古典柄 振袖。 【振袖の古典柄】

京都室町なないろや

古典柄 振袖

着物の格とは何?格の高い礼装である「振袖」 着物の「格(かく)」とは、洋服でいうところの「フォーマル」「ビジネス」「カジュアル」のような種類の区分けのことです。 着物の格が高くなるほど「フォーマル」、低くなるほど「カジュアル」の扱いになるというわけですね。 着物にはそれぞれ「格」があり、着ていけるシーン・TPOが以下のように定められています。 いわゆる「花嫁衣装」ですね。 結婚式の場は、花嫁となる女性が未婚で居る最後の場。 主役である花嫁が、一生でもっとも格の高い着物を着ることになります。 お正月や成人式等に着る「振袖(ふりそで)」は、未婚女性が着る着物の中で花嫁衣装に次ぐ「格の高い着物」です。 「礼装」という言葉のとおり、振袖は正式なフォーマル服として様々な「あらたまった場所」で着用することができます。 【振袖の着用シーン例】 ・親族の結婚式 ・友人の結婚式・披露宴 ・祝賀会等のパーティー ・お見合い ・結納 ・卒業式 現代の感覚だと、振袖は「成人式に着る着物!」というイメージが強いもの。 でも元々の「振袖」とは、洋服でいうところの「ドレス」のような未婚女性のための正式なフォーマル服なのです。 振袖の色はどうする?色の選び方のコツ 若い女性向けの着物である「振袖」は、色のバリエーションがとても豊か。 振袖というと赤やピンクを思い浮かべる人が多いようですが、実際には青系・紫系・緑系・ベージュ系等、幅広い色合いがあります。 「振袖の色選びに迷ってしまう…」という人が多いのも当然と言えるかもしれません。 振袖の色を上手に選ぶコツとして、以下のような点を参考にしてみましょう。 肌映りの良さをチェック 着物の色は顔色を大きく変えて見せます。 色が合わないと色黒に見えたり、くすんでしまうことも。 スッキリと肌映りがよく見える色を選びましょう。 身長でも似合う色が変わる? 「身長」も色選びの要素に入れておくと、着物姿がさらに美しく見えます。 柔らかく明るい雰囲気で、可愛らしい印象にするのがおすすめです。 暗い色だと小柄さが目立ちます。 スッキリと大人っぽい雰囲気にまとめてみましょう。 ボディラインでも似合う色は変わる 全身をまとう振袖の色味で、ボディラインの印象も変わります。 濃いめ・強めの色はNG。 貧弱な印象を与えてしまいます。 全身を引き締め、スラリと見せてくれます。 反対に薄すぎる色合いは膨張して見えるため、あまり向いていません。 振袖の柄選びはどうする?上手な選び方のコツ 小柄な人の振袖の柄は? 小柄な人の場合、振袖の柄は小さめのものの方がバランスが取りやすいです。 反対にモチーフの一つ一つが大きいと、柄のインパクトが勝ってしまい、小柄さが目立ってしまうことがあります。 背が高い人の振袖の柄は? 身長が160センチ以上ある場合には、振袖の柄が大きめのもの・ハッキリとした柄行のものを選ぶことをおすすめします。 全体に小さな柄が入るような振袖だと、体の大きさが目立ちやすくなります。 幅広いシーンで振袖を着るための色・柄選び 「着物の格」でご紹介したように、振袖は親族の結婚式や結納・格調の高いパーティー等にも着ていくことができる格の高い着物の種類です。 しかし振袖の柄・色使い等によっては、結婚式や祝賀会等に使いづらいこともあります。 「成人式以外にも、振袖を幅広いシーンで使いたい!」という場合には、以下のような色・柄選びのポイントも知っておきましょう。 結婚式参列には「白」「赤」「黒」を避けた方が無難? 洋服の場合だと「結婚式では白がNG」というのがマナーですよね。 これは花嫁のウェディングドレスの「白」と、参列者の衣装の色がかぶらないようにするための心遣い。 主役である花嫁を引き立たせるために、同じ色を使わない方が良いというわけです。 和装の場合、このような色のマナーは特にはありません。 白でも柄が入っていれば「真っ白」ではないのでOK。 黒でも振袖ならば華やかだからOK…というのが原則的な考えです。 しかし、以下のような理由で「白」「赤」「黒」の振袖は避けておいた方が良いとも言われています。 これは以下のような「色被り」や「勘違い」が起きやすいためです。 いくら「着物のマナーではこれが正しい」と言っても、他の人から「マナー違反!」と勘違いされたまま過ごすのでは気分も良くありませんよね。 また事前に「花嫁が和装なのか、どの色の振袖を着るのか」を把握できるのであれば良いですが、毎回衣装を確認できないこともあります。 花嫁が特に選びやすい色合いは避けておいた方が無難…というわけです。 格の高いシーンで振袖を着るなら「古典柄」を 振袖の柄は、大きく分けて「古典柄」「モダン柄(現代柄)」に分類できます。 【古典柄とは】 吉祥模様(きっしょうもよう)という、古来の日本で「縁起が良い」と考えられてきた柄が代表的。 例えば「鶴・亀」や「七宝」「扇」「松竹梅」等があります。 この他、桃・藤・菊・椿などの日本で古来からある植物や花の柄は「古典柄」に含まれます。 なお「桜」は日本古来の古典柄の一種ですが、散るのが早いため「縁起が悪い」と考え、振袖への使用を避ける地域もあります。 【モダン柄(現代柄)】 近現代になってから取り入れられるようになった着物の柄のことは、まとめて「モダン柄」と呼びます。 例えばバラやカサブランカ(外来種のユリ)、ヒマワリ、かすみ草といった海外らしさのある花柄も「モダン柄(現代柄)」の一種です。 極端に言えば、「いかにも和柄!」という日本らしさがあるのが古典柄、「ワンピースやシャツ、洋服のバッグの柄にもできそう」という柄行はモダン柄というわけです。 現代的な柄はファッション性が強い分、「礼服(フォーマルらしさ)」という印象が弱くなることも。 そのため以下のようなシーンでは、「古典柄」の振袖の方が好まれます。 「振袖」は格の高い着物ではありますが、色・柄によっては「カジュアルな雰囲気」「派手な雰囲気」ばかりが目立ってしまうことも。 様々なシーンで振袖を着用するのであれば、格の高さを損ねない色柄を選ぶことも大切です。 おわりに 振袖の色選び・柄選び・着物の格についての基礎知識はいかがだったでしょうか?洋服と着物では、似合う色合いや柄も大きく変わってきます。 ふだんの洋服の時には着なかった色が、着物だとしっくり似合うことも多いんですよ! 振袖選びの時には、今までの「思い込み」にとらわれず、様々な着物を試すことが一番。 また振袖を購入する場合には、成人式以外で振袖を着ることも想定しながら色柄を選びましょう。 関連記事•

次の

古典柄振袖特集

古典柄 振袖

古典柄一覧(あ行)• 葵 茎が長く伸びて葉をつける事から「発展」を意味し、徳川家の紋として格調高い文様です。 麻の葉 麻の葉は成長が早い為、我が子に元気に育って欲しいという願いと魔除けの意味があります。 紫陽花 梅雨の長雨の時期でも耐え忍び美しい花を咲かせる事から、辛抱強い愛情を意味します。 網目 網目同士を引っ掛けるように交差した文様で、福を「からめとる」・「すくいとる」といわれています。 菖蒲(あやめ) ショウブともいい、勝負・尚武(武士の心得)と同音のため、甲冑や武具などに多く使用され、延命長寿を願う意味があります。 有栖川 一説によると有栖川家が所蔵していたからともいわれる名物裂の文様です。 糸巻 糸を巻いておくための道具で、長い人生を意味し長寿を表しています。 市松 碁盤目状の格子の目を色違いに並べた模様。 歌舞伎俳優「佐野川市松」がこの柄の袴を用いた事が始まりとされています。 うさぎ ピョンピョンと飛び跳ねる姿から「跳躍」、多産な事から「子孫繁栄」を意味します。 渦巻 自然現象である雷をかたどった模様で、「雷文」ともいわれ古来中国より伝わった文様になります。 梅 梅は、寒さ厳しい冬に咲くため、女性の品格と強さを表現しています。 鱗(うろこ) 魚のうろこに似ているのが由来で、蛇や蝶の脱皮から連想した「厄を落とし再生する」という厄除けの文様になります。 江戸小紋(角通し) 柄の縦と横が直角に交差し、同じ間隔で点が並べられた文様で、縦にも横にも「筋を通す」という意味があります。 江戸小紋(行儀) 規則正しく四十五度で交差する点が等間隔に並んだ文様で、行儀作法の「礼を尽くす」とう意味があります。 江戸小紋(鮫) 鮫皮状に細かい粒の扇形の模様を重ねた文様で、鮫の肌が硬い事から鎧に例えらえ厄除けや魔除けの意味を持ちます。 江戸小紋(大小あられ) 降る霰を文様化したもので、「水玉模様」や「ドット柄」ような親しみがあるのが特徴です。 江戸小紋(万筋) 万筋とは、万の縞があるという意味でとても細かい縦縞の文様になります。 鴛鴦(おしどり) 雄雌が仲睦まじく、夫婦円満の意味があります。 威毛(おどしげ) 武将が陣中で着用した威毛(鎧をおどした糸や革、毛)は、矢を通さず万里を排ずという願いを込めた文様になります。 尾長鳥 尾の長い鳥を合わせ理想化した鳥文様で、華麗さや優雅さを表現しています。 まとめ 本当に着物らしい柄といえばやはり「古典柄」の着物です。 女性の美しさを引き立てることもさることながら、歴史的伝説に基づくものや宗教上の信仰によって守られてきたもの、 魔除けや厄除けといった無病息災の願いが込められた「古典柄」の魅力は奥深さを感じ取れます。 古典柄それぞれの名前の美しさや込められた意味を知ることで、着物の美しさを楽しんでくださいね。

次の

振袖自分に似合う色は?成人式の振袖の色の意味と柄の種類を紹介

古典柄 振袖

辻が花 絞り染めに描き絵や摺箔、刺繍などを使って描かれた辻が花。 柄そのものというよりは、このような絞り染を主体にして描く技法のことを指す場合が多いかもしれません。 名前の由来は、十字(辻)の中に花が並んでいるからという説や、「つつじが花」がなまったからという説など諸説あり、はっきりとはわかっていません。 室町時代後期から江戸時代初期にかけて特に流行した柄で、豊臣秀吉や徳川家康などの武将にも愛されていたそうです。 歴史を感じる柄ですね。 ユリ 洋風の、モダンな雰囲気の振袖によく使われるユリの花。 ユリの花は大きく華やかで、昔ながらの花柄とはまた違った美しさを楽しめます。 ユリの花言葉は「純潔」や「無垢」。 また、フランス王家の紋章(フルール・ド・リス)にも使われていたことから、高貴などの意味も込められている花です。 凛とした上品さを感じさせる柄ではないでしょうか。 バラ ユリとならんで人気の高いバラの花柄。 ユリ同様、洋風の、モダンな雰囲気の振袖に使われていることが多いようです。 バラの花柄を選ぶときには、色に注目するのがポイントです。 バラは、色によって意味が変わります。 代表的なものをいくつかあげておきますので、参考にしてください。 ・赤 愛情、情熱 ・青 夢の実現、奇跡 ・ピンク 上品、淑やか ・白 清純、尊敬、 ・黄 可憐、友情 4. 牡丹 中国では「百花の王」とも呼ばれる牡丹。 何重にもなった花弁がふっくらと開き咲く様子は、華やかさだけでなく豊かさも感じさせます。 そのため、牡丹は昔から「富貴」「豪華」「幸福」の象徴とされてきました。 豊かさ、華やかさを演出したい場にぴったりの柄のひとつです。 また、牡丹のつぼみはその大きな花に比べると比較的小さめです。 そのことから「やがてふっくら大きく美しく咲きますよ」という意味も。 成人式など、これからの成長を予感させる場にもふさわしい柄ではないでしょうか。 桜 振袖の柄としてトップクラスの人気を誇る桜。 生命が芽吹く春の訪れに咲くことから、おめでたい雰囲気を感じさせる柄です。 また、ほぼ一斉に花を咲かせることから、豊かさや繁栄という意味も込められています。 日本の国花でもあり、振袖以外の着物はもちろん、和柄のバッグやアイテムにもよく使われます。 万人受けのいい、オーソドックスな美しさを感じさせる柄といえるでしょう。 鶴 おめでたい柄、縁起のいい柄である「吉祥文様」。 鶴はその吉祥文様のひとつです。 鶴がおめでたい柄とされる理由は2つ。 ひとつめは、「鶴は千年亀は万年」と言われるほど長寿の動物であるとされてきたこと。 そしてもうひとつは、一度夫婦になると一生その夫婦のままであるという仲睦まじさから。 この人!というパートナーと出会い、その人といつまでも仲睦まじく長生きしてほしい。 そんな意味も込められる柄なのです。 花喰鳥(はなくいどり) 花喰鳥とは、花や枝を加えて羽ばたく鳥の文様。 なんと、ササン朝ペルシャが起源と言われている古い柄なのです。 正倉院にも、花喰鳥を使った工芸品がおさめられているのだとか。 花喰鳥は、幸福を運んでくる鳥と言われる吉祥文様のひとつです。 よく見ると、花を加えている鳥のバリエーションも鳳凰やオウム、鶴などさまざま。 お好みの鳥が描かれているものを探すのも楽しいかもしれません。 うさぎ 古典柄にもしばしば登場するうさぎ。 干支にもなっている動物のため、うさぎ年生まれの方には特に人気がある柄です。 うさぎは、前へ前へと早く飛び跳ねて進みます。 このことから、ものごとが順調にとんとん拍子に進むという意味が込められています。 何か叶えたい目標がある人にはぴったりの柄ではないでしょうか。 蝶 古典柄はもちろん、モダン柄としてもよく使われる蝶。 女性らしい印象を与える、人気の柄のひとつです。 幼虫、さなぎ、そして美しい蝶へと姿を変え空に舞う様子に、昔の人々は「不死」「不滅」の意味を託しました。 このことから、常に死を意識していたであろう戦国武将も好んで蝶の文様を使っています。 手まり 色彩の華やかさや、丸い愛らしい形で人気の手まり柄。 子どもや若い女性の愛らしさを強調する柄です。 手まり柄には、その丸い形から「万事すべてまるくおさまりますように」という願いが込められています。 また、嫁ぐ娘にお守りとして手まりを持たせるという習慣があったなど、魔除けという意味も込められています。 御所車(ごしょぐるま) 御所車というのは、牛車のこと。 平安時代の貴族が乗っている、牛に引かせる車のことです。 今でも京都のお祭り、葵祭などで見かけます。 御所車は、貴族のような華やかさの象徴です。 平安文化を気づいた典雅な雰囲気を感じさせる柄だと言えるでしょう。 また、御所車にいっぱい花を乗せた「花車」と呼ばれる柄もあります。 この柄には、幸福の象徴である花で満たされた様子から、幸せにあふれますようにという意味が込められています。 雪輪(ゆきわ) 雪輪は、ふんわりとした牡丹雪を図案化した柄。 雪は春になると溶け、草木を茂らせ、米が育つ田をうるおします。 このことから、雪は豊作の意味する吉祥文様とされ愛されてきました。 雪輪は、ほかの柄と組み合わせて使われることもよくあります。 桜と雪輪、秋草と雪輪などいろいろありますので、お好みの雪輪を探してみてはいかがでしょうか。 紅型(びんがた) 紅型は、琉球王国(沖縄)で生まれ発達した染色の技法。 中国の吉祥文様の影響を受けた色鮮やかな柄が特徴で、主に王族や士族に使われてきました。 後に京都など本土にも伝わり、友禅染などと影響し合って「京紅型」とも呼ばれる独特の雰囲気ある柄に進化していきます。 振袖として仕立てると、個性的な華やかさが漂う柄です。 椿 年中青々とした光沢ある葉をつけている椿。 その葉の青さから「艶葉木」と呼ばれたのが椿の語源と言われています。 そんな生命力のせいでしょうか、平安時代にはすでに椿は魔除けの木として知られるようになりました。 そして吉祥文様の一種として着物の柄にも取り入れられるようになったのです。 椿は花がぽとりと落ちるため縁起がよくないという人もいるかもしれません。 しかし同時に、椿はこのように魔除けという意味も込められています。 縁起が悪いと敬遠せずに、じっくり見ていただきたい柄のひとつです。 菖蒲 あやめ 菖蒲は「あやめ」のほか「しょうぶ」とも読みます。 そのため、「しょうぶ」が「勝負」「尚武」に通じるとして、武家から特に好まれた柄のひとつです。 そんな菖蒲ですが、一般的には魔除けや、長寿を願う意味を込められることが多い柄です。 まっすぐに伸びた香りの良い葉が、魔を打ち払う剣に見立てられているのだとか。 凛とした美しさが魅力的な柄です。 松竹梅 吉祥文様として有名な松竹梅は、中国で好まれた絵の題材のひとつ「歳寒三友(さいかんのさんゆう)」に由来します。 寒い冬の時期にも青々とした葉をつけている松と竹、そしてそんな冬を乗り越えて可憐な花を咲かせる梅。 これらの特徴から、松竹梅は中国では清廉潔白の象徴とされていました。 しかし、日本にやってきてからは、苦難に耐えみごと花開く様子がおめでたいとして吉祥文様のひとつになりました。 着物に限らず、さまざまなおめでたい席で使われる柄です。 まとめ 振袖の柄には、おめでたい席にふさわしい吉祥文様や、着る人の幸福を願う柄、美しさや愛らしさを引き立てる柄などさまざまなものがあります。 ぜひ、ひとつひとつの柄の意味を知って、自分にふさわしい柄の振袖を選んでいただければと思います。

次の