肩 が ゴリゴリ 鳴る 理由。 腰を回すとゴリゴリ・ボキボキと音が出るのは?(改善ストレッチも紹介)|かなではり整体指圧|台東区上野、御徒町|骨盤矯正

肩を回すとゴリゴリ音がする!痛い原因の正体とは?

肩 が ゴリゴリ 鳴る 理由

最近、肩こりがひどく、ついつい首をポキポキと慣らすますが、やればやるほどいい音になるので、気持ち良い感覚になるのですが・・・実は非常に危険だそうです。。。 以下 出典・引用: 首ポキポキは気持ちいい 長い時間のデスクワークや家事など首が凝ってしまうケースについついしてしまうのが首ポキポキ何だかとても首こりが取れたようで気持ちいいのです。 実はそれとても危険な癖だと言うことを知っていましたか?ついついしてしまうと言う方今すぐにでも止めて下さい。 首がポキポキ鳴る理由 首がポキポキ鳴る理由を見ていきましょうそのポキポキにはどんな理由が隠されているのでしょうか? 首の凝る原因 首には常に頭部を支えているので荷重がかかっています。 人により異なりますが約5kgある頭を細い首は支えているのです。 そんな中前後左右さらにはねじるなどの動作をしなくてはならない首に非常に負担がかかり続けることになります。 その結果肩こりなどの症状が現れるのです。 脳と通じている神経も通っていますから骨や関節の異常、内臓疾患、長時間の同じ姿勢の弊害、眼精疲労や精神的緊張なども首の凝る原因になっています。 首のポキポキ音の正体 首には頸椎関節という関節が多数あります。 その一つ一つの関節はそれぞれ骨と骨のわずかな間に隙間が出来ています。 これを関節液という潤滑油の役割とするもので満たされているので痛み無くいろいろな動きが出来るようになっているのです。 ポキポキ音はその関節液から発生する気泡の弾ける音なのです。 と言うのが一般的なのです。 この気泡が破裂すると関節には一トンとも言われる大きな衝撃波が襲うことがあります。 これは指で鉄板を突き破れるほどの力です。 当然危険ですね。 gokomachi. com 英語ではこのポキポキをクラッキングと言います。 音がする理由としては以下のようなものだと言われています。 関節内のキャビテーション — 関節に物理的な力が加わったとき、内部では滑液の流れの中で真空に近い部位が出来る。 そして小さな気泡が多数生じ、それらがはじけて大きな音が出る。 この説明ではクラッキングはどの関節でも行うことが出来るといえる。 例えば脊椎の徒手整復術(マニピュレーション)など。 靱帯の急速な伸張に伴うもの 3. 関節内に出来た癒着の剥がれることによるもの 4. wikipedia. org 先ほど説明したのが1のものですね。 可能性として一番高いのはこの1です。 kinou-kaifuku. com 鳴らすのが癖になったな沢山鳴るようになった 首ポキポキをやっていると以前より首がポキポキ鳴るようになったなんて話はよく聞きます。 それは身体の中でどのような感覚になっているのでしょうか? 骨というのは衝撃を受けた方向に曲がっていきます。 よく骨を鳴らしていると、その骨が変形してしまうんだとか。 骨のズレが大きくなると摩擦も多くなり、より空気が溜まりやすくなるので、ズレているひとほどポキポキ鳴りやすいそうです。 鳴らしたすぐあとは、もう音が鳴らなくなりますよね。 それは空気が抜けたためです。 livedoor. com なるほど~!!首ポキポキ鳴る理由はこんなことなんですね。 一トンもの力がかかっているなんて簡単に首を鳴らすことは控える方が良いようです。 wikihow. com 首ポキポキのリスク では首ポキポキのリスクを見ていきます。 どのような危険が潜んでいるのでしょうか? 凝りを悪化させているだけ 首の凝りをほぐしているような感覚になる首ポキポキですが実際は凝りを溜めてしまっているのです。 それは以下のような理由からです。 首に限らず、関節を鳴らすという行為は、コリがほぐれるのではなく靭帯がゆるんで傷つき、関節軟骨がすり減ってしまうリスクが高まるのです。 このため、首を支えることが出来にくくなり、慢性的な首肩こり・頭痛へと移行することになってしまいます。 また、骨棘(こつきょく)といって、骨に棘状の突起ができてしまい変形性関節症を併発しやすくなります。 (首に起こった場合は、「変形性頚椎症」) ですから、絶対にやめましょう。 straight-neck. com 中には大事な神経などが・・・ 首の中には大切な脊髄や神経などが通っています。 それをポキポキと鳴らす行為は非常にその神経や脊髄などの傷をつける危険性があります。 手足の麻痺に繋がったり、身体が思うように動かなくなるなどの症状になることも・・・ 首ポキポキの衝撃によって起こること 首ポキポキの衝撃によって剥離している血管内の血栓になるものが脳に行く可能性もあります。 それが脳の血管に詰まり脳梗塞を起こす危険性があるのです。 首ポキポキは一トンもの衝撃波ですからその危険性は首に関しては非常に高いと言いきれます。 首ポキポキにはこのような危険があるのですね~!!非常に危険な症状や病気になるので首ポキポキはすぐにでも止めた方が良いです。 出典: 首をポキポキ鳴らさないでも大丈夫その首こり解消法 では首の凝りに悩まされている人はどうすればいいのかと言うとやはりこれから紹介する首こり解消法をやってみましょう。 これをやれば首ポキポキからは開放されます。 温めて筋肉をほぐす 軽く濡らしたタオルを電子レンジに入れて1分ほど温めて下さい。 とても良いホットタオルになります。 これを首に当てて首の筋肉を温めましょう。 このホットタオル非常にいろいろな箇所で使えるので是非試してみて下さい。 やり終わると首周辺や肩などがスッと凝りがひいたようになり血行促進作用があってさらに効果が良くなります。 ストレッチをしよう パソコンのディスプレイを集中して見ていたり、机上の書類をまとめたりするなど、毎日の仕事ではよくあることです。 しかし、これらの作業では、無意識に顔がうつむき加減になっていることが多々あり、頭を支えるために首の後ろ側の筋肉が疲労していく傾向がみられます。 出典: その結果、首の付け根の痛みやこり感、首の後ろ側の張りを感じるようになります。 そのような、首の後ろ側のこりを和らげ、慢性的なこりを起こさないようにしましょう。 出典: 1. 両手を首の後ろへ回し、両手の指先を立てます。 左右の立てた指先は、首の付け根あたりの背骨を挟むように置きます。 指先を置いた状態で、顔を天井方向へ向けます。 (上を向く)この時、左右の指先を中央へ軽く圧すると、首の後ろを指圧されている感覚に近づきます。 指の位置を首の背骨に沿って、ずらしていきましょう。 首を動かして痛みやしびれが出たり、気分が悪くなる場合は中止しましょう。 出典: 出典: 肩こりを感じる部分は、頭、首の後ろから肩にかけて、背中の上の方、首の付け根などなど、多くの人が同じ範囲に症状を訴えています。 肩こりがつらい時は、つい手がいくと思います。 しかし、実際に硬く凝り固まっている筋肉は、手が届く部分だけではありません。 症状としては感じにくい、肩甲骨周りについている筋肉も含まれるのです。 ですから、肩こりの解消・予防は、肩甲骨を動かし、肩甲骨周りの筋肉の血流を改善させることがポイントです。 出典: 1. 右ひじを曲げ、右手を右肩につけます。 右肩から右手が離れないように意識したまま、右ひじでできるだけ大きな円を描きます。 すると自然と右肩が回っていますよね。 それと同時に肩甲骨も動かすことが出来るため、肩甲骨周囲の筋肉への血行が改善されていきます。 数回ヒジを回したら、左側も行ってみましょう。 その場合は、無理をしないようにして下さい。 出典: 出典: リンパマッサージ 首のリンパの流れを良くすると凝りが解消されるものになります。 やり方は次の2つです。 出典: いかがでしょうか?このようなやり方をして首の凝りを取ってあげるようにしましょう。 それが首ポキポキから解放される秘訣です。 首ポキポキとは? 出典: さて、首ポキポキが如何に危険なものであるのか?もう一度整理しましょう。 ・首ポキポキで衝撃は一トン ・何度もやっていると首の骨が変形する恐れも ・首の靭帯を痛めてかえって首が凝る結果に ・脳梗塞などの危険性も このような危険性があります。 首を効果的に温めるなどして首の凝りを取ってあげるのがいい方法です。 危険がある癖なので意識して止めるようにしましょうね。 出典・引用: ということで・・・ お疲れの時は、てしま旅館の天然温泉へどうぞ!! シェアで健康!!.

次の

腰を回すとゴリゴリ・ボキボキと音が出るのは?(改善ストレッチも紹介)|かなではり整体指圧|台東区上野、御徒町|骨盤矯正

肩 が ゴリゴリ 鳴る 理由

最近 よくお客様から質問があります。 肩をまわすとゴリゴリ音がするのはなぜ? 肩をまわすとゴリゴリ音がする時がありますよね?何故、あんな音がするのでしょうか?こちらでその理由として、考えられるものをご紹介します。 肩こりが悪化している 肩をまわすとゴリゴリと音がするのは、肩こりの悪化が原因かもしれません。 例えばデスクワークをしている時など、肩がこりやすいですが、これは上腕から先ばかりを動かして、肩を動かしていないことが原因と言われています。 そうした状態だと、腕を支えている肩に負荷が集中してしまうので、筋肉がこわばってしまい、その状態が長く続くと、肩は慢性的に硬直化してしまいます。 そうすると筋肉が活動するために必要な、酸素と栄養を送る血液が不足してしまい、筋肉が酸欠状態になって、乳酸などの疲労物質が溜まり、肩のこりや痛みを引き起こすようです。 肩こりが悪化して慢性的な肩こりになると、肩甲骨の動きが悪くなることや、その位置がずれることに繋がり、それは肩や体のゆがみも引き起こす可能性があります。 肩をまわすとゴリゴリと音がする原因は、こういったことが関係していると考えられています。 特にデスクワークなどで長時間同じ姿勢でいる方や、肩をまわすとゴリゴリ音がする方、猫背など姿勢が気になる方は、そのまま放置していると健康面にも美容面にも悪影響を与える可能性があります。 そういったことを避けるためにも、是非早めに体のメンテナンスをしましょう! スタッフ全員 お客様の悩みを改善頑張りたいと思います。 スタッフ全員心よりお待ちしております。

次の

肩こりゴリゴリの正体は老廃物が原因?塊を潰すのは効果的なの?

肩 が ゴリゴリ 鳴る 理由

長年現場でリハビリなどの仕事に携わっていると背中や肩甲骨周囲にトラブルを出してしまうお客様と遭遇する。 その中で多いのが『肩甲骨がゴリゴリ鳴ってしまう』という訴えだ。 特に肩を回す時や肩甲骨を動かした時に、背中や肩甲骨の内側からゴリゴリした音が鳴ってしまうようだ。 これは年間を通して多い症状であり、その多くが肩の痛みが伴っていない事が多い。 ごく稀にゴリゴリ音が鳴るとともに痛みが生じてしまう方もいる。 現場での経験上、デスクワーカーや立ち居仕事で身体が固まっている人に多く見受けられる。 なぜこのように肩甲骨を動かした時、背中や肩甲骨の内側から『ゴリゴリ』とした音が鳴ってしまうのだろうか? その原因や正体とはなんなのか? 今回は肩甲骨を回した時のゴリゴリ音、別名弾発肩甲骨と呼ばれる症状の原因について解剖学的な観点から解説し、その症状が出てしまったときに注意しなければならないことをお伝えする。 YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、チャンネル登録もよろしくお願いします。 この記事の目次• 肩甲骨がゴリゴリ鳴る場所について 肩を回した時や肩甲骨を回した時にゴリゴリ鳴ってしまわれる方の多くは、写真のように肩甲骨の内側に存在している肋骨と肩甲骨がぶつかる事でこすれてしまい『ゴリゴリ』とした音が鳴ってしまうようだ。 この解剖学的な構造によって、背中や肩甲骨の内側からゴリゴリとした音が鳴っているように感じるのである。 肩甲骨を動かすとゴリゴリ音がなってしまう原因とは? なぜ肩甲骨からゴリゴリとした音が鳴ってしまうのだろうか? そもそも肩甲骨と胸郭いわゆる身体部分とは関節をなしていない。 上記の写真は肩甲骨です。 上記の写真は肩甲胸郭関節です。 正確に言うと胸郭の上に肩甲骨が浮いている状態である。 肩甲骨は鎖骨としか関節をなしていないのだ。 上記の写真は肩鎖関節です。 これは医療を学ばれている方なら当たり前に知っている事である。 一般の人には馴染みがないと思うので『肩甲骨は肋骨の上に浮いている』『肩甲骨は鎖骨とだけつながっている』という事だけ覚えていただきたい。 ではなぜ肋骨の上に浮いている肩甲骨からゴリゴリと音が出てしまうのだろうか? 実は肩甲骨のゴリゴリ鳴る4大原因は• 肩甲骨周囲の筋肉や関節・滑液包の影響によるもの• 肩甲骨の変形の影響によるもの• 肩甲骨と胸郭(肋骨)の適合性の異常によるもの• 仕事や日常生活の環境によるもの がある。 これらのゴリゴリの原因について一般の方にも分かりやすく理解できるように以下に詳しく解説していく。 肩甲骨周囲の筋肉や関節・滑液包による影響によるもの 前述したように肩甲骨は胸郭つまり肋骨とは関節をなしていない。 つまり、肋骨の上に浮いている状態である。 肩甲骨は周囲に存在している筋肉によって上手にバランスを保っている状態である。 そして、肋骨上を肩甲骨がスムーズに動く為に滑液包と呼ばれるものが存在する。 下図をご参照していただきたい。 参考文献;肩診療マニュアルp8 図16 著者 橋本淳 発行所 医歯薬出版株式会社 上記の図より肩甲骨と肋骨の間に動きをスムーズにする為の滑液包がある事が分かる。 しかし、胸郭つまり背骨の動きや肋骨の動き及び鎖骨の動きが悪くなってしまうと肩を動かす際に肩甲骨と肋骨がぶつかりやすくなってしまうのだ。 ・背中の背骨 胸椎 が動かなくなると肩甲骨と肋骨が衝突しやすくなる。 肋骨の関節が動かなくなると肩甲骨と肋骨が衝突しやすくなる。 鎖骨が動かなくなると肩甲骨と肋骨が衝突しやすくなる。 そのような状態が長く続いてしまう事によって肩甲骨と肋骨の間にある滑液包に多大な負担がかかってしまい滑液包が変性(変形してしまう事)してしまうのだ。 つまり、『肩甲骨をスムーズに動かす』という機能が損なわれてしまい、肩を動かす度に肩甲骨から『ゴリゴリ』とした音が鳴ってしまうことになる。 さらには肩甲骨周囲の筋肉のバランスが崩れてしまい、よりゴリゴリ音が鳴り、痛みまでも生じるようになるケースがある。 肩甲骨の変形による影響 上記で解説した肩甲骨のゴリゴリ音の原因は滑液包や筋肉、関節による軟部組織の問題である。 それ以外にも「肩甲骨の変形」による影響などがある。 本来肩甲骨はこのような形になっている。 横から見ると弯曲しているのが分かる。 これは胸郭の弯曲に適合する為である。 しかし、前述したように肩甲骨はたくさんの筋肉によって胸郭上に浮いている状態である。 もし仮に骨粗鬆症などで骨が弱い状態で、肩をたくさん動かす仕事をしていれば、筋肉がたくさんついている肩甲骨は筋肉に引っ張られ、変形を起こしてしまう。 この変形により、肩甲骨が胸郭に引っかかったりすることがある。 その事によって肩を動かした時に肩甲骨周囲からゴリゴリと音が鳴ってしまうのだ。 つまり、肩甲骨の変形も肩甲骨のゴリゴリの原因の1つとなる。 参考: 肩甲骨と胸郭(肋骨)の適合性の異常による影響 肩甲骨の変形の項目でお伝えしたように骨は加齢に伴い変形をきたす事が多い。 それは胸郭(肋骨や背骨)でも同じ事が言える。 例えば以下のような事で胸郭(肋骨)の変型が生じてしまう。 骨粗鬆症• 腫瘍による骨の病変 特に多いのが肋骨の骨折に伴う変形治癒である。 肩甲骨の形は正常であるのに対し、肋骨を骨折し、変形して治癒してしまうと胸郭の形が変わってしまう。 そのようになると肩を動かした際、肩甲骨の変形と同様に、肩甲骨が変形した胸郭に衝突し、肩甲骨周辺からゴリゴリ音が鳴ってしまう。 胸郭の変形も肩甲骨がゴリゴリ鳴ってしまう原因の一つとなってしまうのだ。 肩甲骨や胸郭(肋骨)の変形に伴って、ゴリゴリ鳴ってしまう場合、痛みが出ていなければ問題はないのだが、痛みが生じてしまっている場合は手術によって変形部位を削るという方法がとられる事があるそうだ。 参考: 肩甲骨がゴリゴリ鳴ってしまう原因は生活環境にもあった 実は胸郭(肋骨や背骨 には身体をひねる役割がある。 その他にも肋骨は呼吸に伴って動いている。 (胸に手を当てて呼吸をするとよく分かる。 ) さらに鎖骨は肩甲骨の動きと連動している。 鎖骨を触って肩甲骨を回すと一緒に動いているのがよく分かる。 POINT 肩甲骨のゴリゴリ音=背中の背骨と肋骨、鎖骨の動きが悪くなっている。 =現代時の生活スタイルの副産物 その他の影響 肩甲骨を動かした時のゴリゴリした音の原因は上記以外にも• 骨の腫瘍• 胸郭出口症候群の手術による影響• 結核による影響• 筋肉の癒着による影響 など様々な原因がある。 肩甲骨のゴリゴリ音を解消するためにはこれらの様々な原因をしっかりと特定した上で、アプローチをしていかなければならない。 参考: 気になる肩甲骨のゴリゴリ音は怖いものなのか? ただ肩甲骨がゴリゴリ音が鳴っているだけならまだセーフだ。 前述したように肩甲骨のゴリゴリに伴って痛みを出す人は少ないのである。 (現場の意見として) 怖いのはそれ以外の症状だ。 肩甲骨のゴリゴリ音に伴う弊害が以下の2つである。 背中や肩骨の内側の痛み• ひどい肩こり これらについて以下に簡単に解説する。 弊害1:背中や肩甲骨の内側の痛み デスクワーカーや立ち居仕事に多い症状である。 運動が不足していると呼吸が浅くなり肋骨の動きが不足して、肋骨の動きが悪くなってしまうのが原因で背中や肩甲骨の内側に痛みが発生してしまう。 弊害2:ひどい肩こり 肩こりは皆様も経験したことがあるのではないでしょうか? 正面ばかり見ている現代人の病気とも言えるものだ。 この肩こりは様々な原因から生じるのだが、肩甲骨がゴリゴリ鳴っている人にかなりの割合で併発している。 原因としてはやはり運動不足により呼吸が浅くなってしまう事で肋骨の動きが不足し肩甲骨周りの筋肉までもが硬くなってしまうからだ。 肩甲骨を回した時のゴリゴリの原因として、・背骨、肋骨、鎖骨の動きが悪くなるため ・デスクワークや立ち作業などで前ばかり向... しかし、骨の変形や腫瘍による肩甲骨のゴリゴリはしっかりとした医療機関でなければ対処ができません。 まずは自分の肩甲骨のゴリゴリ音は何が原因で生じているのかを調べることから始めてみることも大切ですので覚えておきましょう。 肩甲骨がゴリゴリ鳴ってしまう原因のまとめ 今回は肩を動かした時に肩甲骨周囲がゴリゴリ鳴ってしまうその原因について解説した。 POINT• 肩甲骨がゴリゴリ鳴る原因としては背骨や肋骨、鎖骨の動きが悪くなる事によって肩甲骨と肋骨がぶつかってしまうからだ。 肩甲骨がゴリゴリ鳴る原因は筋肉や滑液包などの軟部組織や肩甲骨・胸郭の変形によるものがある。 肩甲骨や胸郭の変形による肩甲骨周囲のゴリゴリは手術が適用となる場合がある。 筋肉や滑液包によるトラブルによる肩甲骨のゴリゴリ音は背骨や肋骨、鎖骨の関節などを柔らかくするなどのケアによって解消できるケースがある。 その他、腫瘍や胸郭出口症候群の手術後による影響など肩甲骨がゴリゴリ鳴ってしまう原因は多数あるので何が原因であるかをしっかり調べてからケアをしよう! 肩甲骨がゴリゴリ鳴ってしまう方の多くは筋肉や滑液包による軟部組織のトラブルによる事が多い。 特に20〜40代の殆どはこれが原因である。 イレギュラーとして交通事故や腫瘍、骨折による骨の変形によるものもある。 まずは何が原因で肩甲骨のゴリゴリ鳴ってしまうのかを突き止めていこう! そしてその問題点に合ったケアの方法で肩甲骨のゴリゴリを解消していく事が大切だ。 間違っても肩甲骨のゴリゴリ音を放置してしまわないようにして欲しい。 なぜなら、ひどい肩こりや背中の痛みなどの症状も起こりやすくなってしまうからだ。 現代人の多くはスマホやパソコンの発達で前を向くことが多くなっている。 知らぬ間に身体を捻ったり、走る事がなくなっている。 それに伴い1日の呼吸数も減少している。 しかし、身体を色々と動かすことによって、このような肩甲骨のゴリゴリ音も解消していくケースもある。 身体の健康のために、まずは固まった身体をしっかりを動かす時間を確保していくことを心がけよう。

次の