外反母趾テーピング。 外反母趾の改善にサポーターは有効か。専門家のおすすめとは?|外反母趾を治す!

外反母趾を改善する簡単!効果的なテーピング方法

外反母趾テーピング

高山かおる (たかやま・かおる) 埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長。 東京医科歯科大学附属病院臨床准教授。 1995年、山形大学医学部卒。 日本の大学病院では稀有な皮膚科のフットケア外来を開局する。 難治性の巻き爪、陥入爪、肥厚爪、タコ、ウオノメなどの疾患を抱える患者に対して、トラブルの根治を目指した、原因の追及、診察、専門治療のほか、セルフケアの指導を行う。 フットケア師によるフットケア、オーダーメイドのインソール作製などによる免荷療法など、それぞれの専門家と連携を取りながらの保存的治療も積極的に導入している。 専門は、接触性皮膚炎、フットケア、美容。 日本皮膚科学会認定皮膚科。 (公式サイト) (CiNii) 足のアーチの崩れが骨の変形を起こす 全身の約4分の1の骨が足に集中 私たちは、この小さい足で全体重を支えています。 しかも、歩いたり走ったりして、足には常に大きな負荷がかかっています。 人間の体には全部で200個ほどの骨があるといわれ、そのうちの約4分の1は足の骨です。 片方の足に合計28個、両足合わせて56個もの骨があるのです。 趾骨、中足骨、足根骨の3つの骨群は、バランスよく足の機能を分担しています。 足裏のアーチとは? その役割は? 足を構成する骨は、かかと、足の第1指(親指)のつけ根、第5指(小指)のつけ根の3ヵ所を基点に、山なり型のアーチ状に配列されています。 足のアーチは3つあります。 かかとから足の第1指のつけ根を結ぶ 「内側の縦アーチ」、かかとから第5指のつけ根を結ぶ 「外側の縦アーチ」、第1指から第5指までの5本の指を横に結ぶ 「前方の横アーチ」です。 この3つのアーチがあることで、体重は、かかと、足の第1指のつけ根、第5指のつけ根の3点に分散されて支えられます。 足のアーチはしなやかで弾力があり、衝撃に耐える強度を持っています。 地面に足が着地したとき、足には強い力がかかりますが、 足のアーチがバネのようにしなって、地面からの衝撃を吸収します。 足だけでなく、ひざ関節や腰などへの負担も軽減するのです。 また、私たちが歩くとき、重心はかかとから足の外側に移り、第5指のほうに移動します。 そして、足の第5指から第2指(人さし指)の4本で地面をつかむように踏み締め、第1指で蹴って前に進みます。 一連の動きのなかで、バランスを維持したり、体重移動をスムーズにしたり、足の第1指が強く蹴り出せたりするのは、足のアーチがバネのように働いているからです。 足のアーチが崩れてしまうと、足の機能は著しく損なわれます。 ここでは、骨の変形によるトラブルについて、症状と予防・対策法を順にご紹介していきます。 開張足・浮き指とは? 足指が横に広がる・地面に着かない 前方の横アーチが崩れて、足の指が横に広がった状態が開張足です。 浮き指は、足指が地面に着かずに浮き上がった状態で、開張足の症状の1つとして現れます。 開張足も浮き指も、これだけなら病気(足病変)とはいえませんが、放置するとさまざまな足病変を引き起こします。 開張足はハイヒールやパンプスを履く女性に多く、 女性のほぼ9割は開張足の傾向があります。 今まで履いていた靴の横幅がきつくなったり、足の甲が広がったように感じたりしたら、開張足を疑ってもいいでしょう。 足裏にタコやウオノメができる 開張足になると足の指が使えないので、「ペタペタ歩き」になりがちです。 足をあまり上げず足裏全体を地面にペタペタ着けたり、足を引きずったりする歩き方です。 この歩き方が、さらに横アーチを崩す原因になります。 アーチが崩れると、地面からの衝撃を吸収できなくなるため、足裏の指のつけ根にタコやウオノメができたり、足が疲れやすくなったりします。 足首やひざを痛める原因にもなります。 開張足の人が、窮屈な靴を履いて足に負荷をかけ続けると、外反母趾や内反小趾、巻き爪、ハンマートゥ(足の第1指以外の指の骨が「く」の字状に曲がって固まった状態)を発症することがあります。 開張足の原因として、 間違った歩きぐせ、運動不足による足裏の筋力の低下、肥満による負荷の増大、靴の問題などが挙げられます。 例えば、かかとの高い靴を履くと、前足部でバランスを取ろうとして、重心が前に移動します。 すると、横アーチに無理な負担がかかり、その疲労を放置するとアーチが崩れていくのです。 扁平足とは? かかとが内側に傾く・片足立ちが苦手 扁平足は、土踏まずを形成する内側の縦アーチが崩れて、足裏が平らになった状態です。 誰でも乳幼児のころは扁平足で、成長するにつれて形成されます。 中年以降に発症する扁平足では、内側のくるぶしの下あたりが腫れてきて、痛みの出ることがあります。 縦アーチがないために足の裏全体の血管が圧迫されて、血行も悪くなります。 それが、足のむくみや冷え症の原因になります。 大人になってからの扁平足は、 運動不足や加齢による筋力の低下、腱のゆるみ、肥満による負荷の増大など、いくつかの原因が考えられます。 扁平足は、かかとの骨が内側に傾いているので、足にうまく体重をかけることができず、片足立ちをしにくいのが特徴です。 この状態が続くと、足首やひざ、腰に負担がかかり、腰痛やひざ痛の原因になります。 扁平足が疑われたら、整形外科などの専門科を受診してください。 軽度のうちは気付きにくいのですが、 足裏の第1指のつけ根(母趾球)にタコができたり、第1指の内側が硬くなったりしていたら、外反母趾の可能性があります。 進行すると、曲がった部分が靴に当たってタコができたり、炎症を起こして赤くなったり、熱を持って腫れたりします。 外反母趾で痛みがあるのは、靴などで足が圧迫されているときか、変形が進行している軽度から中等度の段階です。 この時期に対処しておけば、痛みはなくなり、進行が抑えられて骨の変形も最小限ですみます。 骨の変形が進むと、歩行が困難になるだけでなく、首や肩のこり、腰痛、ひざ痛など、影響が全身に及びます。 放置したまま痛みがなくなった場合は、変形した足の矯正は困難になります。 原因は靴だけではない! 外反母趾の原因は、歩き方や立ち方の悪いくせ、運動不足、肥満、加齢などです。 X脚などで足が内側に倒れると、第1指に負荷がかかり、外側に曲がっていきます。 また、ペタペタ歩きのように足の第1指で蹴り出さない歩き方をしていると、足の第1指の筋力が落ちます。 そこに、つま先の狭い靴やハイヒールを履くと、指が圧迫されて足の第1指や第5指がますます曲がっていきます。 外反母趾は靴だけのせいだけではありません。 根本にあるのは、足裏や足指の筋力が低下して靭帯などがゆるみ、横アーチの崩れが生じることなのです。 外反母趾の予防と対策 正しい歩き方・立ち方(リンク)を身につけるとともに、軽度から中等度までの人なら、 足の指を鍛える「足指ストレッチ」などをおすすめします。 また、横アーチを補正・保護する サポーターやテーピングも効果があります。 重度の人には、運動療法はあまりおすすめしません。 インソールやコンフォートシューズを導入して、足に負荷がかからないようにします。 指先や指の間にウオノメができることも 内反小趾は外反母趾ほど痛みませんが、靴に当たる部分に炎症を起こしたり、タコやウオノメができて痛んだりすることがあります。 足の第5指のつけ根(小趾球)にタコや、第5指の外側にウオノメができていたら内反小趾の可能性があります。 第4指と第5指の先端や、その指の間にもウオノメができることがあり、これは強い痛みを伴います。 原因は、足の外側に負担をかける悪い歩きぐせが多いようです。 それに、運動不足や加齢による筋力や靭帯の衰え、靴の問題などが関わってきます。 内反小趾の予防と対策 基本的には外反母趾と同じです。 軽度から中等度までの人なら、アーチの崩れを防ぐテーピング法や足の腱や筋肉を鍛えるストレッチやエクササイズをするといいでしょう。 足裏や指の関節を緩め、指の筋力を鍛える「ゴルフボール握り」もおすすめです。 重度の人は、インソールやコンフォートシューズで足に負荷がかからないようにします。 ハンマートゥとは? 足の指先が「く」の字に曲がる 足の第1指以外の足の指の関節が「く」の字に屈曲して拘縮した足病変が、ハンマートゥです。 つま先がハンマー(かなづち)のように曲がるので、この名がつきました。 たいていは 開張足や外反母趾と合併します。 足指が屈曲すると、指が動かないので、だんだん曲がった状態で指が固まります。 すると、曲がった関節や指先が靴に当たり、足裏の指のつけ根は靴底に接して、そこにタコやウオノメができます。 ハンマートゥがつらいのは、このタコやウオノメが強い痛みを引き起こすことです。 進行すると、指の屈曲の角度が大きくなり、ますます靴に当たります。 サイズの合わない靴で指が曲がる 原因は、開張足や外反母趾と同じように、歩き方や立ち方の悪いくせの蓄積です。 さらに、ハイヒールやサイズの合わない靴が、症状を悪化させます。 例えば、ハイヒールを履くと、靴の中で足が前にすべるので、足指に余計な力が入って指が曲がります。 その状態で長く歩くと、指が曲がったまま拘縮してしまいます。 窮屈な靴、つま先の細い靴、サイズの大きい靴でも指は曲がりやすくなります。 ハンマートゥは足指が変形して拘縮し、踏ん張る力が低下しているので、歩くときや立ったときのバランスが悪くなります。

次の

外反母趾の改善にサポーターは有効か。専門家のおすすめとは?|外反母趾を治す!

外反母趾テーピング

スポンサードリンク 外反母趾をテーピングで治す方法 外反母趾とは親指が小指側に曲がり、「くの字」に変形した状態です。 足のアーチ(土踏まず)がなくなり偏平足となって、足の指で踏ん張ることができません。 これは私の親指です。 以前は指を曲げるとこんな感じで親指が重なってました。 重症度別にも分けて紹介していきます。 ふだん患者さんにすすめているものです。 足のアーチにも改善したいアーチがまずは二つあって土踏まずと言われている縦アーチと親指下から小指までの横アーチがあります。 外反母趾の方は、意外と知られてないこの横アーチをサポートするテーピングをすると楽になる人が普段から患者さんで多いのでおすすめです。 先日患者さんに親指を引っ張るものと横アーチえの二つの簡単テーピングで痛みがやわらぎ、楽に歩けると言ってもらったものも紹介しますね!たくさんの患者さんにすすめ て効果が高いおすすめのものなのでぜひ一度試してみてくださいね! では病院や整体でも詳しく教えてくれますが、自分で簡単に巻くことができる方法や効果的な巻き方を紹介します。 親指の内側に曲がっている角度で症状の重さが違います。 15度までは正常で15度以上の曲りを外反母趾と言い、 ・15~20度は軽度 ・20~40度は中程度 ・40度以上は重症 重症になると、親指が隣の指と重なり合うまで曲がります。 一本目のテープに縦半分の切り込み(V字)を入れておきます。 親指の内側(第二指側)にV字が重なるようにテープを巻きます。 足裏全体を床につけた状態で親指を外側に引っ張りながら、テープをかかと側に引っ張ります。 そのままテープを張り付けます。 二本目のテープは足の横幅の二倍ぐらいにカットします。 踵だけを床につけて、足先は上げた状態にします。 親指と小指の付け根(両方の出っ張ったところ)にテープの端がくるようにおき、テープをグッとひっぱって、足先をテープの上に起きます。 テープを足の甲の上で、斜めになるように貼りあわせます。 横のアーチを作るように親指と小指のちょうど間、人差し指の下をぐっと上に持ち上げてテーピングをはると効果的です。 私自身も足の人差し指(2番目の指)の下にタコ(胼胝)ができて最初魚の目かとおもったのですが、テーピングをして改善しました! 初めは走ったり長く歩くとあたって痛かったのですが、現在では押しても痛くなく固い皮膚がほぼほぼ柔らかくなり気にならなくなりました。 はじめは好きなランニングができなくなるのではと心配しましたが、このテーピングで安心してスポーツができます。 なので私自身もテーピングとプラスで、インソールを買って土踏まずアーチをサポートしたら親指の外側が靴に当たってたのが、楽になり、土踏まずのマメが消え、さらに膝も痛みがランニング時にでなくなりました。 上記のインソールは使ってみてあまり効果ないと思ったら30日以内で返金してもらえて損をしないのがいいです。 スポンサーリンク 重度の方は親指のテーピングの本数を2本・3本と増やして効果がある方と、指が人差し指と重なってしまって戻らない程固まっている方は 効果がでない人もいるのでご注意を! そんな方は矯正するサポーターがまずはおすすめです。 親指と人差し指にジェルをいれるサポーターもためしてみるといいと思います。 外反母趾にたいする運動・体操もあるのであわせてやることが効果的です。 手軽に取り組めますので、手術を考える前にぜひ取り組んでみたらよいと思いました。 気になる!健康記事ランキング•

次の

【3ステップで出来る】外反母趾をテーピングで治療する方法

外反母趾テーピング

外反母趾テーピング お使いのブラウザはインライン フレームをサポートしていないか、またはインライン フレームを表示しないように設定されています。 尚、当サイトの画像等をご利用の際には、必ず「秋元接骨院HPより転用」と明示してください。 それぞれ一長一短有り、一定の効果は上げているようです。 私も様々な手法を取り入れて試してみましたが、入浴やかぶれ、臭いなどの衛生的問題の他、見栄えや圧迫感、コストなど様々な欠点がありました。 実際のところテーピングだけでは外反母趾は治せません。 では、外反母趾に対するテーピングの意義は何でしょう。 スポーツ選手は、ケガなどで弱っている関節や四肢をテーピングで補強して試合に出場したり、フォームの矯正のためにテーピングで関節運動方向を抑制するなどの手段として利用しています。 実は、外反母趾に対しても、曲がった母趾をテーピングで真っ直ぐにすることで、母趾に係わる筋肉の片寄った力配分(ちからはいぶん)を正して、足の接地バランスを整える効果があり、またテーピングの固定としての効果により、痛みや腫れを鎮める作用があることが治療の現場で認められています。 例えば、スポーツ活動中や労働中に外反母趾の痛みや腫れが悪化する方の場合、テーピングで固定することでその痛みや腫れの出現を抑え、症状の悪化を予防し、回復力を高める効果が期待できます。 このページでは当院オリジナルで採用しているテーピング方法を中心に、その活用法の フットアジャストテーピングを 施行する施術所のご案内 秋元接骨院 横浜市鶴見区東寺尾1-39-3 TEL 045-574-0401 従来の外反母趾のテーピング方法は、どちらかというと外反母趾を治すことを主眼に置いて開発されていました。 そのため、矯正・固定力を高めるために、たくさんのテープを巻いて、しっかり固定する方法が主流となっています。 私は、外反母趾の施術に係わって20年を超えました。 外反母趾のテーピング方法も勤務していた接骨院の恩師に指導していただいた方法や、他の治療家の開発した方法なども取り入れて施術を行っていましたが、テーピングで治そうとしても、その効果は思いのほか限定されていて、望んでいた効果からは掛け離れたものでした。 しかし、痛みや炎症を抑え、若干の矯正効果があることも事実でした。 そこで、私は痛みや炎症を抑え、母趾に係わる筋肉のバランスを整えることに特化し、余分なものを排除したテーピング方法を開発することにしました。 それがフットアジャストテーピングです。 このテーピング法では、従来の方法と比較してテープの貼付面積が小さく、必要十分なサポート効果が得られる手法となっており、快適で比較的簡便なテーピング方法です。 キネシオロジータイプの幅50mm伸縮テープ(または幅25mmの伸縮テープ) で、できれば撥水効果のあるテープが理想的です。 私は、株式会社ファロスの「さらさキネシオロジータイプ」を好んで使用しています。 このテープはアクリル系の糊を使用し、通気性、撥水性、粘着性が十分で、テープを剥がすときも比較的楽に剥がせて皮膚を痛めにくい特徴があります。 また、コストの面でも他社よりも安価で、繰り返し施行するのに適しています。 その他では、日東メディカル株式会社の「キネシオロジーテープ撥水タイプ」も機能的に優れており、非常に扱いやすいテープです。 少々練習すれば誰でも簡単に貼れて、足の姿勢と歩行バランスをサポートできるフットアジャストテーピングの貼り方を紹介します。 このフットアジャストテーピングは、アングルアジャストテーピングとアーチアジャストテーピングの2つの工程があります。 この2つのテーピングを合わせて施行することでフットアジャストテーピングの効力が発揮されます。 process1-1 process1-2 process1-3 process1-4 process1-5 process1-6 process1-7 process1-8 process1-9 be ready process2-1 process2-2 process2-3 process2-4 process2-5 process2-6 process2-7 process2-8 be completed be completed 施術の現場では、フットアジャストテーピングの効果を生かす補助テーピングの手法が数パターンあります。 その内の1つのパターンとして、激しいスポーツや、長時間のウォーキングなどでテープの強度の劣化を防ぐために、右画像のように補強テープを追加して巻く手法があります。 この補強テープは、足の土踏まずの部分に巻き着けるようにテープを貼ります。 この時にテープは若干引っ張りながら貼ってください。 また、テープを引っ張りながら貼るときに、皮膚にしわが寄ったまま貼り付けてしまうと、痛みを生じたり、皮膚に水疱や褥創ができることがあるので、皮膚のしわができないように、ゆっくり伸ばしながら貼ってください。 その他に、2趾や3趾が鉤状に上に向いてしまう変形のある方などではその趾を下に下げるテーピング手法や、足裏の筋膜の炎症や踵の痛みがある場合の補強テープなどのバリエーションもあります。 また、機会があれば、様々な補助テープの貼り方も掲載するつもりですが、今回は割愛いた お使いのブラウザはインライン フレームをサポートしていないか、またはインライン フレームを表示しないように設定されています。

次の