スポンジフィルター 使い方。 【楽天市場】LSS研究所 本体 Nanoスポンジフィルター LS−70 関東当日便:charm 楽天市場店

【楽天市場】LSS研究所 本体 Nanoスポンジフィルター LS−70 関東当日便:charm 楽天市場店

スポンジフィルター 使い方

25円 車の洗浄スポンジも良さそうでしたが、簡単に切れるこっちにしました。 最近は、コーナンのスポンジを作っています。 (288円) こちらの方がコスパ良さそうです。 5円 必ず内径9㎜を選んでください。 (10mmでもいけるかも?) あまり柔らかいホースだと歪む場合があるので今回は硬めにしました。 5円 ちなみにコーナンだと178円でした。 (100均で売ってます) 無ければ、キリで穴をあけてドライバーでほじってもいけます。 【材料加工編】 次は材料を加工します。 スポンジの中央にポンチで穴をあけます。 ポンチが無い方は、キリで穴をあけてから、ドライバーで穴を広げて下さい。 穴の大きさは、プラストンが入る大きさです。 この作業が一番大変かな。 (経験者) わたしは、こんな治具を作って穴を開けています。 これでスポンジを押さえて ポンチで穴を開けます。 綺麗に穴が開きます。 【組立編】 組立てていきます。 【使い方】 吸盤を容器の底にくっ付けてチューブを繋いで使います。 横につけることも可能です。 発泡には、付けれないのでは? 大丈夫! これを使います。 この小皿に吸盤をつけて沈めます。 わたしは基本的にメンテが楽なので皿につけてます。

次の

スポンジフィルターの簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

スポンジフィルター 使い方

スポンジフィルターの全体的なまとめとして、熱帯魚などを飼う水槽の浄化のために必要な道具です。 水槽の角などに静めておきます。 役割としては、物理ろ過と生物ろ過です。 物理ろ過は、吸い込む力によって汚れをスポンジ側に集める作用になります。 生物ろ過は、スポンジ内にバクテリアを繁殖させ、そのバクテリアの自然の浄化作用を利用します。 定期的に汚れを取るために洗うことがありますが、そのときには洗いすぎてバクテリアも流さないようにしなければいけません。 汚れの中にはバクテリアもあります。 スポンジの場合は吸い込む部分の穴が小さくなります。 魚や海老などを飼うと小さいものだとフィルターに吸い込まれてしまうことがありますが、基本的にはスポンジの場合は魚などよりも十分に小さいのでそのようなことがありません。 魚などのえさなどがつきやすいメリットもあります。 スポンジフィルターとは、熱帯魚などを飼育する時に水槽内の水をろ過するための仕組みです。 熱帯魚は自宅内で容易に飼育ができるペットとして人気があります。 犬などのように吠えたり臭いもありません。 脱走などもしません。 水もれなどにさえ注意すれば周りに迷惑をかける可能性が少ないです。 ただし飼い主の管理の面では難しいこともあります。 環境が悪くなれば魚は生きていくことができませんから、常に良い環境を保つ必要があります。 その中では水の浄化は重要なポイントです。 浄化の方法はいろいろありますが、スポンジフィルターはその中の一つになります。 水槽の中に沈めて水を吸い込みます。 そのときにゴミなども一緒に吸い込み、きれいな水にして戻すようになっています。 これだけでよいわけではありませんが、水の交換の頻度を減らすことができます。 初心者がスポンジフィルターを利用する時の使い方としては、選び方があります。 水槽によってもありますが、あまり大きいとこればかりが目だって魚などがあまり見えなくなります。 水槽に調度良い大きさのものを選ぶようにします。 初歩的には水槽の角の部分に設置することが多いでしょう。 設置していればそれで浄化が行われるわけではなく、メンテナンスも必要になります。 頻度はそれほど多くなくていいですが、2週間から3箇月に一回ぐらい行います。 スポンジには汚れを吸い込むだけでなく、バクテリアがすむ環境が必要です。 このバクテリアが自然の浄化を助けてくれるようになります。 洗浄をするときにはできれば汚れだけを取り、バクテリアは残すようにします。 最近は趣味として熱帯魚などの飼育が人気ですが、動画サイトなどでもさまざまな珍しい魚や生物を飼っていて、中にはとても美しい熱帯魚などもいて、うらやましく見ていたりします。 中にはインターネットで仮想熱帯魚を飼育して楽しむ人までいますから、熱帯魚の人気は潜在的にも大きなものがありそうです。 そんな中でも実際に水槽など購入して熱帯魚などを飼う場合には、さまざまな作業が必要で、飼ってからこんなに大変だったのかと感じることもあります。 特に掃除では、人間の生活と同じで、住んでいる環境が汚れますが、魚たちでは掃除ができないので、飼い主がすることになります。 それでそれらの掃除の負担をできるだけ軽くするアイテムもあります。 それがスポンジフィルターなどです。 水槽の掃除は、行ってみると非常に大変ですが、作業も時間がかかり、休みの日は1日がかりで行うことになります。 魚の入れ替えや、水槽の掃除、中のさまざまな材料の掃除や、水の入れ替えなどですが、その場合には、水さえきれいに保てれば、中が汚れる度合いが少なくなります。 そのためにスポンジフィルターなどを利用すると、スポンジが水をろ過してくれるので、掃除の期間を長くとることができるということになります。 デメリットとしては水槽の中では大きなものになるので、見た目が悪くなるということがありますが、慣れてしまえばどうということはなくなります。 価格も安いので、その点も助かるアイテムでもあります。 あとは定期的にスポンジフィルターを掃除するということで済みます。 スポンジフィルターの使い方も簡単で、初歩的な使い方で利用できます。 基本的な利用方法では大体月に1回とか2回掃除をしながら利用するということになります。 これをしないと水草が枯れたり、コケが繁殖したりしますので、効果は大きいということになります。 エアポンプの周りに水が通過できるように設置します。 そのあとはそのまま利用してて、汚れたころ掃除をするということですが、このスポンジフィルターは汚れをろ過すると同時に、中にバクテリアが住んでいて、それが水をろ過しているともいわれていますので、掃除のときには、そのバクテリアを殺さないように掃除をすると良いという人もいました。 いずれにしろ丁寧に掃除をするときれいに保ちやすくなるということになります。 スポンジフィルターのメリットは、商品を見てもらうとわかりますが、どれも非常に安価です。 ですので利用するのにもコストがあまりかからずに使うことができるということになります。 効果の方も人によりさまざまですが、使った方がはるかに水がきれいになるということは間違いないようです。 時にスポンジにつくぐらいの大きさのごみの場合には、掃除機で吸い込むような感じですので、スポンジフィルターの存在はとても大きなものがあります。 掃除機でも同じようなフィルターが中に入っていますが、同じ役目をしているということですので、これは取り付けるべきものではないかと感じます。 またそれも中の熱帯魚に良い影響を与えているのではないかということにもなります。 スポンジフィルターの利用方法での注意点として、洗う時にどのように洗うかがあります。 きれいに洗わないといけないと水道水を使ったり洗剤を使ったりするのが良いかですがもちろんだめです。 水道水はきれいに見えても殺菌剤などが入っています。 人には害がないレベルですが、魚にとっては害になるものも含まれています。 何で洗うかと言えば飼育水を用います。 飼育している部分の水をくみ出し、軽くすすぐ程度でよいです。 洗うのに適した状態でない場合は新しいものに交換します。 価格としては安い方なのでそれほど負担にはならないでしょう。 戻す時は後から入れるとにごってしまうことがあります。 交換をした後に新たな水を入れることで濁りを防げます。

次の

テトラ ツインブリラントフィルターの水流の強さは?エアー量で調節したよ

スポンジフィルター 使い方

そうなんですよ。 だから私もその辺りを聞きたくて・・・ ろ過フィルターは今まで• 上部フィルター• 外部フィルター• 外掛けフィルター• 投げ込みフィルター• 底面フィルター を使っていたのですが、スポンジフィルターは使ったことがありませんでした。 近所で手に入らないということもあったのですが。 しかし、最近はYouTubeの動画を見ていてもやたら目に付くようになったような気がしていました。 そんな時に、とあるショップで売られているのを見て、更に気になり始めたのです。 というわけで、今日は テトラのスポンジフィルターの使い方!実際の使い勝手はどうなの? というテーマを取り上げてみたいと思います。 その後、marinさんが使い始めたらしいので、ネホリハホリ聞いてみたいと思います。 テトラのサイトのスポンジフィルターの説明を見てみたところ・・・• スポンジが効果的なろ過を行なう• 水槽内に酸素を補給する• セット・掃除が簡単 と、書かれていました。 厳密に物理ろ過なのか生物ろ過なのかということについては触れられていないのですが、先程の動画や他のサイトを見ていると、どちらも行なうということのようです。 つまり、スポンジによって物理ろ過を行なうと同時にスポンジ内に バクテリアが定着して生物ろ過を行なうということですね。 スポンジフィルターは一台で二度美味しい優秀なフィルターだったのです。 まぁ、他のフィルターについても同じようなものですが、特筆すべきは メンテナンスの簡単さという点でしょう。 スポンジフィルターを長く使っていると、当然メンテナンスは必要です。 では、スポンジフィルターの掃除はどのように行なうのでしょうか? スポンジフィルターはメンテナンスも超簡単!! スポンジフィルターの掃除方法は、下に示す手順の通り。 とっても簡単ですよね。 エアーを止める• スポンジフィルターを取り出す• スポンジ部分を取り出して飼育水で軽く洗う• 筒部分の汚れを取る 重要なのはスポンジ部分の汚れを落とすところでしょう。 スポンジ部分にはバクテリアが生息しているので、過度に洗い過ぎるのは良くありません。 飼育水で軽くすすぎ、絞るだけです。 スポンジなので、 洗っても洗っても汚れが出てくるんですけど・・・ なんて心配はしなくて良いですよ。 寧ろ、綺麗にし過ぎるということは、折角スポンジ部分に定着したバクテリアを全て洗い流してしまっているということになります。 ですから、カルキの残っている水道水なんかで洗うのも避けたほうが良いでしょう。 ちなみに、筒部分については綺麗にしても問題ないと思います。 まとめ 今日は、marinさんがテトラのスポンジフィルターを購入するということで、スポンジフィルターの使い方について調べてみました。 今回はたまたまテトラを取り上げましたが、スポンジフィルターは色々なメーカーから発売されています。 そんなスポンジフィルターは、• 物理ろ過も生物ろ過もできる!• セットやメンテナンスが非常に簡単! ということで、使い方という点でも、 ろ過の効果という点でも凄く優れたフィルターです。 メーカーによって、スポンジの形状や大きさ、硬さ、穴の大きさなどの工夫がされているようですが、どのメーカーが優れているというところまではわかりません。 メーカーは苦労されて開発しているものと思われます。 しかし、残念ながら使う側からすれば、使い方や効果など大差ないように感じています。 価格もそれ程変わらないようですし。 但し、スポンジフィルターって、 見た目はイマイチな感じがしますよね。 大きなスポンジがどんっと。 使い方は簡単で優秀ですが、見た目はイマイチ好きになれないかも・・・ 個人の好みの問題ですが。

次の