確定 申告 シャチハタ。 確定申告期に多いお問合せ事項Q&A|国税庁

確定申告のときに税務署に提出する持ち物チェックリスト【ガイドが音声・動画で解説】 [確定申告] All About

確定 申告 シャチハタ

確定申告などの重要な書類はできるだけきれいに仕上げたいものですよね。 とはいえ、どれだけ慎重に書いていても記入ミスしてしまう事はありますから、訂正の仕方や訂正印の使い方が気になるところです。 実は確定申告書の正しい訂正の仕方は一つではなく、いくつかのやり方が認められています。 ここでは、確定申告での書き間違いの訂正の仕方について、以下の様に解説しています。 確定申告書に押す訂正印や訂正の仕方について• 手書き以外の申告書の訂正方法• 確定申告書の訂正についてのまとめ この記事を読んでいただければ、確定申告書を書き間違ってしまった時の正しい訂正の仕方について理解が深まり、毎年の申告書の作成の時に迷わなくなるでしょう。 どうぞ最後までお読みください。 記入ミスをした箇所に二重線を引いて線の上に訂正印を押す方法は昔から使われており、今でも 契約に関する書類などにはよく使われる手法です。 確定申告書の訂正の時には訂正印を押す必要はないのですが、押しても特に問題はありません。 訂正印には、「印鑑を押した人が確認した」という意味も込められています。 確定申告書には第1表に 申告者の印鑑を押すところがあり、訂正印を押すときは なるべく同じ印を押した方がよいでしょう。 会社などで書類にはシャチハタを使っているという人は、訂正印にも使えるのか気になるかも知れませんね。 普段便利に使っているシャチハタですが、 正式な書類には使うべきではなく、申告書にも使えないので、 訂正印としても使用は控えるべきです。 同様に名前のゴム印も使用できません。 確定申告書を提出した後に、記入ミスに気がついた場合は以下のように対応しましょう。 提出期限内の場合は 「訂正申告」 提出書類は、最後の申告書が有効となりますので、正しい申告書を再提出します。 上部余白に赤で「訂正申告」と記しておくとなお良いでしょう。 提出期限後、税金を払いすぎた場合 「更生の請求」 税金を納めすぎた、還付金が少なかったときは「更生の請求書」と証明書類を提出します。 申告期限から5年間であればいつでも可能です。 提出期限後、払った税金が少なかった場合 「修正申告」 必要な税金を納めていなかったり、還付金を多く受け取っていたときは、すぐに「確定申告書B第一表」と「修正申告書」を提出します。 提出する日に延滞税とあわせて支払います。 もし指摘を受けた場合は過少申告加算税も支払う義務があります。 家賃収入や、株取引・投資信託等で 利益を得た場合 公的年金を受け取っている方 公的年金等控除額よりも 年金額が上回る場合 ただし、確定申告不要制度に該当する場合は不要 また、2ヶ所以上で給与がある、副業がある、収入が2000万円以上ある、退職金を受け取ったが源泉徴収されていないなどの場合も確定申告が必要とされています。 また還付作業を行うとよい方は• 年間10万円以上の医療費を払った: 医療費控除• ふるさと納税などの寄付をした: 寄付金控除• 住宅ローンを組んだ1年目: 住宅ローン控除 など、各控除により 税の軽減措置が受けられます。 該当する方は、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。 ここまで確定申告書の書き間違いと訂正印の使い方について説明してきましたが、いかがでしたか。 この記事のポイントをまとめると以下の様になります。 確定申告書を訂正する時は間違えた場所に二重線を引いて、近くに正しいものを記入する• 訂正印は押しても押さなくても良いが、シャチハタやゴム印は避ける。 提出日が違ってしまっても訂正印などでの修正は特に必要ない。 修正液や修正テープは使用しない。 手書き以外の申告書のときは、再入力しても良いし、訂正印などを使って訂正をしても良い。 医療費控除などで会社員の人でも確定申告書を作る機会があるでしょう。 基本的に申告書には訂正印は不要で、申告内容を間違えたら再度正しい内容に修正したものを提出し直せばOKです。 もし訂正印を押すときは申告書内で統一した印鑑を使った方がよいでしょう。 申告の時の参考にしてくださいね。 ほけんROOMでは他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、合わせてご覧ください。

次の

所得税の確定申告|国税庁

確定 申告 シャチハタ

Contents• 会社員の場合は年末調整で手続きを! 会社員は、所得税や住民税の納税を会社が行ってくれます。 そのため、自分で確定申告をする機会は少ないと思います。 ただし、会社員でも年収2000万円以上、2カ所以上から給料を得ている人、再就職したばかりで再就職先で年末調整を受けていない人は、自分で確定申告が必要です。 年末調整で還付金がもらえる理由 毎年従業員に支払っている給料からは、社会保険料や税金などが差し引かれています。 源泉所得税を天引きしているときには、以下の控除しか適用されていません。 社会保険料• 配偶者控除• 配偶者特別控除• 扶養控除 そのため、他の所得控除を適用して税額の過不足を再計算する手続きを年末調整で行います。 計算した結果、税金を多く払いすぎていた場合、還付金として支払われるのです。 年末調整で還付金をもらえる可能性が高い人 年末調整を行ったからといって、すべての人に税金が還付されるとは限りませんし、人によっては、税金を多く払うことになるかもしれません。 還付金をもらえる可能性が高い人は、以下のようなケースです。 扶養家族が増えた 新たに子どもが産まれたなど、扶養家族が増えると還付されることがあります。 社会保険料控除 給与で天引きされている以外に国民健康保険料や国民年金保険料を支払っている場合、還付手続きが受けられます。 配偶者との離婚や死別 一定の要件を満たせば、寡婦(夫)控除が受けられます。 本人もしくは家族が障害者になった 一定の要件を満たしていれば、障害者控除が受けられます。 年末調整の対象とならない控除もあり! 会社員は基本的に年末調整にて手続きを行えば、還付金を受け取れます。 ただし、以下の控除については、自分で確定申告を行う必要があることを覚えておきましょう。 医療費控除 入院や通院でかかった費用を控除できます。 これは、本人だけでなく家族が払った医療費も対象となります。 また、出産にかかった検査費用や入院費、不妊治療なども医療費控除の対象となります。 また、人間ドッグや予防注射は対象とならないので注意しましょう。 ただし、医療保険に加入しており保険金や給付金を受け取ったときは、医療費控除の計算を行うときに、その分を差し引くことになっています。 雑損控除 自然災害や横領、盗難といった被害にあった場合、所定の金額を所得から控除できます。 しかし、詐欺や恐喝はその対象となりません。 たとえば、災害にあって家を取り壊したり、除去したりした場合の費用、住宅の被害拡大を防止するためにかかった費用も含まれます。 寄付金控除 ふるさと納税を行っている会社員は、確定申告を行うことで一定の金額を所得から控除できます。 ほかにも、政治活動や認定NPO法人、公益社団法人などに寄付を行った場合も、寄付金控除を受けられます。 控除できる金額は、 「その年に支出した特定寄付金額の合計かその年の総所得金額などの40%相当額のいずれか低い金額から2000円を差し引いた金額」です。 ただし、年間での寄付先が5件以下の会社員は、 「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が平成27年度より導入されたので、確定申告する必要がなくなりました。 申告し忘れたら確定申告で手続きを! 本当は年末調整にて行うべき手続きだったのに、期限を過ぎてしまったらどうすればよいのでしょうか。 もし、手続きを忘れてしまった場合でも、自分で確定申告をすれば還付金を受け取れます。 たとえば、本来控除の対象となる生命保険料控除の証明書を添付し忘れたり、給与以外の社会保険料控除を含めていなかったりしたら、確定申告で手続きしましょう。 還付金の手続き方法!確定申告のすすめかた 一部の会社員とフリーランスや自営業者は、還付金を受け取るために確定申告の手続きが必要です。 確定申告書を作成するポイントや、手続きのすすめ方について解説していきます。 確定申告書類の書き方 確定申告書を作成するためには、確定申告書のAもしくはBを使用します。 最低限必要なものとして、以下のものをそろえておきましょう。 源泉徴収票(会社員)• 支払い調書(フリーランスや自営業者)• 領収証• 証明書等の控除関係書類• 印鑑(シャチハタ不可) 控除額をそれぞれ計算して、確定申告書の該当欄に記載していきます。 また、還付金の支払いで振り込みを希望するときは、銀行名とし店名、口座名義を記載します。 振り込みで還付金を受け取るときの注意点 還付金を受け取るときは、振り込みを選択する人がほとんどです。 そこで、振込先の口座を指定するときの注意点について理解しておきましょう。 本人名義の口座であること 配偶者や家族、屋合名が入った口座や旧姓の口座については、振り込みできないことがあるので必ず自分名義の口座を指定しましょう。 還付金受け取りに対応していない銀行がある 利便性や金利のよさなどからインターネット銀行をメインで使用している人も多いでしょう。 しかし、一部のインターネット銀行では還付金を受け取ることができません。 その場合、他の金融機関を指定することになるので、予定よりも振り込みに時間がかかることがあります。 直接受け取る方法も 振り込みできない場合や新規の口座開設が間に合わないときは、ゆうちょ銀行や郵便局にて直接還付金を受け取ることもできます。 もし、はじめからゆうちょ銀行や郵便局での受け取りを希望するときは、還付される税金の受け取り場所の欄に「受け取り希望のゆうちょ銀行の店舗名、もしくは郵便局名」を記入してください。 還付金を窓口で受け取るときは、国庫金送金通知書と本人確認書が必要です。 還付金はいつ戻ってくる?還付金が戻ってくるまでのスケジュール 手続きが終わったら、いつ還付金が戻ってくるのが気になりますよね。 還付金が戻ってくるまでの期間は、確定申告書を提出した時期や申告書の提出方法などによって異なります。 還付金は提出された申告書を確認後、1~1カ月半を目安に支払われます。 実は、 還付申告については、確定申告の時期を待たなくても手続きすることができます。 提出方法ごとに、提出時期や振り込み時期を見ていきましょう。 直接税務署に持ち込むか郵送 1月上旬に還付申告した場合は、2月から2月の上旬に振込予定2月中旬(確定申告開始時期)に還付申告した場合は、3月中旬から下旬に振込予定。 3月中旬(確定申告終了時期)に還付申告もしくは確定申告した場合の振り込み予定時期は、4月上旬から下旬 e-Taxによる電子申告 1月上旬に還付申告した場合の振り込み予定日は1月中旬から下旬。 2月中旬(確定申告開始時期)に確定申告もしくは還付申告した場合は、3月上旬から中旬に振込予定。 3月中旬(確定申告終了時期)に確定申告もしくは還付申告した場合、4月上旬から中旬に振り込み予定。 上記を見てわかるように、税務署に直接に持ち込むよりもe-Taxにて手続きを行ったほうが、還付金までの支払いがスピーディーです。 確定申告時期は申告会場や税務署がかなり混み合います。 e-Taxが利用できると、何かと便利です。 事前に通知が来ることがほとんど! 還付金はいきなり振り込みされるものではありません。 還付金を振り込む時期が確定したら、税務署より「国税還付金振り込み通知書」が届きます。 そこに、振り込み日が記載されていますので、確認してみましょう。 もし、申告書作成後2カ月近く経過して、何も連絡がなかった場合は以下のことが考えられます。 担当者の確認ミス 確定申告の時期は、膨大な量の確定申告書類が提出されます。 税務署員はそれらの書類をチェックするため、かなりの時間と労力を要します。 そのため、担当者がミスをしてしまうことも十分考えられます。 書類の不備 きちんと記載したつもりでも、申告の内容に不備があることも考えられます。 その際は、修正申告の案内が郵送されてくるはずですので、それに従って申告を済ませましょう。 申告が遅れてしまった分だけ、還付金の支払いも遅くなってしまいます。 もし、何の連絡もなく不安になっているなら、税務署に連絡してみるのが一番です。 還付金の仕組みを理解して払いすぎた税金を取り戻そう 還付金を適切に申請することで、払いすぎた税金を取り戻すことができます。 ただし、還付金は申告しなければ戻ってこないので、きちんと自分で申告することがポイントです。 また、何が還付金の対象となるのかを自分で理解しておくことも大切です。 関連する書類や領収書については、申告の際に必要になってきますのでなくさずに取っておくようにします。 還付金手続きをきちんと行って、払いすぎた税金を取り戻しましょう。

次の

【確定申告】白色申告の郵送で提出するもの チェックリスト

確定 申告 シャチハタ

確定申告の印鑑というと、何か特別な印鑑が必要なのかと不安になりますが、確定申告というからには、もちろん会社勤めの人も必要になります。 もちろん、会社に勤めながら副業をしているというような生活スタイルの方も多くいると思います。 そもそも、確定申告は個人事業主が自分で申告する、もしくは税理士さんに依頼して行うのが主になる訳ですが、確定申告の印鑑と個人事業主の方が開業届に押した印鑑と同一でないといけないのか、それとも、認め印のような印鑑を使用しても良いのかなど疑問が出てきますよね。 確定申告の印鑑の注意点 確定申告の印鑑については、印肉を使う印鑑(シャチハタでない朱肉に押す印鑑)なら、普通の認め印でも問題ないということです。 つまり、「シャチハタ」は使ってはいけないという意味です。 ただし、注意点として、確定申告を行った後、納税が必要になった場合、口座引落のための銀行印も必要になるため、間違えないようにしておけば、確定申告の印鑑であわてることはありません。 印鑑の種類 それにしても確定申告の印鑑だけでなくハンコには、「実印」「銀行印」「認め印」と、それぞれ種類があって難しいですね。 これらの印鑑は、使われるシーンによって名称が分けられているに過ぎず、本来の物質としてのハンコ自体は同じものなのです。 実印を登録する意味 しかし、「実印」の場合は、印鑑登録という手続きが必要ですし、印鑑登録の手続きをしたハンコのことを「実印」と呼ぶことになります。 印鑑登録とは、市町村の役場で印鑑(ハンコ)を登録することです。 そして、その印鑑を使用した際に、その印鑑が登録した印鑑であるということを証明してもらうために証明書を発行してもらうことをいうのです。 この実印に関する証明書は「印鑑証明」と呼びます。 これは、実印を押したということは、本人が承諾の印を示したということになりますから、大事な実印は悪用されないように、管理はしっかりやらないと行けません。 実印を登録する際の注意点 長く使えるように、耐久性が高く摩滅しない高い品質の材料で作ったハンコを実印として使うのが将来のためにも安全です。 実際に、実印登録ができるのは日本に住んでいる16歳以上の人で、印鑑登録は本人が住民登録している市区町村役場で行います。 登録できる印鑑の大きさは、一辺の長さが8ミリ以上25ミリ以下と決められていて、登録の際には、免許証やパスポートなどの身分証になるもの、登録費用を忘れないようにしましょう。

次の