切開修正。 目頭切開の修正part5

biyougekaikのブログ

切開修正

川崎クリニックでは専門医によるカウンセリングが 無料です。 川崎クリニックでは実際に施術を担当する専門の医師が直接カウンセリングを行っています。 これは患者様のお悩みやご希望を詳しくお聞きした上で、症例写真などを用いて、わかりやすく最適な治療法をご提案させていただくためです。 川崎クリニックには実際に目頭切開手術を受けたスタッフも在籍しています。 患者様の目線に立った親身なカウンセリング、きめ細やかなアフターケアをお約束いたします。 お電話で無料カウンセリングのご予約 受付時間:10時〜19時 年中無休 土日祝もOK!• オンラインで無料カウンセリングのご予約 これから目頭切開法を受けてみたいとお考えの方へ 目頭切開法とは、蒙古ヒダ(もうこひだ)と呼ばれる皮膚が涙丘(目頭のピンクの部分)を覆い隠している方に対して、余分な蒙古ヒダを手術で取り除き、隠れている目頭の部分を出す治療法です。 目の横幅を広げる目頭切開法は、離れ目でお悩みの方や、より瞳を大きく見せたい方におすすめの美容整形手術です。 目頭をほんの1〜2mm切開することで、目の形や顔のバランスを整えて、大きく魅力的な目へと仕上げます。 年代を問わず、人気の高い美容整形です。 二重の手術と同時に行えば、よりパッチリした瞳が手に入ります。 さらに、末広タイプの二重を平行タイプの二重にすることも可能。 蒙古ひだを除去することで、余分な皮膚の張りが解消され理想の二重ラインが完成します。 川崎クリニックで目頭切開法を受けられた患者様からのくちこみ体験談• 目頭切開だけで、パッチリ目元と高く通った鼻筋を同時にGET! ごまかしメイクを卒業できました! 大阪市・20歳女性 雑誌モデルのような大きな瞳に憧れて、一重だった目をプチ整形で二重にしました。 最初の頃は自分でもとても満足していましたが、次第にメイクに合わせて鼻筋も少し高くしたいなと思うようになりました。 そこで、美容外科口コミ体験談サイトで評判のよかった川崎クリニックへ行ったんです。 まず先生と相談し、その後、目頭切開手術の経験者だというカウンセラーさんに相談させてもらいました。 その方の術前の写真を見せてもらうと私の目鼻とそっくり!しかし、手術を経た今のカウンセラーさんはまさに私の理想の目元で、目頭切開しかしていないのに鼻筋も高く通っているんです。 目が魅力的になるのはもちろんですが、鼻の治療をしなくても鼻筋まで通るとは知らなかった…。 私にピッタリのアドバイスをいただいたおかげで、鼻の整形はやめて目頭切開だけを受けることにしました。 おかげさまで、理想の目元と鼻筋に変身できました!• 二重手術を経て目頭切開を決意。 黒目パッチリで魅力UP! 傷も腫れもほとんど気にならない! 神戸市・26歳・女性 暗い印象の一重まぶたがイヤで数年前に二重まぶたの手術を受けました。 その時はそれで満足していたのですが、これだけ変われるのならさらにパッチリした目に変身したいと思うようになりました。 そこで、川崎クリニックの先生に相談をして、目頭切開手術を受けることにしました。 他の美容整形クリニックとは違って、こちらの川崎クリニックでは目頭に沿ってくの字型に切開するので、傷跡が表面に出ないと聞いていました。 実際に手術後は腫れもほとんどなく、赤みが少しある程度でしたが、その赤みも早々に引きましたし、手術後の傷もほとんど目立たず、今ではどこに傷跡があるのか探してもわからないくらいに自然な状態です。 ちょっと離れ気味だった目と目の間もバランスが取れ、黒目もはっきりしてとても魅力的な目にしてもらったと感謝しています。 手術を受ける前は、失敗しないか不安もありましたが、希望通りの目元に仕上がったので大満足です!• 目と目が離れているせいで、 顔が間延びして見えてしまうのを何とか解消したい! 神戸市・20代女性 目と目が離れているのがすごくイヤで、なんとかアイメイクでごまかそうと頑張ってはいたのですが、化粧が濃くなるだけで、目と目の距離は変わるはずもなく…。 自分の写真を見るのも嫌な日々でした。 「目頭切開」という方法も調べましたが、赤みが少し続き、傷も目立ちやすいということで躊躇していました。 ところが、川崎クリニックに相談に行った時、同院の「目頭切開法」は他の美容外科的方法とは違って、目頭のすぐ近くを目頭に沿って、くの字型に数ミリ切開し、余分な襞を除去する形成外科的方法で、細かく丁寧に縫合するので赤みや傷跡が目立たないと聞き、ここで手術を受けることを決意しました。 熟練の先生が執刀してくれたので安心して手術に挑めましたし、目の横幅が広がったおかげで、顔全体のバランスも整いました。 黒目がはっきり強調されて、目が大きく見えるのも嬉しいです。 あんなに嫌だった自分の写真うつりも、今では自信を持てるようになり、写真に撮られることが好きになれました!• 女優さんのような平行型の二重になりたくて、被さっている蒙古ひだを取り除く目頭切開手術を受けたのですが、目頭が出すぎて、少しきつい目になってしまいました。 修正できますか? 目頭は、ほんの数ミリの差で顔全体の印象が大きく変わる部位です。 それだけに、切開する際には、より丁寧なカウンセリングと術前のシミュレーションが必要になります。 また、一度皮膚を切り取ってしまうと元に戻すのが難しい部位でもあるので、手術を行う前に必ず何院かでカウンセリングを受けて、もともとの自分の瞼の形状に合っているかどうか、理想の目元にするのに本当に必要な手術かどうか、などしっかり確認してから受けるようにしましょう。 修正の方法は各々の状態によって違いますが、蒙古ひだが出すぎている場合は目頭の皮膚をZ形成で再建したり、下まぶたの皮膚を移植することで、より自然な目元に整えることができます。 目頭切開の修正手術は難しく、高度な技術を要するので、未熟な医師にはできません。 修正手術の症例数が多い、美容外科認定専門医を選ぶとよいでしょう。 目頭の近くを切開する目頭切開法の手術を受けました。 3ヶ月経ちますが、切開した部分の赤みがとれず、しかも傷跡も目立ちます。 これ以上よくならないのでしょうか? 目頭切開による傷跡というのは、医師の技術の差が一番出るところです。 専門医でないと、一生醜い傷が残るような失敗手術になることがあります。 形成外科的な方法なら、傷跡をほとんどわからなくすることが可能なので、失敗のリスクがない専門医の所で相談されるのが良いでしょう。 目頭切開法で重要なのは、将来的に傷が分からなくなるように切開するということです。 手術を受ける前に、傷跡がわからなくなるかどうか、しっかりと確認しましょう。 ただ、赤み、盛り上がりは誰でもあるので、3〜6ヶ月で失敗だと決めつけるのは早いかもしれません。 術後、傷は盛り上がるので、6ヶ月〜1年経って、赤みがひいたのに、誰がみても傷が醜いという場合はクレームの対象になります。 気になる時は受けられたクリニックで相談すると良いでしょう。 自分が思うほど他の人にはわからない程度の傷跡である場合もあります。 目頭切開を受けました。 モデルさんのようにクッキリとした目元を想像していましたが、目頭を三日月状に切開され傷も目立っています。 これって失敗ですか? 目頭切開は目元の手術の中でも、そのドクターの技術が最も出やすい難しい手術といえます。 切開する方法はいくつもあり、三日月型に切開する方法や、くの字型に切開する方法、Z型に切開する方法など希望により切開方法を変えなくてはいけません。 モデルさんのように鼻筋が通って見えるクッキリした目頭が希望であれば、くの字型に切開する方法がよいでしょう。 三日月型をくの字型に再度切開しなおすことは可能です。 傷に関してですが、大きく切開した場合は、傷に緊張がかかり赤みがしばらく残るのは仕方ありません。 時間が経てば改善すると思われますが、目立つようであれば傷の緊張をとる修正手術も可能です。 他院で目頭切開を受けた後、目頭のピンクの肉が露出しすぎて、違和感を感じています。 元の状態に戻すことはできるのでしょうか? 元々、目頭切開での目頭の出し方は、控えめから、外人のような全切開まで選んで行えます。 ご自身の好みにもよりますが、修正手術で元に近い状態に戻すことや、少しだけ閉じてナチュラルな状態にすることが可能です。 方法としては、下まぶたやお尻の皮膚を移植して蒙古ヒダを作ります。 目頭切開手術は、寄り目に見える状態を解消したり、はっきりとした目元や平行型二重にすることができるなど、専門医による手術を受けるとメリットも多いのですが、「失敗して傷が残った」「元の状態とあまり変わらない」、または相談者のように「切りすぎて目頭が出すぎた」などの悩みを抱え、修正手術を希望する方が多いのも事実です。 目頭切開の手術実績が豊富な専門医に相談のうえ、慎重に手術を受けるようにしましょう。 目頭切開手術を受けたのですが、思っていたイメージと違い、私の顔には合っていない気がします。 目頭を閉じて、元の雰囲気に戻したいのですが可能でしょうか? 目頭切開の手術が一般的になるにつれ、手術に失敗したり、仕上がりに満足できない患者様が増えてきています。 例えば、蒙古ヒダを多く切除しすぎて鳥のくちばしのようになってしまったり、目と目の間の間隔が狭くなりすぎて顔のバランスが悪くみえてしまったなど、目頭切開における失敗の症例はさまざまです。 そもそも、目頭切開の手術自体とても難しく技術を要するものですが、その修正を行うためには、さらにハイレベルなテクニックと経験値、そして美的センスが必要となってきます。 当院では、蒙古ひだを再形成することにより、目頭を自然な形状に整えています。 蒙古ひだを切り取りすぎて、皮膚が残っていない場合は、下まぶたの皮膚を移植します。 目頭を自然な状態に戻すことで、顔のバランスも整い、自然な目元を取り戻すことができるでしょう。 目頭切開ですが、どのような切り方で傷跡は残るか、残るとしたらどの程度なのか教えてください。 当院で行っている目頭切開法は他院とは異なり、形成外科的に目頭のすぐ近くをくの字型に目頭に沿ってほんの数ミリ切開し、余分な襞を除去する方法です。 そして形成的に細かく丁寧に縫合いたしますので、赤味や傷跡が目立ちにくい方法となっております。 美容外科的方法は目頭の近くを目頭に沿ってではなく表面を三日月型に切開して縫合する方法があります。 この方法は赤味が少し続き傷も目立ちやすくなります。 そして、当院のさらに他院と異なる点はといううと、それは手術を執刀する医師が熟練医だということです。 医師の技術によってその手術が成功するのか失敗するのかが決まるとも言えますので、失敗のない手術を希望されるのであれば、受ける前に幾つかのクリニックへご相談へ行かれてみることをおすすめいたします。 目頭切開をしましたが、顔が変わってしまったのではないかと気になり、昔の友人に会えなくなりました。 元にもどすことは可能でしょうか? 目頭切開をして極端に顔が変わるわけではありませんが、気になるのであれば目頭を閉じる手術は可能です。 まぶたの皮膚を移植して蒙古ヒダを作ります。 まぶたのどの辺りの皮膚を使うかはその方の眼の状態によります。

次の

目頭切開の修正、VY法ってどんな方法なの?【経験談もあり】

切開修正

埋没法と目頭切開の修正 ~切開重瞼術+skin redraping スキン リドレーピング)法による目頭切開~ 最近高齢者の車の運転事故が多く報道されていますが、犠牲になられた若い世代の方のことや残された家族のことを思うと胸が痛みます。 衝撃のあまり、池袋の事故現場には何回も足を運んで手を合わせてしまいました。 事故をおこした運転手に問題があるのは当然なのですが、もっと社会全体の問題として捉える必要があるように感じます。 寿命がどんどん伸びているにも関わらず、運動機能が置き去りになっていることに原因があると思うのです。 実は今から100年前の日本人の平均寿命は男女ともなんと40代前半でした。 ということは、この100年で生命機能としては2倍に延びたわけです。 一方、人間の運動機能はもともとは50年ぐらいしかもつようにできていないものですから、寿命に合わせて運動機能を維持するトレーニングを積んでいない限り、行動したいという自分の気持ちと運動機能の間にはどんどんギャプが生じます。 スポーツなら自分に影響があるだけですが、自動車の運転に関しては他人を巻き込むことになってしまいます。 この分野は政治家の方に早急に法律の修正をして頂いて、高齢者の免許の更新は頻回に実技試験を入れるとか、AT限定免許みたいに安全装置のついた車限定の免許というものに変えて頂きたいと切に思います。 前置きが長くなりましたが、今回紹介させて頂く症例は20代の女性で二重と目頭切開の修正を希望されました。 「数年前に埋没法を受けたが、二重の幅が広いのを少し狭くしてほしい。 」、「埋没の糸が皮膚から透けて見えているのでこれを除去してほしい。 」、「目頭切開をしてもらったが、控えめにしかしてもらえず、あまり効果が分からないのでもうすこし似合う範囲で広げてほしい。 」ということが希望でした。 また、今じわりとブームなのが、末広型に近い細めの平行二重です。 この女性もそれを希望されました。 まず術前、閉瞼時の写真です。 埋没法にもそうならないための手術テクニックがたくさんありますが、どうしてもそうなってしまう方は一度切開二重も考えてみてはどうでしょうか。 手術中にこの糸は抜去しました。 この線を消しつつ、もう少しだけこれより狭くすることにしました。 また、目頭に関しては鼻背中央のラインから左右の目頭までの距離に左右差があり、右の目頭の方が左よりわずかに離れていたのでそれを調節しつつ、両側の目頭切開を行うことにしました。 目頭切開を行う時に私は3つの方法を使い分けています。 最も傷が目立たないけど効果はマイルドなのがミニZ法です。 恐らくは前医でこの手術を受けられたと思われます。 次に傷はそこそこ目立たず、中ぐらいの効果が出せるのがスキン リドレーピング法です。 韓国の王先生が2005年に発表された方法で、今回はこの方法で行うことにしました。 次に術前と併せて、術後1ヵ月の結果をお見せします。 まだ少し腫れていますので、完成される3ヶ月後が楽しみですね。 恐らくもう少しだけ二重の幅は狭くなると思います。 左右とも拡大した状態で前後写真を並べてみます。 料金とリスク• 切開重瞼術 300,000円• 目頭切開 250,000円• リスク: 腫れ、内出血、左右差、傷の赤み、傷の盛り上がり、感染、眉毛が下がることがある、顔の印象がかわる、術後しばらくは幅広の二重になる.

次の

» 埋没重瞼と目頭切開の修正 術後1か月の経過

切開修正

埋没法と目頭切開の修正 ~切開重瞼術+skin redraping スキン リドレーピング)法による目頭切開~ 最近高齢者の車の運転事故が多く報道されていますが、犠牲になられた若い世代の方のことや残された家族のことを思うと胸が痛みます。 衝撃のあまり、池袋の事故現場には何回も足を運んで手を合わせてしまいました。 事故をおこした運転手に問題があるのは当然なのですが、もっと社会全体の問題として捉える必要があるように感じます。 寿命がどんどん伸びているにも関わらず、運動機能が置き去りになっていることに原因があると思うのです。 実は今から100年前の日本人の平均寿命は男女ともなんと40代前半でした。 ということは、この100年で生命機能としては2倍に延びたわけです。 一方、人間の運動機能はもともとは50年ぐらいしかもつようにできていないものですから、寿命に合わせて運動機能を維持するトレーニングを積んでいない限り、行動したいという自分の気持ちと運動機能の間にはどんどんギャプが生じます。 スポーツなら自分に影響があるだけですが、自動車の運転に関しては他人を巻き込むことになってしまいます。 この分野は政治家の方に早急に法律の修正をして頂いて、高齢者の免許の更新は頻回に実技試験を入れるとか、AT限定免許みたいに安全装置のついた車限定の免許というものに変えて頂きたいと切に思います。 前置きが長くなりましたが、今回紹介させて頂く症例は20代の女性で二重と目頭切開の修正を希望されました。 「数年前に埋没法を受けたが、二重の幅が広いのを少し狭くしてほしい。 」、「埋没の糸が皮膚から透けて見えているのでこれを除去してほしい。 」、「目頭切開をしてもらったが、控えめにしかしてもらえず、あまり効果が分からないのでもうすこし似合う範囲で広げてほしい。 」ということが希望でした。 また、今じわりとブームなのが、末広型に近い細めの平行二重です。 この女性もそれを希望されました。 まず術前、閉瞼時の写真です。 埋没法にもそうならないための手術テクニックがたくさんありますが、どうしてもそうなってしまう方は一度切開二重も考えてみてはどうでしょうか。 手術中にこの糸は抜去しました。 この線を消しつつ、もう少しだけこれより狭くすることにしました。 また、目頭に関しては鼻背中央のラインから左右の目頭までの距離に左右差があり、右の目頭の方が左よりわずかに離れていたのでそれを調節しつつ、両側の目頭切開を行うことにしました。 目頭切開を行う時に私は3つの方法を使い分けています。 最も傷が目立たないけど効果はマイルドなのがミニZ法です。 恐らくは前医でこの手術を受けられたと思われます。 次に傷はそこそこ目立たず、中ぐらいの効果が出せるのがスキン リドレーピング法です。 韓国の王先生が2005年に発表された方法で、今回はこの方法で行うことにしました。 次に術前と併せて、術後1ヵ月の結果をお見せします。 まだ少し腫れていますので、完成される3ヶ月後が楽しみですね。 恐らくもう少しだけ二重の幅は狭くなると思います。 左右とも拡大した状態で前後写真を並べてみます。 料金とリスク• 切開重瞼術 300,000円• 目頭切開 250,000円• リスク: 腫れ、内出血、左右差、傷の赤み、傷の盛り上がり、感染、眉毛が下がることがある、顔の印象がかわる、術後しばらくは幅広の二重になる.

次の