バンパー 補修。 バンパーのキズ!はじめて本格DIY補修にチャレンジしました‐パート2:塗装編‐|ソフト99広報ブログ「99ブロ」

バンパーの傷をコンパウンドで補修する方法!自力でできる簡単修理 [カーメンテナンス] All About

バンパー 補修

バンパーの傷の度合いをチェックしよう! 傷にも浅い傷と深い傷がありますよね。 傷の度合いによって適切な修理方法が異なるので、まずは傷の度合いを調べましょう! バンパーの 傷の部分に水をかけて、傷が見えるかどうかで判断します。 この場合、傷が車の塗装まで及んでいないので、簡単な方法で傷が見えなくなります! その便利な商品は、後ほどご紹介しますね。 この場合は、傷を本格的に 塗装して直しましょう! 塗装の流れを大まかに説明すると、 コンパウンドとは、ペースト状または液体状の研磨剤です。 コンパウンドに含まれる粒子が、傷ついた塗装面を転がりながら、徐々に表面をなめらかにしてくれます! こちらの商品は、 「キズ消し用」 「仕上げ用」 「超鏡面用」 の3種類がセットになっていて便利! この順番で磨いて、傷を目立たなくしましょう。 タッチアップペンで補修する タッチアップペンとは、 ペンタイプの塗料のことです。 このペンで、塗装のかすり傷や、色がはがれた部分を目立たなくできちゃいます! 色の種類がたくさんあるので、迷った人は、後ほど紹介するカラーの選び方を参考にしてくださいね。 バンパーの深い傷をパテで埋めよう! 深い傷をカラー塗装する前に、パテで傷のボコボコをなめらかにしていきます! パテとは傷の溝を埋めるものです。 パテの作業をしっかり行うことで、きれいな表面に仕上がります。 用意するもの ・耐水サンドペーパーセット ・シリコンオフ ・ボデーペン プラサフ(塗装下地) ・バンパー用うすづけパテ ・マスキングテープ ・汚れてもいいシートや新聞紙 ・水が入ったバケツ ・布やタオル 手順 1. 水で洗う まずは、塗装したい部分の汚れを水洗いで綺麗にしましょう! 2. 傷の凹凸を磨く バリがあったら、カッターなどで削った後に、「耐水サンドペーパー」の150番で傷を磨きます。 (バリとは、傷ができたときの不要な突起のことです。 ) 耐水サンドペーパーにはそれぞれ番号があり、 数字が小さいほど粒は粗く、 数字が大きいほど細かくなります。 この商品は、粗いものから細かいものまでセットになっているので、非常に便利! 削りカスがでてきたときは、水で洗い流しながら磨いてください。 削って出たカスがサンドペーパーに入ってしまうと、サンドペーパーの磨く効力が弱くなってしまうんです。 油分をとる 普段外を走る車には、見えないゴミや油分が付いているので、「シリコンオフ」をスプレーし、布やタオルで拭き取りましょう。 油分がバンパーの表面についたままだと、あとで塗料がはがれてしまうんです! 「シリコンオフ」を使えば、しっかり油分を落とせますよ。 塗料下地をスプレーする 塗料下地である「ボデーペン プラサフ」をスプレーします。 この「ボデーペン プラサフ」は、パテがはがれないようにしてくてます。 パテを塗る やっとここでパテの登場! こちらのパテはしっかり傷を埋めてくれます。 付属のへらを使って、「バンパー用うすづけパテ」を 傷に押し付けるようなイメージで塗り込みます。 パテは乾燥すると少し縮むので、周りよりも盛り上がるくらいの量を塗りましょう! 乾くまで1時間くらい待ちます。 パテの凹凸を磨く 乾いたパテの凹凸を、「耐水サンドペーパー」の320番でなめらかにしていきます。 あまり力任せにせず、 時間をかけて、丁寧に磨いてくださいね。 油分をとる 先ほどと同じように、「シリコンオフ」をスプレーし、油分を拭き取りましょう。 塗料下地をスプレーする さっきと同じ塗料下地の「ボデーペン プラサフ」を、2~3回重ねてスプレーしましょう。 なめらかになるまで磨く 今度は「耐水サンドペーパー」の600番、そのあとに1000番で磨いていきます。 さあ、これで傷を埋める作業は完了です! バンパーの深い傷をカラー塗装しよう! いよいよパテで傷を埋めた部分を塗装していきます! 用意するもの ・シリコンオフ ・ボデーペン ボカシ剤 ・ボデーペン ペイント(カラー塗料 ・ボデーペン クリアー 手順 1. 油分をとる 「シリコンオフ」をスプレーし、きちんと拭き取りましょう! 2. ぼかし剤をスプレーする カラーをする前に、「ボデーペン ボカシ剤」をスプレーします。 「ボデーペン ボカシ剤」は表面のざらつきをしっかり抑えてくれます。 この工程は必ずする必要はありませんが、きれいな表面にしたい方はぜひ行いましょう! 3. カラーを塗装する いよいよ、カラー塗料をスプレーしていきます。 分厚く一気に!よりも、 乾かしながら薄く何度もスプレーを重ねてください! 明るいカラーほどカラーが透けるので、重ね塗りの回数を増やしましょう。 という方には、後ほどカラーについて説明しますね! 4. クリア塗料をスプレーする カラー塗装したところより、広範囲にクリア塗料の「ボデーペン クリアー」をスプレーします。 「ボデーペン クリアー」は薄く何度もスプレーすることで、しっかり光沢感を引き出してくれます! これで、カラー塗装は終了です! ここまで塗装した部分を、 1週間かけて乾かしていきましょう。 水洗いをして油分をとる 1週間前と同じ要領で、まず汚れを落としてから、「シリコンオフ」をスプレーして油分を拭き取りましょう。 コンパウンドで磨く 浅い傷の補修のときにも活躍した、「液体コンパウンド」を使います。 例えば「赤」といっても、車種ごと・メーカーごとに大きく色は変わります。 塗装したところがバレないように、自分の車の色に合ったカラーを選びたいですよね! カラーナンバーを見れば、自分の車に合った色を選ぶことができます。 カラーナンバーとは、 新車時の塗装の色を数字やアルファベットで表したものです。 このカラーナンバーは、車の型式テンプレートに記載されていて、型式テンプレートは、 ・エンジンルームの中 ・運転席のドアの内側 ・助手席のドアの内側 のどこかにあります。 とはいえ、傷が深い場合は、作業工程が多くなり、時間も手間もかかりますよね。 必要なアイテムを揃えるのに、費用がかかってしまうケースもあります。 こんな時には、 補修のプロにお願いしてしまうのも一つの手段! 修理に出す メリットやデメリット、 バンパーのメンテナンス法も覚えておきましょう。 修理に出すメリット・デメリット それではまず、バンパーを修理に出すメリット・デメリットからみてみましょう。 修理に出すメリット バンパー修理をプロへ依頼するメリットは、 ・専用の工具で丁寧に直してもらえる ・仕上がりが美しい ・手間ひまかけて作業する必要がない という点です。 自分で作業を行った結果、色味が変わってしまった、凹みが残ってしまった……など、満足できない仕上がりになってしまうケースが多々あるため、プロへ依頼する人が少なくありません。 修理に出すデメリット バンパー修理をプロへ依頼するデメリットは、 ・自分で修理するよりも費用がかかる ・修理業者によって仕上がりに差が出る という点です。 美しく仕上げたいならディーラーが一番ですが、金額が気になるという場合は、口コミ評価が高く、価格が手ごろな板金業者を選ぶのがおすすめです。 チェーン店は手ごろな価格で依頼できますが、その分使用されている道具や塗料などが安価なケースがあります。 できる限りお金をかけず、見た目を何とかしたい、という場合は チェーン店を利用してみましょう。 適度にメンテナンスを バンパーにうっかり傷をつけてしまった場合、修理を行うしかないのですが、最近の車にはこの塗装面だけでなく、未塗装の 樹脂パーツ部分がありますよね。 新品のような輝きをキープしたいなら、メンテナンスを行ってあげましょう。 初期の白化の場合は、 メラミンスポンジで擦るだけで、白い部分をかんたんに落とせます。 便利な反面、塗装に触れてしまうと傷がつくため、注意して作業を行いましょう。 よりしっかり対策したいなら、カー用品店などに売られている コーティング剤を使うのがおすすめです。 3ヶ月~半年くらいに一度のペースで、メンテナンスしておけば、愛車の白化を防げます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は主に、車のバンパーの傷の補修方法についてご紹介しました。

次の

板金塗装費用 見積もり バンパー修理

バンパー 補修

こんにちは キタウラです。 前回「」にて、99工房ブランドサイト「」を参考にバンパーにできたキズの補修をスタートしました。 我が家の愛車のキズにパテを埋め、カラー塗装の下地が完成する部分までを公開しましたが、今回はその続きとしましていよいよカラー塗装工程に入っていきたいと思います。 このキズが、はたしてどこまでキレイに仕上げることができるのか、引き続き「」を参考にしながら作業を行っていきたいと思います。 パテ埋めの後、次の塗装工程に備え『』で表面の油分を脱脂します。 パテでも、塗装でも、油分は大敵となりますので脱脂工程は忘れずに行っていきましょう。 スプレーした後は、すぐにキッチンペーパーやキレイなタオルで吹き付けたシリコンオフを拭き取ります。 次に、『』の塗装工程へと入っていきますが、その前準備として、『』の塗料やスプレーダストがスプレーする範囲以外につかないようマスキングを行っていきたいと思います。 広い部分をカバーする『』と細かい部分やパーツをガードする『』を使用します。 スプレーはかなり広範囲に飛び、少しの隙間からでも入り込んでしまいますので、確実に、そして丁寧におこないましょう。 後にプラサフで塗装した部分と周囲の塗装面との段差をなくす研磨作業が必要となりますので、プラサフ塗装時の『』は、通常とは反対の貼り方、テープを貼った後シート部分を折り返してマスキングしていくことで、プラサフ塗装後、自然とマスキングの境目をぼかすことができますので、研磨作業が楽になります。 プラサフ前のマスキングが完成しました。 いよいよ塗装という感じで緊張感が高まります! 『』のスプレー前に、パテ塗りの際と同様に『』をサッと表面に吹き付けていきます。 前回も記載しましたが、液ダレ注意です。 これから、『』をスプレーしていきますが、私の車両はホワイトパールなので、『』を使用していきます。 淡色系のカラーの場合は、『』よりも『』のほうがより美しく仕上がりますので、ご自身の車両のカラーに合わせて選択しましょう。 プラサフは上に塗るカラー塗料の密着を高め、さらに、パテ補修の際のカラー塗料の吸い込みを抑え、ギラツキを隠して平滑にする役割があります。 ボディに使用する際は、サビを防ぐ効果もありますので、『』を使ったスプレー補修の際は必ず実施するようにしましょう。 いよいよスプレーを開始します! 非常に緊張しますが、ダンボールで練習をした成果をここで発揮したいと思います!思い切って右から左へ一定方向に腕を動かしながら、数回に分けてスプレーをします。 一回で厚く塗ってしまうと液ダレの原因となってしまいますので、数回に分け、むき出しになった樹脂部分(黒い部分)が見えなくなるまで、繰り返しスプレーします。 スプレーして塗り重ねていくと、むき出しになっていた樹脂部分が徐々に隠れていき、 4回塗り重ねることで完全に見えなくなりました! もちろんまだ完成ではありませんが、既に前回の補修の状況よりキレイです・・・ パテ埋めによる下地作りがしっかりできていたので、スプレーした時点でキズや段差がみえなくなりキレイなバンパーが現れました。 プラサフが乾燥したらここで一旦マスキングをはがします。 マスキングをはがすと、クッキリ線が出ているのがわかります。 また、表面もザラザラした状態ですので、このままカラー塗装すると、当然ですが、キレイに仕上がりません。 これからザラザラとした部分との境目をなくすように研磨をしていきます。 『』の1000番で、表面のザラザラをなくし、マスキングの境目の段差を磨きます。 ここをおろそかにしてしまうと、最終塗装した時に段差やザラザラが目立ってしまいますので、これまでの苦労が台無しに・・・水で濡らした手で撫でるようにして感触を確かめながら、元の塗装面との段差が感じられなくなり、全体がツルツルになるまで丁寧に磨きましょう。 プラサフ塗装面の研磨作業が終了しました。 遠目に見ると非常にキレイに見えるので、工程が進むにつれ完成に対する期待感が膨らみ、気持ちはどんどん浮かれてきていますが、油断せず最後まで作業を続けます。 次は、『』と『』を使って、カラー塗装前の下地作りを行います。 補修箇所の周囲まで広くまんべんなくしっかり磨いてください。 コンパウンドで磨くことで、古くなった塗膜や汚れを落として色を合いやすくするとともに、カラー塗装の密着性を向上させます。 全体が磨けましたら、ここで最後の脱脂を行います。 忘れずに行いましょう。 カラー塗装前の準備が整いました。 最後に、カラー塗装のマスキングを行っていきます。 今回は車のラインを活かしながら、バンパー以外全体をマスキングします。 今回も隙間なくしっかり丁寧にマスキングするようにしましょう。 プラサフの時と違う点として、カラー塗装はキズの部分だけではなく、その周辺を含めてぼかすようにスプレーしていきますので、バンパーにカラー塗装の境目が出ないようバンパーの途中で区切ってマスキングせず、あらかじめぼかす範囲を想定してバンパー部分をできるだけ広めにマスキングするのがコツです。 ではいよいよ、塗装工程に入っていきます。 まずはこちらの『』を、今回カラー塗装する範囲にスプレーしていきます。 カラー塗装前に、『』をスプレーしておくことで塗装時に発生する白っぽいザラつきを抑えることができます。 『』は乾きにくいため、1か所に大量にスプレーすると液ダレしてしまいますので、注意してください。 それでは、『』が乾かないうちに、カラー塗装を開始します。 ここまで何度も種類の違うスプレーを経験し、確実にレベルアップできたであろう成果をここでしっかり発揮していきたいと思います! スプレー方法は、右端から左へと、平行にノズルをしっかり押し込み、適切な距離を保ちスプレーしていきます。 詳しい塗装方法はで確認できますので不安な場合は事前に確認しておきましょう。 1回のカラー塗装では塗り込みが足りませんので、しっかりと上塗りカラーが出るように、同じ作業を繰り返していきます。 ここでも、なかなかカラーが出ないということで、一度に厚く塗ってしまうことは厳禁。 焦らず急がずしっかりと塗り重ねていくようにしましょう。 今回、5回の塗り重ねを行いましたが、遂にカラー塗装が完成。 見てくださいこの仕上がり! ムラなく液ダレもなくキレイにカラー塗装をすることができました! しかし、これで終了ではありません。 このままでは塗装面に本来の光沢がありませんので、続いて『』を使い、クリアー塗装を行います。 クリアー塗装も先ほどのカラー塗装同様に、右端から左へ、先ほどのカラー塗装より少し広めの範囲にスプレーしていきます。 クリアー塗装はしっかりスプレーしていくことで、より塗装面にツヤが出てきますので、カラー塗装より少しだけゆっくりと吹き抜けていくほうがいいと思います。 ただし、同じ箇所に大量に吹きすぎてしまうと液ダレしてしまいますので、カラー塗装よりほんの気持ち程度ゆっくりのイメージです。 こちらも3回ほど重ね塗りし、しっかりとツヤ感が出たところで、最後はクリアー塗装したスプレーの境界あたりに『』をスプレーして完成です! これで塗装工程が完了しました・・・後半のスプレーラッシュのときは緊張の連続でしたが、なんとかうまく最後までスプレーすることができました。 事前のダンボールでの練習効果がありました! マスキングをはがすと、感動の瞬間が待っていました。 今回の作業前とは見違える、キズを負う前と変わらないバンパーが現れました! 早く妻に見せて、リアクションを見てみたいところです!きっと喜んでくれることでしょう。 開始前は不安でいっぱいでしたが、今回「」の工程に沿って確実に作業を行って行ったことで、想像をはるかに超える仕上がりとなりました。 これでもじゅうぶん満足な仕上がりなのですが、しかし、実はまだあと少しだけ工程が残っているんです。 以前の状態と比較して、どこまでキレイに仕上がるのか?!最後まで乞うご期待ください。 関連リンク• あわせて読みたい•

次の

【楽天市場】ソフト99【塗料・ペイント】ボディ貼るだけシート(ブラック) 1枚(80×150mm) <補修用・ボディ・バンパー・サイドミラーの傷(キズ)を簡単補修するペイントシート> soft99:ソフト99 e−mono

バンパー 補修

バンパーの傷の度合いをチェックしよう! 傷にも浅い傷と深い傷がありますよね。 傷の度合いによって適切な修理方法が異なるので、まずは傷の度合いを調べましょう! バンパーの 傷の部分に水をかけて、傷が見えるかどうかで判断します。 この場合、傷が車の塗装まで及んでいないので、簡単な方法で傷が見えなくなります! その便利な商品は、後ほどご紹介しますね。 この場合は、傷を本格的に 塗装して直しましょう! 塗装の流れを大まかに説明すると、 コンパウンドとは、ペースト状または液体状の研磨剤です。 コンパウンドに含まれる粒子が、傷ついた塗装面を転がりながら、徐々に表面をなめらかにしてくれます! こちらの商品は、 「キズ消し用」 「仕上げ用」 「超鏡面用」 の3種類がセットになっていて便利! この順番で磨いて、傷を目立たなくしましょう。 タッチアップペンで補修する タッチアップペンとは、 ペンタイプの塗料のことです。 このペンで、塗装のかすり傷や、色がはがれた部分を目立たなくできちゃいます! 色の種類がたくさんあるので、迷った人は、後ほど紹介するカラーの選び方を参考にしてくださいね。 バンパーの深い傷をパテで埋めよう! 深い傷をカラー塗装する前に、パテで傷のボコボコをなめらかにしていきます! パテとは傷の溝を埋めるものです。 パテの作業をしっかり行うことで、きれいな表面に仕上がります。 用意するもの ・耐水サンドペーパーセット ・シリコンオフ ・ボデーペン プラサフ(塗装下地) ・バンパー用うすづけパテ ・マスキングテープ ・汚れてもいいシートや新聞紙 ・水が入ったバケツ ・布やタオル 手順 1. 水で洗う まずは、塗装したい部分の汚れを水洗いで綺麗にしましょう! 2. 傷の凹凸を磨く バリがあったら、カッターなどで削った後に、「耐水サンドペーパー」の150番で傷を磨きます。 (バリとは、傷ができたときの不要な突起のことです。 ) 耐水サンドペーパーにはそれぞれ番号があり、 数字が小さいほど粒は粗く、 数字が大きいほど細かくなります。 この商品は、粗いものから細かいものまでセットになっているので、非常に便利! 削りカスがでてきたときは、水で洗い流しながら磨いてください。 削って出たカスがサンドペーパーに入ってしまうと、サンドペーパーの磨く効力が弱くなってしまうんです。 油分をとる 普段外を走る車には、見えないゴミや油分が付いているので、「シリコンオフ」をスプレーし、布やタオルで拭き取りましょう。 油分がバンパーの表面についたままだと、あとで塗料がはがれてしまうんです! 「シリコンオフ」を使えば、しっかり油分を落とせますよ。 塗料下地をスプレーする 塗料下地である「ボデーペン プラサフ」をスプレーします。 この「ボデーペン プラサフ」は、パテがはがれないようにしてくてます。 パテを塗る やっとここでパテの登場! こちらのパテはしっかり傷を埋めてくれます。 付属のへらを使って、「バンパー用うすづけパテ」を 傷に押し付けるようなイメージで塗り込みます。 パテは乾燥すると少し縮むので、周りよりも盛り上がるくらいの量を塗りましょう! 乾くまで1時間くらい待ちます。 パテの凹凸を磨く 乾いたパテの凹凸を、「耐水サンドペーパー」の320番でなめらかにしていきます。 あまり力任せにせず、 時間をかけて、丁寧に磨いてくださいね。 油分をとる 先ほどと同じように、「シリコンオフ」をスプレーし、油分を拭き取りましょう。 塗料下地をスプレーする さっきと同じ塗料下地の「ボデーペン プラサフ」を、2~3回重ねてスプレーしましょう。 なめらかになるまで磨く 今度は「耐水サンドペーパー」の600番、そのあとに1000番で磨いていきます。 さあ、これで傷を埋める作業は完了です! バンパーの深い傷をカラー塗装しよう! いよいよパテで傷を埋めた部分を塗装していきます! 用意するもの ・シリコンオフ ・ボデーペン ボカシ剤 ・ボデーペン ペイント(カラー塗料 ・ボデーペン クリアー 手順 1. 油分をとる 「シリコンオフ」をスプレーし、きちんと拭き取りましょう! 2. ぼかし剤をスプレーする カラーをする前に、「ボデーペン ボカシ剤」をスプレーします。 「ボデーペン ボカシ剤」は表面のざらつきをしっかり抑えてくれます。 この工程は必ずする必要はありませんが、きれいな表面にしたい方はぜひ行いましょう! 3. カラーを塗装する いよいよ、カラー塗料をスプレーしていきます。 分厚く一気に!よりも、 乾かしながら薄く何度もスプレーを重ねてください! 明るいカラーほどカラーが透けるので、重ね塗りの回数を増やしましょう。 という方には、後ほどカラーについて説明しますね! 4. クリア塗料をスプレーする カラー塗装したところより、広範囲にクリア塗料の「ボデーペン クリアー」をスプレーします。 「ボデーペン クリアー」は薄く何度もスプレーすることで、しっかり光沢感を引き出してくれます! これで、カラー塗装は終了です! ここまで塗装した部分を、 1週間かけて乾かしていきましょう。 水洗いをして油分をとる 1週間前と同じ要領で、まず汚れを落としてから、「シリコンオフ」をスプレーして油分を拭き取りましょう。 コンパウンドで磨く 浅い傷の補修のときにも活躍した、「液体コンパウンド」を使います。 例えば「赤」といっても、車種ごと・メーカーごとに大きく色は変わります。 塗装したところがバレないように、自分の車の色に合ったカラーを選びたいですよね! カラーナンバーを見れば、自分の車に合った色を選ぶことができます。 カラーナンバーとは、 新車時の塗装の色を数字やアルファベットで表したものです。 このカラーナンバーは、車の型式テンプレートに記載されていて、型式テンプレートは、 ・エンジンルームの中 ・運転席のドアの内側 ・助手席のドアの内側 のどこかにあります。 とはいえ、傷が深い場合は、作業工程が多くなり、時間も手間もかかりますよね。 必要なアイテムを揃えるのに、費用がかかってしまうケースもあります。 こんな時には、 補修のプロにお願いしてしまうのも一つの手段! 修理に出す メリットやデメリット、 バンパーのメンテナンス法も覚えておきましょう。 修理に出すメリット・デメリット それではまず、バンパーを修理に出すメリット・デメリットからみてみましょう。 修理に出すメリット バンパー修理をプロへ依頼するメリットは、 ・専用の工具で丁寧に直してもらえる ・仕上がりが美しい ・手間ひまかけて作業する必要がない という点です。 自分で作業を行った結果、色味が変わってしまった、凹みが残ってしまった……など、満足できない仕上がりになってしまうケースが多々あるため、プロへ依頼する人が少なくありません。 修理に出すデメリット バンパー修理をプロへ依頼するデメリットは、 ・自分で修理するよりも費用がかかる ・修理業者によって仕上がりに差が出る という点です。 美しく仕上げたいならディーラーが一番ですが、金額が気になるという場合は、口コミ評価が高く、価格が手ごろな板金業者を選ぶのがおすすめです。 チェーン店は手ごろな価格で依頼できますが、その分使用されている道具や塗料などが安価なケースがあります。 できる限りお金をかけず、見た目を何とかしたい、という場合は チェーン店を利用してみましょう。 適度にメンテナンスを バンパーにうっかり傷をつけてしまった場合、修理を行うしかないのですが、最近の車にはこの塗装面だけでなく、未塗装の 樹脂パーツ部分がありますよね。 新品のような輝きをキープしたいなら、メンテナンスを行ってあげましょう。 初期の白化の場合は、 メラミンスポンジで擦るだけで、白い部分をかんたんに落とせます。 便利な反面、塗装に触れてしまうと傷がつくため、注意して作業を行いましょう。 よりしっかり対策したいなら、カー用品店などに売られている コーティング剤を使うのがおすすめです。 3ヶ月~半年くらいに一度のペースで、メンテナンスしておけば、愛車の白化を防げます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は主に、車のバンパーの傷の補修方法についてご紹介しました。

次の