サンライズ 瀬戸。 瀬戸 (列車)

サンライズ瀬戸・サンライズ出雲 人数別・部屋別おすすめレポート シングル、ツイン、ノビノビ座席

サンライズ 瀬戸

日本に唯一残る、定期列車としての寝台特急が、サンライズ瀬戸号とサンライズ出雲号です。 東京駅を出発して岡山で切り離されて、四国の高松に向かうのがサンライズ瀬戸号、山陰の出雲に向かうのがサンライズ出雲号です。 (下記、東京駅で発車待ちのサンライズ号) 今回、妻と二人で四国に行く計画を立て、何度か2人用B個室寝台のシングルツインを利用しようとみどりの窓口に並びましたが、無情にも売り切れ満席。 サンライズ瀬戸号にはという寝台もありますが、そちらは乗った事があるので、どうしてもシングルツイン希望でした。 しかし、シングルツインは定員146室のサンライズ瀬戸号の寝台の中で、わずか8室しかありません。 夫婦やカップル、友達同士で利用する機会の多い寝台特急で、8室とは極めて狭き門です。 しかも、JRのみどりの窓口で寝台券を買えるのは旅行の1カ月前から。 もっと前に計画を立てたいニーズのある私ら夫婦にとって、使いにくい事この上なしです。 どうしたら良いかと思案していたところ、「 なんだ!ツアーを使えば良いじゃん!」と気がつきました。 ツアーと言っても団体旅行ではなく、個人旅行の切符の入手だけを手配できるツアーがあるのです。 こんなに便利なものはなく、さっそく利用しました。 内容はこんな感じです。 ・ 東京から高松までのサンライズ瀬戸号の個室寝台(シングルかサンライズツイン) ・ 四国内で希望の日に1泊分のホテル(複数のホテルから選択) ・ 帰りの高松から東京までの乗車券と新幹線のぞみ号の特急券(飛行機利用プランもあり) ・ サンライズの寝台も含めて、2泊5日のプラン 添乗員に付いていくのではなくて、旅の最初から最後まで、完全に自由旅行です。 しかも、高い確率で寝台券を入手できるという前提があるので、数カ月前から旅行の手配をしておく事ができて、こんなに使い勝手の良いツアーはありませんね。 ツアーを利用してのサンライズ瀬戸号の旅がどうだったのか、以下の通り、簡単に記します。 ツアーでサンライズ瀬戸号に乗車する人の参考になればと思います。 鉄道ファンの私にウケるツアーが多くて、絶対に鉄道ファンが一枚絡んでいるだろうと思ってます・笑。 サンライズ瀬戸号のツアーはいくつかあるので、詳しくは公式サイトを見ていただくとして、私が利用したのはまさしく以下のようなプランでした。 (細かくはちょっと違う) ツアーだと、寝台特急の基本プランは、ノビノビシートの利用になります。 が、歳を取って雑魚寝シートは嫌だし、個室寝台の便利さはお金には代えがたいので、若干の割増賃金を支払ってでも以下のいずれかを利用した方が良いでしょう。 ・ソロ ・シングルツイン(写真) ・サンライズツイン ・シングルデラックス 私のプランでは四国に入ってから最初の日の1泊目のホテルを選ぶことができて、私は丸亀市のホテル(YouTube動画にリンク)をセレクトしました。 四国内は完全にフリーで、全て自分で手配する必要がありますが、それがとにかく自由で素晴らしいですね。 私の場合は、JR四国の全線乗り放題の四国バースデーきっぷを使いました。 9500円で特急の自由席に乗り放題ですから、超絶に安上がりな切符でした。 上記は、ツアーで手配された寝台特急サンライズ瀬戸号のシングルツインの寝台券です。 ネットで阪急交通社に申し込みをして、自分でみどりの窓口に並ばずに楽々と入手できたので、楽チンです。 妙に鉄道ファン向けのツアーを仕組んでくるんです・笑。 阪急交通社以外では、 が分かりやすくて良いと思います。 他に、、などでツアーの取り扱いが有ります。 さて、寝台特急サンライズ瀬戸は、東京駅を10時に出発します。 入線時間は9時35分です。 注意するのは、 寝台特急サンライズ瀬戸・出雲号には、車内販売が無いという事。 もしも手ぶらで乗車したら、下車するまで飲まず食わずの地獄に陥ります。 したがって、何が何でも絶対に食い物を用意して、乗車してください。 しかし夜になり、東京駅構内のお弁当などのお店は、軒並み閉まり始めます。 幸いなことに、サンライズ瀬戸・出雲号が入線する9番線ホームの真ん中付近にある、駅のコンビニ「ニューデイズ」では、夜10時半までお店が開いています。 コンビニ弁当やおやつ、ビールやおつまみなど、購入する事が出来ます。 (ただし、列車の発車間際は列が長くなって買い物できない可能性もありますから、くれぐれも余裕をもって、コンビニ売店を利用してくださいね。 ) 私は上記の売店ではビールと日本酒とおつまみと、コーヒー2回分とお茶を買いまして、それ以外には下記の場所の「駅弁屋祭グランスタ店」で、駅弁を買って乗車しました。 駅弁屋さんも、夜9時半になると、まともに商品の置いてある店は皆無に等しくなりますので、サンライズ瀬戸・出雲号に東京から乗車して駅弁をゲットしたい人は、下記の駅弁屋の場所を、確認してくださいね。 サンライズ瀬戸号の2人用B寝台個室のシングルツインの内部は、とても文章では説明しにくいので、この動画をご覧ください。 思ったよりも広くて快適です。 「 思ったよりもゆったりできるね」と、気分が良さげな私の妻・笑。 下段寝台に靴を脱いで上がって、対面で座っても余裕の空間です。 飲食物はベッドの上に置いたり、ビールなどは広めの窓枠に置きます。 車両が新しいので、かつてののように、激しく揺れたりはしません。 室内には、車内の案内図が。 私らは1号車に乗っています。 サンライズ瀬戸号には3号車にシャワールームがあり(サンライズ出雲は10号車)、その号車の自動販売機でシャワーカードを買えば、シャワーも浴びられます。 旅人には、嬉しいですよね。 僕は行かないけど・笑。 上記の案内図は、下の写真の左の黄色い丸のところに貼りつけてあります。 上の写真の右の黄色い丸のところは、下段寝台の操作パネルです。 下記の通り、非常ボタンの他に、照明の操作ボタン、BGMの操作ボタン、ヘッドホンの差込口、時計やアラームなどが配置されています。 上段寝台の自動カーテンのスイッチもあります。 (ちなみにこれらは上段寝台にもあり) 下段寝台に座って、出入り口を見たところ。 右側は、冷暖房の吹き出し口です。 閉じる事が出来ます。 ドアはちょっと重たいです。 外から暗証番号でカギをかける事が出来ます。 コップなども置いてありますが、私らは使いませんでした。 上段寝台へは、この階段で昇り降りします。 意外とスムーズに移動できます。 一番下にはスマホなどの充電コンセントがあって、非常に便利です。 また、2人分の寝間着も用意されています。 その階段の所で顔を上げると、ハンガーが2つ分あります。 上段寝台に上って、出入り口の上に付いている物置スペースを見たところです。 大きめのリュックが置ける程度ですかね。 人間が寝泊まりする分には、大変に居住性は良いと思います。 私は寝台列車に慣れているので熟睡できましたが、妻は揺れがやはり気になったようで、「ほとんど寝られなかった」と言っていました。 寝台列車は何度か乗車して、慣れるのがコツなのです。 ところで、最近はスーツケースやキャリーバッグなどの大きな荷物を持った旅人がとても多いです。 そういう人は、1人でシングルツインを利用するのが便利かもしれません。 下段寝台に大きな荷物を置いて、寝る時は上段寝台を利用します。 シングルツインはツインとして利用するだけではなく、シングルとして利用するのもなんら問題ありませんし、道徳的にどうこうという事もありません。 大きな荷物をもって置き場所が無くて困っている人は、シングルツインの利用も選択肢の1つになりますね。 ・・・ぜんぜん関係ないのですが、シングルツインの上段寝台のカーテンは、なぜか全自動です・笑。 そしてなぜか、下段寝台からも操作できます。 面白いなと。 さて、 夜が明けて朝の7時直前に、何度渡っても楽しくて絶景区間の、瀬戸大橋を渡ります。 今回は妻と二人、上段寝台からそれを眺めました。 いつもならば海の景色を眺めるのですが、上段寝台は天井部までガラスが湾曲していて上部の見晴らしがよく、瀬戸大橋そのものの構造体としての面白さを眺めてしまいました。 サンライズツインをはじめ、上段寝台に陣取ったひとは、そんな楽しみ方もあります。 瀬戸大橋を渡ると、ちょうど7時半前に、終点の高松駅に到着します。 東京を夜10時に出発して、9時間半の長いのか短いのか何とも言いにくい旅が終わります。 寝台特急の旅って、何度乗っても楽しいですね~~。 ワープした気分。 冒頭の東京駅の駅名板はJR東日本のものですが、朝になるとJR四国の高松駅の駅名板に。 高松駅に、讃岐うどん駅という「別名」が付いているとは知りませんでした。 うどんと言えば、高松駅の改札口(1か所しかありません)に向かって歩いてすぐ左側の改札内に、連絡船うどんの駅うどんスタンドがあります。

次の

サンライズ出雲・瀬戸の予約方法まとめ!特急寝台列車で旅に出よう

サンライズ 瀬戸

tags: , , , , , , , , , , , , , 東京~高松・出雲市間を結ぶ「サンライズ瀬戸・出雲」は、日本で唯一の定期運行されている寝台特急。 ほかの寝台特急が廃止されていったなか、いまも健在なのは、観光とビジネスのバランスに理由がありそうです。 現在、毎日運行する寝台列車は「サンライズ瀬戸・出雲」だけです。 その希少価値が鉄道ファンや旅行好きに注目されています。 特に「サンライズ出雲」は、縁結びの神様の出雲大社を参拝する若い女性に人気とのこと。 「女子旅向け列車」として、テレビや雑誌などでも紹介されています。 寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」は、途中の岡山駅で高松行きの「サンライズ瀬戸」と出雲市行きの「サンライズ出雲」に分かれる(2018年4月、杉山淳一撮影)。 ほかの寝台特急が「絶滅」したなかで、なぜ「サンライズ瀬戸・出雲」は生き残ったのでしょうか。 その理由は「設備」と「運行ダイヤ」にあると思われます。 個室中心で女性にも安心 この列車に使用されている「サンライズエクスプレス」こと285系電車は、寝台列車専用に設計された鉄道車両です。 客室は個室が中心となっており、暗証番号式の鍵がかかります。 プライバシーと安全の確保、これが女性も安心して乗れる要素です。 旧来の寝台特急にも個室はあったとはいえ、中心は二段ベッドの開放型寝台でした。 「開放型」とはつまり、ベッドと周囲の仕切りはカーテンだけ。 昔はそれでも「横になって移動できる」から、ありがたい列車でした。 しかし個室の快適さ、安心感には及びません。 「サンライズ」のインテリアは大手住宅メーカーのミサワホームが設計し、従来の寝台車に比べると、木の温もりが演出されています。 個室の選択肢も多く、1人用個室の「ソロ」「シングル」「シングルデラックス」、2人用個室の「シングルツイン」「サンライズツイン」があります。 それぞれ、広さやベッドの幅によって料金が異なります。 前提として、サンライズが登場した時代って、「一昔前は夜行列車で出張が当たり前」だった。 そこで旅客の流れをもう一度鉄道へ戻そうというある種の実験として計画されたのがサンライズ。 私は後継車両は作られないと思う。 なぜなら実験の結果、結論として夜行列車廃止の動きに流れたから。 鉄道への回帰如何以上に高コストだし、そのスジで貨物を走られせた方が会社としても社会的にもハッピーだろうし。 勿論今さら旅客は夜行移動には戻らない。 なぜなら現代じゃ計画当時と違って夜行移動自体が普通のものじゃなくなってるから。 或いはそういう文化自体がなくなってるとも。 90年代のJRって色々面白いことやってたんだよね。 ある意味ではJRがまだ非上場だったからできた芸当なのかも。 夜行高速バスは既に当たり前の存在。 夜行移動は普通に残っている。 費用と快適性と利便性 速さだけでなく乗降地とか のバランスが大切。 しかしサンライズ以前の多くの夜行列車は、快適性 改造しててもベースはオンボロ車両で、内壁もチープ や利便性 必ずしも各都市の中心地ではない、駅にしか行けない で劣っていた。 費用 料金 はもちろんバスに負けてる。 これでは一部の愛好家向け以外では勝てるわけないから、廃れたと思う。 ちなみに以前乗ったサンライズのシングルツインは、在来線にしては速くて、個室で木質内装なのは良かったが、真下の台車からのジョイント音がうるさくてあまり眠れなかった 快適性が必ずしも高くはなかった。

次の

サンライズ出雲・瀬戸の予約方法まとめ!特急寝台列車で旅に出よう

サンライズ 瀬戸

サンライズ出雲・瀬戸の違いは、目的地にあります。 サンライズ出雲 東京駅-出雲駅間を11時間58分で移動する7両編成の車両 サンライズ瀬戸 東京駅-高松駅間を9時間27分で移動する7両編成の車両 下りの場合、イラストのようにサンライズ出雲・瀬戸は車両が連結された状態で東京駅を出発し、岡山駅につくと車両が切り離され、別々の目的地に向かって走り出します。 逆に上りの場合は、それぞれ別々の場所から出発し、岡山駅で合流して、東京駅に向かいます。 サンライズ出雲・瀬戸の予約方法 出典: サンライズ出雲のチケットはネット予約することができません。 みどりの窓口にいって、チケットを購入するのが一般的な流れになります。 (その他のチケットの入手方法は後述します。 ) チケットは 乗車日の1ヶ月前、10時からみどりの窓口で購入することができます。 旅行の計画を立てている場合は早めに乗車券を確保しておくと確実です。 両車両にはいくつか途中乗車できる駅があります。 上り下りで途中乗車できる駅とその時刻を下記にまとめました。 サンライズ出雲(下り) 駅 高松 坂出 児島 岡山 姫路 三ノ宮 大阪 浜松 静岡 富士 沼津 熱海 横浜 東京 着 — 21:44 22:00 22:22 23:33 0:12 0:32 — 4:38 5:09 5:26 5:43 6:44 7:08 発 21:26 21:45 22:01 22:33 23:35 0:13 0:34 — 4:40 5:10 5:27 5:45 6:45 — 引用: 部屋の種類と料金表 サンライズ出雲・瀬戸の乗車料金は 運賃、特急料、寝台料金の3つの料金の合計で計算することができます。 運賃と特急料は一律ですが、寝台料金は6つの部屋別に異なります。 今回は東京-出雲間の乗車料金をまとめました。 チケットの購入日に注意 例えば、4月1日に出雲駅につくようにチケットを購入するとします。 東京駅で乗車するのであれば、3月31日の22時発のチケットを購入すれば問題ありません。 しかし、静岡駅、浜松駅から乗車する場合、 列車の出発時刻が日付をまたぐので、4月1日付のチケットを購入する必要があります。 みどりの窓口でチケットを購入する際にスタッフの方にも確認されるかと思いますが、注意しておきましょう。 購入したチケットの払い戻しについて 一度チケットを購入したものの、用事ができて乗車できない場合もあるかもしれません。 サンライズ出雲は、列車が出発する前であれば、みどりの窓口で払い戻しをすることが可能です。 払い戻しを希望する場合は下記のように手数料が発生します。 クレジットカードで乗車券とを購入した場合は、払戻時に利用したカードが必要になるので注意が必要です。 出発日の2日前まで・・・550円• 出発日の前日、当日・・・特急料金と寝台料金の合計の30% お得にサンライズ出雲・瀬戸に乗車する方法 サンライズ出雲を予約する方法はみどりの窓口でチケットを購入する以外にも2つ種類があります。 条件が合えば通常よりお得にサンライズ出雲に乗車することができるので紹介しておきます。 ヤフオクなどオークションサイトでチケットを探す ヤフオクなどネットオークションでチケットが販売されている場合もあります。 運が良ければ、希望する日のチケットが出品されているかもしれないので、少しでも安くしたい!という方はチェックしてみるとよいでしょう。 ツアーに申し込む 旅行代理店の中にはサンライズ出雲・瀬戸の乗車券がセットになっているツアーを組んでいるところがあります。 さらに個人でチケットを手配する必要もなくなるので、 時間とお金の節約がしたい方にはツアーがおすすめです。 ツアー内容が希望に沿っていればぜひツアーをご利用ください。 サンライズ出雲・瀬戸の予約方法まとめ サンライズ出雲・瀬戸の 予約方法、時刻表、乗車料金、予約時の注意点、お得に乗車する方法を紹介しました。 これで、サンライズ出雲・瀬戸のチケットを迷わずゲットできるはず!希望する日にちでチケットを購入したら、特急寝台列車で旅に出ましょう。

次の