天ぷらレシピ。 最高峰の天ぷら職人直伝!「じゃがいもの天ぷらおにぎり」レシピ

天ぷら粉活用術(おすすめアレンジレシピ)

天ぷらレシピ

作り方 調理時間 約30分 1. えびは尾を残して殻をむいて背ワタを取り、腹側の3〜4ヵ所に切り込みを入れて、ポキッという感触があるまで一筋ごとに背側にそらし、まっすぐにする。 尾の先を切り水分をしごき出しておく。 なすは縦半分に切り、ヘタの方約2cmを残して5mm幅の切り込みを入れ、水にさらして水気をきる。 かぼちゃはワタと種を取り、5mm幅に切る。 れんこんは皮をむいて、5mm幅の輪切りにし、水にさらして水気をきる。 しいたけは軸を取り、半分に切る。 ボウルにマヨネーズを入れて少しずつ水を加え、よく混ぜる。 混ざったら小麦粉を加え、少し粉が残るくらいまで混ぜる。 1〜 3と青じそに 4をつけて揚げる。

次の

最高峰の天ぷら職人直伝!「じゃがいもの天ぷらおにぎり」レシピ

天ぷらレシピ

冷水を使い、軽く混ぜるカラッと揚がらず、衣が重い感じになってしまう原因の1つが衣の作り方です。 衣が重たくベタっと原因は小麦粉のタンパク質が作り出すグルテン。 小麦粉と水を混ぜるとできる粘り気のある物質で、グルテンが多いと衣はベタっとしてしまうのです。 グルテンが多くならないようにするためには、低温で混ぜすぎないことです。 クレープ生地のような「サラサラ」としたゆるい状態が理想です。 そのため、使う小麦粉はタンパク質の少ない薄力粉を使い、混ぜる水は冷水を使うのもポイントです。 夏場は粉も冷蔵庫で冷やしておくとよいでしょう。 そして、粘り気がでないように、揚げる直前にかき混ぜすぎないように、さっくりと混ぜます。 衣は卵をいれる? いれない? /天ぷら粉を使う? 薄力粉を使う? 油の温度の見極め方天ぷらの衣を油の中に少量落とします。 〇低温・・・イモ類・レンコンなどでんぷんを多く含む野菜は、火を通すのに時間がかかるので低温でじっくりと揚げます。 シソなどの葉物、ピーマンやししとうなどの彩り野菜など、色味を大切にしたい素材も低温で。 〇中温・・・かき揚げや野菜の素揚げなどは中温で。 〇高温・・・魚介や肉は長時間揚げると硬くなるので、高温で短くがコツです。 食材の種類や切った厚さによって変わります。 食材を入れると油の温度が下がるので、火加減をこまめに調節して油の温度を【維持】することが大切です。 天ぷらや揚げ物は「ガスコンロ」におまかせ! 「温度調節」機能は、センサーが自動で火力調節して、設定した温度に調整・キープしてくれるから、温度調節が難しい天ぷらなどの<揚げ物>も、簡単にカラッとおいしく! また、焦げつきや生焼けが心配なハンバーグや卵料理などの<焼き物>にも便利です。 専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。 機種によって機能名は異なります。 専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。 専用容器は別売の場合もございます。 /各画像はイメージです。

次の

意外に簡単! 「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

天ぷらレシピ

例えば、余ってしまった誕生日ケーキはみなさんどう処理するだろうか? おそらく「 翌日に持ち越す」という方が多いハズだ。 では、カレーならばどうだろう? こちらはむしろ翌日の方が美味しくなるので、余るうんぬんではなく長期戦を視野に入れてカレーを用意しているハズだ。 ではではでは「天ぷら」ならばどうだろう? 翌日に持ち越す方もいらっしゃるとは思うが、出来立てと比べてしまうとワンランク……どころか3ランクほど味が落ちてしまうことは否めない。 そんな時にオススメしたいのが、今回ご紹介する『 天ぷらチャーハン』だ。 率直に「意外とアリなチャーハン」が完成するぞ。 ・天ぷらが余る 5月に入り、我が家の食卓にそうめんが登場する機会が増えてきた。 まだそこまで暑くはないものの、チュルチュルッと手軽に食べられる そうめんはマジで最高。 温度と湿度が上昇していくこれからの時期、ますますそうめんの出番が増えていくことだろう。 同時に「天ぷら」が登場する機会も多くなった。 家でそうめんをやる日はスーパーの総菜コーナーなどで天ぷらを購入することが多く、しかも 結構な確率で余る。 買いすぎなのか、それとも実はそこまで天ぷら需要がないのか? いずれにせよ、天ぷらを持て余すことが多い。 今回のレシピはちょこっとだけ残った天ぷらで何かできないものか考えた結果、私が自己流で作ったものである。 以前の記事でご紹介した「」が意外と美味しかったので「寿司が大丈夫なら天ぷらでも何とかなるだろ」と安易に考えたのだ。 ・天ぷらチャーハンの作り方 【材料】 天ぷら: 適量 ご飯: 適量 ねぎ: 適量 大葉: 適量 めんつゆ: 適量 【作り方】 1: 天ぷらをオーブンで温め、ざく切りにしておく。 2: ねぎと大葉をみじん切りにする。 3: ご飯にめんつゆをかけ、よく混ぜておく。 4: 薄く油を敷いたフライパンに天ぷらを入れ、頃合いを観てご飯を投入。 よく炒める。 5: ネギと大葉を入れて、塩・コショウ・しょう油で味を整える。 ハッキリ言って、これが「天ぷらチャーハンを最高に美味しく作るレシピ」かどうかは自信がない。 正直、 この1回しか作らないまま記事を書いている。 ただ、意外や意外。 正直「記事にできるレベルじゃないんだろうな~」と思っていたのだが、私の中での基準は余裕でクリアしていた。 心がけたことはただ1つ、 なるべくサッパリ仕上げることだ。 天ぷらが入る時点で、ある程度ヘビーなチャーハンになることはわかっていたので、チャーハンには付き物の卵も今回は使用しなかった。 また、ねぎと大葉を火からおろす直前に入れたのは、薬味のフレッシュさを活かしたかったからである。 味付けに使用しためんつゆは、ご飯にも天ぷらにもよく馴染み、特に 天ぷらを1人ぽっちにさせない役割を果たしていた。 天ぷらの種類や薬味、そのほかの具は適当でいいが、味付けのベースにはめんつゆを推奨したい。 加えて、今回はたまたま残っていた「紅しょうが天」を入れたが、結果的には 紅しょうがと大葉が全体を重くさせない仕事をしていたので、あれば紅しょうがは入れた方がいいハズだ。 とにかく重くなり過ぎぬよう、サッパリと仕上げる工夫をしてみよう。 味わい的には、めんつゆの甘さがベースになっているチャーハンなので、これならばお子さんでも食べられるハズ。 わざと天ぷらを残してまで作れとは言わないが、余った天ぷらを活かすレシピとしてはなかなか優秀ではなかろうか? 天ぷらを捨ててしまう前に、ぜひ思い出して欲しいレシピである。 Report: Photo:RocketNews24.

次の