ホロライブ 百科。 なぜホロスターズはにじさんじの男性vtuber達みたいに伸びなか...

友人A (えーちゃん)とは【ピクシブ百科事典】

ホロライブ 百科

ホロライブ hololive とは、が開発した配信、およびそのを使用して活動するである。 また、この記事では暫定的にがする「ホロライブ」と、同社が・を行う「ナージック」および、をに活動する「ホロライブ」、をに活動する「ホロライブ」についてのも取り扱うこととする。 ホロライブ下の「 」については個別記事が作成されているため、そちらを参照していただきたい。 なおストアのはされており、のみ残されている。 それとは別に、機をした「いつでもと会えて、一緒にお出かけができる」をにした 『リー』がにされた ・。 とは別に、自社製を使用して配信やを行う専属のがされ、そこでした達を「ホロライブ1期生」と呼んだことから、それ以降 「ホロライブ」の名称はが展開する事業の名や、所属の活動をする名、・学式ッ等による配信、などの名称として用いられるようになる。 その後、 としての「ホロライブ」はにより「ナージック」「」と共に「ホロライブ」の下に収まり、名からとしての扱いに変わった。 ホロライブプロダクション所属VTuber 新のは随時行われており 、としてのだけでなく既に個人活動しているの新規所属が発表されることもある 例:、特例:・AZKi。 更に一部のは何らかの方向性に特化したやで活動している者もいる 例:ホロライブ、ナージックなど。 他のものは で• ホロライブだけ見たい場合は• ほぼなので見どころとのみ紹介• ジェスチャー出題、困惑の""はに登場。 覚ましにジェスチャーと。 豊富なアクセでコーデ、しの高性• のお見送りは最高、こんなおさんが欲しい• ずっと笑ってて楽しそうなまとめは• が多すぎて• とは打ち首 になりました。 でも元気いっぱいの週• しながらを教えてくれる七日間。 かわ余すぎる余が編集で自在に演出されちゃう余• だけど身振り手振りの可さはホロライブ随一な• 間がすぎて必見、のが出すわけ・・・• ころねがヤバすぎてが見どころ、はな👆いよ 👉👈• AZKi• テイクしの璧週、のが人はがオススメ• 魂こもった表題曲の をに年末を締めくくる• ・るしにゃあ・ルァア・キモータ・ ゼンブミテクレルヨネ…? 視聴者が制作した動画 視聴者が投稿した切り抜き動画 関連静画 関連生放送 関連コミュニティ・チャンネル 公式MMDモデル 一部 その他のはもしくはを参照。 関連商品 関連項目• KiLA 個人被 - とのや、との配信 など面な方面でも付き合いがある• ホロライブの裏方• ホロライブ使用者• 向け配信・• ホロライブ• ホロライブ• ナージック• ホロライブ• ホロライブ ホロライブ関連の各種問題に関するは、以下のでお願いいたします。 ライ個人の記事では行わないでください。 の一元化にご協をお願い申し上げます。 外部リンク•

次の

友人A (えーちゃん)とは【ピクシブ百科事典】

ホロライブ 百科

ドラクエのゲーム実況は、x. そしてプレステ版Switch版の1. 3はゲーム実況していいみたいなのです! いつかまったりみんなとドラクエやりたいな! 4. などやりたいけど今は、ゲーム実況許可されてないみたいなのです、解禁される未来がきたらぜひにやりたいなぁ!— 中川翔子🍉YouTubeデビュー🐈 shoko55mmts これは明確な配信ガイドラインが当該ハードのドラクエ1,2,3,10,11のみに存在し、他のドラクエシリーズに関しては明確なガイドラインが存在せず、許可が取れない旨のツイートを中川翔子が行ったものだ。 このツイートをみたホロライブのファンスレ民は「ドラクエ関係者のしょこたんでも許可がとれないのにぺこらは許可がとれたのはどうしたことか」と問題提起した。 「ドラクエ関係者に許可を出してしまうと仕事になるから許可を出せない」等の反対意見もあったが、DQ10のスクショですら権利表記を求めているにもかかわらず、兎田ぺこらの配信概要には権利表記がなく(6月20日現在も)、また2019年に許諾を得て行われたであろうニコニコ公式のドラクエ5配信では権利表記がしっかり行われていたことから(下記参照)、 十中八九無許可ではないかとの見方をなされることになった。 勿論、ドラクエ5に関しては、インターネット上におそらく無許可であろうゲーム実況、配信が数多く存在し、現在でも個人の配信者がこぞって許可を取らずに配信しているタイトルであり、「黙認ベース」が成り立っているといえないこともないが、個人ではなく営利目的の法人が大体的に著作物を無許可で利用していたこと、競合他社でおなじような業務形態のにじさんじがタイトルごとにスパチャOFFで配信したり権利関係で苦労していたことなどからスレで議論の中心となり、以降何スレにもわたってホロライブメンバーの話はほどほどに権利関係の話がなされることになった。 しかしこの時は、 著作権は親告罪でありグレーで成り立ってきたゲーム実況の歴史から例え無許可であっても黙認されてるならいいんじゃないかという意見 運営会社カバーにはゲーム会社出身の社員が多く、同じホロライブのときのそらがスクエニ関係者にロマサガ配信(こちらは権利表記あり)を褒められた経緯からさすがに何らかの口利きはしてるだろうという推測 ソースがしょこたんという弱さ(ツイッターにたびたび、イカサマで揃えた役満画像を載せたり、他人の猫を自分の猫と間違えて紹介する) 次の日何の変わりもなく兎田ぺこらがドラクエシリーズ外伝テリーのワンダーランドを配信していたこと などからあまり議論が長期化せず、1日でこの話は終わることになった。 そして6月1日、例の爆弾が任天堂によって投下された。 個人と法人 爆弾といっても、この任天堂のガイドライン自体は以前から存在するものであり、何か大きな変更があったわけでもない。 しかし、以下のQ&Aが追加されたのだ。 法人が、任天堂のゲーム著作物を使った投稿をすることは、このガイドラインの対象ですか。 このガイドラインは、個人であるお客様による任天堂のゲーム著作物の投稿を対象としています。 法人等の団体による投稿や、投稿者が所属する団体の業務として行う投稿は、このガイドラインの対象ではありません。 ただし、別途契約が締結された以下の法人に所属する投稿者は、所属する団体の業務として行う投稿であっても、個人であるお客様と同様に、このガイドラインに従って、任天堂のゲーム著作物を利用した投稿を行うことができます。 任天堂と包括契約を行っていたのはUUUMのみであったが、それに加えて3社追加し、個人のガイドラインを適用できる法人を増やした、というだけの文面に思える。 つまり、任天堂側の対応が何か本質的に変わったということは何もないのだ。 5月31日までと同じように個人ならガイドラインにそって配信、収益化できるし、法人なら別途契約に沿って配信すればいいだけだ。 ただそこにいちから株式会社の名前があったのが、ホロライブにとって大きな打撃となる。 任天堂と包括契約したにじさんじの運営会社いちからに対し、同じような業務形態にもかかわらず、ここに名前がなかったホロライブの運営会社カバー。 にじさんじはとある事件以降、任天堂のタイトルを行うときはスパチャをオフにしていたのに対し、ホロライブはほとんどの任天堂タイトルで収益化して配信を行っていた。 以上のことから、ホロライブは無許可で収益化を行っていたという疑念がファンの間で生じることになった。 そして、 ドラクエ5の議論の時はそれほど問題視されていなかった無許可収益化配信が急に天下の大悪行のように扱い出されたのだ。 勿論、この時までは疑念であり、このガイドライン外で個別に契約してる可能性も否定できなかった。 しかしここでもういくつかの疑問が浮かんでくる。 (もちろん権利表記もない) そもそもアンタッチャブルな雰囲気のあるダイの大冒険の2次創作ゲームを姫森ルーナが行った コナミのにおいて個別の許諾は行わず、収益化をしないよう書いてある兎田ぺこらの行ったMGSシリーズ 以下枚挙にいとまがないのでニコニコ大百科参照 上記記事に詳しく書いてあるので割愛するが、多くの演者が他人事で謝罪すらしていないのだ。 これはおそらく、運営から指示がでており、運営が演者の盾になるという魂胆なのであろう。 ここに何か違和感があるのは僕だけではないはずだ。 個人配信者扱いとしてガイドラインを適用したにもかかわらず、なぜかあつ森のスパチャの許可は会社が出す。 これまでのゲーム実況、配信の文脈上である個人の配信者のように無許諾配信していたなら、責任は個人にあるべきなのに、なぜか会社のせいになってる。 似たようなケースであるハイスコアガール事件の作者も出版社が許可取りしてるものと思っていたにもかかわらず、書類送検されている。 会社と演者の当事者間では謝罪、庇護の対象であっても、外からみれば共犯でしかないのだ。 「ライバーをたたくのはお門違い」という方がおかしいと個人的には思う。 この騒動以降、ホロライブのやるゲームはホワイトリスト化され、ゲーム会社から許諾の取れたゲーム、ガイドラインに配信、収益化可能の文字列があるゲームに限られることとなった。 ドラクエの権利表記がなかったのが嘘のように、今までの自分たちの行いが全て間違ってたというように、「本ゲームは〇〇の許可、確認を得た上で配信、収益化しています」の文言が概要欄に書かれるようになった。 まとめと個人的な感想 この問題はもちろんVtuber以外にも波及しており、例えば登録者200万人以上いる兄者弟者も任天堂タイトルの実況を非公開にしている。 一方で、加藤純一は法人所属(株式会社ムラッシュ)にもかかわらず、任天堂の新作「世界のアソビ大全」を広告付きで配信している。 このあたりは個人の裁量によるものであり、任天堂もあえて明確な線引きをしてないようにも思える。 法人所属だから即アウト、というわけでもなく、これまでと同じようにグレーゾーンによる黙認が行われていくのだろう。 しかしホロライブの場合は、 ガワとチャンネルが会社の持ち物であり明確な営利性をもっている 競合他社がクリーンな配信を目指した という2つの条件が重なったことで厳しい批判にさらされることとなった。 もちろん著作権の問題はどこまでいっても当事者間の問題でしかないが、許諾を取った正直者が馬鹿を見る社会だったらそれも問題である。 できれば今の大手のゲーム実況者、配信者と同じように10年単位で多くの演者が長く活動し、ホロライブが成長するために必要な過程だった、と言える日が来るといいですね。 個人的な感想としては、今回の権利問題は「何を今さら」というのが本音としてある。 2018年からホロライブの方針は変わってないし、明らかに許可が取れそうにないタイトルも2年前から行っていた。 任天堂のガイドラインが大きく変わったわけでもない。 そもそもVtuberの放送を生主の延長としかとらえてない僕は、何かそういうクリーンな、高尚なものを見ているという感覚がない。 配信業で食っていこうなんてやくざ者を集めた企業なんか最初から信用は地の底であり、これ以上下がりようがないのだ。 ある意味全肯定なのかもしれないが、今回の件も「謝ったから許す」で終わりである。 ただ、長くvtuberに配信界を盛り上げてほしいという思いはあるので、食いっぱぐれない程度に稼げるくらいのクリーンさは維持してほしいです。

次の

[B! これはひどい] ホロライブに関する不祥事の一覧とは (ホロライブニカンスルフショウジノイチランとは) [単語記事]

ホロライブ 百科

スマホアプリ「ホロライブ(hololive)」 カバー株式会社が提供する、「になれる」iOS/Android向けの無料。 もともとはスマートフォンのカメラによる自撮りで、3Dキャラクターのアバターになりきれるアプリとして2017年12月21日にリリースされたが、のちに向けの配信アプリとしてアップデート、そして翌年の4月よりスマホアプリから動画を配信出来るようになった。 当初はiOS、Androidの両機種に対応していたが、現在は前者のみ。 アバターは髪や瞳の色が変更できる3Dの女性キャラが1種類、Live2Dのキャラが男女2種類、さらにの3Dアバター、「みここ」の合計4種類が使用可能。 背景はときのそらでおなじみのスタジオ、学校の教室、ゲーム実況のワイプで使えるグリーンバックが選べる。 バーチャルYouTuber事務所「ホロライブプロダクション」 、に次いで、2018年5月2日、カバー株式会社が先述のアプリを使って自社専属のVTuberになりたい人を。 先行でデビューしたと、異世界()、ケモミミ()、元気っ子()、後輩()の 「ホロライブ1期生」のデビューを皮切りに、VTuber事務所 「ホロライブ」としての活動を開始した。 でも累計350万人以上のファンがおり、海外でも人気がある。 「さくらみこプロジェクト」として活動していたの編入に加え、8月からは 「ホロライブ2期生」。 12月6日活動開始のと、翌2019年4月から活動を始めた、を加えた 「ホロライブゲーマーズ」。 同年5月19日からは音楽レーベル 「イノナカミュージック」、7月からは 「ホロライブ3期生」、12月からは 「ホロライブ4期生」・・・とメンバーを増やしていき順次規模を拡大中。 また、これとは別にカバー株式会社は2019年5月に男性VTuberメインの事務所として 「」を設立した。 2019年12月1日、事務所の名義を 「ホロライブプロダクション」へ変更。 「ホロライブ」「ホロスターズ」「イノナカミュージック」は「ホロライブプロダクション」傘下の 女性グループ・男性グループ・音楽レーベルとして(ブランドの1つとして)それぞれ存続している。 所属VTuber一覧 🎬=YouTube 📝=Twitter 📺=ニコニコ動画 🎮=オープンレック 🀄=ビリビリ動画 ソロデビュー組 🐻 🤖 🌸.

次の