うそ ぐい。 「嘘喰い」の秀逸すぎる頭脳戦!エアポーカーに張り巡らされた伏線 | MOVIE SCOOP!

嘘喰い(Usogui)の名言・名セリフまとめ

うそ ぐい

私が楽しみにしているマンガの1つに『嘘喰い』という心理戦・ギャンブルを描いたマンガがあるんですけど、もうメチャクチャ好きなんですよ。 ちょうどこの文章を書いている今、単行本の最新刊が43巻でして 『エアポーカー』というギャンブルをしています。 この『エアポーカー』なんですが、簡単に言うと 「水の入った水槽の中で空気を賭けて勝負する」ってギャンブルなんです。 もはや発想の常識を逸脱しているというか何というか・・・よくもまぁ、こんなこと思い付くなぁと。 しかも駆け引きが秀逸すぎて非常に複雑なんです。 『嘘喰い』のギャンブルは毎回複雑ですけど、今回の エアポーカーに関しては、紙に書いたりしないと本当にキツイ。 正直、3回も4回も読み直してようやく理解しました。 とにかく奥深くて駆け引きがハンパ無いんです。 今回は 『エアポーカー』の対決に焦点を絞って、嘘喰いの面白さ、魅力について書いていきたいと思います トップ画像はコミックス40巻。 スポンサーリンク Contents• エアポーカーとは デスマッチ 満々に水が注がれた空間の中で「空気の入ったチップ」を賭けて勝負します。 単位はBios 作中における仮想通貨 で、個人差はありつつも1Bios当たり約5分もつようです。 それを25枚ずつ与えられるので、それを賭けて戦い、空気が吸えなくなって溺れた方 つまり死んだ方 が負けというルールになっています。 極端な話をすれば 「空気消費量が少なければ、ギャンブルで1Bios負けていたとしても、最終的に生き残れる可能性がある」という不確定な部分も見所の1つです。 エアポーカーでの『死』とは でっかい水槽みたいな中に水を注いで対決するんですけど、椅子に座って足枷が付けられた状態で戦います。 呼吸が出来なくなった場合、筋肉から力が失われ、椅子に座っているということが出来ない状態になるでしょう。 相手の体が椅子を離れて10秒経過すると、足枷を外すための鍵が手に入り、それで足枷を外すことで上部の水の無いスペースで呼吸ができるようになっています。 しかも、作中では丁寧に 「エアポーカーにおける死の定義」についても説明してくれているんです。 パニック• こっちはソファーでゴロゴロしながらマンガを読んでるだけだからいいんですけど、もし当事者だったとしたら、精神的に揺さぶられて一気に2Biosくらい消費してしまうかもしれません。 嘘喰いに限らず、心理戦・ギャンブルを描いたマンガで人気のある作品は、この 「読者に想像させる」という部分が非常に巧みですよね。 肝心のルールは『不明』 コミックス 第40巻 『エアポーカー』とだけ聞かされて、何かしらの規則性がありそうなカード5枚ずつで勝負するという、一見『運否天賦』にも思える戦いが始まります 実際に初回の勝負は完全に『運』です。 ちなみに最初の対決は「36 VS 15」で、相手が出した「15」が勝つんですけど、ここでは8Bios失うことになります。 これがどれだけ焦るかって話ですよ。 ルールのわからんカードゲームの最初の勝負で8Bios負けるって、精神的に結構なダメージだと思うんですよね。 ポーカーって言うくらいですから、何かがポーカーっぽいってことは想像できるかと思います。 恐らくポーカーのルールを知っている人が、上記画像のような数字のカードを眺めていれば、肝心の規則性についてはすぐ理解できるんじゃないかと。 ただし、それに気付いたとして「どうやんの!? 」って思いました。 紙にも書けない、脳で記憶しておくだけで、この複雑な勝負をするって・・・。 そのあたりは、良くも悪くもマンガだなぁとは思いますが、とにかく秀逸な伏線が溢れる対決となっています。 肝心のルールについては、コミックスを買ってご確認ください。 エアポーカー編は、40巻 正確には39巻の後半からですが、40巻からでも十分 からです。 スポンサーリンク 見所 水が注がれている間 コミックス 第40巻 カードが配られて、これから命を賭けた戦いが始まるわけですけど、もし自分だったらですよ? 配られたカードを眺めて必死に規則性を探ろうとするに決まってます。 もしかすると、足から徐々に水に埋まっていく状況に怯えて、何もできないかもしれません。 そんな中 「10秒椅子から離れたら負け」という部分を 「9秒なら離れてもOK」という解釈ができるというのがすごいんです。 命が賭かってる勝負なわけですから、微量とは言え、空気を温存できるなら温存するに越したことはありませんからね。 この時点で、もしポーカー自体の勝敗がイーブンだったとして、残空気量は若干リードできるわけです。 ちなみにこれを実行したのは対戦相手の方で、主人公である嘘喰いこと斑目貘は「くっ」と言ってます。 「その手があったか!? 」と言わんばかりの表情を浮かべているわけですが、驚くのはここだけじゃないんです。 実はこのシーンには、これ以上に驚くべき伏線があるんですよ。 その真相を知ったとき、間違いなく「嘘喰い、おもしれー!」ってなるに違いありません。 規則性を見抜いた後 コミックス 第41巻 2戦目で嘘喰いが法則に気付いて、そこは勝利を収めるんですけど、なんかね・・・アレみたいですよ。 「頭を使うと酸素の消費が激しくなる」みたいですよ。 必死に考えるあまり、ゴボゴボいいながら長考する場面が目立つようになります。 しかも規則性がわかっていれば「場に出たカードのどちらが勝つか」に関しては、よく考えればわかるのですが、 問題は「規則性がわかっているからといって、勝てるカードを出せるわけではない」というのがポイントです。 そこで、嘘喰いは 「自分で解いた法則を相手に伝える」ということをします。 一見すると「なんで教えたの!? 」って思っちゃいますし、自分だったら絶対に教えてないと思うんですけど、お互いがルールを把握したうえで勝負した方が勝てると踏んだんでしょう。 戦いを傍観している人たちも「何で教えたんだ!? 」みたいなリアクションをしていましたが、これについて 俯瞰的な表現では、相手に対して「死神に引き摺り込まれた」という表現をしていました。 蓋を開けてみれば 「相手が規則を見抜けていない状況で、適当に自分の切り札を出すことを嫌った」ということらしいので、理にかなっているのはわかりますけど、なかなかできることじゃないですよね。 裏の裏 コミックス 第42巻 心理戦を描いたマンガなどの表現で、 裏の裏をかくというような「考えだすと、泥沼にハマってしまう表現」が、個人的にメチャクチャ大好きなんですけど、上記画像のシーンがそうです。 「私に思わせたいのだ」と悟ったラロ 対戦相手 ですが、そこまでラロが考えることを織り込み済みで、嘘喰いが演じているのだとしたら・・・。 というか、そういう思考に辿り着くことはわかってるはずなんですよね。 実はこの勝負の場に着くより前に、指を1本失っている嘘喰いですが、それに対して「随分苦労したようだね」と言い放ったラロ、実は心の中では 「ここまで必死に辿り着いたと私に思わせるために、彼はわざと指を落とした」と考えています。 そこまで石橋を叩いて渡るラロに対して、嘘喰いがどう欺くかというのが非常に秀逸なんですよ。 ラロは「なにかしらの地雷 罠 がある」と考えていますし、実際に嘘喰いには切り札があるんです。 その 「切り札を隠すための罠を偽装している」っていうんでしょうか。 宝箱の鍵を巧妙に隠して、その中にニセの宝を入れておいて、実はその底板の裏に本物の宝が隠されているというか 夜神月がデスノートを隠したような感じのやつです。 その一連の流れがメチャクチャ秀逸に描かれています。 「なんでこんなこと思い付くの!? 」と思わずにはいられない展開の数々が繰り広げられるんです。 これは読まなきゃ損です。 スポンサーリンク どんでん返し 最後の最後に 『大どんでん返し』が待っています。 何でもそうですが、落ち着いた瞬間が1番罠にかかりやすいものですよね。 小学生の頃に「遠足は、家に着くまでが遠足です」と言われたのを思い出しました。 この部分は実際にマンガを読んで欲しいと思います。 本当に驚きの連続です。 「『手に汗握る』ってこういうことなんだなぁ」と思うことでしょう。 驚愕の伏線 嘘喰いの伏線には本当に驚かされるのですが、今回は特に別格でした。 コミックスでいうところの29巻のワンシーンが伏線になっているんですよ。 これは 「この時点で、そういう演出を思いついていた」のか「それありきで、今回のような展開を作ったのか」どっちなんでしょうかね。 おそらく前者だとは思いますが、いずれにしても10巻以上前、それも名シーンと言えるほどのインパクトはなく、かと言って忘れるような感じでもないシーンを持ってくるという部分は、まさに鳥肌モノです。 最後に 大きく分類するとプロトポロス編の中の『エアポーカー』になりますが、最後までドキドキ&ワクワクしながら読み進めることが出来ました。 むしろ「次の展開が早く読みたい!」と思ったほどです。 最初に読んだときは全くもって理解できなかったのですが、理解したら「すげー」としか言えません。 メチャクチャ面白いです。 心理戦が好きな人には絶対に読んで欲しいと思います。 この先、どうなるかはわかりませんが、徐々に『嘘喰い』のフィナーレが近づいているような演出が、垣間見えるようになってきました。 ただ、筋書き通りに終わるような気がしないのも事実です。 この先、ますます面白くなっていくであろう『嘘喰い』、今後の展開に目が離せません。

次の

【嘘喰い】世界最強は誰だ?登場キャラ強さランキング

うそ ぐい

全長15. 5cm(オス)。 細身でオス・メス同色ですが、メスは2cmほども小さいのが普通です。 日本では全国の平地から山地の林やその周辺にある藪で繁殖します。 秋冬には山地のものは平地へ下ってきます。 その頃は「チャッ チャッ」という声を出しています。 「ホーホケキョ」。 この鳴き声ゆえに、知らぬ人はいない、日本人にいちばん親しまれている鳥といえるでしょう。 いつもヤブの中にかくれていて姿を見せないことが多いのですが、声ははっきりきこえます。 ホーは吸う息、ホケキョは吐く息、胸をいっぱいふくらませてさえずります。 「ホーホケキョ」と鳴くのは早春ということになっていますが、山登りをする人なら、「ホーホケキョ」は春先から盛夏まで聞くことができます。 早春、人里で上手に「ホーホケキョ」と鳴く練習をしていたウグイスは、春の深まりとともに山へ帰って、巣づくりをするのです。 また、オスが繁殖期に出す声のひとつを「谷渡り」といい、警戒を意味するといわれています。 うぐいす色といわれて私たちが思いうかべるのは「うぐいす餅」などの色彩ですが、実際のウグイスの羽色は緑よりも暗緑茶色です。 という鳥は、大きさもウグイスに近く、体も緑色ですから、しばしばウグイスと誤認されています。 は花の蜜を好み、梅や椿の花の咲くころ姿を見せるので、ウグイスが来たと思うようですが、実際は梅に、の方が多いのです。

次の

そばうさ

うそ ぐい

阿蘇高森は自然豊かで広大な地であるけれど、その秘境みたいなところに、「うそぐいの滝」と呼ばれるユニークな造形の名瀑があるという話を聞き、ツリーハウスを訪れたついでに行ってみることにした。 場所については、けっこう大変なところにあるのであるが、「うそぐいの滝」という語句でGoogle検索すると最初の行に出てくる、「」という記事が、滝へのガイドとして分かりやすかった。 そして「うそぐいの滝」への道は、この記事がないと、途中で不安になって引き返すであろうハードな行程であり、たいへん有用な記事であった。 というのも、県道8号線から枝道に入り、滝への遊歩道の入り口までの舗装路が、地元の軽トラ専用のような林道・農道のたぐいであり、路面は荒れているし、路肩も崩れているし、脇から笹や雑木ははみ出しているし、アップダウンは激しいわで、この道は大丈夫なのか?と、事前情報がなかったら、運転していて不安に陥る道だから。 そういうハードな道を越え、滝への入り口に到着。 車4~5台が駐車できるほどのスペースがある。 ここからはしばし杉の造成林のなかを歩き、そして本格的な山道に入る。 【うそぐいの滝へ】 川の高さまでは、急峻な尾根を下って行く。 木段、金属製のハシゴ等で整備はされているが、いちおう登山の装備(トレキングシューズ、手袋等)でないと、この道はきつかろう。 【遊歩道(?)】 川の高さまで下ると、あとは平坦な遊歩道になる。 しかし、この遊歩道はあまり踏跡ははっきりせず、ほとんど獣道の雰囲気である。 傍の崖からは、清冽な水が岩から直接流れている。 【うそぐいの滝】 やがて滝らしい水音が高く響いてくるようになると、うすぐいの滝が姿を現す。 この界隈は阿蘇の溶岩によって地形が造られているが、その岩の特徴から、地下水が岩を穿ち、岩から直接噴き出してくることによって水の流れができている。 だからどの岩からも水が勢いよく出ているが、そのなかでも、その噴出孔が多く集まっているのがこの「うそぐいの滝」。 上方の滝口には水は流れていないのに、岩壁から直接水が噴き出て、立派な滝を造っている、素晴らしい造形の美がある。 【遊歩道】 この滝はアプローチの不便さから、人訪れること少なきという事前情報だったけど、帰り道で4人組の見物客と会った。 この滝の経験者の先導とのことで、みなさんしっかりした装備をしていた。 「ひどい道のように思うでしょうけど、3年前よりは良くなってます」と言っていたので、高森の観光資源として、粛々と整備が整えられてきているみたい。 面白い滝であった。 そして滝の周りの植生から紅葉の時期はさぞかし美しく染まるであろうし、その絢爛たる風景のなかでの、白き滝の流れは絵画的な美しさを持つであろう。 そのときにまた見てみたいという気はするが、…途中の運転のことを考えると、やはり躊躇してしまうなあ。 「うそぐい」という妖怪っぽい名前から、私は滝口で佇んでいる鷽(ウソ:小鳥)を滝壺に引きずりこむような恐ろしい滝を想像したのですが、違ってました。 あまりに険しいところにあるので、ここで滝を見つけた人が他の人に滝があると言っても、それは嘘だろうと信じてもらえなかったからという説がまずあります。 それから滝の話を聞いて半信半疑で訪れた人が本当にあった滝を見て、「え~、うそ!」と驚いたという説もあります。 要するに、「うそみたいな滝」「非現実な滝」というわけです。 まあそういう滝なので、アプローチが大変です。 私としては特に駐車場まで大変だったのですが、しかし、しゅぷーるさんの車はこういうところのためにあるような車なので、そこは大丈夫だと思います。 ぜひ新緑の時期に訪れてみてください。 Posted by: 湯平 October 28, 2014 11:00 PM.

次の