処刑人2。 楽天ブックス: 処刑人2【Blu

映画「処刑人Ⅱ 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

処刑人2

ボストンを舞台に、ロシアマフィアからイタリアマフィアと、次々と極悪人たちを殺害しながら神に忠誠を誓うクリスチャン兄弟の雄姿と、敏腕FBI捜査官ウイリアム・デフォーの捜査解説をカリカチュアした喜劇的宗教啓示 刑事 犯罪アクション映画。 人間が作った法のみですべての罪人を裁けないからといって、一般人が殺人行為をしてよいものかの真面目な理論からは対極にあるコンセプトの異色さ。 ラストのドキュメント的インタビューのモンタージュに、自らを揶揄する危険な映画作りの楽しみ。 いい意味で製作者たちが映画を面白がっている。 ショーン・パトリック・フラナリー、ノーマン・リーダス共に好演だが、兄弟の個性の違いを際立たせれば、もっと面白くなり演技も輝く。 途中の殺人鬼が登場してからの脚本省略が勿体ない。 一言「クレイジー」。 以前からしょっちゅうwowowで放送してたので。 ここまで放送するなら、と見てみました。 時にFBI捜査官もそこにいるように見せる場面、なるほど。 ・死体の目にコインを置いていく(三途の川の番人に渡す、という言われ)等。 宗教的な話もあって、「ふーん、なるほどね」とうなづく。 PG12とあって、Fワード満載&血飛沫だし出血サービスなのに。 全体に漂う「宗教」的空気が、それを和らげている。 ・「必殺仕事人」が好きな方には、そっちよりなのでいいかも。 けれど、面白いのである・・。 (大変大変、不謹慎ではありますが・・。 だって、内容がねえ・・・。 ) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 主人公は、敬虔なクリスチャン(けれど、格好はヤンキー)の双子マクマナス兄弟。 と、かなり間抜けなマフィアの使い走りロッコ。 オペラを聴き、タクトを振る素振りをしながら、犯行を推理する。 ーん?今までにないパターン。 何だか面白いぞ。 彼らが天誅を下すのは、一般人ではなくマフィアのみであるので、大きな非難は起こらない・・。 <いやあ、こういう作品。 絶対メジャー配給では観れないよねえ。 ウィレム・デフォーのあの恰好には驚いたなあ、というか良く引き受けたなあ・・。 若かったのかなあ・・。 面白き、珍品である。 尚、人によっては、嫌悪感を覚えるだけかも知れないので、鑑賞前に内容確認をお願いします。

次の

映画「処刑人Ⅱ 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

処刑人2

発売日: 2010年12月22日• アーティスト: , ,• 監督:• 関連作品:• 発売元:• 販売元:• ディスク枚数: 1枚 Blu-rayDisc Video1枚• 収録時間: 117分• R指定: PG-12• メーカー品番: BLU-80002• JANコード: 4547462074096 画面サイズ:シネスコサイズ 色彩:カラー 言語: 英語 オリジナル言語 /日本語 吹替言語 音声方式: dtsHD5. 1chサラウンド オリジナル音声方式 /dtsHD5. 1chサラウンド 吹替音声方式 字幕言語: 日本語字幕/英語字幕 制作国: アメリカ 制作年:2009年 洋題:THE BOONDOCK SAINTS 2: ALL SAINTS DAY 収録タイトル: [Disc1] 『処刑人2』/Blu-rayDisc Video アーティスト:ショーン・パトリック・フラナリー/ノーマン・リーダス/ビリー・コノリー ほか 出演:ショーン・パトリック・フラナリー/ノーマン・リーダス/ビリー・コノリーほか 監督:トロイ・ダフィー 脚本:トロイ・ダフィーほか 「処刑人2」.

次の

処刑人 (しょけいにん)とは【ピクシブ百科事典】

処刑人2

ボストンを舞台に、ロシアマフィアからイタリアマフィアと、次々と極悪人たちを殺害しながら神に忠誠を誓うクリスチャン兄弟の雄姿と、敏腕FBI捜査官ウイリアム・デフォーの捜査解説をカリカチュアした喜劇的宗教啓示 刑事 犯罪アクション映画。 人間が作った法のみですべての罪人を裁けないからといって、一般人が殺人行為をしてよいものかの真面目な理論からは対極にあるコンセプトの異色さ。 ラストのドキュメント的インタビューのモンタージュに、自らを揶揄する危険な映画作りの楽しみ。 いい意味で製作者たちが映画を面白がっている。 ショーン・パトリック・フラナリー、ノーマン・リーダス共に好演だが、兄弟の個性の違いを際立たせれば、もっと面白くなり演技も輝く。 途中の殺人鬼が登場してからの脚本省略が勿体ない。 一言「クレイジー」。 以前からしょっちゅうwowowで放送してたので。 ここまで放送するなら、と見てみました。 時にFBI捜査官もそこにいるように見せる場面、なるほど。 ・死体の目にコインを置いていく(三途の川の番人に渡す、という言われ)等。 宗教的な話もあって、「ふーん、なるほどね」とうなづく。 PG12とあって、Fワード満載&血飛沫だし出血サービスなのに。 全体に漂う「宗教」的空気が、それを和らげている。 ・「必殺仕事人」が好きな方には、そっちよりなのでいいかも。 けれど、面白いのである・・。 (大変大変、不謹慎ではありますが・・。 だって、内容がねえ・・・。 ) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 主人公は、敬虔なクリスチャン(けれど、格好はヤンキー)の双子マクマナス兄弟。 と、かなり間抜けなマフィアの使い走りロッコ。 オペラを聴き、タクトを振る素振りをしながら、犯行を推理する。 ーん?今までにないパターン。 何だか面白いぞ。 彼らが天誅を下すのは、一般人ではなくマフィアのみであるので、大きな非難は起こらない・・。 <いやあ、こういう作品。 絶対メジャー配給では観れないよねえ。 ウィレム・デフォーのあの恰好には驚いたなあ、というか良く引き受けたなあ・・。 若かったのかなあ・・。 面白き、珍品である。 尚、人によっては、嫌悪感を覚えるだけかも知れないので、鑑賞前に内容確認をお願いします。

次の