車中泊電気毛布。 ニトリの電気毛布が超おすすめ!安いし洗えるし電気代も僅かでかなり優秀

【車中泊】電気毛布・冷蔵庫も使えるおすすめコンセント セルスター/インバーター HG

車中泊電気毛布

1A) と3つの出力タイプがあって、 さらにシガーライターメスソケットが プレゼントでついてくる! シガーソケットで充電できるカー用品を 充電することもできますよ。 USBではスマホやパソコン、USBで 充電できるタイプの電気製品を 充電できるとして、 DC出力、AC出力の違いとは? これは普段シガーソケットから 充電できるものはDC出力で充電でき、 家庭用電気製品はAC出力で使うもの。 つまり ポータブル電源suaoki s270には 消費電力100Wまでの 電化製品の コンセントが 直接つなげられて便利。 76 つまり3時間弱使えるはずですが、 55Wで使い続けた場合、 実際の連続使用可能時間は 2時間弱。 わたしの使いたい毛布も 3段階の強度調整ができるので 中程度で使えば同じくらいは使えそう。 結論、一晩中使いたい真冬の 車中泊用とは言わないまでも、 2-4時間使う前提なら大丈夫そうです。 注意点は、 AC電源で使うときは 電源でファンが回る音がする、ということ。 また 一晩中使いたいとか、 消費電力80Wの電気毛布を使うなら、 これより容量の大きい電源を 用意したほうがいいでしょう。 suaoki s270の充電方法は3種類 ポータブル電源はすぐ電気がなくなりそう これ、一番気になる点ですよね。 suaoki s270なら、 家庭で 普通に充電できるACアダプタ、 車で充電できるDCアダプタの他に、 ソーラー充電ができる、という点が心強いです。 ソーラーチャージャーは 別売りです。 (接続用のケーブルは本体に付いています。 問題なく使えた。 毎日100km以上走っていて、使うときに満タンでなかったことはなかった。 天気のいい日の午後5時間程度で、充電半分くらいから満充電できた。 ただ、ソーラーパネルの角度調整は必須で、スマホの照度計アプリで最も高いルクスになる方向に調整してうまくいきました。 今回ソーラーパネルとセットで購入しましたが、コンパクトなのに凄い容量。 試しにソーラーパネルで充電しながら携帯充電、LEDランタン充電、そしてACの家庭用扇風機を回して3時間位は楽に回ってました。 ソーラーも曇り空でも充電機能があるので、安心感があります。 60Wのソーラーパネルではフル充電させるのに、晴天時に丸1日かかりました。 もう少し充電効率がよければな… ソーラーパネルは曇りでも、窓際でもいつも電源が入るとまではなりませんが、使えました。 ソーラーは、折りたたみ式60Wで十分かと。 電源がない場所でも確実に充電できるという点で、 この目的では使いたくはないですが、 電気が使えなくなる、いざというときの備えとしても 安心のスペック。 その他の使用感としても、 満充電から、 扇風機が8時間くらい回せた。 というものもありましたよ。 コンパクトで比較的低容量ながら、 入力や出力の方式が豊富な ポータブル電源suaoki s270。 外出時や車中泊で使う電気毛布や 扇風機だけでなく、いざというときの 備えとしても安心スペック。 とりあえずいろんなものに使えるものがいい、 はじめてのポータブル電源としても これはおすすめです。

次の

【備忘録】車中泊での暖房対策│アウトドアとか、やってます。

車中泊電気毛布

1A) と3つの出力タイプがあって、 さらにシガーライターメスソケットが プレゼントでついてくる! シガーソケットで充電できるカー用品を 充電することもできますよ。 USBではスマホやパソコン、USBで 充電できるタイプの電気製品を 充電できるとして、 DC出力、AC出力の違いとは? これは普段シガーソケットから 充電できるものはDC出力で充電でき、 家庭用電気製品はAC出力で使うもの。 つまり ポータブル電源suaoki s270には 消費電力100Wまでの 電化製品の コンセントが 直接つなげられて便利。 76 つまり3時間弱使えるはずですが、 55Wで使い続けた場合、 実際の連続使用可能時間は 2時間弱。 わたしの使いたい毛布も 3段階の強度調整ができるので 中程度で使えば同じくらいは使えそう。 結論、一晩中使いたい真冬の 車中泊用とは言わないまでも、 2-4時間使う前提なら大丈夫そうです。 注意点は、 AC電源で使うときは 電源でファンが回る音がする、ということ。 また 一晩中使いたいとか、 消費電力80Wの電気毛布を使うなら、 これより容量の大きい電源を 用意したほうがいいでしょう。 suaoki s270の充電方法は3種類 ポータブル電源はすぐ電気がなくなりそう これ、一番気になる点ですよね。 suaoki s270なら、 家庭で 普通に充電できるACアダプタ、 車で充電できるDCアダプタの他に、 ソーラー充電ができる、という点が心強いです。 ソーラーチャージャーは 別売りです。 (接続用のケーブルは本体に付いています。 問題なく使えた。 毎日100km以上走っていて、使うときに満タンでなかったことはなかった。 天気のいい日の午後5時間程度で、充電半分くらいから満充電できた。 ただ、ソーラーパネルの角度調整は必須で、スマホの照度計アプリで最も高いルクスになる方向に調整してうまくいきました。 今回ソーラーパネルとセットで購入しましたが、コンパクトなのに凄い容量。 試しにソーラーパネルで充電しながら携帯充電、LEDランタン充電、そしてACの家庭用扇風機を回して3時間位は楽に回ってました。 ソーラーも曇り空でも充電機能があるので、安心感があります。 60Wのソーラーパネルではフル充電させるのに、晴天時に丸1日かかりました。 もう少し充電効率がよければな… ソーラーパネルは曇りでも、窓際でもいつも電源が入るとまではなりませんが、使えました。 ソーラーは、折りたたみ式60Wで十分かと。 電源がない場所でも確実に充電できるという点で、 この目的では使いたくはないですが、 電気が使えなくなる、いざというときの備えとしても 安心のスペック。 その他の使用感としても、 満充電から、 扇風機が8時間くらい回せた。 というものもありましたよ。 コンパクトで比較的低容量ながら、 入力や出力の方式が豊富な ポータブル電源suaoki s270。 外出時や車中泊で使う電気毛布や 扇風機だけでなく、いざというときの 備えとしても安心スペック。 とりあえずいろんなものに使えるものがいい、 はじめてのポータブル電源としても これはおすすめです。

次の

車中泊に使う電気毛布についての質問です。今年から車中泊をはじめま...

車中泊電気毛布

先日、ニトリに冬用品を買いに出かけたとき、前々から気になっていた 「電気毛布」を購入しました。 私は超絶な寒がりなので冬は出来るだけ部屋を暖かくしたいのですが、気になるのが 電気代。。。 やっぱり春や秋は電気代も4千円程度なのですが、冬になると1万円を超えちゃいます。 なんとか上手く電気代を節約できないかなー?と考えていると、ホットカーペットにたどり着きました。 調べてみると、ホットカーペットの電気代が1時間あたり 約7円前後。 まぁそんなもんかなと思っていた矢先、「電気毛布」なるものを発見。 早速ニトリのHPで見てみると、電気毛布の 電気代は1時間あたり0. 4円!!! 「え!!!そんなに安いの!?」 と驚いたと同時に、商品そのものの価格も 3,695円(税別)。 ニトリの電気毛布は電気代が安い ニトリの店舗に行ってみると、季節用品のところに電気毛布がありました。 ニトリの吸湿発熱 「Nウォーム」を採用した電気敷毛布です。 こんな感じで丸めてケースカバーの中に入っています。 価格は3,695円(税別)。 サイズは130cm x 80cm。 電気毛布は初めての経験だったので、とりあえずニトリでデビューしようと購入しました。 パッケージはこんな感じ。 広げるとこれくらいです。 ダニ退治機能が付いていて、 手洗いも可能。 電気代はなんと1時間あたり 0. コントローラーで弱~強まで 無段階に温度調節が可能です。 強にした場合の電気代は1時間あたり 0. それでもホットカーペットに比べると各段に安いですよね。 温度を強まで最大にすることで、ダニ退治ができるようですね。 消費電力は約13~27W。 これはかなり省エネですね。 電気代がこれだけ安いのも納得です。 電気毛布はホットカーペットの代わりになるのか? ではさっそくコンセントにつないで電源を入れてみましょう。 裏表がありますので、ふわふわした毛布生地の方が表になるようにしましょう。 スイッチを強にしてから約3分くらいでほんのり暖かくなってきます。 さらに数分たつとしっかり暖かく感じられるようになってきますが、、、 「あれ。。 ?」 確かに暖かいのですが、ホットカーペットのような温度には達していません。 手足にじわぁ~っと熱を感じる程度です。 念のため、上に毛布をかぶせてもうしばらく待ってみました。 毛布の間に足を入れてみると、、、 暖かい! 毛布をかぶせた場合は、内部に熱がキープされてしっかりと暖かさを感じくらいになりました。 しかし、それでもホットカーペットのようなレベルではありません。 感覚的には、 「1時間くらい毛布の中で丸まっていたときの内部の温度」みたいなイメージです。 ちょっと伝わりにくいでしょうか。。。 よくよく考えてみると、これはあくまでも「電気敷毛布」。 つまり寝るときに使う事を想定して作られています。 寝るときに敷毛布がホットカーペットのように熱くなったら寝苦しいですよね。 ほんのり暖かくなるくらいが睡眠時にはベストということでしょう。 ということで、電気敷毛布を本格的なホットカーペットの代わりとして使うのは ちょっと難しそうでした。 ただ、普通にリビングに敷いて足元を気持ちよくする暖房器具としては、十分だと思います。 また私はソファでうたた寝することが多いので、ソファに敷いても使っています。 上から毛布を掛けて寝るのが最高に気持ちいいんですよ。。。 あくまで「電気敷毛布」なので、掛け毛布としてはちょっと使いにくいと思います。 キャンプや車中泊で活躍しそう ホットカーペットレベルの熱量はないものの、 キャンプや車中泊といった環境では活用の幅が広がります。 春や秋にキャンプをする場合、テント内はかなり冷えますから暖房器具をフル活用することになると思います。 しかし、キャンプサイトによっては使用できる 電気の容量が制限されていて、あまり消費電力の大きい家電は使えません。 多くの場合、1000W(ワット)と定められているキャンプ場が多いようです。 でも、この 電気毛布の消費電力はとても低いんです。 ニトリの電気毛布の場合、消費電力は約13~27W。 めちゃくちゃ省エネです。 これなら消費電力の制限をあまり気にすることなく、他の暖房器具と合わせて使いやすいでしょう。 また、車中泊などでは ポータブル電源が使われることが多いと思われますが、もちろんこれも容量が決まっています。 色々な電気製品などに使用していると、あっという間に容量が空になってしまいます。 そんな場合にも、消費電力の小さい電気毛布は優れもの。 中でもニトリのものは省エネなので、 長時間の使用も可能です。 店舗では1種類、ネットでは3種類 ニトリの店頭では、電気毛布は上に紹介した1種類しか売られていないようでした。 しかし、ネットのほうを見てみると、この電気毛布以外にも種類があります。 一番左のものが、今回紹介したもの。 真ん中と右のものはネット限定と書かれています。 実際に使って比べていないので何とも言いにくいですが、真ん中のものはNウォームではありません。 サイズは左のものと同じですが、生地そのものの吸湿発熱効果は無しと考えて良さそうです。 一番左のものがニトリの電気毛布の中では最高級のものですね。 敷毛布としてだけでなく、掛け毛布としても利用可能で、サイズも188cm x 130cmと大きいです。 これだけ大きいサイズの電気毛布で、しかも掛け毛布であれば体全体を包むことが出来ますよね。 消費電力も約75ワットにまで大きくなるので、今回紹介したものよりもかなり暖かいでしょう。 ですがやはりお値段もそれなりに高くなっちゃいます。 まぁニトリのネット通販は7000円以上で送料無料になるので、単品で買っても送料の負担はありません。

次の