ウォーキング ウィズユー 歌詞。 BE WITH YOU GLAY 歌詞情報

【歌詞】【和訳】With a Little Help from My Friends/ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ(The Beatles/ザ・ビートルズ)の歌詞、タイトルの読み方、意味

ウォーキング ウィズユー 歌詞

1,826• 140• 105• 140• 103• 208• 129• 112• 1,803• 130• 352• 170• 103• 122• 112• 181• 102• 174• 104• 4 最近の公開• 最近のコメント• に eikashi より• に alex より• に IzTo より• に 匿名 より• に 夏樹 より• に AI(人工知能)の進歩はディストピアをもたらすのか? より• に eikashi より• に 夏樹 より• に eikashi より• に 夏樹 より.

次の

Walking with you 歌詞「Novelbright」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ウォーキング ウィズユー 歌詞

1,826• 140• 105• 140• 103• 208• 129• 112• 1,803• 130• 352• 170• 103• 122• 112• 181• 102• 174• 104• 4 最近の公開• 最近のコメント• に eikashi より• に alex より• に IzTo より• に 匿名 より• に 夏樹 より• に AI(人工知能)の進歩はディストピアをもたらすのか? より• に eikashi より• に 夏樹 より• に eikashi より• に 夏樹 より.

次の

【歌詞】【和訳】Within You Without You/ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー(The Beatles/ビートルズ)の歌詞、タイトルの読み方、意味

ウォーキング ウィズユー 歌詞

背景 [ ] 1967年初頭にハリスンは、にあるの自宅で 、夕食を摂りながら精神性に関する議論をしたのち、「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」を書き始めた。 ハリスンは自叙伝『I Me Mine』で、「を演奏しているうちに、曲のアイデアが浮かんでいる。 」と延べ、「メロディが最初に浮かんできて、次に最初のフレーズ"We were talking…"(ぼくらは話していた)が浮かんできた。 」としている。 本作は、「」に次ぐを取り入れた楽曲で、 ()、インド式ハーモニウムといったインド楽器を採り入れている。 「ラヴ・ユー・トゥ」が収録されたアルバム『』が発売された翌月の1966年9月に当時の妻と共にインドを訪れ 、古代のの教えに魅了された。 10月よりに師事してについて学んだ。 当時についてハリスンは、「僕は継続的にインド音楽のレッスンを受けていた。 そのメロディはサルガムというもので、それが多くのの基礎になる。 だからこそ僕は当時、普通とは異なるスケールの曲を書きたいという気持ちを抑えられなくなったんだ。 」と語っている。 楽曲についてジョージは「 ()のためにラヴィがレコーディングした楽曲をモチーフにして書いた。 元の曲はとても長くて、おそらく30分〜40分くらいはあった。 いくつかのパートが分かれていて、それぞれが独自の信仰になっていた。 僕が作ったのはそのダイジェスト版で、彼の楽曲の中から見つけたサウンドと似たものを盛り込んだ。 それを3つのパートに分けて録音して、あとから編集で繋ぎ合わせた。 」と語っている。 なお、ハリスンは当初、アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のために「」を書き、1967年2月にレコーディングも行われたが、プロデューサーのによって却下された。 レコーディング [ ] 「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」のレコーディングは、1967年3月15日の夜にの第2スタジオで開始された。 レコーディングは、のメンバー と ()のミュージシャン とともに行われ 、ハリスン以外のメンバーは参加しなかった。 3月15日のセッションでは、、 ()、 ()、、という編成でベーシック・トラックが録音された。 1週間後の22日にディルルバのパートを2つ加えたのちに、モノラル・ミックスが作成され、アセテート盤にカットされた。 これは、が持ち帰ってスコアに起こすためである。 4月3日の夜のセッションでは、ロンドン交響楽団よりヴァイオリニスト8名とチェリスト3名を招いてレコーディングが行われた。 のちにジョージ・マーティンは「全員が一線級の演奏者である必要があった。 音が突然伸び縮みしたり、ひどくか細くなったりするディルルバについていくのは、実のところすごく難しいことだったから。 」と語っている。 その後、完成したに対して、ハリスンのとシタール、 、をオーバー・ダビングした。 なお、バッキング・トラックは、スピードを上げて再生されていることから、テンポが速まっているほか、キーがからに変わっており 、演奏時間も6分25秒から5分5秒に短縮された。 本作は、アビー・ロード・スタジオのライブラリより「エスタブリッシュメント・クラブ・ロンドン、笑い声、喝采」というテープに録音されていた笑い声で終わる。 このエンディングはあらかじめ決められたもので、「自分達のことを深刻に考えすぎている」という見越して加えられたもの。 ハリスンは「5分もの哀しい音楽が解放されるのさ。 どちらにしてもこれはサージェント・ペパーのショーを聴いているというコンセプトなわけだから、観客の声がしても何ら不思議ではなかった。 それがこのアルバムのスタイル。 」と語っている。 リリース [ ] 本作は1967年6月1日に発売されたビートルズの8作目のオリジナル・アルバム『』のB面1曲目に収録された。 ハリスンは同アルバムを酷評していたものの、アルバムのアートワークにはハリスンの嗜好が取り入れられており、、、、の4名のインドの やヒンドゥー教のの人形が登場している。 なお、アルバムの裏ジャケットには歌詞が記載されており、「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」の歌詞はに被るようにして掲載されている。 この関係から活動後期より流布したの手がかりの一つとされた。 1996年に発売された『』には、本作のインストゥルメンタル・バージョンが収録された。 なお、この音源は前述のオーバー・ダビング前の段階であるため、キーがオリジナルのCとなっている。 2006年にのショーのサウンドトラック・アルバムとして発売された『』には、「」のとの上にこの曲のヴォーカルを乗せたリミックス・バージョンが収録された。 2009年に発売されたゲームソフト『』(日本未発売)にも収録されたほか、2015年に発売された映像作品『』にはが収録された。 2017年に発売された『』の及び6枚組スーパーデラックスのCD3にテイク1、6枚組スーパーデラックスのCD3にハリスンがミュージシャンたちにメロディやリズムを、インドの古典音楽で使用される音階名で歌いながら教えているときの音源が収録された。 評価 [ ] 本作について賛否両論があり、『ビートルズ・マンスリー』誌の「『サージェント・ペパー』は平均的なポップ・ファンには進みすぎた作品か? 」という記事内で、読者の見解として「ジョージがこれまで作った楽曲の中で最高に美しい楽曲。 」「いかれた雑音が続くだけで、メロディらしいメロディがない。 」「この曲のおかげで美しい夢が見られる。 」「あまりにも酷くてゾッとする。 まったく歌詞が聞こえない。 」などのコメントが掲載された。 一方、作曲家のは、1967年に本作を引き合いに『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』について、1967年の最も待ち望まれていたポップ・アルバムに、インドの影響がある曲が収録されたことの意義を認めている。 また、ビートルズのメンバーも高く評価しており、は「ジョージの最高傑作のひとつ」として挙げたうえで 、「自分の思いや音楽をはっきりと打ち出している。 あいつには生まれながらの才能がある。 そうでなければあんなサウンドは出せない。 」と賞賛し 、もお気に入りの楽曲として挙げている。 なお、のは、この曲の歌詞に特に感銘を受け、自宅の庭にこの歌詞を彫った碑を作った。 ジョージ・ハリスン - 、、 ()、• 外部ミュージシャン 無記名 - ()、、• エリック・グルーンバーグ、アラン・ラヴデイ、ジュリアン・ゲイラード、ポール・スケルマン、ラルフ・エルマン、デイヴィッド・ウルフスタル、ジャック・ローズスタイン、ジャック・グリー -• リチャード・キルベイ、アレン・フォード、ピーター・ビーヴァン - カヴァー・ヴァージョン [ ]• - 1988年のトリビュート・アルバム『』に収録。 - 2007年に『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の発売40周年を記念したBBCラジオ2の特別番組で披露。 - 2007年のアルバム『』に収録。 - 2009年のライブ・アルバム『』に収録。 - 2014年のアルバム『』に収録。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• , p. , p. 174. 103. , p. 112. , p. 40, 112. , p. , p. , pp. 206-208. , pp. 56-58. uDiscover. 2020年3月15日. 2020年7月26日閲覧。 , p. 185-197. , p. 174. , p. 215. , p. 176, 178. 179. 2015年9月6日時点のよりアーカイブ。 2020年7月26日閲覧。 , p. 111-112. uDiscover. UNIVERSAL MUSIC JAPAN 2020年2月3日. 2020年7月26日閲覧。 , pp. 114, 200. , p. 109. , p. , p. Fleming, Colin 2017年3月30日. Penske Media Corporation. 2018年11月13日時点のよりアーカイブ。 2020年7月26日閲覧。 , p. 95, 96. , p. 155, 923. , p. 216fn. Gundersen, Edna 2006年11月13日. の2012年10月25日時点におけるアーカイブ。 2020年7月26日閲覧。 BandLab UK Limited. 2017年4月5日. 2020年7月26日閲覧。 Charlesworth, Chris 3 November 1973. Hunt, Chris ed. 2005. NME Originals: Beatles - The Solo Years 1970-1980. London: IPC Ignite!. 243. uDiscover. UNIVERSAL MUSIC JAPAN 2019年11月29日. 2020年7月26日閲覧。 , pp. , p. 214. 2017年6月6日. 2017年6月6日時点のよりアーカイブ。 2020年7月26日閲覧。 , p. 1011. Roy, Paul 2009年10月3日. 2017年4月19日時点のよりアーカイブ。 2020年7月26日閲覧。 Lynch, Joe 2014年10月22日. 2015年8月22日時点のよりアーカイブ。 2020年7月26日閲覧。 参考文献 [ ]• Bagirov, Alex 2008. The Anthology of the Beatles Records. Rostock: Something Books. The Beatles 2000. San Francisco, CA: Chronicle Books. Clayson, Alan 2003. George Harrison. London: Sanctuary. 1999. The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology. New York, NY: Oxford University Press. 2002 [1980]. I, Me, Mine. San Francisco, CA: Chronicle Books. ハウレット, ケヴィン 2017年. ビートルズ『』のアルバム・ノーツ [楽曲解説]. Lavezzoli, Peter 2006. The Dawn of Indian Music in the West. New York, NY: Continuum. Lewisohn, Mark 2005 [1988]. The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962-1970. London: Bounty Books. 1998. Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties. London: Pimlico. 、水木まり(訳)『メイキング・オブ・サージェント・ペパー』、1996年。 Reck, David 2016 [2008]. In Julien, Olivier. Sgt. Pepper and the Beatles: It Was Forty Years Ago Today. Abingdon, UK: Routledge. Reising, Russell; LeBlanc, Jim 2016 [2008]. In Julien, Olivier. Sgt. Pepper and the Beatles: It Was Forty Years Ago Today. Abingdon, UK: Routledge. The Editors of 2002. New York, NY: Rolling Stone Press. Schaffner, Nicholas 1978. New York, NY: McGraw-Hill. Spizer, Bruce 2003. The Beatles on Apple Records. New Orleans, LA: 498 Productions. Tillery, Gary 2011. Working Class Mystic: A Spiritual Biography of George Harrison. Wheaton, IL: Quest Books. Womack, Kenneth 2007. Long and Winding Roads: The Evolving Artistry of the Beatles. New York, NY: Continuum. 外部リンク [ ]•

次の