虫眼鏡 実家。 虫眼鏡が三冊目の書籍を発売 オンラインサイン会ライブ配信が決定

東海オンエア虫眼鏡の出身大学・高校は?昔は教員?本名や身長・年齢も紹介!

虫眼鏡 実家

私虫眼鏡、実は個人チャンネルを運営しております。 「それサブチャンと何が違うの?」ってなるのが嫌だったので、僕が1人でしゃべるだけのラジオチャンネルにしました。 ラジオなので画面を見ていなくても大丈夫です。 通学中や寝る前などにぜひ「虫眼鏡の放送部」と検索してみてください。 いっけね!宣伝しちゃった! 実家の話するんだった!! はい、その僕の個人チャンネルでの話なんですが、「親がマジで頭固すぎ。 家を出ていくことも許してくれない。 」というお便りが届きました 意訳。 そのメールを読んで、僕は少し安心しました。 と言うのも、東海オンエアの人はけっこう両親と仲が良く、僕はよく「ダメだよ!」と叱られているからです。 知るか! やはり親と子の関係ってのは家族によって千差万別ですよね。 「こんなお父さんお母さんになりたい!」と目標にできる親もいれば、「こんな親になってたまるか」と反面教師にする親もいるのです。 もちろん一般的に考えれば、人と人は仲良くした方がいいに決まってるのですが、そうでなきゃ立派な大人になれないわけではないと思います。 ライオンは我が子を崖の下に突き落とすのです。 少なくとも僕は、両親と仲良しだったら東海オンエアにはなっていないでしょう。 てな訳で、要は僕は両親と仲が良くありません。 これだけ言うのにそれっぽい言い訳したわ。 この間すげえ久しぶりに実家に帰ったら、おばあちゃんがいました。 住んでました。 あと部屋が増えてました。 弟が太ってました。 父は白髪が増えてました。 母は普通でした。 なんか、浦島太郎はこんな気分なんだなぁと思いました。 そして僕も太っていました。 みんなは小まめに実家戻った方がいいよ! 編集:虫眼鏡 どうも、東海オンエアです。 youtube. uuum.

次の

虫眼鏡

虫眼鏡 実家

私虫眼鏡、実は個人チャンネルを運営しております。 「それサブチャンと何が違うの?」ってなるのが嫌だったので、僕が1人でしゃべるだけのラジオチャンネルにしました。 ラジオなので画面を見ていなくても大丈夫です。 通学中や寝る前などにぜひ「虫眼鏡の放送部」と検索してみてください。 いっけね!宣伝しちゃった! 実家の話するんだった!! はい、その僕の個人チャンネルでの話なんですが、「親がマジで頭固すぎ。 家を出ていくことも許してくれない。 」というお便りが届きました 意訳。 そのメールを読んで、僕は少し安心しました。 と言うのも、東海オンエアの人はけっこう両親と仲が良く、僕はよく「ダメだよ!」と叱られているからです。 知るか! やはり親と子の関係ってのは家族によって千差万別ですよね。 「こんなお父さんお母さんになりたい!」と目標にできる親もいれば、「こんな親になってたまるか」と反面教師にする親もいるのです。 もちろん一般的に考えれば、人と人は仲良くした方がいいに決まってるのですが、そうでなきゃ立派な大人になれないわけではないと思います。 ライオンは我が子を崖の下に突き落とすのです。 少なくとも僕は、両親と仲良しだったら東海オンエアにはなっていないでしょう。 てな訳で、要は僕は両親と仲が良くありません。 これだけ言うのにそれっぽい言い訳したわ。 この間すげえ久しぶりに実家に帰ったら、おばあちゃんがいました。 住んでました。 あと部屋が増えてました。 弟が太ってました。 父は白髪が増えてました。 母は普通でした。 なんか、浦島太郎はこんな気分なんだなぁと思いました。 そして僕も太っていました。 みんなは小まめに実家戻った方がいいよ! 編集:虫眼鏡 どうも、東海オンエアです。

次の

僕のキャリアがYouTuberだけになることは絶対ない――虫眼鏡が重ねるキャリア

虫眼鏡 実家

先週末、久しぶりに実家へ帰省しました。 実家へは、車で1時間半ほどの距離ですが、長男が小学生になってからは、いろんな行事があってなにかと忙しく、以前より足が遠のいています。 今回、9月に5歳になった次男は、もらいそびれていた誕生日のプレゼントを、みぃみ(おばあちゃん)と一緒に買いに行くのを楽しみにしていました。 おもちゃはもう充分!サンダルが小さくなって履けないし、冬服も足りないから・・・本もいいなぁ、なんて私は実用的なすぐにでも必要なものをあれこれ考えていましたが、次男がリクエストしたものは、なんと虫眼鏡!!! (えぇ~虫眼鏡なら、お母さんが100円ショップで買ってあげるから、他のものにしなよぉ~) (そもそも、なんで虫眼鏡?!それ、何に使うんだい?!) 次男に、私の心の声は聞こえるわけもなく、上機嫌でみぃみと出かけていきました。 帰ってくると、その手にしっかり大きな虫眼鏡が握られていました。 どういうわけか、それに便乗して、長男もひと回り小さな虫眼鏡を持っていました。 さっそく取り出して、新聞の文字を見てみたり、私の顔を覗き込んでは、「でかっ!!」と言っては、ひゃっひゃと嬉しそうにしていました。 でも、なんで、虫眼鏡がほしかったのか、いまだに見当がつきませんが、本人が喜んでいるので、良しとします。 それに、お母さんが希望していたサンダル、穴が開いてるのを見かねた私の妹が、長男と次男に買ってくれました。 あぁ~ありがたい。 実家に行くと、子どもたちは、王様になれます。 全く私に寄り付かないため、私はぐうたらできます。 無条件に愛され、くつろげる場所があって、しあわせだなぁって思います。 This entry was posted in. Bookmark the.

次の