のだめ カンタービレ キスシーン。 [mixi]のだめと千秋の初体験について

キスシーンが最高だった日本のドラマ☆ランキング!~名主題歌を添えて~(6~8位)|ランキングー!

のだめ カンタービレ キスシーン

第8位:初めて恋をした日に読む話(深田恭子・横浜流星) 「美男美女で素敵!最後のキスシーンはやばい!」 「大学の教室内で…って絶対現実にはないけど、素敵だった~」 「ずっと結ばれてほしいと願っていたので、最後のキスには感動!」 8位はフィーバー冷めやらぬ中ランクイン!「初めて恋をした日に読む話」(2019年)。 キスシーンといえばもちろん最終回。 東大の教室で堂々とキスする二人がドラマティックで麗しすぎました。 放送直後からSNSではゆりゆりコールが止まらない!セリフも完璧すぎるし、この漫画をドラマにしようって思った人は神なのか?!まさに平成最後の年の差ビッグカップル誕生の瞬間でした。 主題歌はまたまたback numberで「HAPPY BIRTHDAY」。 歌詞もメロディーも切ない…! 第7位:のだめカンタービレ(上野樹里・玉木宏) 突然ですが、中の人最近… 月9? の をイッキ見しました? ギャグ要素強めでありながら、キュンキュンする二人の恋模様が楽しめました。 そして一番印象的と言われたキスはドラマに続く映画「のだめカンタービレ最終楽章 後編」での超ロングキスシーン。 ちょっと妬いちゃうぐらいラブラブな二人、いつまでもお幸せに…! そして主題歌ではJ-popを起用せず、オープニング曲はベートーヴェンの「交響曲第7番」、エンディングはガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」というクラシック尽くし。 当時はドラマの影響でクラシックを聴いていた人も多かったですね。 第6位:ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜(山下智久・北川景子) 「とっても綺麗な二人でした!」 「若かりし山Pと北川景子の輝きは、後世に残すべき」 「マンションのドアをバーン!からのキス!最高!」 6位は2009年のドラマ「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」。 北川景子さん&山下智久さんという美男美女ぶりも今となってはレア! そして主題歌はB'z「イチブトゼンブ」。 バスケットボール選手の山Pを想いながら熱唱したい一曲です。

次の

玉木宏の印象に残っているキスシーン 「のだめ」の上野樹里とフランス・パリで

のだめ カンタービレ キスシーン

俳優の(40歳)が、4月11日に放送されたトーク番組「おかべろ」(関西テレビ)に出演。 印象に残っているキスシーンについて語った。 この日、・は、番組スタッフの調査をもとに、玉木が・・・・・・・・といった大女優らとキスシーンをしてきたと列挙し、「キスしたらちょっとは好きになるでしょ? 嘘ついたらアカン、ほんとのこと言うてくださいよ」と、強めの圧力をかける。 玉木は「こそ、もう最近は何とも思わなくなっちゃって。 むしろ普通のシーンと変わらない感覚。 握手と一緒ぐらい。 もちろんラブストーリーだから仲良くしようとは思いますけど。 20代の頃はちょっと考えたりしたこともありましたけど、20代後半にはなかった。 いっぱい人が見てる中ですからね。 そんな感情にはならないかもしんないです」とコメント。 さらに印象に残っているキスシーンについて聞かれた玉木は、ドラマ「のだめカンタービレ」でフランス・パリに行き、「上野樹里ちゃんとキスした時もやっぱすごい景色の中で。 思い出に残ってるな」と振り返った。 あわせて読みたい•

次の

のだめカンタービレ こたつのシーン

のだめ カンタービレ キスシーン

なんだか下世話なタイトルになってしまってすみません のだめと千秋がいつから男女の関係になったかというのは、今までもかなり議論されてきた内容だと思いますが、最近ざーっと読み返してみて自分なりに納得のいく解釈ができたような気がするので、今さらですがこのようなトピを立ててみました。 (不適切でしたら管理人さん削除してくださいませ) まず、キーポイントは12巻にあると思います。 11巻には、明らかにそういう関係ではないことを示す根拠が出てきます。 のだめのブラがDであることに照れる(もし体験済みならそのような反応にならない)? ルイと一緒にネックレスを買ったとき、千秋はのだめのことを『彼女じゃない』と否定している(もし体験済みならその発言は失礼ですよね ) また、12巻の前半では、? マングースの人生すごろくで、千秋は『このへんで踏みとどまっていたはず』と思う(踏みとどまっているということは一線は越えていない)? ルイと同じ超絶技巧を弾くのだめに千秋がキスをする(これはそのあとののだめの反応から見ても、二人の初チューだったと思われます) そして、ここからが私の考える二人の初夜です。 (むきゃー!) 千秋のパリ・デビューのあと、千秋は『ようこそ変態の森へ』と決意してのだめを抱きしめます。 ここで千秋は前に進む決心をしたのでしょう。 そしてlesson67。 屋根裏のムッシューと出会った千秋が心なしかキラキラ描かれています!そして、部屋に戻るとのだめの『おかえりナサーイ 』に対し、『た、ただいま』と照れくさそうに答える千秋…。 その後の美術館デートでも、ミケランジェロのダビデ像を見てヨダレを垂らしているシーンで、すでにのだめは千秋の裸を見たのかな!?と想像してしまいますし、千秋のほうから手をつなぐシーンも、何か進展があったからこその行動だと思います。 『お前の洗濯物、まだ乾燥機に入ってるから…』と言う千秋。 ということで、描かれてはいませんが、パリ・デビュー当日の夜が一番怪しいと私なりに結論付けたのですが、皆さんはどう思われますでしょうか? なんだか研究論文みたいになってしまってすみません 私は最初は「のだめプロポーズの前夜」説で、その後、「たまにはあったのかな?」と思い、でもやっぱり最初の説に戻りました。 人間というのは(何を偉そうに)異性の形をしたものが部屋に、あるいは同じフトンの中にいるからといって発情するわけではなく、千秋はのだめの才能には「魅せられ、捕われて」いたにせよ、人として女性としての彼女には「別な星の住人であって交配なんてもってのほか」、さらには同じ人類とさえ思っていなかったでしょう。 こういう関係は自分を含め周囲でもよく見かけます。 同じフトンで芸術のことは語るけどそのままただ眠るだけの、性別が男女であるというだけの人々を。 のだめは、昔昔の少女漫画のヒロインの見事な裏返しです。 彼女たちはあまりに清純で可愛いかったがゆえに男は最後まで手を出さず、のだめは、変態でピアノ以外はてんで女性性からかけ離れた存在であるがゆえに、終盤近くまで性的局面に直面せずに済んだ(というか好きな男からそういう対称として見てもらえなかった)のではないでしょうか。 私は12巻のパリデビューのすぐあとだと思ってます L esson79、松田さんとの会話の中で、 「その中で、自分で選んだのは変態(のだめ)だけですから」 と、千秋。 Lesson82、バカンスの話の中で、ターシャは 「ふたりでどっかに行くにきまっているんでしょ、付き合いはじめたばかり」 と、言ってます。 Lesson85、ブロワさんちでのつぶやき、 「今日は、オレは最後まで生き地獄」 ここから、すでにふたりはそういう関係なのだと想像できるのではないでしょうか でも、 きわめつけ は、 Lesson70 長期公演にでかけたのだめが淋しくて、千秋のベッドで、写真をたて、千秋のシャツとズボンに足を絡めているシーン あの、足の絡め方は、ふたりがすでに一線を越えているのでは と思います。 本当のところは、二ノ宮先生しかわからないと思いますが、ふたりの関係を想像して、読み返すと、ワクワクします.

次の