タチフサグマ 1位。 ポケモンカード準優勝タチフサグマデッキ紹介【ポケカ環境】

ポケモンカード準優勝タチフサグマデッキ紹介【ポケカ環境】

タチフサグマ 1位

はじめに 新年明けましておめでとうございます。 おもちです。 今回は、普段からポケカをやっていたポケカ仲間のロベルトさんが、転勤先の北海道で好成績を収めたので記事にしていこうと思います。 僕たちは普段愛知県で活動を行なっています。 シーズン1は特に大会に出ることなくのんびりと過ごしていましたが、その結果ポケカ仲間のほとんどが地元愛知県で開催されるCL愛知の抽選に落ち、やっぱ優先権って大事だなぁと痛感したシーズンとなりました。 それを踏まえ今シーズン2は「絶対京都CLの優先権は取りたいね」という話をして、それぞれ頑張って活動しており、概ね結果を出せてきています。 簡単にですが現在のシティリーグシーズン2の参加メンバーの主な成績です。 愛知CLの前と後とで環境が変わるため、需要のほどはわかりかねますが、シティリーグ愛知のベスト4のピカゼク、ルカメタザシアンもありますので、気になる方はこちらのリンクから飛んでみてください。 環境についての考察とデッキ選択 まず最初に軽く環境考察についての話を少ししていきたいと思います。 今回のシティリーグシーズン2の環境は、大型大会であるCL愛知以前の前半と、それ以降の後半で大きく分けられます。 前半と後半で大きなカードプールの変更はなかったものの、環境については結構動いたな、という印象を受けました。 どのプレイヤーにもざっくりと「三神ザシアンは強いぞ」という感覚だけがあったのです。 そこから、CL愛知に向けてメタを読みデッキを練り上げた人たちが勝っていた様子です。 個人的にはシティリーグ愛知でお話をしたプレイヤーの多くがそのままCL愛知でも決勝トーナメントまで駒を進めており、ある程度のデッキ的優位はあったのではないかと推察しています。 そこから後半にかけて ・強い人の強いデッキがわかった(ニャイキング採用のスピードザシアン、小ズガなど) ・新しいデッキタイプが加わった(ヨネダタクヤ選手が配信卓で披露したコケコドールなど) といういうふうになり、カードの採用やデッキが固定されていったように感じました。 これによってザシアン系統は一段強さが増し、三神ザシアンが復権するような兆しが出てきました。 そこから 三神ザシアンに対抗するスピードザシアン、鋼に順当な強さを誇れる小ズガドーン、小ズガに勝つために三神は必須…、 といった感じの三竦みのような形で有利不利がぐるぐると回っています。 ここにピカゼクやミュウミュウ系のデッキが入り込み、環境が複雑化しているような流れです。 逆にこの三竦みの当たりがどこにくるか次第で、結果が変わっているような気がしていました。 そこのあたりを考慮して、今回は結果的に Tier1 ・三神ザシアン ・小ズガ Tier2 ・スピードザシアン ・MM系統 ・ピカゼク として練習を行いました。 また、よくよく考えていくと環境にいる現在のデッキは結局じゃんけんでブン回ったら、勝ちが取れるという極端言えば「サイドをとる」ことを重くみて相手を倒す前のめりのデッキが多いと感じました。 だからこそ発想を逆に変え、 サイドを如何に取らせないかという思考のデッキが高い勝率稼げると思っていました。 デッキ構築と採用カード解説 当日使用したデッキはこちらです。

次の

【ポケモン剣盾】超火力!特性「こんじょう」タチフサグマの育成論!

タチフサグマ 1位

こんにちは。 ナインです。 剣盾S6お疲れ様でした。 今期は同じ通話窓のぼんこふさんが使っていたスカーフタチフサグマ+ルドの並びが強いと思った為この並びを軸に自分なりに補完を組んでみました。 この3匹の並びについては原案者のぼんこふさんが記事を書いていますのでよかったらこちらも閲覧お願いします。 まずは使いたかったのでこの3匹で重めのや等の特殊アタッカーを意識したチョッキ型で採用した。 次にで不利を取るやに強いHBを採用。 最後に入れ得のを入れて構築が完成した。 最初は普通の型で使用していたがを選出しない際に相手のに詰まされることが多かったので呪いを採用した。 <基本選出> タチフサグマ++or タチフサグマの捨て台詞から展開していく 技の一貫が切れているので相手のックスをサイクルを回すことで枯らしやすい ++or 裏選出のつもりだったがこっちの選出の方が多かった 相手の特殊アタッカーをとで処理してで詰めていく ここまで読んでいただきありがとうございました 人と構築を組んだのは初めてだったんですがお互いの思考回路が全然違うので同じ並びから組み始めても補完が全然違う形になるのが面白かったですね。 今期は最終19位という今までで一番良い結果を残すことができましたが、一桁狙いを止めて撤退したから残せた結果なので今後はもっと上を目指して頑張りたいと思います。

次の

【ポケモンGO】タチフサグマの種族値と覚える技

タチフサグマ 1位

わざ選びについて タチフサグマが覚えるわざは以下のとおりです。 ノーマルアタック• したでなめる• カウンター スペシャルアタック• はかいこうせん• クロスチョップ• つじぎり• ダストシュート ノーマルアタックはタイプ一致のわざを覚えないので、環境や性能の関係でカウンターをおすすめします。 したでなめるも悪くはないですが、はがねタイプに弱点をつけて、つじぎりを早く使えるカウンターが良いと思います。 スペシャルアタックはつじぎりは確定として、のこりのわざをクロスチョップにするかダストシュートにするかは環境や好みによって変わってくると思います。 クロスチョップは早さで見ると非常に優秀ですが、威力はそこまで高くないので、はがねタイプ相手ならクロスチョップよりもつじぎりでこうげきアップを狙うほうが良い場合もあります。 クロスチョップを使う場面はあくタイプのポケモン、つまりタチフサグマ相手にしか使わないケースが多いです。 ダストシュートは消費エネルギーが大きいので使いづらいですが、タチフサグマが苦手とするフェアリータイプに一矢報いることができます。 もちろんシールドを使われてしまえば一方的にやられてしまいますが、シールドを使わせることができるともいえます。 また、シールドさえ奪ってしまえばフェアリータイプ相手に逆転を狙えるチャンスが生まれます。 こればかりは自身のパーティによってどちらが良いかは変わってくると思います。 どちらか決められない場合は、戦える相手を増やせるようにダストシュート型をおすすめします。 そして「使うことがない」「クロスチョップが欲しい」と思ったら変えてみて、「やっぱりダストシュートが欲しい」となったら戻してみてを繰り返してしっくり来る方を選んでみてください。 個体値厳選について 以下のポケモンを対象に、個体値の変化で対戦内容に大きな変化があるかを調べました。 調べた結果、上記のポケモンに対して、個体値の変化で対戦内容に大きな変化を確認できませんでした 特定のポケモンに対してカウンターのダメージが1上がることもありますが、それによって不利対面が有利対面になったり、有利対面がより有利対面になるという風には感じられませんでした。 もっと深く広く調べれば何かあるのかもしれませんが、私の見解では、 タチフサグマはSCPの高さを重視する で良いと思います。 最後に いかがでしたでしょうか。 タチフサグマはSCPの高さを重視する とはいえ、SCPの高さで厳選しようとすると、交換してこうげき個体値を下げなければいけません。 よりSCPの高いタチフサグマを求めるなら交換して厳選しなければなりませんが、卵から生まれたガラルジグザグマからでも十分良いタチフサグマは作れます。 10-14-14で4096通り中74位、10-15-13で87位と卵からでも優秀な個体は産まれます。 いいタチフサグマが作れないからと使うのを諦めるのではなく、手持ちで1番良さそうなガラルジグザグマを強化して使ってみて、使い勝手が良さそうであればより良いタチフサグマを作ってみてはいかがでしょうか。 個体値も大事ですが、そのポケモンを使いこなせるかはもっと大事です。 (アメやすなに余裕がない場合は無理せずできる範囲で厳選してくださいね!) 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の