捕獲する前に知っておきたい注意点と子猫の保護方法

悲しそうな子猫に手を差し伸べると一瞬でご機嫌になりはしゃぎだす。家の中で迷子になった子猫のミコちゃん。【赤ちゃん猫】【保護猫】

保護 子猫

【目次】• 野良猫を捕獲する前に確認することは? 野良猫を保護するためには、まず、捕獲しなければいけません。 その際に注意すること、考えるべき大切なことがあります。 <保護が必要な場合> ・怪我や病気をしている ・明らかに餌が取れていない状態である ・親猫がいない子猫など、命の危険がある ・近隣の住民から苦情などがあり、保健所に捕獲されるような状況である など <保護が必要でない場合> ・外飼いの猫である ・地域猫など、すでに面倒を見られている猫である ・野生で生きていける状態である ・母猫が側で面倒を見ている子猫 など 他には、とても交通量が多い地域であるとか、大きな工事が始まる場所だとかいった時にも、そこに住んでいる野良猫を保護してあげるべき場合があります。 また、とても痩せて弱っているような状態であれば、さらに餌を取ることが大変だと考えられますので、助けてあげなければ衰弱してしまうでしょう。 野良猫の命にかかわるような状態であれば、出来る限り早く保護してあげることが、猫を救うことになります。 捨てられたばかりで、鳴いて助けを求めていて自力で生きていけそうにない、という猫もいるかも知れませんね。 また、元気な野良猫でも、近くに住んでいる人たちの猫を駆除しようという働きがあれば、それも猫の命にかかわります。 出来る限り早く保護することで、その後に飼い猫となって生きていく未来が開けることになります。 野良猫が暮らしている場所に自然が多く、また近隣の住民の方々が、野良猫を地域猫として受け入れてくれている場合には、急に保護する必要はないと考えられます。 もともと野生の野良猫でも、適切な環境があれば猫は生きていけます。 そして人間が野良猫に過剰に介入せず、餌をあげてくれて好意的に見ている場合なども、あえて保護する必要がない時もあります。 町ぐるみで野良猫を管理し、地域猫として面倒を見てくれているところなどは、野良猫と人間が共存出来ているところです。 子猫のうちは、母猫からお乳をもらい、きょうだいと暮らしていたほうが命の危険が少ない場合が多いものです。 時間が許す状況であれば、子猫が自分で餌を食べられるほどに育つまで見守る、または母猫と一緒に保護する、といった方法があります。 そのためには、餌をあげるということが最も効果的です。 猫が現れる場所に餌を置いて、食べるのを待ちます。 この時、出来るだけ同じ時間にあげるようにして、人間の姿も認識してもらいます。 食べている間にも側で見ているようにして、人間に慣れてもらうようにしていきましょう。 野良猫の方が懐いてくれれば、触ることも出来るようになり、捕獲がより簡単になりますので、焦らないことが肝心です。 捕獲器は、野良猫が中に入ると、扉が閉まるといった構造になっているものです。 猫が傷つかないような安全なもので、猫を捕獲するということは絶対です。 動物病院や保健所、動物愛護センターなどで貸し出してくれる場合もあります。 野良猫は警戒心も持っていますので、なかなか近づくことも難しい傾向にあります。 そこで、今回は野良猫の保護や捕獲のしかた、今後飼い猫として一緒に暮らす時に知っておきたいポイントについてまとめていきます。 生まれつきの野良猫は、なかなか人に懐くことはありません。 さらに怖がらせるような行動を取ると、人間は怖いものと認識してしまい、保護することがますます難しくなってしまいます。 保護した後に猫を飼いたいという場合には、信頼関係を築くためにも、猫を怖がらせないことや傷つけないことはとても大切です。 野良猫に引っかかれたり噛まれたりした場合、傷口から感染症になる場合もあります。 軍手などの手袋をし、引っかかれないように長袖と長ズボンという格好で、野良猫を捕獲しましょう。 野良猫の健康状態をチェックしてもらうためです。 多頭飼いの場合、他の猫に感染症などがうつる場合もありますので、ノミやダニを駆除し、病気にかかっていないかを確認してから家に連れて帰るようにしましょう。 子猫を保護した場合は? 子猫は成猫よりも免疫力が低く、小さな変化や病気が命取りとなる場合も少なくありません。 子猫を保護した場合は、以下のような対処をとりましょう。 子猫は、体温が下がるとすぐに健康状態を崩してしまう可能性があります。 子猫の体をタオルなどでそっと包み、段ボールなどの箱に入れます。 可能であればペットボトルにお湯を入れて湯たんぽをつくったり、冬であればカイロをタオルで包んだりして、子猫のそばに置きましょう。 この時、やけどしないように必ずペットボトルをタオルで包んで、長時間、子猫の肌に触れることのないように気をつけてください。 カイロを下に敷く場合には、その上に必ずタオルも敷いて、熱すぎないよう調整しましょう。 そこで、健康状態を見てもらって、治療が必要かどうか、今後家に連れて帰っても良いかなどを確認しましょう。 子猫を保護した場合には、成猫を保護した時よりもずっと注意して、体調管理をしてあげる必要があります。 ノミやダニがいるかも知れませんし、外からは見えないお腹にも寄生虫がいるかも知れません。 また、何か病気にかかっているかも知れません。 さらに、子猫が小さいと、まだミルクが必要なのか、離乳食をあげても良いのかを判断することが難しいのです。 自分で排泄が出来ない子猫の場合には、濡れティッシュなどで刺激して排尿させるなどのお世話も数時間おきに必要になります。 獣医さんで子猫が生後どのくらいかを判断してもらって、どのような餌をあげたら良いか、どのような世話をしたら良いかもアドバイスして貰ってください。 子猫は、体調も不安定で、少しのことで病気になることもあります。 保護した後にはしばらく気を抜かないで、環境や食事に慣れるまでしっかりお世話をしてあげてください。 体が最も大きくなる大事な時期だからこそ、栄養バランスが取れたご飯を与えてあげたいですね。 「授乳期」「離乳期」は子猫にとって特に大切な時。 そんな時、お母さん猫から離れてしまった子猫には私たち人間がお母さん猫のように、ミルクやご飯を与える方法をまとめてみました。 それは、野良猫を保護したあと、 猫の命に対して最後まで責任を持てる状況かどうかということです。 保護した後に家で一生飼っていける、もし自分が飼えなくても、他にちゃんとした里親さんを見つけてあげられる、といったことが出来る必要があります。 もし野良猫の命が危険な状態で、どうしてもその場は保護しなければならない時もあるでしょう。 その場合は、保護した後には責任を持ち、自分で飼うか、しっかりした他の飼い主さんを見つけてあげることが出来てこそ、猫の命を救ったと言えます。 野良猫の保護という意味だけではなく、猫を飼うということそのものにも言えることですね。 その場合でも、諦めないで根気よく野良猫と接して、信頼関係を築いて行く覚悟も必要です。 最初は威嚇して、逃げようとすることが考えられますので、脱走しないようにケージに入れて、戸締りもしっかりしておきます。 危害を加えないということをわかってもらうために、毎日話しかけ、少しずつ手から餌をあげたりしましょう。 野良猫から飼い猫になれるように、数ヶ月以上はかかると思って、焦らずに接していくことが大切です。 野良猫を保護した時のまとめ 野良猫を保護しようと思う場合には、猫が好きで、猫の命を大切に思う心からの行動でしょう。 ただ、野良猫を保護するということは、一生の面倒をみるということと同じです。 たとえ飼えなくても、その後の命に責任を持つということになります。 特に子猫の場合には、命が続くかどうかは、助けた人の行動次第となります。 野良猫が人に慣れるまでには、ペットショップやブリーダーさんから譲り受ける猫とは違い、大変な時も多い可能性があります。 動物病院に通ったり、必要なワクチンを打ったり、お金が多くかかることもあるでしょう。 その時にやっぱり飼えないとなって、猫を手放したり、処分したりすることになれば、保護した意味がありません。 猫が快適に生きていける環境をつくる行動力と、ずっと飼い続けられるといった覚悟を持って、野良猫を保護してください。 — おすすめ記事 —.

次の

保護した瞬間、子猫に一目惚れした夫婦。保護施設に預けたものの子猫のことが気になり過ぎて、ついに家族の一員に!

保護 子猫

子猫を保護して4日目で嘔吐。 木曜日の朝保護し、幼猫の液体ミルクを与えました。 夜にはウエットフードもあげてみるとすぐに食べはじめました。 金曜日までは便もなかったのですが、土曜日に初めての便をしました。 日曜日の今日、5回も便がでました。 下痢ではないとおもうんですが、ペースト状だと思います。 朝、昼はご飯も食べましたが、夕方は全く食べずに、その後嘔吐しました。 ウエットフードと白いクリームのようなものでした。 ウエットフードはドライと混ぜて、1日あたりパウチの半分が目安ですが、水でふやかしたドライフードのところだけ残します。 なので今日はドライは混ぜていません。 便の回数が多いのと、昼ごはんの後食べていない事、嘔吐した事が心配です。 補足野良猫の子猫です。 金曜日に病院へ行きました。 元気もあり、異常は見当たらないとの事です。 生後6週間程で、400gでした。 検温、便検査、首に付けるノミ避けをしました。

次の

保護した瞬間、子猫に一目惚れした夫婦。保護施設に預けたものの子猫のことが気になり過ぎて、ついに家族の一員に!

保護 子猫

なつうりさんの元では保護猫のうりしゃんと柴犬のなつさんが一緒に生活していますが、ここ最近の繁殖期に生まれた子猫たちを預かる日が続いています。 そんななつうりさんに手渡された、小さな命のバトンふたつ。 この子達は下痢が原因で弱ってしまい、急遽受け入れを打診された子たち。 それまでに預かっていた子の中で、元気になった2匹にワクチン接種をして他の預かりボランティアさんに託し、受け入れたのが眼鏡くんとコンタクトちゃんという名前が付けられた兄妹。 眼鏡くんはサバトラっぽい柄、コンタクトちゃんは白に薄茶色の縞模様が入っています。 コンタクトちゃんはケージから頭をねじ込みそうな勢いでよじよじとし、隣に来た眼鏡くんを片手で張り倒さんばかりの勢い。 眼鏡くんも負けじとばかりにケージによじ登ろうと必死。 勢いあまってコロンと転げてしまう辺りはご愛敬。 先に保護されていたお兄ちゃん猫がケージから少し離れたところでご飯を食べていた事もあって、お腹の調子の心配は残ってはいたものの元気復活!お兄ちゃん猫が食べているのを見て、「お腹すいたー!」の大合唱状態だったようです。 この後、無事にご飯にありつく事ができた2匹。 そんな子猫たちを見ていた人たちからは、「もう元気になったーってアピールしている」「すごい勢い!可愛い」と目を細めている人が続々。 そして、「たくさん食べてモリモリ育ってね」といった子猫へのメッセージもたくさん寄せられています。 実は眼鏡くんとコンタクトちゃんのほかに、もう1匹兄弟がいたのですが、衰弱が激しかったらしく、なつうりさんが引き受けに行った時にはもう遅かったのだそう……。 そのきょうだいの分まで、しっかり育って、優しい飼い主さんのところに引き取られていくといいな、と思わずにはいられません。 この後、元気になってある程度育ったところで、この子達は保健所で引き取り手を待つ事になるようです。 なつうりさんは、「地域で野良猫の子猫の保護と保健所に収容された、生まれて直ぐの、へその緒の着いた子から生後2か月の弱っている子を専門に育てて、元気にして保健所に戻したり、私のところから里親さんにお渡ししています」と、新生児から弱っている月例の低い子猫を預かって元気にしています。 動物には保険がきかないので、獣医さんにお世話になる事も多い分、出費もかさみます。 しかし、なつうりさんの献身的な保護活動に賛同している人たちからの支援もあり、今もこうして大変な子猫たちを保護し、元気になるまで預かる事ができています。 元気になった子たちは、引き取りたいと申し出た人へ渡ったり、再度保健所に戻って里親を待つのだそう。 現在はコロナ禍の時勢もあり、なかなか譲渡会を開く事ができないこの頃。 今いる子猫たちは保健所での里親募集とともに、なつうりさんが直接里親さんになりたいという人とコンタクトを取って引き取ってもらう事もしばしば。 子どもの可愛い盛りってすぐに過ぎてしまいますが、猫も犬も大きくなってからでも可愛いものです。 命を救われてきた尊い命が、いつまでも幸せに天寿を全うできるまで暮らせる事を切に願う、拾った子猫たちの母である筆者は思うのでした。

次の