離乳食 さつまいも 冷凍。 離乳食に!さつまいもとバナナのおやき♡冷凍保存◎ レシピ・作り方 by Ayaka116|楽天レシピ

離乳食を冷凍保存!方法や期間は?おかゆを冷凍するコツは?

離乳食 さつまいも 冷凍

水にさらしてアク抜きを 良いさつまいもを見分けるには、太さとひげをチェックしましょう。 ぷっくりと太くて、ひげがないものがおすすめです。 さつまいもは、アクが強い野菜なので、この アクを抑えるために、皮は厚めにむいて、適当な大きさに切ったら水にさらしてアク抜きをしましょう。 さつまいもの皮部分は、消化しにくいので離乳食には使わないように。 アク抜きをしたら、茹でて、離乳食初期なら裏ごしをします。 中期以降なら、茹でたり、ふかしたりした後に、スプーンなどで潰すだけでOKです。 後期なら、加熱したさつまいもを潰さずに食べられるようになります。 冷凍保存もできるので、まとめて調理して作り置きしておくと便利ですよ。 さつまいもの皮をむいて適当な大きさに切り、10分程水にさらす。 鍋に水を入れて、柔らかくなるまでさつまいもを煮る。 2の茹でたさつまいもをフォーク等で潰す。 りんごの皮をむき、すりおろす。 ボールにさつまいもとりんご、その他の材料を加えてよく混ぜる。 シリコンカップに取り分けて、600Wの電子レンジで約1分10秒加熱する。 加熱が足りない場合は追加で加熱し、完成。 りんごの他にさつまいもの甘みを借りて、苦手野菜を加えても良いですね。 さつまいもを適当な大きさに切って水にさらす。 茹でるか電子レンジで加熱して柔らかくする。 2を熱いうちに潰す。 ほうれん草を茹でて、月齢に合わせた大きさに刻む。 さつまいも、ほうれん草、さらに塩と片栗粉を加えてよく混ぜ合わせる。 5を食べやすい大きさに成型する。 フライパンにオリーブ油を熱し、両面に焼き色がつくまで焼いたら完成。 ほうれん草などの葉物野菜も、甘いさつまいもと一緒におやきにすれば、パクパクと食べやすくなりますよ。 苦手野菜を加えてもいいですね。 たまねぎ、さつまいもを柔らかくなるまで茹でて、細かく刻む。 鶏ささみの筋を取り除き、茹でて細かくほぐす。 うどんは1cm程度に刻み、柔らかく茹でる。 すべての材料を鍋に入れ、ひと煮立ちさせる。 しょうゆで味をととのえ、水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。 食欲のない時もスルっと食べられるうどんは、ストックしておくと便利な食材です。 さつまいもの甘みと、たまねぎと鶏ささみのうまみで食が進む一品です。 材料と作り方 出典: 【材料】 ・食パン(8枚切り又は10枚切り)1枚 ・さつまいも(ペースト)大さじ1弱 ・ツナ水煮缶 小さじ1弱 【作り方】 1. さつまいもの皮をむいて、鍋で柔らかくなるまで茹でる。 1を潰してペースト状にする。 ツナはザルに入れ、熱湯をまわしかけて塩抜きする。 食べにくい場合は、包丁で細かく刻む。 2と3をよく混ぜる。 まとまりにくい場合は、少量のお湯で伸ばす。 食パンの耳を切り、1枚を半分に切って、片面に4を塗る。 もう半分を挟んでサンドし、食べやすい大きさに切れば完成。 手づかみしやすいサンドウィッチが食べられるようになると、おでかけの時も便利ですね。 食べにくい場合は、ラップを使って手で少し潰しておくと食べやすくなります。 食べやすい大きさにカットしてあげましょう。 たまねぎ、にんじん、さつまいもを月齢に合わせた大きさに刻む。 さつまいもは、5~10分程度水につけ、アク抜きをする。 ささみは薄皮と筋をとり、ミンチ状にみじん切りにする。 鍋に1の野菜と水を入れ、フタをして煮込む。 沸騰したらささみを加え、ささみがほぐれるように軽く混ぜたら、再びフタをして弱火で30~40分煮込む。 野菜が柔らかくなったら牛乳を加え、さらに10分程度煮込む。 フタを開けて火を止め、片栗粉がダマにならないよう少量ずつ混ぜながら加える。 再び火にかけ、とろみがついたら完成。 牛乳に抵抗がある場合は、余った粉ミルクを代用しても良いですね。 具だくさんで栄養価も高い一皿なので、食材の大きさや種類をアレンジすれば大人までおいしく食べられます。

次の

さつまいもは離乳食におすすめの食材!下ごしらえや冷凍方法も

離乳食 さつまいも 冷凍

さつまいもに含まれる栄養素は? 離乳食におすすめな理由 さつまいもに含まれる主成分は「でんぷん」です。 このでんぷんは加熱によって甘みが増します。 またビタミンCやB1、B6、などを豊富に含み栄養価が高いのが特徴です。 さらにさつまいもを切って出てくる白い液はヤラピンという成分です。 この成分は腸の動きを活発にしてくれるので赤ちゃんのお通じが良くなることも期待できます。 さつまいもの優しい甘味は赤ちゃんが食べやすく、煮込むととろみ付けにもなるので離乳食に適した食材と言えます。 さつまいもは加熱し柔らかくなればペースト状に加工もしやすく、離乳食のアレンジレシピも豊富なので、離乳食に取り入れやすいですよ。 さつまいもを赤ちゃんに食べさせる時の注意点 さつまいもは離乳食にぴったりの食材ですが、先端は繊維質が多く固まっている場合があるので中央部分の柔らかい部分を使いましょう。 赤ちゃんに初めてさつまいもをあげる時は、赤ちゃんの体調が良い時に試し、食べてから変化がないかなど食後の様子をしっかり見る必要がありますね。 さつまいもを水にさらしてから調理する さつまいもは アクが強いので離乳食に使う場合は必ず水にさらしましょう。 離乳食に使うさつまいもは、皮をむき、調理しやすいように輪切りにしたさつまいもを水にさらす方法がおすすめです。 皮のすぐ下にアクの成分があるので、さつまいもの皮は厚くむいてから水にさらしましょう。 水にさらす際のさつまいもの厚さにもよりますが、 5分~15分程を目安に水にさらします。 さつまいもを水にさらすことは、アクを抜くだけでなく変色を防ぐ効果もありますよ。 アレルギーに注意する 赤ちゃんが初めて食べる食品はアレルギーが心配ですよね。 さつまいもは食品表示法に含まれていない比較的アレルギーの心配が少ない食材ですが、全く心配がない訳ではありません。 さつまいもに含まれるデンプンやタンパク質が原因でアレルギーを発症することもあるので、赤ちゃんが初めてさつまいもを食べる際は、他の食材と同様に離乳食スプーン1さじからあげるようにしましょう。 様子をみながら少しずつ量を増やしていけるといいですね。 加熱する さつまいもの下ごしらえの方法の一つは加熱です。 さつまいもは加熱すると甘みが増し、柔らかくなるので離乳食の下ごしらえにぴったりです。 電子レンジで加熱 さつまいもは電子レンジで簡単に加熱することができます。 さつまいもを水洗いし濡れたペーパータオルでくるみ、その上からラップでさらにくるみます。 加熱時間はさつまいもの大きさにもよりますが600Wで1分~2分程度加熱し、竹串がスッと刺されば出来上がりです。 離乳食に少量だけ使いたい時は、さつまいもの皮をむいて輪切りにして加熱しましょう。 さつまいもは2㎝程度の厚さの輪切りだと熱が通りやすいのでおすすめです。 鍋で柔らかくなるまで茹でる さつまいもを鍋で茹でると、水分を含んだ分柔らかくなり、離乳食の加工がしやすくなります。 さつまいもは丸ごと茹でることもできますが、30分以上時間がかかってしまうので、切ってから茹でる方法がおすすめです。 切ったさつまいもを鍋に入れ、かぶる程度の水を入れ火を付けます。 茹で時間の目安は1㎝輪切りで5分、1. 5㎝輪切りで8分程です。 炊飯器でご飯と一緒に炊く さつまいもは炊飯器でも加熱がすることができます。 炊飯器で加熱する場合も、調理しやすいように、切ってから加熱するといいでしょう。 炊飯器にさつまいもと水を入れスイッチを押すだけで完了です。 炊飯器でさつまいもを加熱する時は火加減などを見ておく必要がないので、便利ですよね。 さつまいもの大きさにより一緒に入れる水の量の調節が必要ですが、100㏄~さつまいもが隠れる程度の水の量をおすすめしているレシピがあります。 さつまいもをそのまま、もしくはアルミホイルに包みお米と同時に炊く方法もあるので試してみたいですよね。 ご飯を炊くついでにさつまいもの加熱ができれば、一石二鳥ですね。 赤ちゃんの月齢に合わせて「すりつぶす・刻む」 加熱したさつまいもは月齢や赤ちゃんの食べ進み具合に合わせてすりつぶしたり、刻んだりして調理します。 離乳初期では、裏ごし器を使い、さつまいもの繊維質が残らないようペースト状にしましょう。 離乳中期、後期と進むにつれ、さつまいもの形状を徐々に大きくしていきます。 さつまいもが少量の場合はフォークの背や裏ごし器でつぶし、量が多い場合はジップロックなどに入れて綿棒でつぶす方法がおすすめです。 さつまいもの硬さを少しずつ残していくことで、離乳食で赤ちゃんの噛む練習にもなりますよ。 さつまいもの離乳食は冷凍保存できる? さつまいもの離乳食は冷凍保存できます。 冷凍保存する際は、加熱して裏ごしをしたさつまいもや細かく刻んださつまいもをフリーザーパックやラップ、製氷皿に入れて小分けして冷凍します。 赤ちゃんの成長に合わせて、1食分に使う量を小分けして保存しておくと、離乳食の準備の際に便利ですよ。 冷凍したさつまいもは、加熱して使用しましょう。 離乳食用の製氷皿にはフタが付いているものもあるので、ぜひチェックしてみてください。 ジップロックで保存する場合は空気しっかり抜いてから平にし、1回の量にすじ目をつけると使いやすいのでおすすめです。 冷凍したさつまいもは2週間程保存することができます。 さつまいもを選ぶ時のポイントは? おいしいさつまいもを選ぶ時は、さつまいもの皮の色を見ます。 さつまいもの皮の色が鮮やかででツヤがあり傷や斑点のないなめらかなものを選びましょう。 さつまいもの品種により太さもさまざまですがふっくらしていて、密が出てきているものが甘いさつまいもの目印です。 細くひげ根のあるものは繊維が多くて離乳食には適しません。 さつまいもの正しい保管方法は? さつまいもは 新聞紙に包んで涼しい場所で保管しましょう。 さつまいもは寒さに弱いので冷蔵庫には入れないで保存しましょう。 保存状態によりますが、さつまいもは約2週間~数ヶ月保存することができます。 さつまいもに土がついた状態だとより長く保存できますが、スーパーで売っているものは土が落とされているものが多いので、早めに食べることをおすすめします。 さつまいもと食べ合わせがいい食材は? さつまいもと食べ合わせが良い食材を紹介するので、参考にしてみてくださいね。 みそ さつまいもとの食べ合わせがいい食材の1つ目は「みそ」です。 みそはさつまいもに不足するタンパク質を補ってくれます。 さらにみその中の乳酸菌がさつまいもの食物繊維と一緒に腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。 みそ汁の具材にさつまいもを入れるのもおすすめです。 甘みのあるみそ汁になり、お湯に溶け出した栄養ごと食べることができますよ。 だしを強めに効かせてみそを少なめにすることでさつまいもの甘みが引きたちます。 赤ちゃんとパパママが同じメニューを食べられる点も嬉しいポイントですね。 りんご さつまいもとの食べ合わせがいい食材の2つ目は「りんご」です。 りんごもさつまいもも食物繊維が豊富なので便秘気味の赤ちゃんにおすすめです。 りんごの水分がさつまいもを食べやすくする効果もあり離乳食によく使われる組み合わせです。 りんごとさつまいもを一緒にコンポートするとおやつになります。 旬の時期に多めに作っておけば冷凍もでき、大人はシナモンをかけると立派なデザートになりますよ。

次の

サツマイモ(応援!“離乳食”)

離乳食 さつまいも 冷凍

離乳食にじゃがいもはいつから?初期からOKで世界の離乳食で活躍する芋類!? 離乳食にじゃがいもは炭水化物が多く、味が淡白なのでたくさんの食材と合わせやすいので、お粥に慣れてほどなく、 離乳食開始から数週間で使える芋類です。 糖質が多いのでマッシュしておやきなどでたっぷり食べさせれば主食に、使う量が少なければ副菜になります。 アイルランドなどの北欧やドイツでは、じゃがいもは日本でいう白米に相当していた歴史もあり(現在では食の多様化により「主食」という意識は薄れたが、それでも消費量はかなりのもの)、お米を離乳食にあまり使わない国では、オートミールなどの穀物とともに、じゃがいもをマッシュしたものを赤ちゃんに与えて炭水化物を補っています。 初期(5ヶ月)はペーストにし、中期以降もとろみをつけたいときにも活躍 じゃがいもはアレルギーの心配が少なく、消化の負担も少ないので離乳食初期から使えます。 ただし、じゃがいもだけでは水分が少ないので 初期に使う場合は、必ず水分を補ってペースト状にして使いましょう。 また、片栗粉の原材料もともとはカタクリという植物でしたが、現在では馬鈴薯のでん粉が主流です。 すりおろしたじゃがいもはとろみづけに使えるので、中期(7ヶ月・8カ月)以降も赤ちゃんが飲み込みにくい食材を混ぜるのにも重宝します。 離乳食のじゃがいもの形状や大きさの目安は? じゃがいもを離乳食で使う際の大きさの目安は次の通りです。 離乳食初期(5~6ヶ月) じゃがいもを茹でる・レンジで加熱するなどして、水分を加えて裏ごししペーストにする。 離乳食中期(7~8ヶ月) ペースト~マッシュポテト程度。 じゃがいもを茹でるかレンジで加熱し、フォークやすり鉢でつぶすのが良い。 離乳食後期(9~11か月) じゃがいもを5㎜角程度の粗いみじん切りにし、レンジで加熱するのが簡単。 大量に作る場合は鍋で茹でる。 離乳食完了期(1歳~) じゃがいもを8㎜角程度に刻み、加熱する。 柔らかく加熱してスティックにしてもOK。 【注意】じゃがいもの芽や緑色の皮には毒があるので必ず取り除く じゃがいもの芽には、自らが敵に食べられないようするためにソラニンやチャコニンという毒素があり、食べると食中毒を引き起こす原因になります。 ソラニンやチャコニンは 芽だけでなく未熟な場合や光が当たって緑色に変色した皮にも多く作られます。 じゃがいもを選ぶ時は、皮が緑に変色していないことと芽が出ていないことを確認してください。 また、じゃがいもに含まれる毒素は茹でても減らないため、 芽が出たり、皮が変色している場合は厚めに皮をむいてしっかりと芽を取り除き、小さいものや家庭菜園で収穫したじゃがいもの中には未熟なものがあるので、芽が出ていない場合でも必ず皮をむいてから加熱処理するようにしましょう。 離乳食におすすめのじゃがいもレシピ じゃがいもは味にクセがなく、加熱すると甘みが引き出されるので、色々な食材と組み合わせることができ、切り方を工夫すれば調理の幅も広いので離乳食でも重宝します。 じゃがいもを使った簡単に作れる初期から完了期までのおすすめレシピをご紹介します。 初期(5ヶ月・6ヶ月)のじゃがいもレシピ 離乳食開始後数週間~1ヶ月程度経ったらじゃがいもだけを使ったペーストで、まずはじゃがいもの味、色、においを赤ちゃんに知ってもらいましょう。 じゃがいもの味に慣れてきたら、にんじんなどの食べ慣れた鮮やかな色のペーストや調乳済みのミルクで伸ばしてアレンジしてみましょう。 じゃがいもとにんじんのペースト 材料• 塩 少々• じゃがいもは皮をむき、スライサーで薄切りにして水に10分つけます。 1のじゃがいもの水気をキッチンペーパーなどでしっかりとふき取り、耐熱皿に重ならないように並べて、電子レンジ600Wで3分加熱して塩をかけます。 じゃがいもは冷凍できる!上手なフリージング&解凍のポイント じゃがいもを離乳食用だけに毎回つぶしたものを用意するのは面倒なので、まとめて下ごしらえしたものを冷凍保存しておくと便利です。 じゃがいものフリージングのポイントをご紹介します。 離乳食の時期を問わず、冷凍するならマッシュ状にするのがコツ ジャガイモは大きめの形状で冷凍すると、解凍したときに水分が抜けてぼそぼそとおいしくない食感になってしまうので、基本的に 冷凍する場合はつぶして、マッシュ状にします。 つぶしたジャガイモは、離乳食初期や中期なら出し汁や粉ミルクを加えてペーストにしやすいです。 また、本来なら離乳食後期からは角切りのジャガイモが食べられますが、マッシュしたジャガイモは 手づかみ食べ用にコロッケやニョッキ、おやきなどに成型して使えますので、上手に活躍させていきましょう。 じゃがいもは生のまま冷凍することも可能!ただし離乳食ではかえって面倒? じゃがいもは火を通さず、生の状態のままなら、皮つきのままの丸ごとでも、肉じゃがに使うぐらいの大きさでも、フライドポテトのような細長い形状でも、水にさらしてから冷凍保存できます。 生のままのじゃがいもは、解凍してもぼそぼそとした食感になることはありません。 ただ、離乳食に使う場合、冷凍したじゃがいもは結局電子レンジで解凍し、裏ごしするか小さくカットすることになります。 どうせ裏ごしたり、粗目につぶすのなら加熱後にマッシュ状にして冷凍しておいた方が面倒がありません。 ラップやフリーザーパックなどの包装で密封して、しっかり空気を抜く(空気が入っていると冷えにくい)。 形を薄くすることで冷ましやすくする• 熱伝導率の高いアルミホイルや金属製のバットに乗せて冷ましやすくする じゃがいもは自然解凍ではなく、電子レンジで短時間で再加熱 冷凍したじゅがいもを解凍して使う場合には、電子レンジを使って短時間で再加熱するとパサつきが抑えられます。 使いやすいように、冷凍する際には使い切りサイズに包装する、もしくはフリーザーパックに入れて箸などで切り分け線を付けるようにしましょう。 【離乳食テクニック】じゃがいもの加熱や皮剥きのは電子レンジが簡単! レンジと鍋を使ったじゃがいもの離乳食の下ごしらえの方法を紹介します。 離乳食にじゃがいもを使う場合、面倒に感じるのがじゃがいもの皮をむき、鍋で茹でる作業です。 離乳食にだけじゃがいもを使いたい場合には、少量の調理であれば電子レンジを使うことで解決します。 【電子レンジで加熱する方法】じゃがいもに切れ目をいれて皮ごとでOK 芽が出ていないじゃがいもや皮の薄い新じゃがは、皮ごと電子レンジで加熱できます。 真ん中に切り込みを入れ、ラップに包んで100g程度の中サイズで 600W4分~5分加熱しましょう。 切れ目が入っているので手でも簡単に皮がむけますが、キッチンペーパーで押さえながら剥がしていくのが火傷予防の観点からはオススメです。 じゃがいもをつぶすときは、熱いうちに行った方がつぶしやすくなります。 温度が下がることによってじゃがいもの粘り成分が強くなることが原因です。 レンジで加熱した場合、再度ラップに包んでフォークの背を使ってつぶします。 粗熱がとれていて既に熱くない場合は手でもOKです。 【鍋で加熱する方法】じゃがいもを鍋で茹でるときのポイント 離乳食用に大量に下ごしらえする場合や大人用のポテトサラダやマッシュポテトなどを一緒に作る場合は、鍋で茹でるのがオススメです。 じゃがいを茹でるときは水からゆっくり時間をかけて! 鍋でじゃがいもを茹でる場合、外側だけが加熱されすぎることのないように、 水から茹でるのがポイントです。 沸騰したら火加減は中火~弱火にし、10~15分程度経ったら竹串など中まで火が通ったか確認してください。 おいしさや栄養素を逃がさないためには、皮つきのまま茹でるのが良いとも言われますが、皮つきのまま茹でると水が濁りますし、加熱後の皮むきも大変なので、好きな方で良いでしょう。 大量のじゃがいもはボウルに入れて、マッシャーやブレンダーを使ってつぶします。 ビニール袋に入れてのし棒を使うという方法もあります。 皮むきしたじゃがいもは水に浸して変色を予防しておく じゃがいもを長期保存してうっかり芽が出てしまった場合や、チップスやフライドポテトに使う場合は皮をむいて下処理する必要があります。 生のじゃがいもの皮をむいた後は、変色防止と切り口のでんぷん質を洗い流して調理しやすくするために、10分程度水に浸すことが必須で一般的にはあく抜きと呼ばれています。 水に浸した後に加熱するときは、皮ごとの場合と同様ですが、加熱時間は皮つきよりも短くして調整しましょう。

次の