ハズ ビン ホテル 公式。 ハズビン・ホテルとは (ハズビンホテルとは) [単語記事]

ハズビンホテルのスピンオフ「HELLUVA BOSS」あらすじと感想 狂ってるやつしかおらん

ハズ ビン ホテル 公式

「ハズビンホテル」()の公式スピンオフ動画「HELLUVA BOSS」(ヘルーヴァボス)が2019年11月25日に公開されていました。 地獄の治安やべ~~~~~~~~~~ 冒頭の画面やyoutubeの紹介文にも書いてありますが、マジで子供は見ちゃいけないやつ。 ハズビンに比べてだいぶ悪趣味度・グロ度が上がっているので、大人でも苦手な人はキツいかも。 ハッピーツリーフレンズに近づいてる。 広告 日本語訳について 公式のYoutubeの動画は自動生成の英語字幕のみで、ちゃんとした字幕は英語・日本語ともについていません。 部下夫婦(モクシーとミリー)のストーキングが趣味。 ルーナのことがお気に入り。 Moxxie(モクシー) I. Pの従業員。 武器のスペシャリスト。 Millie(ミリー) I. Pの従業員。 モクシーの妻。 Loona(ルーナ) I. Pの受付。 ヘルハウンド(地獄の番犬)。 Stolas(ストラス) フクロウの悪魔。 妻子持ちだけどブリッツと関係を持ち、その後も執着する変態。 Pの事業が奮わず困っているブリッツ。 ブリッツは芸能(ミュージカル劇)への憧れがあり、従業員への給料もCMに使ってしまう体たらくだった。 CMでは、I. Pは生者の世界へアクセスすることができ、現世の人間を殺すことで地獄の住人の恨みを晴らすことができると謳うも、映像の最後?ではターゲットと間違えて子供を殺してしまう。 任務が失敗したことで険悪な空気になっている事務所に、フクロウの悪魔・ストラスからエグいセクハラの電話がかかってくる。 Pが生者の世界へ行くことができるのは、ブリッツがストラスと寝て、彼が持っている魔導書を盗んだためだった。 自分たち夫婦の私生活につきまとうブリッツにモクシーがキレたりと、まだギスギスしている事務所の面々に、間違えて殺してしまった例の子供が、全員クズだと吐き捨てる。 子供が文句をたれているなか、依頼人から連絡を受けたルーナが「ターゲットはこの子供で合っている」と明らかにすると、これ幸いとその子供を殺すI. Pの面々。 現世のニュース番組で「お願い、子供を見つけて」と泣いている母親のもとに子供の死体を投げ落として終わり。 感想 狂ってるやつしかいない ハズビンホテルでアラスターさんが「地獄の連中に贖罪なんて無理」と切り捨ててたのもうなずける。 というか地獄はまだわかるけど現世の面々ですら倫理観ゼロすぎて空恐ろしい。 手術費用が無いとわかると子供ごと窓から投げ落とした医者とか。 子供殺しを依頼したのは母親かと思ったけど(自分の子供の絵が適当すぎるのと、ブリッツが最後に「Welcome! 」って言ってたことから)、I. Pが地獄の住人だけじゃなく現世の人間からも依頼を受けられるのかはよくわからない。 わかる人がいたら教えてください。 ハズビンよりエグくてキツかったのは確かだけど、 キャラクターや演出は相変わらず魅力的です。 特にストラス公はあのお綺麗なお顔と身なりでピー音連発するのが最高ですね。 すでにFワードを連発しているのにさらにピー音がかかるレベルの猥談とはいったい。 エグいのもグロいのも下ネタもばっちこいや、という方は是非見てみてください。 これ見た後にハズビンホテルを見るとチャーリーちゃんの心が綺麗すぎて癒される。

次の

ハズビンホテル パイロット版を見た感想!

ハズ ビン ホテル 公式

音楽・効果音・演出がパワーアップ! パイロット版のハズビンホテルを見た時、まず最初に思ったことが 音楽と演出が豪華になっていると感じました。 動画の前半は過去にトレーラーとして公開した映像を順につなげたものになっているのですが、 そのシーンもBGMが重厚感を増していたり、新しいSEが変更・追加されたりとパワーアップしており、ヘッドホンをしながら聞くとものすごい迫力があり、思わず見入ってしまいます。 冒頭も映像・音楽共にクオリティが高く、 チャーリーのミュージカルシーンも彼女の美声に引き込まれてしまいます。 演出の方も強化されており、例えばトレーラーにあった ニュースシーンも画面越しで見ているようなエフェクトが追加されており、よりニュースを見ているかのように感じます。 あと 奥の方にいるキャラクターがいきなりデフォルメ化するギャグ演出もクスッと笑えて好きですw 中でもとりわけ、 音声・演出で特に凝ったものになっていると感じたのが アラスター。 こちらもトレーラーと比較すると分かりやすいのですが、アラスターはかつて「ラジオデーモン」と呼ばれ恐れられたことが関係しているのか話し声がマイク越しに話しているようにぐぐもって聞こえ、 誰もいないのに時折歓声や笑い声、ノイズなどが聞こえるという、あたかもラジオで話しているかのような演出がなされていました。 特にインパクト抜群だったのが 「誰かを傷つける気なら、もうとっくにやってるさ…」(20:04)のシーン。 トレーラーと比較すると、 ノイズや映像の乱れ、画面が少しずつ得赤くなるといった演出が追加され、より恐怖を感じる仕掛けになっています。 正直このシーンはめっちゃ怖かったし鳥肌立った…。 楽天で購入 後半は完全にアラスターのペース そんなアラスターですが、 ストーリー後半にホテルを訪れてからはほぼ彼のターン。 アラスターがチャーリーと共にハッピーホテルの経営を手伝うことを宣言し、彼女自身もプリンセスとして、アラスターが凶暴な殺人鬼と知りながらも彼の力を貸すよう命令してからは、いろんな意味でやりたい放題。 アラスターの振る舞いは最初から最後まで夢中になるものばかりで、私のお気に入りキャラがアラスターであることを差し引いてもめっちゃ好きですし、 アラスターのシーンは何回でも見たくなりますね。 紳士的だが どこか相手を小馬鹿にするような軽妙なトークでいとも簡単に自分のペースに乗せ、 ホテルのスタッフとしてニフティ Niffty やハスク(Husk)を経営しているバーごと召喚したりと、ホテル経営のためとはいえマイペースで好き放題やらかしてますw そしてアラスター関連でもう1つ印象的だったのが そのチートじみた能力。 先ほどのように悪魔を自由自在に召喚・転送したり、相手の服装を変えて歌い踊ったり、極めつけは 飛行船を操縦し攻め込んできたサーペンシャスを指1本触れることなく封殺したり(本人は生きてるけど)とさすが最強の悪魔というだけあって何でもあり。 場をかき乱すトリックスター的な立ち回りとチート能力から、 つい先日完結したマイリトルポニーより、ディスコードを思い出しました。 ただアラスターは、ある意味自分の欲に忠実なディスコードに対し、 野心家というか何か腹に一物抱えつつも主人公と協力関係を築くという点では大きな違いだと思います。 楽天で購入 キャラごとに好きなシーン 今回はパイロット版という形とは言え本編が公開され、 よりキャラクターの描写が増えたことでより性格とか人間(?)関係が深く掘り下げられました。 以下、キャラクターごとの見た感想。 チャーリー 本作の主人公で地獄のプリンセスであるチャーリーですが、 今回のパイロット版では良くも悪くも若者っぽい感じがしました。 しかし 地獄の住人にやり直すチャンスを与えたいという思いは本物で、本編では夢をかなえるためこれからどのような努力を重ねていくのか楽しみです。 バギー トレーラーでは何かとキレる場面の多かったバギーですが、パイロット版では チャーリーのマネージャーとして優しく支える場面が多く見られました。 チャーリーとの会話では決して声を荒げることはなく、 彼女の前では優しい笑顔を見せてくれます。 かわいい。 逆にアラスターに対しては一切信用しておらず、チャーリーには常に見せていた笑顔は一切見せず 常に警戒心むき出しで睨みつけています。 チャーリーとバギーはまさにベストマッチなやつらで、 今後の展開でチャーリーとバギーがどういう経緯で出会い、いかにして名コンビが誕生したのかが描かれることを期待します。 エンジェルダスト エンジェルダストはハッピーホテルで更生される最初の客として招かれました。 しかし、 よりによってチャーリーがハッピーホテルの宣伝をしているまさにその瞬間に、チェリーボムと共にサーペンシャスの縄張り争いをしているところが中継されてしまう。 この間が悪すぎる偶然のせいでプレゼン作戦は大失敗。 エンジェルは陥れるつもりはなかったものの見ながら「こいつはやっちまったな…」って思いました。 常にフリーダムで我が道を行くって感じのエンジェルですが、決して終始自分勝手というわけではなく、 自分の夢を否定され落ち込むチャーリーを励まそうと声をかけようとするが適当な言葉が見つからずその場を立ち去るシーンもあり、優しいところもあるようです。 サーペンシャス 地獄の完全支配を企むサーペンシャス。 凶悪な兵器と狡猾な頭脳(?)で相手を追い詰めますが、パイロット版では どちらかというと憎めない悪役という印象が強く感じました。 時折顔芸を見せたり、縄張り争いで崩壊した看板に「Loser」(負け犬)とか「Pussy」(弱虫)と馬鹿にされたり、ホテルにリベンジに現れてもアラスターが召喚した謎の触手にがんじがらめにされて何の見せ場もなく敗北したりとどこかコミカルなシーンが多い。 他のアニメで言うところのロケット団とかばいきんまんみたいな、 悪党だけどどこか憎めないところもあるヴィランと言ったキャラになっていた気がします。 本編が公開された時もあの手この手で彼らを襲撃していくのでしょうかw ケイティ ケイティは地獄のテレビ局でキャスターを務める女性。 トレーラーの時点でチャーリーを見下す発言を連発する女王様のような性格の悪さは十分に出ていましたが、パイロット版でも チャーリーの名前を(おそらく)わざと間違える、生放送中にもかかわらず夢破れたチャーリーを「ねえ今どんな気持ち?」と大声であざ笑うなどそれに輪をかけて性格の悪さを我々視聴者に見せつけました。 またこの世界の悪魔は、何らかの動物の特徴を併せ持っているのですが、彼女も例外ではなく チャーリーに暴言を吐かれブチギレたケイティはついに本性を見せつけました。 ケイティはどの動物をモチーフにしたのか分かりませんが、 爪のような部位が複数生えていたためカニかサソリあたりかなと思っています。 ニフティ ハズビンホテルのキャラクターの中には、名前こそ明かされたもののはっきり台詞を話すシーンがなかったキャラもいます。 ニフティもその1人で、 アラスターに召喚されたのちホテルのスタッフとして働くことになります。 見た目相応に 無邪気だが礼儀正しく、蜘蛛の巣や汚れを見るや否や真っ先に取り除こうとするなどきれい好きな性格。 とにかく外見と声と言動がかわいいので、見ているだけで癒されますね。 ハスク ハスクは 黒猫の悪魔で、大きく広げた翼と血しぶきにも見える赤く長いまゆ毛が特徴。 アラスターとは旧知の仲だが、ハスク自身は彼のことをひどく嫌っており姿をあらわにするや否や怒りを露わにしていました。 ミュージカルシーンでは さりげなく指を立てているあたり、相当嫌っていますね。 バーのマスターをしているほかギャンブルにもはまっており、アラスターと再会したときには「もう少しで賭けに勝っていたのに台無しにしやがって!」的なことを言っていました。 常に笑みを浮かべているアラスターとは対照的に、 ハスクは常に何かに怒りをぶつけており常に不満を抱えているという点ではズートピアのフィニックに似ていますね。 一応は見返りとして「より客が来ることを約束しよう」という条件付きで承諾はしたものの、 ホテルのメンバーとはなれ合うことは今のところ無いようですね。 この仲が今後の展開でどう変わっていくのか…? 以上、ハズビンホテルのパイロット版を見て色々感じたことや気になっていることをまとめてみました。 一番最初のトレーラーを見た時からずっと楽しみだったアニメで、ついにパイロット版が公開という形になりましたが、 音声・演出・キャラとどれをとっても期待通りの高い完成度で何回も見たくなりますね。 パイロット版の時点でこれだけクオリティが高いのですから、 これは嫌でも本編も期待しちゃいますね。 本編が公開されるのはまだまだ先かもしれませんが、 ハズビンホテルの今後の展開がとても楽しみです。

次の

キャラクター一覧

ハズ ビン ホテル 公式

こんにちは、ayaneです。 かねてより話題となっていたカートゥーンアニメをつい最近ようやく観ました。 結果まんまと落ちたうえ、沼に全身浸かる未来もそう遠くないと自覚しているのでまず感想を書こうと思った次第です。 まだパイロット版のみの公開ですが、これを機会にファンが増えるといいな。 『ハズビン・ホテル』 Hazbin Hotel 公開日:2019年10月28日 パイロット版 制作:ヴィヴィアン・メドラーノ あらすじ 365日に1度、増えすぎた人口への対処として天使が地獄の住民を虐殺しにやって来る。 地獄生まれ地獄育ちのプリンセス、チャーリーはこの人口問題に対しもっと人道的な対処法は無いかと考え、あるアイデアを思いついた。 それは、 地獄の住民が罪の贖罪に努め、更生することで魂を天国へ送る。 というもの。 これで虐殺無しに人口問題を解決出来る! そこでこの計画を実行に移す為の施設「ハッピー・ホテル」を開設した。 インディーズのミュージカルアニメとしてカートゥーン界に現れた『ハズビン・ホテル』 こちらのアニメ、キャラクターデザインの段階だと2015年頃から進んでいたプロジェクトらしいです。 これまで予告編など短い動画のみの投稿だった中、2019年、パイロット版として30分程の動画がYouTubeの公式チャンネルにてアップされたことで注目はうなぎ登り。 手軽に観られることもあり、ありとあらゆるカートゥーン好きを沼に引きずり込んでいるキラーアニメです。 注意点があるとすれば、かなり大人向けであるという点でしょうか。 グロさはあまり無いのですが下ネタとかクスリとか…まあ舞台が地獄なので… ただミュージカルパートで作中出てくる曲は大体テンション高めの明るい曲なので終始ハッピーな気分で観れます。 画像出典:『ハズビン・ホテル』公式トレイラーより チャーリー 「ハッピー・ホテル」の創設者。 明るくて前向きなキラキラ光属性の持ち主。 歌が大好きで歌い始めたら止まりません。 しかもめちゃくちゃ上手い。 あとほっぺたがもちもち。 母がリリス、父はルシファーという最恐両親の元産まれた悪魔の子。 悪魔モードに変身すると、角が生えて目が真っ赤になります。 すごく…強そう… 画像出典:『ハズビン・ホテル』ファイナルトレイラーより バギー 死亡年:2014年 チャーリーと共にホテルを運営するマネージャー。 チャーリーを大切にしており、責任感が強くしっかり者です。 が、いかんせん地獄は頭のおかしい人達しか居ないので、癇癪持ちなこともあり作中大体ブチ切れています。 勢いでナイフ等の刃物類を持ち出すのでだいぶ危険な子かもしれない。 蛾をモチーフにデザインされた悪魔らしいです。 画像出典:『ハズビン・ホテル』公式トレイラーより エンジェル・ダスト 死亡年:1947年 地獄でゲイポルノ映画のスターとして有名なヤク中のエンジェル。 生前彼は犯罪者一家に生まれ、後に薬の過剰摂取で死亡します。 ユーモアたっぷりな歩く下ネタ。 パイロット版時点で最も下ネタを製造している問題児の彼はなんと「ハッピー・ホテル」最初のお客かつ患者です。 男性ですが女性のような見た目をしていて、特徴的な大きい胸はジャケットにより押し上げられている毛だそう。 蜘蛛の悪魔で、6本の腕を自在に操ります。 画像出典:『ハズビン・ホテル』ファイナルトレイラーより アラスター 死亡年:1933年 地獄中の権力者たちを虐殺しその様子を中継したことから「ラジオデーモン」と呼ばれている彼は生前、合衆国南部の大量殺人鬼でした。 常に笑顔で折り目正しく紳士的ですがエンジェルのセクハラ発言には一瞬言葉を失い、引いていたのが印象的です。 自身の娯楽の一端としてチャーリーに協力してくれますが共感はしておらずあくまで娯楽。 鹿の悪魔で、2本のツノが生えています。 ここまでがパイロット版で主にメインとなるキャラクターの一部です。 他にも魅力的すぎる子達が30分という時間の中で大量に登場しますが出番は少なめ… なのでここからは軽い紹介になります。 画像出典:『ハズビン・ホテル』公式トレイラーより ニフティ 死亡年:1950年代 機敏で掃除が好きな単眼の悪魔。 ホテルの従業員として雇われ、エンジェルを女性と勘違いしています。 身長や口調からロリかと思っていましたが22歳とのことです。 画像出典:『ハズビン・ホテル』ファイナルトレイラーより ハスク 死亡年:1970年代 ホテル従業員の一人で猫の悪魔。 無愛想、ギャンブラー、アル中という神器を揃えた良いおじさんです。 ウィンクと安酒で釣れるチョロいおじさん。 画像出典:『ハズビン・ホテル』公式トレイラーより サー・ペンシス 死亡年:1888年 今作の敵役である蛇の悪魔。 発明家で、マシンを作っては自信満々に攻撃してきます。 そしてやられる。 憎めない。 周りをうろちょろしてるのは手下のエッグ・ボーイズ。 画像出典:『ハズビン・ホテル』公式トレイラーより チェリー・ボム 死亡年:1980年代 単眼の悪魔で、エンジェルの親友。 サー・ペンシスのライバルであり、地獄では互いに縄張り争いをしています。 エンジェルに巨乳ちゃんと呼ばれており、実際巨乳。 と、長々紹介してしまいましたが、正直こんなものでは無いです。 喋って動くキャラは他にも居て、どのキャラも最高に魅力的。 それだけでなく、まだキャラデザのみの公開で本編に出てないキャラ、アニメの端に一瞬映るキャラ、隅々まで余すこと無く手の込んだデザイン。 必ず推しが見つかるという評判に恥じぬ余念の無さにリピートが止まりません。 皆さんも刺さるキャラが1人は居るはず。 居ると願います。 感想 キャラクターの紹介を見て頂けると分かるのですが、 字面がもう個性の殴り合いなんですよね。 情報過多でキャラ渋滞が起こりそう。 でも殴り合わない。 しかも個性達は渋滞を起こすこと無く仲良く手を繋いでこちらを殴りに来ます。 性癖となって。 私はエンジェル・ダストにだいぶ串刺しにされたクチなのですが、Twitter等を見た感じアラスターがかなり人気のようですね。 わかる。 何が良いって、彼らよく動くんですよね。 足や腕、指、瞳とか、全部が細かく動いてキャラクターを作るんです。 例えば車に乗るエンジェルが、窓をキコキコ開けたり閉めたり遊んでるところとか。 ずっと車内をジタバタ動いて落ち着かない。 そういう部分にエンジェルの性格を感じられて目が離せません。 全てのキャラにそういった細やかな動きがついているんです。 それが約30分に詰め込まれていて、ちゃんと観ようとすると全然時間が足りない。 一時停止とリピートを繰り返し倍以上の時間をかけて楽しめます。 最高ですね。 ミュージカルパートではかなりハイレベルな音楽がまた視聴者を攻撃してきます。 カートゥーンアニメ特有の非現実的な動きに合った非現実的な歌唱力をぶつけてくるという…特にチャーリーの「悪魔は皆 心に虹がある」という楽曲は凄まじくパワフルでパンチの強いものとなっています。 是非ご覧ください。

次の