ほうれん草 カロリー。 食べれば痩せる?ほうれん草のカロリー・栄養とダイエット効果!

ほうれん草の気になるカロリーは?栄養と糖質もチェック! | ガジェット通信 GetNews

ほうれん草 カロリー

ほうれん草は緑黄色野菜の代表ともいえるものです。 そのため使われる機会も多い野菜ですが、カロリーをはじめとして知らないことも多い野菜ではないでしょうか?本記事では意外と知らないほうれん草のカロリーや栄養、糖質量についてご紹介します。 ほうれん草のカロリーはどれくらい?栄養と糖質量も知りたい! ほうれん草は「毎日のように料理に使っている」という家庭も多い、緑黄色野菜の代表格です。 そんなほうれん草ですが、カロリーや栄養価、糖質量といった成分については、よく知らないという方も多いのではないでしょうか? ほうれん草は低カロリーで低糖質な健康野菜です。 しかし、ほうれん草は体に害のあるシュウ酸を含むため、先に下茹ですることも多いことでしょう。 それではせっかくの栄養を大量に失ってしまいます。 シュウ酸は量さえ採り過ぎなければ大丈夫なため、ほうれん草は茹でずに使いたい野菜です。 ほうれん草のカロリーをはじめ、その優れた栄養や気になる糖質量まで、詳しくご紹介します。 ほうれん草の特徴や種類 普段は何気なく買っているほうれん草にも、さまざまな種類があります。 種類ごとに特徴も異なるので、知っておいて損はありません。 ではほうれん草にはどのような種類があるのでしょうか?代表的な品種をみていってみましょう。 東洋種 葉には深い切れ込みがあり、ギザギザしています。 葉は薄く根元は紅色をしていて、柔らかく甘みが強いのが特徴です。 おひたしなどのシンプルな調理に向いていますが、日持ちしない難点があります。 西洋種 葉の切れ込みがほとんどなく、丸みを帯びた厚めの葉をしています。 アクが強いため、油で炒めるなどの高温調理向きで、東洋種よりも日持ちするのが特徴です。 一代雑種 市場に出回っているものの大半を占める、東洋種と西洋種の交配種です。 東洋種の味の良さと、西洋種の病害虫への耐性の高さを引き継いでいます。 三角形の形をした葉が特徴の「剣葉系」と、切れ込みがほとんどない葉が特徴の「丸葉系」にわかれます。 寒じめちぢみほうれん草 冬の寒い時期だけ栽培される品種で、主に関東が中心になって出回っています。 葉は寒さに対抗するためちぢれていて、甘みが強く糖度が高いのが特徴です。 アクが少なく、素材の味を活かせるおひたしなどの料理に向いています。 赤茎ほうれん草 名前を見て分かるように、茎だけ赤紫色の生食用の品種です。 アクが少なくサラダなどの彩りにぴったりで、若採りしてベビーリーフとしても出回っています。 サラダほうれん草 その名のとおりサラダなどの生食用に、アクが少なく改良された品種です。 葉が柔らかくて茎も細く、そのまま食べるのに適しています。 ほうれん草のカロリー ほうれん草は野菜なので、カロリーの低い食品であることは予想できます。 では実際のカロリーはどれくらいなのでしょうか? ほうれん草の可食部100gあたりのカロリー 生では20kcal、茹ででは25kcalです。 ただし油炒めにすると、一気に99kcalまで跳ね上がります。 ほうれん草のカロリーそのものは低いですが、調理方法でカロリーが全く異なるため、他の料理との組み合わせを考えることも必要です。 ほうれん草の栄養とは ほうれん草は緑黄色野菜の中でも栄養価の高い野菜として知られています。 では実際にどのような栄養を含んでいるのでしょうか?主な栄養素をご紹介します。 抗酸化作用も高く、免疫を高め、目の健康維持にもかかわることから、積極的に摂りたい栄養素です。 旬である冬に収穫されたほうれん草は、夏物より約2倍多く含んでいるとの報告もあります。 ビタミンC・E 抗酸化ビタミンの代表格で、体の酸化による老化を予防してくれる効果があるといわれるビタミンです。 また、ビタミンCはコラーゲンの生成に関与し、肌の若返り効果を期待できるだけでなく、鉄分の吸収も助けます。 ビタミンEは血中のコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化などの成人病予防が期待できる栄養素です。 ビタミンCも冬に収穫されたものの方が多く、夏物の3倍になるといわれています。 ビタミンK 骨のたんぱく質に作用して、骨を強化する効果があるといわれるビタミンです。 血管が切れた際の止血にも関与するビタミンのため、体に欠かせないビタミンといえます。 鉄 ほうれん草には豊富な鉄分も含まれています。 赤血球に多く含まれ、全身に酸素を送り届けるのに欠かせません。 不足すると鉄欠乏性貧血になったり、女性の場合には月経前後の体調不良の原因になるという報告もあります。 ほうれん草はビタミンCも豊富に含むことから、吸収率がよい点でもおすすめです。 カルシウム・マグネシウム・リン・マンガン ほうれん草に多く含まれるミネラルで、どれも丈夫な骨づくりには欠かせません。 特に根元の赤い部分には鉄分と共にマンガンが豊富に含まれているため、捨てずに全て食べましょう。 ほうれん草には糖質はどれくらい? ほうれん草に含まれる糖質量もみてみましょう。 ほうれん草の可食部100gあたりの糖質量はどれくらいでしょうか? ほうれん草の糖質量 生で0. 3g、茹でて0. 4g、炒めて0. 5gです。 ほうれん草は特に根の部分などはほんのりと甘く感じますが、糖質量でみると非常に少ないことがわかります。 おわりに ほうれん草はカロリーも低く、栄養価も高い優れた緑黄色野菜です。 糖質量も少ないため、カロリーやあわせる食材に注意すれば、さまざまな調理法で楽しめます。 特に冬の旬の時期には栄養価が高くなるため、積極的に食卓に取り入れてください!.

次の

ほうれん草

ほうれん草 カロリー

ほうれん草1束でおよそ200g ほうれん草のカロリー・栄養をご紹介する前に、ほうれん草の1束あたりの重量をご紹介します。 スーパーなどで販売されてるほうれん草は、1束(1袋)はおよそ200gとなります。 カロリー・栄養については100gあたりの含有量をご紹介しているので、100g=0. 5束を目安にして読んでみてください。 ほうれん草のカロリー・栄養 ほうれん草は、低カロリーでビタミン・ミネラル・食物繊維が多く含まれています。 中でも、ビタミンA・E・K・C、葉酸、カリウム・マグネシウム・鉄・が多く含まれているのが特徴です。 ほうれん草のカロリー・栄養素について、栄養成分表を元に、詳しくご紹介します。 ほうれん草の栄養成分表 低カロリー ほうれん草のカロリーは、100gあたり20kcal。 とても低カロリーになっています。 食物繊維 ほうれん草の食物繊維は、100gあたり2. その中で不溶性食物繊維は、2. 1gになっています。 ほうれん草100g食べることで、1日必要量の50%を摂取できることになります。 ビタミンE ビタミンEは、脂溶性ビタミンで、抗酸化作用の働きを持つ栄養成分です。 ほうれん草には、2. 1mg。 1日に必要量のおよそ30%を摂取することができます。 ビタミンK ビタミンKは脂溶性ビタミンで、血液凝固作用(出血を止める働き)や骨の形成に関わる栄養成分です。 ビタミンC ビタミンCは、水溶性ビタミンで、コラーゲンの生成に関わる栄養素です。 また抗酸化作用の働きもあります。 ほうれん草100gあたりで35mg。 1日の必要量のおよそ30%に当たります。 ただし、季節により含有量に差があり、夏採り20mgと少なく、冬採りのものは60mg多くなっています。 葉酸 葉酸は、水溶性ビタミンで、代謝に関連知る働きをする他、妊娠期には重要な栄養素のひとつ。 葉酸は、ほうれん草から発見された栄養素であるため、名前の由来にも関係しています。 カリウム カリウムは、血圧や筋肉の収縮に関係する栄養素。 そして、ナトリウムと深い関係のある栄養素。 ナトリウムのとり過ぎると、むくみや高血圧になります。 カリウムを摂取することでナトリウムを体外に排出してくれます。 ほうれん草には、100gあたり690mg含まれていて、1日の必要量のおよそ25%にあたります。 マグネシウム マグネシウムは、体内の300種類もの酵素の働きを助ける役割を持ち、代謝に大きく関わる栄養素になります。 ほうれん草100gに69mg含まれていて、1日の必要量のおよそ25%にあたります。 鉄 貧血予防やエネルギー代謝に関わる鉄分。 女性は不足しがちな鉄分。 ほうれん草には、100gあたり2. 0mg含まれています。 ほうれん草に期待できる効果 抗酸化作用・免疫力を高める ビタミンA・E・Cには、共に抗酸化作用や免疫力を高める働きを持つビタミンです。 ほうれん草には、これらのビタミンが多く含まれているため、抗酸化作用が期待できる食べ物です。 美肌効果 ビタミンAは、皮膚の健康に関わる栄養素。 貧血予防 ほうれん草には貧血予防に必要な鉄分や葉酸が多く含まれています。 また、鉄分の吸収を高めるビタミンCも多く含まれていることも、貧血予防が期待できる理由です。 便秘改善 ほうれん草に多く含まれる不溶性食物繊維は、腸内で水分を吸収し、便のカサを増やす働きをします。 そのため、腸を刺激し排便を促すことが期待できます。 むくみ・冷え改善 ビタミンEには、血流促進の働きがあります。 また、カリウムは、むくみの原因であるナトリウムを体外に排出する働きがあるため、むくみ改善による冷えの改善をサポートしてくれます。 ほうれん草のチラコイドでダイエットサポート? ほうれん草から抽出されたチラコイドという成分が、食欲抑制効果の可能性があるとしてダイエットサポート成分として注目されてます。 そのため、ほうれん草を食べることで、ダイエットできるのでは?と思われる人もいます。 しかし、 ほうれん草をそのまま食べるだけでは、チラコイドは吸収されないようです。 ほうれん草にはビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な食べ物なので、ダイエット目的で栄養バランスを整えるためには、積極的に食べたい野菜です。 しかし、チラコイドによるダイエット効果は難しいようです。 そのため、普段の食事に気をつけながら、チラコイドを抽出したサプリメントを使用することをオススメします。 以下の動画は、肥満治療の専門医、佐藤佳子医師がチラロイドについてご紹介しています。 動画内では、日本で正式にチラコイドサプリメントの販売はされていないと説明されていますが、 現在日本で一部のものだけ販売権が許されています。 こちらが、特許を持つアペシル社のチラコイドを使用し日本で販売されているものです。 チラコイドだけでなく、1日に必要なビタミン、108種類の植物酵素が配合されています。 シュウ酸は鉄・カルシウムの吸収を妨げる ほうれん草のアクは、シュウ酸という成分になっています。 シュウ酸は、鉄・カルシウムの吸収を妨げると言われています。 そのため、ほうれん草を食べる時は、アク抜きのために、下茹でをしましょう。 茹ですぎるとビタミンCが減ってしまう アク抜きのために、下茹でをオススメしましたが、茹ですぎると、水溶性ビタミンであるビタミンCが流れ出てしまいます。 下茹では、葉先20秒、根元は30秒程度を目安にしましょう。 生で食べるならサラダほうれん草がオススメ シュウ酸はえぐ味、苦味があるため、ほうれん草を生で食べると、美味しく食べられないという声があります。 その場合は、サラダ用ほうれん草がオススメです。 サラダほうれん草は、品種改良によりシュウ酸が少なくなっています。 非ヘム鉄の摂取にはビタミンCと動物性たんぱく質 鉄には、ヘム鉄と非ヘム鉄があります。 ヘツ鉄は、動物性食品(魚介類・肉類)。 非ヘム鉄は植物性食品に含まれています。 非ヘム鉄は、ヘム鉄よりも吸収率が低く、ほうれん草は5%以下となっています。 ただし、 他の栄養素との組み合わせで吸収率を高めることが可能です。 それは、ビタミンCと動物性たんぱく質。 鉄を効率的に摂取したい場合は、栄養素の組み合わせも意識しましょう。 美肌効果を高めるなら油と一緒に 抗酸化作用を持つビタミンA・Eは脂溶性ビタミン。 脂溶性ビタミンは油と一緒に摂取することで吸収率が高まります。 そのため、アンチエイジング効果・美肌効果のためには、油と一緒に食べると良いでしょう。 まとめ いかがでしたか?ほうれん草は、ビタミン・ミネラル・食物繊維が多く含まれている野菜のひとつです。 栄養をバランスよく摂ることは、ダイエット・美容には必要なこと。 そのため、ダイエット時には積極的に食べたほうが良い食材です。 そして、目的に合わせ、調理法に工夫すると良いでしょう。 ほうれん草に含まれているチラコイドは、ほうれん草をそのまま食べても、吸収は難しいため、サプリメントを利用する必要があります。 \ SNSでシェアしよう! / 美ダイエッ子ちゃんの 注目記事を受け取ろう•

次の

ほうれん草のカロリー − 簡単!栄養andカロリー計算

ほうれん草 カロリー

栄養素 含有量 単位 カロリー 20 kcal たんぱく質 2. 2 g 脂質 0. 4 g 炭水化物 3. 11 mg ビタミンB2 0. 20 mg ナイアシン 0. 6 mg ビタミンB6 0. 20 mg ビオチン 2. 0 mg 亜鉛 0. 7 mg 銅 0. 11 mg マンガン 0. 32 mg (他の食品と比較して多めに含まれている成分は太字で表示してます。

次の