素敵な彼氏ネタバレ。 素敵な彼氏【第53話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

素敵な彼氏49話最新話のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

素敵な彼氏ネタバレ

素敵な彼氏最新話52話ネタバレ 無事にS大に受かったののかは、春から一緒に通えるんだと笑顔が止まりません。 先生に報告に行くののかと直也は、よくやったなとお褒めの言葉をいただきます。 ののかは、喜んでる?と直也に聞きます。 直也は、喜んでるというよりかは、開放感だと言います。 開放しすぎないようにしないとと話す直也は、ののかに近づきます。 隣にいたはずの直也が、気づけば正面にいます。 見つめられたののかは、なんだろうこのかんじ、なにか部分的に開放した?と動揺してしまいます。 次の日学校へ行くと、エリハが第一志望受かったよと声をかけてきます。 やったねと声をあげようとしたののかの口を、エリハが塞ぎます。 校内には、落ちた人も全落ちした人もいるから自重しようというのです。 うしろから来た木名瀬を二人はじっとみつめます。 木名瀬は、受かったよと言い、神田は落ちたけどと付け加えます。 卒業後、エリハと木名瀬、神田は東京で、真太郎は京都に行きます。 大学生になったら皆遠くへ行っちゃうんだと、ののかは寂しくなります。 合格のお祝いをしたいと言うエリハの提案で、六人で遊ぶことにします。 ののかは、みんなとの思い出がつくりたいと、インスタ映えスポットで写真とか撮りたいと言います。 さっそくエリハと木名瀬は、場所を調べたりラインのグループを作ったりとテキパキ行動しはじめます。 ののかは、こういう人たちが世の中を引っ張っていったりするのかなと目を丸くして皆のことを見ているのでした。 ののかたちが行ったあと、男性陣三人は、このメンバーははじめてだと喜びます。 神田と木名瀬も東京なんだという話になり、エリハと真太郎は遠恋なんだねと神田は言います。 お互い一人暮らしになるし、泊まったりできるのはいいよねと神田と真太郎は意気投合します。 真太郎がそういう点では便利になる、と笑顔を見せると一瞬空気が固まります。 直也が、ののかとはまだそういうことないと言うと、真太郎は付き合ってもう1年くらいなのに!?と青ざめます。 ののかがわかりづらすぎると直也は言います。 こっちからサインは出しているけどオッケーなのかがわからないのです。 心配した真太郎は、直接言うとかしないと、遠まわしは通用しないかもねとアドバイスするのでした。 遊びに行く当日、待ち合わせ場所にあらわれた直也は、おはようとののかに近づきます。 みんなで遊ぶの楽しみだねとののかの顔を触ります。 今までの直也との違いに気づきながらも、気づかないフリをののかは続けます。 インスタ映えスポットを巡り、カラオケに移動します。 直也はののかを隣に座らせ、肩を回すので、ののかはすっかり固まってしまいます。 明らかに不審な動きをしている直也を見て、エリハは男子と直也は何を企んでいるんだと真太郎に聞きます。 ののかちゃんが鈍いから・・・と真太郎が言うと、エリハは納得するのでした。 ののか見ているとアジアぶんかの闇を感じる思うエリハ。 一方戸惑うののかは、普通にしてほしいと直也に対して思います。 ガードを固めるかの如く、にっこりと笑うののかに、直也は来週の水曜、家に誰もいないんだけど と告げるのでした。 別マを毎月読むのはなかなか大変だよね?金銭的にしんどい時はどうしたらいいのさー!お得に読める方法はないのかい? 漫画をなるべくお得にたくさん漫画を読みたい!という時は、以下の動画配信サービスや電子書籍サービスを利用するのがおすすめです! クリックで読む 特典・ポイント 2週間無料トライアルで 最大900円分のポイントがもらえる。 電子書籍購入で20%のポイント還元。 30日お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 (動画は1500円分)10%のポイント還元。 31日間お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 継続で毎月1200円分のポイント付与。 最大40%ポイント還元。 会員登録無料で登録すると半額クーポンが必ずもらえる。 ポイント還元や来店ポイント付与あり。 期間限定で無料作品、特価作品が増えることも。 会員登録無料で半額クーポンがもらえる。 ポイント還元、まとめ買い・セット割引あり。 期間限定で100%割引も。

次の

素敵な彼氏 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

素敵な彼氏ネタバレ

素敵な彼氏 ネタバレ 52話 別マ8月号2020 最新話・あらすじ・ 感想・考察 河原和音作品 「水曜日 家誰もいないんだ」 ののか<へー・・そうなんだへー 誰もいなかったら・・・のんびりできるね。 リビングでも遊べちゃうね~・・・とか・・違う!!・・・そういう意味じゃ・・ない!!私の考えすぎ・・じゃ・・ない!! やだなー桐山くん変な意味で言ってるんじゃないのに、変な意味に取っちゃった~・・とかじゃない 気がする!!キャーーーーー!!!> ののかは桐山くんに見つめられたまま、固まってしまいます。 一方木名瀬は神田から 「俺マジでうちの学校から東京行く中で、一番仲いいの木名瀬だから。 3年は木名瀬と友達になれてよかった」 と言われ、顔を赤くする木名瀬。 そんな2組をピザを食べながら眺める、老夫婦のようなエリハと真太郎。 「なんか懐かしいね。 あの感じ」 ののかはもう頭が回らず、カラオケのその後を覚えてはいません。 木名瀬は帰り際、エリハたちに相談があるということになり、女子はそのままエリハの家にお泊まり会になりました。 ののかは全く頭が動いておらず・・・気づけばもうカラオケもう終わり、最後の別れ際。 とにかく桐山くんの言葉で、頭がいっぱいだったのです。 桐山「ののか 水曜日・・来る?」 ののか「・・うん・・行く!!」ののかは顔を赤らめながら、精一杯答えます。 桐山「意味わかってる?」 ますます真っ赤になるののか。 「分かってる・・と思う!!」 桐山「ははは 分かってそうだ」 そしてエリハの家でお泊まり会。 でもののかの頭の中は桐山くんの言葉でいっぱいです(笑)桐山くんから「学校から真っ直ぐ来る?」と LINE で聞かれ 「うん。 まっすぐ行く」 と答えます。 ののか<お風呂とか どうするのかな。 そういうの・・ キスしたことしかない。 くちに触ってるくらいのやつ。 そこからいきなり?そういうもの ?> みんなでアイスを食べていると 木名瀬「私 神田が好きかもしれない」 木名瀬の一言にののかはびっくりしてしまいます。 エリハはもちろん分かってはいますが。 木名瀬は 神田に告白しようか迷っているのです。 そして振られた時のリアルな悲しい想像が止まりません。 エリハ「受験終わって、告白はいいタイミングだと思うけど。 タイミングって大事だし私なら一回「いいと思ってる」くらいは言うな」 さすがのエリハです。 木名瀬「・・・告白したことないし・・私の気持ち・・迷惑じゃないといいな・・」 そして三人は布団に入り、木名瀬はすぐに眠りにつきます。 ののかは水曜日のことにうなされ、眠ることができません。 するとエリハが声をかけてくれ、二人はベランダで話をすることに。 エリハ「直也に何か言われた?どこか旅行しようとか 家においてとか」 ののか「どうしてわかるの?!」 エリハ「付き合って1年?直也もよく我慢したよねー」 ののか「あー変な汗出る変な汗出る!!もう私いっぱいいっぱい!!」 エリハ「もうそれは見てたらわかるよ。 てゆうかさー彼氏とカウントダウンが夢だったんなら、そこから先のことも考えても良さそうなものじゃない? 夢とか予定に入ってなかったの?」 ののか「なかった・・!彼氏とカウントダウン・・・から先も前も ・・無!!」 そしてエリハはいろんな想像が合っているか、教えてあげるから質問を受け付けるよと言ってくれたのです。 ののか<あ・・あ・・あ・・あってるかどうか!!質問・・質問・・確かに合ってるのかどうがどうなるのかすごい気になる・・ような!!聞きたい・・ような!!> 学校にも帰りからの想像で、ののかは玄関を上がったところまででもいっぱいいっぱい。 エリハ「受け身の姿勢だから恥ずかしいんじゃないの?こっちも見てやるぞくらいの気持ちで行けばいいじゃん」 思わず顎が外れてしまいそうなののか。 わーなんてことをなんてことを!!思いもしなかったよそんなこと!!」 エリハ「直也の記憶 いつまでも上書きされないわけだけど、ののかってそういうのは気にならないんだねーすごーいさすが」 ののか<上書き・・?考えたことなかったそ!!その手の話が遠い話しすぎて・・そういうふうに考えたことなかった!!そんなの・・考えたら・・気になるし・・嫌に決まってるよね!!> エリハ「いいんじゃない、しなくてーののかのペースでね」 ののか「するし!!水曜日!!行くし!!」 思わず力が入ってしまうののか。 ここで木名瀬が目を覚まし、3人は再び布団に入ることに。 ののか<もしかしたらエリハ 私がわーわーしてるから背中押してくれたのかな。 背中押されたよ、ものすごーく 押されまくりだよ。 私が桐山くんを 一番知ってたい。 私が一番 近くにいたい。 何もかも 誰よりも> そして水曜日。 帰りに桐山くんがコンビニに寄るかと聞きますが、ののかはいっぱいいっぱい。 ののか<私の想像にコンビニがなくて・・すいません・・ああもう!!もう!!付き合うまでとか告白だけじゃなくて、その先もすんなり自然にいかない、どうして!!私はいちいち!! でも・・わかってる。 大丈夫なんだよね。 桐山くんは私がこういう人だってことはもうわかってて。 でも大丈夫で きっと私も 何があっても大丈夫> そして二人はエレベーターに乗り、桐山くんが玄関のドアを開け・・・ 靴を脱ごうとしたののかを、桐山くんがいきなり壁ドン! ののか<くつ・・・脱がないの?> さてさてこの続きは気になりますが!!桐山くん、気持ちが焦っているのでしょうか??次回は見逃せないセンターカラーでの登場予定!!ますます二人から目が離せませんね~ ——素敵な彼氏 ネタバレ 53話 別マ9月号2020 最新話・あらすじ・ 感想・考察 河原和音作品 へ——.

次の

「素敵な彼氏:52話」最新話ネタバレと感想!ののかと直也に春到来!

素敵な彼氏ネタバレ

素敵な彼氏 ネタバレ 52話 別マ8月号2020 最新話・あらすじ・ 感想・考察 河原和音作品 「水曜日 家誰もいないんだ」 ののか<へー・・そうなんだへー 誰もいなかったら・・・のんびりできるね。 リビングでも遊べちゃうね~・・・とか・・違う!!・・・そういう意味じゃ・・ない!!私の考えすぎ・・じゃ・・ない!! やだなー桐山くん変な意味で言ってるんじゃないのに、変な意味に取っちゃった~・・とかじゃない 気がする!!キャーーーーー!!!> ののかは桐山くんに見つめられたまま、固まってしまいます。 一方木名瀬は神田から 「俺マジでうちの学校から東京行く中で、一番仲いいの木名瀬だから。 3年は木名瀬と友達になれてよかった」 と言われ、顔を赤くする木名瀬。 そんな2組をピザを食べながら眺める、老夫婦のようなエリハと真太郎。 「なんか懐かしいね。 あの感じ」 ののかはもう頭が回らず、カラオケのその後を覚えてはいません。 木名瀬は帰り際、エリハたちに相談があるということになり、女子はそのままエリハの家にお泊まり会になりました。 ののかは全く頭が動いておらず・・・気づけばもうカラオケもう終わり、最後の別れ際。 とにかく桐山くんの言葉で、頭がいっぱいだったのです。 桐山「ののか 水曜日・・来る?」 ののか「・・うん・・行く!!」ののかは顔を赤らめながら、精一杯答えます。 桐山「意味わかってる?」 ますます真っ赤になるののか。 「分かってる・・と思う!!」 桐山「ははは 分かってそうだ」 そしてエリハの家でお泊まり会。 でもののかの頭の中は桐山くんの言葉でいっぱいです(笑)桐山くんから「学校から真っ直ぐ来る?」と LINE で聞かれ 「うん。 まっすぐ行く」 と答えます。 ののか<お風呂とか どうするのかな。 そういうの・・ キスしたことしかない。 くちに触ってるくらいのやつ。 そこからいきなり?そういうもの ?> みんなでアイスを食べていると 木名瀬「私 神田が好きかもしれない」 木名瀬の一言にののかはびっくりしてしまいます。 エリハはもちろん分かってはいますが。 木名瀬は 神田に告白しようか迷っているのです。 そして振られた時のリアルな悲しい想像が止まりません。 エリハ「受験終わって、告白はいいタイミングだと思うけど。 タイミングって大事だし私なら一回「いいと思ってる」くらいは言うな」 さすがのエリハです。 木名瀬「・・・告白したことないし・・私の気持ち・・迷惑じゃないといいな・・」 そして三人は布団に入り、木名瀬はすぐに眠りにつきます。 ののかは水曜日のことにうなされ、眠ることができません。 するとエリハが声をかけてくれ、二人はベランダで話をすることに。 エリハ「直也に何か言われた?どこか旅行しようとか 家においてとか」 ののか「どうしてわかるの?!」 エリハ「付き合って1年?直也もよく我慢したよねー」 ののか「あー変な汗出る変な汗出る!!もう私いっぱいいっぱい!!」 エリハ「もうそれは見てたらわかるよ。 てゆうかさー彼氏とカウントダウンが夢だったんなら、そこから先のことも考えても良さそうなものじゃない? 夢とか予定に入ってなかったの?」 ののか「なかった・・!彼氏とカウントダウン・・・から先も前も ・・無!!」 そしてエリハはいろんな想像が合っているか、教えてあげるから質問を受け付けるよと言ってくれたのです。 ののか<あ・・あ・・あ・・あってるかどうか!!質問・・質問・・確かに合ってるのかどうがどうなるのかすごい気になる・・ような!!聞きたい・・ような!!> 学校にも帰りからの想像で、ののかは玄関を上がったところまででもいっぱいいっぱい。 エリハ「受け身の姿勢だから恥ずかしいんじゃないの?こっちも見てやるぞくらいの気持ちで行けばいいじゃん」 思わず顎が外れてしまいそうなののか。 わーなんてことをなんてことを!!思いもしなかったよそんなこと!!」 エリハ「直也の記憶 いつまでも上書きされないわけだけど、ののかってそういうのは気にならないんだねーすごーいさすが」 ののか<上書き・・?考えたことなかったそ!!その手の話が遠い話しすぎて・・そういうふうに考えたことなかった!!そんなの・・考えたら・・気になるし・・嫌に決まってるよね!!> エリハ「いいんじゃない、しなくてーののかのペースでね」 ののか「するし!!水曜日!!行くし!!」 思わず力が入ってしまうののか。 ここで木名瀬が目を覚まし、3人は再び布団に入ることに。 ののか<もしかしたらエリハ 私がわーわーしてるから背中押してくれたのかな。 背中押されたよ、ものすごーく 押されまくりだよ。 私が桐山くんを 一番知ってたい。 私が一番 近くにいたい。 何もかも 誰よりも> そして水曜日。 帰りに桐山くんがコンビニに寄るかと聞きますが、ののかはいっぱいいっぱい。 ののか<私の想像にコンビニがなくて・・すいません・・ああもう!!もう!!付き合うまでとか告白だけじゃなくて、その先もすんなり自然にいかない、どうして!!私はいちいち!! でも・・わかってる。 大丈夫なんだよね。 桐山くんは私がこういう人だってことはもうわかってて。 でも大丈夫で きっと私も 何があっても大丈夫> そして二人はエレベーターに乗り、桐山くんが玄関のドアを開け・・・ 靴を脱ごうとしたののかを、桐山くんがいきなり壁ドン! ののか<くつ・・・脱がないの?> さてさてこの続きは気になりますが!!桐山くん、気持ちが焦っているのでしょうか??次回は見逃せないセンターカラーでの登場予定!!ますます二人から目が離せませんね~ ——素敵な彼氏 ネタバレ 53話 別マ9月号2020 最新話・あらすじ・ 感想・考察 河原和音作品 へ——.

次の