ぬらりひょん の 棲む 家 ネタバレ。 映画「エクトプラズム怨霊の棲む家 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

ぬらりひょんの孫

ぬらりひょん の 棲む 家 ネタバレ

アミティヴィル112番地で暮らすデフェオ一家には様々な問題があった。 父親は偏見に満ちた暴力的な男で、特に薬物や享楽に走りやすい23歳の長男ブッチへの暴行は激しく、家族全員が怯えている。 1974年10月26日。 デフェオ一家は、父ロニーとイタリア系の母ルイーズ、長男ブッチ、長女ドーン、次女アリソン、次男マークと幼い三男ジョディの6人家族と愛犬のシャギーがいて、ルイーズは都会で暮らす両親と仲が良く子供たちも懐いています。 祖父で実業家のブリガンテは、ブッチとドーンに車をプレゼントしますが、ロニーはブッチのキーを引ったくり「自分で買わせるから結構」と断りますが、ブリガンテに睨まれしぶしぶ戻します。 ロニーは偏見に凝り固まった暴力的な父親で、特にブッチへの暴力はひどく、家族はいつも彼の顔色をうかがい、怯えています。 またルイーズは密かに子供たちと家を出ようと考えていますが、その家はそもそも祖父母 彼女の両親 の家だったため踏み切れず、祖母のノナもまたルイーズや子供たちの身を案じながらも、快くは思ってはいません。 一方その家の地下室は、普段からブッチとドーンと近所の悪友ペルスキーとランディ、ドナたちとの遊び場になっていて、その日も悪友らがたむろしていました。 しかしドナの言葉遊びで「ブッチ・デフェオは赤い部屋でイカレた挙句にあなたを殺す」と出てシラケたため、ドーンが皆を隠し部屋へと案内します。 そこは地下室の物置の奥にある、小さな出入口を抜けた小部屋で、幼い頃から父親の暴力に怯えていたブッチとドーンの避難場所であり、怪しいまじないをしたりするための部屋でした。 しかしブッチとドーンがコインの上に手を重ね、呪文を唱え始めると、コインが動いて電灯が割れ、一同は悲鳴を上げて逃げ出します。 そこにロニーが現れ「このクソどもを家に入れるな!」と脅して悪友たちを追い返します。 ドーンは必死でブッチを庇いますが、ブッチは「負け犬のあんたとどこが違うんだ?」と言い返し、皮ベルトを撒きつけた拳で叩きのめされ、ロニーは「もうすぐ母さんがケーキを切るから、さっさと戻れ!」と言い捨てて出て行きます。 ドーンはブッチの手当てをしながら「家を出て遠くに逃げよう」と話しますが、彼は「どこに逃げてもあいつは追ってくる。 あいつが死ぬか、僕らが死ぬまで終わらない」と言うのです。 2人は間もなく何事もなかったようにパーティーに戻り、皆に祝福され、ルイーズの手作りケーキのロウソクを吹き消し微笑みます。 ロニーも「自慢の息子だ」と笑っていました。 しかしブッチは、ロニーが密かにマフィアらしき黒服の男らから小振りのバッグを受け取り、夫妻の寝室にある隠し金庫に入れるのを目撃します。 その夜は嵐になり、ブッチは家の前に停めた車の中で、ドナに持って来させたLSDをやりながらセックスしますが、誰かがライフルで家族を射殺し、彼女の顔がドーンに変わる幻覚を見て狂乱し、ドナを雨の中に置き去りにして逃げ出します。 ほどなくして、ルイーズが家の中で誰かの気配を感じるようになり、地下室のドアが勝手に開き、窓に鳩が激突して死んだりもします。 また彼女は、ブッチの部屋で大学の不合格通知を見つけてため息をつき、また机からは不気味なイラストや言葉を書き殴ったノートや魔術道具を見つけて愕然とします。 一方ドーンは、家の玄関ドアに木の十字架が挟んであるのに気づき、誰かがじっと車の中から見つめていました。 1974年10月31日。 街はハロウィンで盛り上がり、一家も仮装してパーティに出掛ける準備をしています。 ノナはアリソンに本当のハロウィンの意味や魔女の話をしてビビらせますが、ロニーはドーンの衣装に恥じらいが無いと難癖をつけ、ブッチはやつれた顔で「声が聞こえて眠れない」と言いながら起き出してきます。 ルイーズはそんな家族を取りまとめ、ブッチに留守番を頼んで出掛けますが、ブッチはそれを他人事のようにぼんやりと聞いていただけでした。 しかし一家が帰宅した時には、家中が荒らされ、夫妻の寝室の鏡には口紅で『PIG ブタ野郎 』と落書きがしてあり、隠し金庫の金だけが無くなっていました。 ロニーはライフルを構えて家中を探しますが、犯人は見つからず、自室で寝ていたブッチを殴りつけ「お前が盗んだのか!」と激怒します。 家族が怯えて泣き叫ぶうち、ドーンの通報により警官がやって来ます。 警官は家中を調べますが、ロニーはなぜか「何も盗られてない。 近所のガキの悪戯だ」と言い張り、追い返そうとします。 またルイーズはブッチを庇いますが、彼は普段の顔で起き出して来て「部屋で寝てたから分らない。 音も聞いてない」と言い、結局捜査はそれきりになります。 その後ドーンはブッチの部屋に行き、真相を聞き出そうとしますが、ブッチは知らないと言い、あの降霊術の話になります。 2人は、両親がその家を売却するかもしれないと気づいていたのです。 するとキッチンの引き出しが乱暴に開き、怪しい気配が各部屋の様子をうかがいながら、3階へと上がって行きます。 アリソンや子供たちはいつものようにうつ伏せで寝入っていましたが、ロニーは寝室で「金はどこだ!」と暴れた挙句に「あれが無いと殺される…」泣き出し、ルイーズが必死でなだめていました。 気配はやがてブッチの部屋の前で黒い人影となり、怯えたシャギーが逃げ込んできます。

次の

ぬらりひょんの孫ネタバレ25巻(最終巻)の感想!最強の鬼纏とは

ぬらりひょん の 棲む 家 ネタバレ

そして、東京地検特捜部・広田正義がナルに疑いの目を向け、阿川家に内偵とし乗り込みます。 悪夢の棲む家 ゴーストハントのあらすじは? 今は亡き父親の念願であったマイホームを購入した阿川母娘。 しかし、数々と起こる怪奇現象が二人を苦しめます。 そして、家にも不明な点がいくつもあります。 窓のほとんどには鏡がはめられており、時折部屋をのぞきこまれている気がする、妙な電話等…不可解なことが起こります。 そして、あの人との再会も…。 切ない家族愛と、欲望が交差する本格ミステリーホラー! 悪夢の棲む家 ゴーストハントのネタバレ! 今回の物語、序盤から登場する広田正義という東京地検特捜部の人間が阿川翠の従兄弟と詐称して登場します。 その目的は、ジーンの死体遺棄事件の犯人もしくは共犯として正体を暴く為です。 そして、この広田さん…ゴーストハントシリーズでは久々に登場する幽霊や超能力を全く信じない方です。 詐欺の証拠を集める為にも、SPRの手伝いを買って出ます。 真面目で固い性格だからこそ、幽霊や超能力といった曖昧なものを理由にした犯罪を許すことが出来なかったのでしょうね。 そして、肝心な今回の依頼…実は、被害者は阿川家だけでなかった! 隣家の笹倉家も、関口家の霊に取りつかれていたことが今回大きな被害に繋がりました。 全ての始まりは20年前の殺人事件にありました。 阿川家には関口に殺された川南辺家の霊が留まっていたのです。 関口家が建てた家を巡って起こった、川南辺家とのトラブル。 関口は追い込まれ、自身の子供を親戚の家に預け妻と川南辺家を皆殺しにします。 その時、川南辺家の長女だけは修学旅行で家を不在にしていました。 翌日、長女が帰宅すると川南辺家の人たちは、家に入ってはいけないと強い想いを発しますが、 想いも虚しく、自宅に入った長女も関口の手で殺されてしまいます。 関口家が犯した犯罪は、勿論良いことではありません。 しかし、関口も殺人に手を染めなくてはならないほど、追い詰められていた被害者でもあったのです。 根源と言える人も、関口家の工事を行った建設業者としか言いようが無いのです。 この建設会社が悪徳業者であった為に、建設会社と川南辺家の板挟みにされ、家を建てたばかりですぐに改修工事も行うこともできず…追い詰められたうえでの犯行でした。 家の境界線を越えた問題というのは、この漫画だけでなく日々報道される現実の世界でも十分起こりうることですよね。 当事者になってしまうと、そのように考えることは出来ないのかもしれませんが、悲しい事件だったと、一言で終わらせてしまうにはツライホラーミステリーでした。 そして、見どころの一つとして…ナルとジーンが鏡越しに会話をするシーンがあるのですが、第三者から見ると鏡に映る自分に微笑むようナルを見ることが出来ます。 更に、今回はエピローグと番外編が2つ、3巻に載っています。 エピローグでは、偶然電車で再開した広田と麻衣の話。 番外編では、SPRのオフィスの話やSPRメンバー達の麻衣への接し方等が記載されています。 特に、筆者のオススメは番外編2のSPRメンバーの麻衣への対応でした。 すごく甘やかしています。 皆さん、お土産や頂いたもののお菓子は麻衣へ持ってくるのですね…。 面倒見の良さもさることながら、レンチンで済むようにいくつもタッパーを持ってきてくれるあたり本当に気の利くステキなお姉様なのですが、日頃の言動に活かされないところが、綾子の残念で可愛いところなのでしょうね。 パワーアップして帰ってきたゴーストハントシリーズの最終章として相応しい全3巻! ホラーとして楽しむも、ミステリーとして楽しむも良しのステキな1冊です。 最後には、優しい気持ちになれる名作です。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 --------------------------•

次の

【漫画】ぬらりひょんの孫最終巻の結末と番外編のネタバレ

ぬらりひょん の 棲む 家 ネタバレ

〝これは実話に基づいている〟 1987年6月19日。 アメリカ。 10代半ばの少年マット・キャンベルは、小児がんに侵されていました。 医者からは末期だと言われています。 それでも母・サラは諦めたくありませんでした。 コネチカット州にあるセント・マイケル病院にマットを連れていき、放射線治療を行なわせています。 抗がん治療は苦痛を伴うものでした。 治療を受けた後、母のサラはマットを車の後部座席に乗せて帰宅しますが、自宅に帰るまでに8時間もかかります。 コネチカット州の病院まで距離があることもさながら、「マットの気分が悪くなり、車を停車させて吐かせ、身体を休めさせるため」時間がかかるという事情もありました。 マットは車を停車してもらうと、何度も途中のくさむらで吐きます(抗がん剤の副作用で気分が悪い)。 通院のたびに時間がかかるので、サラは思い切って、病院の近くに家を借りようかと夫・ピーターに相談します。 しかし今住んでいる家のローンも残っているうえ、マットの治療費もかさんでいました。 キャンベル家は決して豊かな経済状況ではありません。 ・マット…小児がんの末期患者。 10代半ば頃。 首のあたりに放射線を受けている。 ・サラ…マットの母。 マットを失いたくなくて、奔走している。 ・ピーター…マットの父。 アルコール依存症だったが、現在は克服した。 しかし劇中また酒を飲み始める。 ・ウェンディ…若い女性。 ピーターの妹でマットの叔母にあたる。 ビリーとメアリーの双子を抱える母。 サラたちと同居している。 マットのよき相談役でもある。 ・ビリー、メアリー…ウェンディの子であり、ピーターたちの甥&姪。 まだ幼く3~4歳くらい。 6月27日。 セント・マイケル病院にマットを治療に連れて行ったサラは、マットの治療中に病院を抜け出して、病院の近くの物件を探しました。 すると広さも値段も手ごろの物件が見つかります。 家主さんは「いわくつき」と言いました。 いっぽうで、即断すれば1か月は家賃を無料にしてくれると告げるので、サラは即決します。 その日、案の定マットは治療の疲れから帰れそうにないために、サラは家主のところへ行きました。 鍵を借ります。 家主さんはマットレスも運び込んでくれ、電話も貸してくれました。 サラは夫のピーターに、独断で家を借りたことを電話で説明します。 地下室の夢を見て起きたマットは、夢のとおりに家に地下室があるのを見つけ、そこを自室にしたいと言いました。 母・サラはいいのかと聞きますが(窓もなく陰気な場所なので)、マットは「洗面所も部屋の中にあって、便利だから」と答えます。 治療の副作用で何度も自分が吐くのを、家族たちに聞かれたくないからでした。 母・サラも了解します。 そこへピーターが他の家族を連れてやってきました。 新たな家には部屋がたくさんあり、叔母・ウェンディには鳥の絵が壁に描かれている部屋を、ビリーとメアリー用の子ども部屋もあてがわれます。 (鳥の絵、覚えておいて!) ウェンディの部屋のクローゼットをサラとウェンディが覗きこんでいた時、鏡に黒い影が映るのですが、2人とも気づきませんでした。 マットが地下室を選んだと聞いた父・ピーターは「そういう年頃だろう」と、案外すんなり納得します。 その地下室にはさらに奥に部屋があるようで、すりガラスが壁の一面を覆っていました。 しかしすりガラスの向こう側は見えず、ドアノブも開きません。 母のサラが持つモップの水が、マットには血に見えました。 一瞬だけで、すぐ戻ります。 翌朝、朝食の支度を手伝ったマットは、机に置いたはずの皿が元の棚に戻っているのを見て、驚きます。 しかも直後、マットが何もしていないのに、皿が落ちて割れました。 マットは内心、あせります。 というのも、「幻覚が見えたら治療を中止する」と医者に言われていたからです。 手術はできず、放射線治療と抗がん剤投与でやりすごしているマットは、幸いと現在は頭髪が抜けずにいますが、先行き不安でした。 治療を打ち切ることは、死を意味します。 そのために、マットは幻覚を見ても両親に言わずにいました。 このことが事態を悪化させます…。

次の