丹沢 の 森 動物 病院。 秦野市で動物病院を探すなら!おすすめ【5選】

丹沢の森どうぶつ病院 (秦野市|獣医師,動物病院など

丹沢 の 森 動物 病院

丹沢の森どうぶつ病院は、秦野市の犬・猫・ウサギ・ハムスターなどを扱う動物病院です。 ついついその大切さを忘れがちになってしまいますが防げる病気はしっかりと予防していただくように啓蒙していきます。 ご要望は、当院トリマーにお申し付けください。 少しでもお互いがストレスなく快適に病院で過ごせるようにしています。 駐車場は、当院目の前にゆったりと15台分を完備しており、お車での来院も安心です。 皆様に安心して通院して頂けるよう、スタッフ一同心を込めて対応致します。 ペットの事で、ご不明な事などございましたら、丹沢の森どうぶつ病院へどうぞご相談ください。 最新診療設備・高度医療施設への紹介 丹沢の森どうぶつ病院では、最新診療設備により以下のような検査が可能となっております。 ・一般血液検査 ・血液電解質検査 ・イヌC反応タンパク c-CRP 測定 ・一般尿検査・便検査 ・犬のアレルギー検査 ・デジタルレントゲン検査 ・フルカラー超音波検査 腹部臓器・心臓の検査 ・内視鏡検査 猫・小型犬用の細いものから大型犬用の長いものまで ・眼科検査 スリットランプ、眼底検査、眼圧測定など ・股関節評価検査 通常レントゲン検査とPennHIP検査 ・細胞診 腫瘍の細胞検査 ・脊髄造影検査 椎間板ヘルニアなど ・門脈造影検査 門脈シャントなど ・尿路造影検査 膀胱・尿道疾患など ・外部検査センターでのホルモン検査 副腎や甲状腺ホルモンなど ・肝機能検査など 当院の診療能力(技術的、施設設備的)を超える症例に関しては、信頼できる高度医療病院あるいは専門病院に紹介いたします。 また、カルテ、レントゲンや血液検査のデータ、薬品情報、説明内容等の情報が必要な場合(引っ越しやセカンドオピニオンなど)は、その子の情報をお渡しします。 予防医療・手術について 【予防医療:各種ワクチン】 ・狂犬病の予防接種 ・フィラリアの予防 ・ノミ・マダニ予防 ・犬の混合ワクチン接種 ・猫の混合ワクチン接種 【手術について】 院長が約9年間勤めていた動物病院は日本でトップクラスの最先端医療を行う動物病院でした。 年間およそ30000件の診察と1500件の手術をおこなうこの病院で、通常の個人病院で診る症例の10倍以上の症例を日々診てきました。 最先端の総合病院や大学病院と同じ事が本院で行えるわけではありませんが、培ってきた知識と技術を精一杯役立てられる努力をさせていただきます。 最新の電気メス・血管シーリング装置を使用することで、手術部位のダメージを減らしかつ迅速な処置が可能となりました。 また、血管を糸で結紮せずにシーリング止血が可能となり、縫合糸などの異物を体内に残さずに手術することが可能となりました。 ここ15年ほどの間にダックスなどで問題視されている避妊や去勢後の縫合糸反応性の肉芽腫などのリスクを大幅に減らすことも可能です。 つまり体に優しい手術ができます。 診療施設以外の充実化 丹沢の森どうぶつ病院では、お客様も動物も快適に過ごして頂けるよう、診療施設以外の充実化を図っていきます。 【快適に散歩ができるドックラン】 入院・ホテル中に快適に散歩ができるドックランを完備。 【犬と猫での入口・待合室を別に】 犬と猫での入口・待合室を別にし、少しでもお互いがストレスなく快適に病院で過ごせるようにしています。 【くつろげる空間 猫待合室】 猫待合室では、当院の猫たちが遊んでいる部屋と猫たちが天井のガラストンネルを歩き回る姿を見ながらくつろげます。 【ドリンクサーバー】 診察時間により、他のお客様の待ち時間が長くなる場合もございます。 そんな待ち時間を有意義に過ごしていただくため、ドリンクサーバ 無料 を設置いたしましたので、是非ご利用ください。 お客様の好みに合わせたメニューを簡単にカスタマイズできます。 院長紹介 ドクターズインタビュー記事• 足立区西新井の「かるがも動物病院」は、犬猫だけでなくウサギや小鳥などの小動物を診療している。 学生時代にはアルバイトで数万羽の小鳥を扱っていたという異色の経歴をもつ大井孝浩院長に、経歴や診察に対する思い、小鳥の飼い方などお話を伺った。 かるがも動物病院• 大井 孝浩院長• 日吉駅の『カトウ獣医科クリニック』。 獣医師の加藤直之院長は画像診断を活用することで、動物たちの不調に関する原因を根本から探り、適切な治療を提案しています。 勘や経験だけに頼らず、しっかりとした画像診断にこだわるクリニックの特徴や加藤院長の想いを伺いました。 カトウ獣医科クリニック• 加藤 直之院長• 札幌市白石区「アイリス犬猫病院」は、予防医学に注力、トリミングサロンも併設している。 院長の中村匡佑先生に、病気を予防するための「0. 5次診療」と、医学的見地に基づいた「メディカルトリミング」への取り組みについて伺った。 アイリス犬猫病院• 中村 匡佑院長• 足立区の梅島動物病院は開院して30年。 「スタッフ皆でやることで、より良い治療ができる」と語る勝山義夫先生と、その人柄を慕うスタッフ約40名の活気が病院には溢れている。 勝山先生に開業当時の話や最新のCT検査機器、再生医療について伺った。 梅島動物病院• 勝山 義夫先生• 仙台市太白区のエビス動物病院では眼科の専門診療を行い、全国で5院しか実施していない硝子体手術を取り入れている。 この手術では網膜剥離による失明から視力を取り戻すことができるという。 山下洋平院長に、眼科診療や硝子体手術についてお話を伺った。 エビス動物病院• 山下 洋平院長.

次の

丹沢の森どうぶつ病院の情報・口コミ(クチコミ)・評判 1ページ目

丹沢 の 森 動物 病院

秦野市にある「丹沢の森どうぶつ病院」は、「動物と飼い主が笑顔でいられるための医療」をめざして院長の小澤信一先生が2008年に開業した。 入り口に木製のベンチが置かれ、ウッディな印象の外観で看板も控えめ、一見するとカフェのような雰囲気だ。 「誰でも来やすい場所にしたかったので、よくある病院のような建物ではなく、暖かく明るい感じの外観にしました」とのことで、オレンジをベースにした受付をはじめ、院内も暖かい雰囲気だ。 小澤院長は「獣医になった際に、臨床で生かせるはず」と獣医病理学教室に在籍。 大学卒業後は、病理診断業務と平行して先端医療を行う動物病院に勤務し、研鑽を積んだ。 幼い頃から動物を飼うのが好きだったという小澤院長に、動物医療にかける思いを聞いた。 当院の診療対象は、犬、猫、ウサギ、ハムスターなど小動物ですが、やはり犬や猫が多く、犬が6割、猫が3割といったところです。 小鳥などの診察は、できる範囲で診せてもらいますが専門ではありませんので専門の治療が必要な場合は専門病院での受診をおすすめします。 反対に、整形外科や腫瘍疾患などのちょっとやっかいな手術は、近隣の先生方から紹介を受けて診察することもあります。 町医者ですからなんでも診ますが、やはり得意、不得意はありますので、近隣の獣医師同士が協力できる体制は非常に大切です。 「動物と飼い主が笑顔でいられるための医療」をめざしています。 病院という場所である以上、飼い主さんもペットも、本来は好んで行きたい場所ではないでしょう。 ですから、不安を抱えてきたとしても、安心して、笑顔で帰っていただける存在でありたいと思っています。 飼い主さんが動物病院で不安や不満を感じる多くのケースは、よくわからないまま治療を受けているからだと思います。 この子がどういう病気なのか、今もらっている薬が何なのか、治療が本当にあっているのか、本当によくなっているのか、そんな思いを持ちながらも、獣医に聞くことができなくて、不安や不満につながるわけです。 ですから、常にできる訳ではないのですが、飼い主さんに納得いただけるまでわかりやすく説明すること、その上で、飼い主さんと患者さんにとっていちばん良い方法を一緒に考えるようにしています。 現在の状況や治療法などをできるだけわかりやすく説明して、納得いただいてから、どういう治療をするか選んでいただくようにしています。 病気の中には、残念ながらいくら検査をしても病名が確定できないものもあります。 その場合は、考えられる病名をいくつか挙げたうえで、それらの病気についての治療法などをお伝えし、よく相談して、選んでいただくようにしています。 治療法に関しても、例えば入院した方が良い病気の子がいたとして、その子の性格では入院によるストレスの方が治療効果よりも大きくなってします場合があります。 その場合は、治療の質が落ちたとしても、通院治療にした方がその子にとってはベストな選択になります。 ですから、問診や診察中の様子をみながら、その子の状況と飼い主さんの意思をくみ取っていくつかの選択肢を提示し、そのメリット、デメリットをきちんと説明したうえで、相談しながら治療を進めるようにしています。

次の

丹沢の森どうぶつ病院(神奈川県秦野市)|動物病院の検索や口コミ ペットのお医者さん

丹沢 の 森 動物 病院

丹沢の森どうぶつ病院は、秦野市の犬・猫・ウサギ・ハムスターなどを扱う動物病院です。 ついついその大切さを忘れがちになってしまいますが防げる病気はしっかりと予防していただくように啓蒙していきます。 ご要望は、当院トリマーにお申し付けください。 少しでもお互いがストレスなく快適に病院で過ごせるようにしています。 駐車場は、当院目の前にゆったりと15台分を完備しており、お車での来院も安心です。 皆様に安心して通院して頂けるよう、スタッフ一同心を込めて対応致します。 ペットの事で、ご不明な事などございましたら、丹沢の森どうぶつ病院へどうぞご相談ください。 最新診療設備・高度医療施設への紹介 丹沢の森どうぶつ病院では、最新診療設備により以下のような検査が可能となっております。 ・一般血液検査 ・血液電解質検査 ・イヌC反応タンパク c-CRP 測定 ・一般尿検査・便検査 ・犬のアレルギー検査 ・デジタルレントゲン検査 ・フルカラー超音波検査 腹部臓器・心臓の検査 ・内視鏡検査 猫・小型犬用の細いものから大型犬用の長いものまで ・眼科検査 スリットランプ、眼底検査、眼圧測定など ・股関節評価検査 通常レントゲン検査とPennHIP検査 ・細胞診 腫瘍の細胞検査 ・脊髄造影検査 椎間板ヘルニアなど ・門脈造影検査 門脈シャントなど ・尿路造影検査 膀胱・尿道疾患など ・外部検査センターでのホルモン検査 副腎や甲状腺ホルモンなど ・肝機能検査など 当院の診療能力(技術的、施設設備的)を超える症例に関しては、信頼できる高度医療病院あるいは専門病院に紹介いたします。 また、カルテ、レントゲンや血液検査のデータ、薬品情報、説明内容等の情報が必要な場合(引っ越しやセカンドオピニオンなど)は、その子の情報をお渡しします。 予防医療・手術について 【予防医療:各種ワクチン】 ・狂犬病の予防接種 ・フィラリアの予防 ・ノミ・マダニ予防 ・犬の混合ワクチン接種 ・猫の混合ワクチン接種 【手術について】 院長が約9年間勤めていた動物病院は日本でトップクラスの最先端医療を行う動物病院でした。 年間およそ30000件の診察と1500件の手術をおこなうこの病院で、通常の個人病院で診る症例の10倍以上の症例を日々診てきました。 最先端の総合病院や大学病院と同じ事が本院で行えるわけではありませんが、培ってきた知識と技術を精一杯役立てられる努力をさせていただきます。 最新の電気メス・血管シーリング装置を使用することで、手術部位のダメージを減らしかつ迅速な処置が可能となりました。 また、血管を糸で結紮せずにシーリング止血が可能となり、縫合糸などの異物を体内に残さずに手術することが可能となりました。 ここ15年ほどの間にダックスなどで問題視されている避妊や去勢後の縫合糸反応性の肉芽腫などのリスクを大幅に減らすことも可能です。 つまり体に優しい手術ができます。 診療施設以外の充実化 丹沢の森どうぶつ病院では、お客様も動物も快適に過ごして頂けるよう、診療施設以外の充実化を図っていきます。 【快適に散歩ができるドックラン】 入院・ホテル中に快適に散歩ができるドックランを完備。 【犬と猫での入口・待合室を別に】 犬と猫での入口・待合室を別にし、少しでもお互いがストレスなく快適に病院で過ごせるようにしています。 【くつろげる空間 猫待合室】 猫待合室では、当院の猫たちが遊んでいる部屋と猫たちが天井のガラストンネルを歩き回る姿を見ながらくつろげます。 【ドリンクサーバー】 診察時間により、他のお客様の待ち時間が長くなる場合もございます。 そんな待ち時間を有意義に過ごしていただくため、ドリンクサーバ 無料 を設置いたしましたので、是非ご利用ください。 お客様の好みに合わせたメニューを簡単にカスタマイズできます。 院長紹介 ドクターズインタビュー記事• 足立区西新井の「かるがも動物病院」は、犬猫だけでなくウサギや小鳥などの小動物を診療している。 学生時代にはアルバイトで数万羽の小鳥を扱っていたという異色の経歴をもつ大井孝浩院長に、経歴や診察に対する思い、小鳥の飼い方などお話を伺った。 かるがも動物病院• 大井 孝浩院長• 日吉駅の『カトウ獣医科クリニック』。 獣医師の加藤直之院長は画像診断を活用することで、動物たちの不調に関する原因を根本から探り、適切な治療を提案しています。 勘や経験だけに頼らず、しっかりとした画像診断にこだわるクリニックの特徴や加藤院長の想いを伺いました。 カトウ獣医科クリニック• 加藤 直之院長• 札幌市白石区「アイリス犬猫病院」は、予防医学に注力、トリミングサロンも併設している。 院長の中村匡佑先生に、病気を予防するための「0. 5次診療」と、医学的見地に基づいた「メディカルトリミング」への取り組みについて伺った。 アイリス犬猫病院• 中村 匡佑院長• 足立区の梅島動物病院は開院して30年。 「スタッフ皆でやることで、より良い治療ができる」と語る勝山義夫先生と、その人柄を慕うスタッフ約40名の活気が病院には溢れている。 勝山先生に開業当時の話や最新のCT検査機器、再生医療について伺った。 梅島動物病院• 勝山 義夫先生• 仙台市太白区のエビス動物病院では眼科の専門診療を行い、全国で5院しか実施していない硝子体手術を取り入れている。 この手術では網膜剥離による失明から視力を取り戻すことができるという。 山下洋平院長に、眼科診療や硝子体手術についてお話を伺った。 エビス動物病院• 山下 洋平院長.

次の