三鷹市 ハザードマップ 地震。 各種ハザードマップについて 東京都府中市ホームページ

川崎市:防災マップ・ハザードマップ

三鷹市 ハザードマップ 地震

世田谷区では、区民の皆様に地震発生時の揺れやすさや地域の危険度に関する情報を提供し、事前の備えに役立てていただくこと等を目的に、世田谷区地震防災マップを作成しました。 世田谷区地震防災マップは、一定規模の地震が起きた場合の揺れやすさを示した「揺れやすさマップ」と、地域において建物に被害が生じる程度を示した「地域の危険度マップ」から成り立っています。 地震などの自然災害に対しては、日頃からの備えがとても重要です。 地震防災マップによりお住まいの地域の状況をご確認いただき、建物の耐震化や家具の転倒防止対策など、日頃からの備えにお役立てください。 なお、地震防災マップは、平成16年に内閣府が実施したケーススタディに参加し作成したデータになるため、データの更新予定はございません。 また、現在マップの配布を行っておりません。 参考として、ホームページでの公開のみとなっておりますので、ご了承ください。 揺れやすさマップについて 揺れやすさマップは、世田谷区内を震源とする直下型地震(想定 マグニチュード6. 9、震源の深さおよそ10キロメートル)が発生した場合の震度分布を作成し、50メートルメッシュ毎に震度の最大値を表現したものです。 地域の危険度マップについて 地域の危険度マップは、地震による揺れによって発生する建物被害の分布を、相対的に表したものです。 具体的には、「揺れやすさマップ」で示した強さの揺れとなった場合に、建物に被害が生じる程度を「危険度」として表しています。 この「危険度」は、50メートルメッシュ単位で分割した地域に建っている建物の中で、全壊する建物の割合により設定しています。 危険度の数値が大きくなるほど地域の建物が受ける被害が大きくなります。 マップデータ一覧 フェイルはPDF形式です。 ファイルサイズが大きいため、ダイヤルアップ等の低速回線をお使いの場合は分割版の地図をご覧ください。 なお、一部の地域は複数のファイルに分かれて記載されています。 ご了承ください。 揺れやすさマップ ファイル 内容および表示地域 全体図 揺れやすさマップの全体図 分割版1 北烏山1丁目~9丁目、南烏山1丁目~6丁目、給田1丁目~5丁目、上祖師谷1丁目~7丁目、粕谷1丁目~4丁目、八幡山1丁目~3丁目、上北沢1丁目~5丁目、桜上水1丁目~5丁目、千歳台1丁目~6丁目、船橋1丁目~7丁目、祖師谷1丁目~6丁目、成城1丁目~9丁目、砧1丁目~8丁目、砧公園、喜多見1丁目~9丁目、大蔵1丁目~6丁目、宇奈根1丁目~3丁目、鎌田2丁目~4丁目、岡本1丁目~3丁目、玉川4丁目、瀬田2丁目~5丁目、玉川台1丁目~2丁目、上野毛4丁目、用賀1丁目~4丁目、上用賀1丁目~6丁目、赤堤1丁目・3丁目~5丁目、宮坂1丁目・3丁目、経堂1丁目~5丁目、桜1丁目~3丁目、桜丘1丁目~5丁目、弦巻4丁目~5丁目、桜新町2丁目 分割版2 桜上水1丁目~5丁目、赤堤1丁目~5丁目、松原1丁目~6丁目、大原1丁目~2丁目、北沢1丁目~5丁目、代田1丁目~6丁目、代沢1丁目~5丁目、船橋5丁目、経堂1丁目~5丁目、桜丘1丁目~3丁目、桜1丁目~3丁目、宮坂1丁目~2丁目、豪徳寺1丁目~2丁目、梅丘1丁目~3丁目、若林1丁目~5丁目、太子堂1丁目~5丁目、三宿1丁目~2丁目、池尻1丁目~4丁目、三軒茶屋1丁目~2丁目、下馬1丁目~6丁目、野沢1丁目~4丁目、上馬1丁目~5丁目、駒沢1丁目~5丁目、駒沢公園、弦巻1丁目~5丁目、世田谷1丁目~4丁目、新町1丁目~3丁目、桜新町1丁目~2丁目、上用賀1丁目~5丁目、用賀1丁目~4丁目、玉川台1丁目~2丁目、瀬田2丁目~4丁目、上野毛4丁目、中町4丁目~5丁目、深沢1丁目~8丁目、等々力8丁目 分割版3 凡例、「世田谷区地震防災マップの発行にあたり」、「揺れやすさマップとは」、「地震の大きさ=震度とは何か?」、 喜多見1丁目~4丁目、宇奈根1丁目~3丁目、鎌田1丁目~4丁目、大蔵6丁目、岡本1丁目~3丁目、瀬田1丁目~5丁目、玉川1丁目~4丁目、玉川台1丁目~2丁目、用賀1丁目~2丁目・4丁目、上野毛1丁目~4丁目、野毛2丁目~3丁目 分割版4 玉川台1丁目~2丁目、用賀1丁目~2丁目、深沢1丁目~8丁目、駒沢4丁目~5丁目、駒沢公園、新町1丁目、瀬田1丁目~4丁目、玉川1丁目~2丁目、上野毛1丁目~4丁目、中町1丁目~5丁目、等々力1丁目~8丁目、野毛1丁目~3丁目、玉堤1丁目~2丁目、尾山台1丁目~3丁目、奥沢1丁目~8丁目、玉川田園調布1丁目~2丁目、東玉川1丁目~2丁目 地域の危険度マップ ファイル 内容および表示地域 全体図 地域の危険度マップの全体図 分割版1 北烏山1丁目~9丁目、南烏山1丁目~6丁目、給田1丁目~5丁目、上祖師谷1丁目~7丁目、粕谷1丁目~4丁目、八幡山1丁目~3丁目、上北沢1丁目~5丁目、桜上水1丁目~5丁目、千歳台1丁目~6丁目、船橋1丁目~7丁目、祖師谷1丁目~6丁目、成城1丁目~9丁目、砧1丁目~8丁目、砧公園、喜多見1丁目~9丁目、大蔵1丁目~6丁目、宇奈根1丁目~3丁目、鎌田2丁目~4丁目、岡本1丁目~3丁目、玉川4丁目、瀬田2丁目~5丁目、玉川台1丁目~2丁目、上野毛4丁目、用賀1丁目~4丁目、上用賀1丁目~6丁目、赤堤1丁目・3丁目~5丁目、宮坂1丁目・3丁目、経堂1丁目~5丁目、桜1丁目~3丁目、桜丘1丁目~5丁目、弦巻4丁目~5丁目、桜新町2丁目 分割版2 桜上水1丁目~5丁目、赤堤1丁目~5丁目、松原1丁目~6丁目、大原1丁目~2丁目、北沢1丁目~5丁目、代田1丁目~6丁目、代沢1丁目~5丁目、船橋5丁目、経堂1丁目~5丁目、桜丘1丁目~3丁目、桜1丁目~3丁目、宮坂1丁目~2丁目、豪徳寺1丁目~2丁目、梅丘1丁目~3丁目、若林1丁目~5丁目、太子堂1丁目~5丁目、三宿1丁目~2丁目、池尻1丁目~4丁目、三軒茶屋1丁目~2丁目、下馬1丁目~6丁目、野沢1丁目~4丁目、上馬1丁目~5丁目、駒沢1丁目~5丁目、駒沢公園、弦巻1丁目~5丁目、世田谷1丁目~4丁目、新町1丁目~3丁目、桜新町1丁目~2丁目、上用賀1丁目~5丁目、用賀1丁目~4丁目、玉川台1丁目~2丁目、瀬田2丁目~4丁目、上野毛4丁目、中町4丁目~5丁目、深沢1丁目~8丁目、等々力8丁目 分割版3 凡例、「地域の危険度」、「地域の危険度マップとは?」、「建物の耐震化が重要です」、 喜多見1丁目~4丁目、宇奈根1丁目~3丁目、鎌田1丁目~4丁目、大蔵6丁目、岡本1丁目~3丁目、瀬田1丁目~5丁目、玉川1丁目~4丁目、玉川台1丁目~2丁目、用賀1丁目~2丁目・4丁目、上野毛1丁目~4丁目、野毛2丁目~3丁目 分割版4 「家具などの地震対策も重要です」、 玉川台1丁目~2丁目、用賀1丁目~2丁目、深沢1丁目~8丁目、駒沢4丁目~5丁目、駒沢公園、新町1丁目、瀬田1丁目~4丁目、玉川1丁目~2丁目、上野毛1丁目~4丁目、中町1丁目~5丁目、等々力1丁目~8丁目、野毛1丁目~3丁目、玉堤1丁目~2丁目、尾山台1丁目~3丁目、奥沢1丁目~8丁目、玉川田園調布1丁目~2丁目、東玉川1丁目~2丁目 添付ファイル•

次の

江東区防災マップ|江東区

三鷹市 ハザードマップ 地震

三鷹市は武蔵野台地の中央部南端にある。 西南端の一部、野川の流れる低い面(立川段丘-下位面)と、市域のほとんどを占める一段高い面(武蔵野面-中位面)、そして牟礼の東京女子大学にはさらに高い面(下末吉面-高位面)がわずかに残り、複雑である。 この崖は旧多摩川が浸食したもので、崖下には今の多摩川と同じ河床礫が堆積している。 国交省国土調査課 土地分類調査(垂直調査)より 三鷹市(図 中ほど)の 西東 地質断面図 三鷹市で 地盤の良い所• 地質調査業 ジオテック(株)社 の 解説を見てみる• 同社の住宅地盤情報提供システム で市内の調査結果を見てみる• 東京都土木技術センター で の地質調査地点を見てみる• 東京都建設局 で の危険箇所・危険区域を見ておく• 三鷹市の新築分譲マンション• 三鷹市の新築一戸建て• 三鷹市の土地• 三鷹市の中古マンション• 三鷹市の中古一戸建て• 三鷹市の賃貸 ただし 地震の規模や震源の深さによっては... たとえ良い地盤であっても強く揺れるんでしょうね。 首都直下地震の被害想定(概要)で、タイプ別に想定された地震の震度分布を見比べてください。 武村雅之氏の論文にある 「1923年関東地震による旧東京市15区の震度分布」 図では、隣り合った街でありながら、最大震度7の所と5弱の所があるのが、見て取れます。 揺れ方の違いを分けたのは、低地と台地。 今では同じような地形でも 「1460年頃の江戸の地形」 を見ると、当時はそこに川の流れが。 詳しくは、下記のPDFファイルをご覧ください。 city. mitaka. tokyo. kensetsu. metro. tokyo. kensetsu. metro. tokyo. kensetsu. metro. tokyo. bousai. jaee. mlit. pdf 5万分の1 土地分類基本調査 (三鷹市は に収録) (1309L. jpg 1653KB) (1309G.jpg 1551KB) (1309S.jpg 1494KB) (1309U.jpg 1012KB) (1309LR.jpg 474KB) (1309GR.jpg 724KB) (1309SR.jpg 692KB) (1309t.pdf 4770KB) 住まい探しにたいへん役立つ資料ですが、「画像データは大容量となります。 お使いのパソコンの環境などによって正しく表示されない場合や、表示までに時間がかかる場合がございますが、ご了承ください。 」 との注意書きがあります。 ファイルの開きすぎに お気をつけてご覧ください。

次の

三鷹市防災対策

三鷹市 ハザードマップ 地震

災害はいつ発生するかわかりません。 万が一の事態に遭遇した際、スムーズな避難や救出、救護活動を行うためには、日頃から家族や地域の方々が、避難場所や地域防災拠点等を確認しておくことが重要です。 このページでは、市内における地震、風水害等の災害による被害想定に関する情報や、地域防災拠点、指定緊急避難場所、指定避難所等に関する情報などを提供します。 災害種別ごとに避難所が変わってきますので、万が一の際に自分がどこに避難すればいいか、災害ごとに事前に確認しておきましょう。 避難所などの詳細については、下記のリンクよりご確認ください。 変更となった内容については、市のホームページにも掲載していますので、下記のリンクよりご確認ください。 防災マップ 防災マップは、地域防災拠点、指定緊急避難場所、指定避難所、福祉避難所、医療救護拠点、救護所、AED設置施設、土のうの設置場所等の情報を記載しております。 このマップに記載のない避難施設については、水害時に使用できない避難施設となります。 このマップは、国土交通省が平成28年5月30日に指定、作成した洪水浸水想定区域図をもとに作成しています。 また、このマップには、過去の大雨により内水氾濫のあった区域も記載しています。 詳しくは下記のリンクよりご確認ください。 土砂災害ハザードマップ 平成26年3月に坂戸市多和目、西坂戸3丁目地内の土砂災害危険箇所及びその周辺が、土砂災害防止法に基づき土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域に指定されました。 その土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域を基に、避難の情報等を記載しています。 地震ハザードマップ 揺れやすさマップ 坂戸市に大きな影響を及ぼすと想定した地震(関東平野北西縁断層帯地震による地震)が発生した場合に、地震の震源からの距離と地域の表層地盤の状況から、地域ごとの震度として揺れやすさを示しています。 計算のための単位は50mメッシュで、「揺れやすさ」を震度でランク分けしています。 液状化危険度マップ 坂戸市に大きな影響を及ぼすと想定した地震(関東平野北西縁断層帯地震による地震)が発生した場合に、地形の状況と地表での地震動から評価して、建物・堤防・橋梁・ライフライン施設などに影響を及ぼす液状化がおきる危険度の大小を示しています。 計算のための単位は250mメッシュで、「液状化可能性」をランク分けしています。 建物倒壊危険度マップ 揺れやすさマップで示した揺れとなった場合に、著しい被害を受ける建物(全壊する建物)の割合を50mメッシュ単位で表したものです。 このマップで示す建物全壊率は、地域としての建物被害の危険性を示したものであり、個々の建物の危険性を示すものではありません。

次の