インスタ ライブ 保存 方法。 インスタライブとは?見方や保存方法、通知や配信方法も解説!

インスタライブのアーカイブ保存や動画を録画する方法

インスタ ライブ 保存 方法

2018年5月21日 2020年4月1日 Instagram(以下:インスタ)には1秒1秒がリアルタイムに配信される「インスタライブ」という機能があり、テレビの生放送のように今この瞬間に起きていることをフォロワーに配信ができます。 インスタライブで配信したものは、ストーリーにシェアすることで24時間公開されます。 ですが、せっかく頑張って撮影したライブ配信。 たったの24時間後に消えてしまうのって、すごくもったいないですよね。 また、誰かのインスタライブのリプレイを後から見たいと思った時も同様で、24時間で消えてしまうのはなんだか寂しい気もします。 そこでこの記事では、インスタライブの保存方法について詳しく解説していきます!自分のインスタライブをと他人のインスタライブとでは保存方法が違うので、ぜひチェックしてみてくださいね。 もくじ• インスタライブはアーカイブに自動で保存されない まず結論からお話すると、インスタライブは配信後ストーリーにシェアしても 自然アーカイブに残らない仕様になっているので注意しましょう。 一方ストーリーであれば投稿した写真や動画は、設定をONにしていればアーカイブに保存され、いつでも再度確認することができるのです。 インスタライブは自然に残らない、一方 ストーリーは自然に残すことができる、まずはこれらの違いについて頭に入れておきましょう。 ハイライトにまとめることができない ちなみにインスタライブの場合はハイライト機能も使えません。 リアルタイム配信であるため、制限が多いのですね。 「保存する」からカメラロールに保存 ちなみに、ストーリーにも投稿したい場合は下の「シェアする」をタップすればOKです。 この手順はAndroidもiPhoneも同じなので、迷うことは無いでしょう。 カメラロールに保存できれば後からストーリーにシェアすることもできますね。 自分のライブ配信を保存し忘れたら後から保存できる? ついうっかり「保存する」をタップするのを忘れてしまった場合、さらに24時間のストーリーにシェアもしなかった場合は、 ライブ動画はそのまま消えてしまうということになります。 こうなってしまうと 後から保存することは不可能になります。 レアリティを出したい場合には保存なし、シェアなしという手もアリかもしれませんが、配信時間に都合の合わないフォロワーはたくさん居るはずです。 なので、 せめてストーリーにシェアして事前にリプライを表示させるのをおすすめします。 リプライ動画には再生ボタンがつく 「保存する」をタップし忘れたとしても、ストーリーにシェアする作業を確実に行っておけば24時間いつでもリプレイできます。 さらに、後述の画面録画を使って自分の配信のリプレイを録画すれば、バックアップとして保存することも可能になるんですよ。 他人のインスタライブのリプレイを保存する方法 さて、自分のインスタライブが保存できることが分かりましたが、他の人のインスタライブは保存できるのでしょうか? iOS(iPhone・iPad)の場合は画面録画機能で 他人のインスタライブの場合、時間帯によってはリアルタイムで見られないことも多いので、配信者はストーリーにシェアして24時間リプレイを見ることができるようにしているケースがありますよね。 ですが、 残念ながらそのリプレイはインスタアプリからでは保存できない仕様です。 インスタのアプリではデフォルトでは他人のストーリーは保存できない仕組みになっているためです。 とは言え、インスタアプリではなく スマホにある画面録画機能を使えば、他人のインスタライブでも保存できます。 画面録画アプリを使う 検索するといくつか画面録画アプリが出てくるのですが、上記の画像の「画面録画」アプリが使いやすいですよ。 ダウンロードしたら最初にやり方を説明してくれるので安心です。 他の人のライブを見逃したら後から保存できる? 残念ながら他の人のライブ配信を見逃した場合、そしてその人が ストーリーにリプライ動画をシェアしていない場合は、後から保存することができません。 しかしそれがもしも友達の配信だったなら、 ライブ配信動画を端末に保存している可能性がありますので「もう1回見たい!」という希望を伝えてみましょう! PCからではインスタライブを保存できない 残念ながらPCではインスタストーリーの閲覧ができないので、 インスタライブ自体を見ることができません。 PCでできることは写真や動画の閲覧、コメント、フォローなど。 インスタライブを見たい場合も保存したい場合もスマホからが基本です。 番外編:インスタの各種保存機能の使い方をチェック 最後にインスタのデフォルト機能でできる、さまざまな保存機能の使い方をチェックしましょう。 自分のストーリーズを保存する方法 インスタの自分のストーリーを保存する方法については、以下の記事をご覧ください。 自分のハイライトを保存する方法 自分がハイライトにまとめた動画を保存する方法をご紹介します。 「写真を保存」をタップ 「カメラロールに保存されました」という表示が出れば完了です! この記事ではインスタライブの保存についてをご紹介しました。 インスタライブは制限がそれなりにありますが、ユーザーからリアルタイムにもらったコメントに答えるなど使ってみると楽しい機能です。 保存機能や画面録画で行ったバックアップは、インスタライブだけではなく、IGTVやYouTubeなどの別のプラットフォームに再投稿することもできます。 ぜひ使ってみてくださいね。 詳細 インスタのストーリーで投稿した写真や動画は24時間で消える仕組みになっているため、ユーザーのリアルタイムに近い日常などを知ることができる便利な機能です。 しかし、ストーリー機能をさらに上回る、まさに1秒1秒がリアルタイムに配信される「インスタライブ」という機能もあります。 インスタライブではテレビの生放送のように、今この瞬間に起きていることをフォロワーに配信できるのです。 インスタライブで自分が配信したものや誰かが配信したものは、シェアすることでストーリー同様24時間公開されます。 ですが24時間後に消えてしまうのってもったいないですよね。 そこで今回は、インスタライブの保存方法について詳しく解説します。 自分のインスタライブをと他人のインスタライブとでは保存方法が違うので確認してくださいね。 自分のインスタライブをAndroidやiPhoneでの保存方法 自分が配信したインスタライブの保存は簡単です。 まずインスタアプリを起動したらストーリー投稿画面に行きましょう。 「保存する」からカメラロールに保存 ライブ動画が終了したらこの画像の画面に変わります。 右上に「保存する」とあるので、ここをタップすれば自分のカメラロールに保存できますよ。 ちなみに、ストーリーにも投稿したい場合は下の「シェアする」をタップすればOKです。 この手順はAndroidもiPhoneも同じなので、迷うことは無いでしょう。 カメラロールに保存できれば後からストーリーにシェアすることもできますね。 他人のインスタライブのリプレイを保存するには画面を録画する 他人のインスタライブの場合、時間帯によってはリアルタイムで見られないことも多いのではないでしょうか。 もし配信者がストーリーにシェアしてくれていれば、24時間の間はリプレイを見ることができます。 ですがそのリプレイはインスタアプリからでは保存できません。 インスタアプリでは他人のストーリーは保存できない仕組みになっているためです。 というものの、 インスタアプリではなくスマホにある画面録画機能を使えば他人のインスタライブでも保存できます。 少し荒技になりますが、他人のインスタライブのリプレイを録画するというやり方です。 画面録画アプリを使う Androidなど画面録画機能がないスマホの場合は外部アプリを使いましょう。 検索するといくつか画面録画アプリが出てくるのですが、上記の画像のアプリが使いやすいですよ。 ダウンロードしたら最初にやり方を説明してくれるので安心です。 PCからではインスタライブを保存できない インスタはスマホだけでなくPCからでも利用できるのですが、スマホとは違いいくつかの制限があります。 PCでできることは写真や動画の閲覧、コメント、フォローなど。 残念ながらPCではインスタストーリーの閲覧ができないので、インスタライブ自体を見ることができません。 よって、PCからだとインスタライブの保存ができないようになっています。 インスタライブを見たい場合も保存したい場合もスマホからが基本です。 インスタライブはアーカイブには保存されない インスタストーリーに投稿した写真や動画は、設定をONにしていればアーカイブに保存されますよね。 アーカイブを開けばいつでもストーリーを再度確認できるのです。 インスタライブはハイライトにも追加できない そのため、ストーリーをアルバムのようにまとめる「ハイライト機能」はインスタライブにも使えないということに。 インスタライブはリアルタイム配信であるため、制限が多いようです。 インスタライブを保存し忘れたら後から保存できるのか 自分がインスタライブを配信した場合、配信終了後は右上の「保存する」から保存できると解説しました。 では、ついうっかり「保存する」をタップするのを忘れてしまった場合、後から保存できるのか気になりますよね。 インスタライブはストーリーとは違い、アーカイブには保存されません。 よって、「保存する」をタップし忘れたら、さらに24時間のストーリーにシェアもしなかったらそのままライブ動画が消えてしまうということです。 レアリティを出したい場合には保存なし、シェアなしという手もアリかもしれませんが、せっかくなら保存したいという人がほとんどでしょう。 保存したい場合は右上の「保存する」をタップし忘れたとしても、 ストーリーにシェアは確実にやっておきましょう。 ストーリーにシェアしておけば24時間いつでもリプレイできます。 その リプレイを先ほど紹介した画面録画の方法で録画すれば、保存し忘れても後から保存が可能です。 インスタライブは制限がそれなりにありますが、ユーザーからリアルタイムにもらったコメントに答えるなど使ってみると楽しい機能です。 画面録画の方法なら「インスタライブ」ではなく「インスタストーリー」として再投稿もできます。 ぜひ使ってみてくださいね。

次の

インスタライブは保存可能?自分や他人のライブをスマホに保存する簡単な方法!|ライブ配信.net

インスタ ライブ 保存 方法

パソコンを使ってインスタグラムのウェブサイトでInstagramライブを視聴しながら録画したい場合、という録画ソフトを強くオススメしたい。 録画ソフトVideoProcを使えば、 パソコン初心者でも簡単にインスタグラムライブを高画質で録画できる。 さて、次は、録画ソフトVideoProcを使ってインスタグラムライブを録画して保存する方法を詳しく説明する。 録画を終了させたい場合、「CTRL+R」を押すと録画停止してこれまで録画したインスタグラムライブがパソコンに保存される。 まあ、VideoProc画面に戻って、右下の「STOP」クリックすれば、録画を終了することも出来る。 VideoProcのMac版であれば、iPhoneやiPadを録画することも出来る。 そうすると、iPhoneとiPadの空き容量や電量を節約することもできる。 ヒント• どんなデバイスで再生しても存分に楽しめる。 録画したインスタグラムライブ動画を簡単にトリミング、カット、合併、字幕追加・・・して投稿することが出来る。 さて、次はその方法を二つ説明する。 インスタライブ標準保存機能を使ってインスタライブを保存する インスタグラムライブ保存 iOS版Instagramの最新のVer. 12にインスタグラムライブ動画保存が追加された。 一部のインスタライブ動画が配布終了後に「Save」と書かれたボタンがアプリの右上に現れる。 そこにタップすれば動画をダウンロードできる。 が、このインスタライブ保存方法はiOSのVer. 12だけ利用でき、配布終了後に一部の動画がダウンロードできる。 好きなInstagram動画は配布後にダウンロードできるかどうかと配布中にわからなくて、視聴できるうちにインスタグラムライブ録画するほうがいい。 配布終了後にダウンロードできない動画だとわかる場合に、インスタ画面録画で保存しようもできなくなる。 また、アプリからダウンロードしたライブ動画は配信中に投稿されたコメントやいいね、視聴者数などは含まれず、動画のみが保存されます。 もっと読む:.

次の

インスタライブのコメントを非表示にして消す方法【視聴者/配信者】|アプリ村

インスタ ライブ 保存 方法

保存完了を確認 保存ボタンをタップすると自動でダウンロードされます。 ダウンロードが終われば画面真ん中に 「保存されました」の文字が出てくるので確認しておきましょう。 これで自分のスマホ端末のアルバム等を見てみると、ライブ動画がしっかりと保存されているはずです。 インスタライブの最長の配信時間は1時間。 つまり、スマホに最長1時間の動画を保存できるということですが、 動画だとその分容量を取られるので、あらかじめ容量には余裕を持っておきましょう。 保存し忘れたら後から保存できる? もし上記の方法で保存することを忘れてしまい、ライブ配信の画面を閉じてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?できれば、後からでもライブ動画を保存したいですよね。 ただ、残念ながら保存し忘れると、 どこかで保存し直すということはできないようです。 ただストーリーズに投稿することで、 そのリプレイを再生しながら画面録画を行えばライブ動画をスマホ端末に保存できます。 画面録画については、次の項目で詳しく解説するので要チェック! 他人のインスタライブを保存する方法 他のユーザーのインスタライブでは、自分がその人のファンだったり、とても勉強になる内容だったりした場合、そのライブ動画を保存して後から見直したい時ってありますよね。 しかし、 自分のライブ動画のようにどこかに「保存」ボタンがあるわけではありません。 ではどうやって他人のインスタライブを保存すれば良いのか?そのやり方をiPhoneとAndroidに分けて解説します。 iPhoneの機能を使った保存方法 iPhoneユーザーの場合、とても簡単に他人のインスタライブを保存できます。 iPhoneの標準機能として備わっている 「画面収録」機能を使えばOK! 録画中の赤帯 録画中は画面上部に赤い帯が出現します。 これがある状態だと録画しているということなのですが、 ライブ動画の視聴中は赤帯が見えません。 「うっかり録画失敗!」なんてことにならないように、あらかじめ赤帯を確認してからライブ動画を視聴しましょう! 録画した状態でインスタライブを視聴すれば、他人のライブ配信でも自分のスマホに保存できるので、とても簡単です! Androidのアプリを使った保存方法 Androidユーザーの場合でも、 iPhoneと同じく画面収録機能が付いているスマホであればそちらを使用するのが最も簡単な方法です。 しかし、画面収録機能のないAndroidもあるでしょう。 その機種を使っている場合、 録画アプリをインストールして使うのがおすすめです。 Androidのアプリには様々な録画アプリがありますが、中でも使いやすいのがこちら。 AZスクリーンレコーダー こちらの 「AZスクリーンレコーダー」では、Google Playストアからインストールすることで、ウィジェットに録画ボタンが追加されます。 保存したいインスタライブを開いた状態で録画ボタンをタップすると 開いている画面そのままを録画し始めるので、その状態でインスタライブを視聴し画面録画を行いしょう! コメントなしで保存できる? 他のユーザーのインスタライブを見ていると、他の視聴者からのコメントが表示されて邪魔に感じることはありませんか? できれば このコメントを非表示にして、純粋に映し出されている画面だけを録画したい人もいるでしょう。 実は、以前はインスタライブ中に画面をタップすることでコメントを非表示にし、もう一度タップしてコメントを表示させることができるようになっていました。 しかし、2018年からはコメントの非表示機能がなくなり、 視聴者側が自在にコメントの表示・非表示ができなくなったのです。 そのため、 コメントを非表示にした状態で他人のインスタライブを保存することはできません。 ただ例外として、 配信者があらかじめコメント欄を閉じる(コメント機能をオフ)ことで視聴者側はコメントできなくなります。 コメントが無ければ画面を邪魔するものもなくなります。 コメント欄が閉じられたライブ動画なら、画面録画をすることでコメントなしのクリアな動画を保存することができるでしょう。 芸能人のインスタライブを保存したら著作権に注意! 芸能人もインスタグラムを使う時代になりました。 日本の芸能人はもちろん、海外の女優や著名人もインスタライブを使ってファンとの交流を楽しんでいます。 もちろん、先に解説した方法であれば芸能人のインスタライブ動画も保存可能! しかし、そこで気になるのが著作権ではないでしょうか? 有名・無名関わらず、人には誰でも著作権があります。 自分が撮影した動画なら著作権は自分にありますが、他人が撮影した動画を自分が録画、つまり再撮影をしても、著作権は他人のものです。 芸能人を含む他人のインスタライブを撮影し、後から自分や身内の中だけで見返すのは問題ありません。 しかし、 その動画を他のSNSに投稿したりネットに流したりする行為は著作権違反に引っかかるので、絶対にやめましょう! こうした著作権の問題に注意すれば、他人のインスタライブ動画を何度でも楽しめるので、リテラシーを持ってライブ配信を楽しんでくださいね。

次の