温度発信器。 耐圧防爆温度発信器『Model AdE‐MER』 旭計器工業

ハイブリッド式温度発信器 - ダイヤル温度計 - 兵田計器工業株式会社

温度発信器

1821年、ドイツ人科学者ゼーベック(T. Seebeck)が、2つの異なる金属をつなげて、両方の接点に温度差を与えると、金属の間に電圧が発生し、電流が流れることを発見しました。 この現象を発見者の名前をとって「ゼーベック効果」と言います。 この回路に電流を起こさせる電力を熱起電力(Thermoelectromotive force)と呼ばれ、その極性と大きさは2種類の導体の材質と両端の温度差のみによって定まることが確認されています。 熱電対は前述のゼーベック効果により、2種類の金属の接合部(測温接点)T1の温度と計測器側接点(基準接点)T0の温度差Tによる電圧を発生します。 熱電対を使用して温度を計測する場合、計測器でこの電圧を測定します。 計測器の測定方法としては、次の2種類があります。 熱電対の選び方 測定温度で選定 熱電対には、二種類の金属導体の組み合わせ方で以下の8種類があります。 以下、各熱電対の特徴を記載します。 B 熱電対 他の貴金属熱電対と比較してロジウムの含有量が多いので、融点および機械的な強度が増していて、長寿命です。 起電力が極めて低く、低温領域の測定は不可能です。 貴金属熱電対の中ではR熱電対が最も使用されます。 K 熱電対 貴金属熱電対と比較すると安価ですので、現在工業用として最も普及しています。 起電力特性の直線性が優れていて、耐熱・耐食性も高いので、まずはK熱電対を使用することから考えます。 特に精度良く温度を測定したい場合に選定します。 E熱電対よりも安価なのも特長です。 低温領域を精度良く測定したい場合に選定します。 接地型 熱電対の素線をシースの先端部に直接溶接して測温接点を作ったシース熱電対です。 応答性が早いのが特長です。 素線がシースに接地していますのでノイズのある場所、危険な場所での使用はできません。 非接地型 熱電対の素線をシース部と絶縁し、測温接点を作ったシース熱電対です。 応答性は接地型には劣りますが、長時間の使用に耐え、また、ノイズのある場所、危険な場所でも影響されずに使用可能です。 露出型 熱電対の素線をシースから露出し、測温接点を作ったシース熱電対です。 応答性は3タイプの中では最も早く、わずかな温度変化も追従します。 エンジンテストなど、早い応答性が求められる場合に使用します。 ただ、強度は著しく低いので基本的には使い捨てで使用します。 温度勾配がなければ銅導線でもOK? 実際に温度勾配がない場合においては、熱起電力が発生しません。 従って、熱起電力が発生しないような温度勾配のない部分の延長に関しては銅導線でも問題ありません。 熱電対と補償導線の接続 熱電対と補償導線の接続は、接続部の温度勾配がない場合、通常の端子台で問題ありませんが、仮に温度差が生じると正確な計測ができなくなります。 その場合は使用する熱電対と同等の熱起電力特性をもつ、専用のコネクターを使用します。 熱電対の最大延長 熱電対自体は1km以上延長しても使用可能です。 ただし、計測器には通常、配線できる入力信号抵抗値の最大値、"入力信号抵抗"が決まっています。 熱電対の総抵抗値がこの値以上になると正確な計測ができなくなりますので注意が必要です。

次の

温度変換器:測温抵抗体変換器

温度発信器

電子式DPharp EJXシリーズ/EJAシリーズは、横河電機独自で開発・設計した単結晶シリコン振動式センサ(シリコンレゾナントセンサ)を圧力検出素子として搭載し、測定差圧・圧力に対応した4~20mA DC信号を発信・伝送します。 特にDPharp EJXシリーズではさらにシリコンレゾナントセンサを進化させ、1つのセンサで差圧と静圧の同時測定を可能としたマルチセンシング機能を搭載し、さらに小形軽量化、高機能化を実現した次世代インテリジェント差圧・圧力伝送器です。 また各種の耐圧防爆規格、本質安全防爆規格に対応しています。 「差圧・圧力伝送器」についてもっと知る 上記の[詳細]タブ、または以下のリンクをクリックすると各コンテンツがご覧いただけます。 ほか 単結晶シリコンレゾナントセンサ採用 単結晶シリコンレゾナントセンサは、 YOKOGAWAが世界で初めて自社開発に成功し、DPharpシリーズに採用された、高性能センサです。 シリコンレゾナントセンサは、計装の高度化にともなう高精度要求に対応でき、また従来より過酷な環境でも長期に安定した計測を行なうことを可能にしました。 当社では、圧力の校正器にもこのシリコンレゾナントセンサを採用しております。 大河内賞には記念賞・技術賞・生産特賞・生産賞の4部門があり、記念賞は中でも最も栄誉のある賞とされている。 単結晶・高真空だから高安定 振動子はシリコンチップ上、中央と端に2つあります。 加圧時に中央部振動子が圧縮され、固有振動数が減少し、端部の振動子では引張られ、固有振動数が増加します。 この2つの振動子の固有振動数の差動演算を行なうことで、さらに高精度な測定が実現しました。 優れた感度とハイレンジアビリティ シリコンレゾナントセンサの差圧に対するセンサの感度は、ピエゾ抵抗センサの約4倍。 これに対し、温度や静圧といった外乱による信号の変化は1桁小さくなっています。 高精度・長期安定性 高精度でも長期に安定した計測ができなければセンサとしての価値はありません。 1990 年代初めに革新的な圧力検知技術である DPharp ディジタルセンサを開発し、その優れた性能と信頼性において大幅に市場が拡大しました。 これからもますます進化し続けることで、お客様に最高の圧力測定ソリューションを提供し続けます。 安全計装 SIL レベル 2 当社の差圧・圧力伝送器では安全規格 IEC 61508 に適合し、SIL2 の認証を受けています。 ファームウェアまで含めた高信頼設計やディジタルセンサにより一般の伝送器で同等の安全レベルを実現するために 2 台が必要となるところを 1 台でカバーできます。 安全計装システムにおいて、設計・計装・ランニングコストの削減に大きく貢献します。 過大圧保護 当社の差圧・圧力伝送器は、フィールド機器用の通信プロトコルに対応しています。 相互運用性と互換性が保証されていますので、ツールや作業手順を換える必要がありません。 多機能ディスプレイ 差圧・圧力伝送器の多機能ディスプレイは、柔軟な設置や迅速な試運転が可能で、プロセス変数やアラームなども簡単に閲覧できます。 対応する機種や仕様に制限があったり、付加仕様の指定が必要な場合がありますので、詳細は各機種の仕様書(GS)上でご確認ください。 また、表中の EJA-EおよびEJA-Aシリーズは海外向けの機種になります。 詳細情報はGlobalサイトにてご確認ください。 防爆規格 付加仕様の指定が必要です。 機種や仕様によっては対応していない場合があります。 詳細は各機種の仕様書(GS)をご確認ください。 船級 付加仕様の指定が必要です。 機種や仕様によっては対応していない場合もあります。 詳細は仕様書(GS)にてご確認ください。 以下とは別に、無線(Wireless)規格対応品のEJX-B, EJX-Lシリーズをご用意しています。

次の

製品情報|株式会社チノー

温度発信器

手のひらに納まるシガレットサイズの小形プラグイン構造です。 みにまるシリーズは、国際標準規格といえるCEマーキングおよびUL規格に適合しています。 コンパクトボディでありながらAC・DC電源にも幅広く対応。 取付場所を選ばず、電源を選ばない変換器シリーズです。 M2XU ユニバーサル入力変換器(PCスペック形) M2XUM ユニバーサル入力変換器(PCスペック形、Modbus付) M2LR 測温抵抗体変換器(ワンステップキャル設定形) M2XR2 測温抵抗体変換器(PCスペック形) M2EXR 測温抵抗体変換器(PCスペック形、有機ELディスプレイ搭載) M2RS1 測温抵抗体変換器(アナログ形、入力検出電流1mA) M2RS 測温抵抗体変換器(アナログ形) M2RT 測温抵抗体変換器(アナログ形、太陽光発電・気象箱用) M2RR 抵抗/抵抗変換器 絶縁2出力小形信号変換器 みにまるW2シリーズ• 9ミリの超薄形変換器です(M6D、M6Sの場合)。 スプリング式端子形、ねじ端子形、ユーロ端子形の3タイプの端子台から選べます。 消費電力を極限まで抑えた、省エネ変換器です。 M6SXU ユニバーサル入力変換器 (PCスペック形、スプリング式端子接続形) 交流電源対応 M6NXU ユニバーサル入力変換器 (PCスペック形、ねじ端子接続形) 交流電源対応 M6DXU ユニバーサル入力変換器 (PCスペック形、ユーロ端子接続形) 交流電源対応 M6SXR 測温抵抗体変換器(PCスペック形、スプリング式端子接続形) M6NXR 測温抵抗体変換器(PCスペック形、ねじ端子接続形) M6DXR 測温抵抗体変換器(PCスペック形、ユーロ端子接続形) 超小形端子台形信号変換器 M5・UNITシリーズ• 実績豊富なプラグイン形変換器の代名詞ともいうべきシリーズです。 配線を外さずに検査・交換できる、手のひらサイズのプラグイン構造です。 必要な機能を150種を越える豊富な機種からお選びいただけます。 長寿命、高信頼度設計。 デジタル指示計付を用意。

次の