ロケット ニュース。 IST、観測ロケット「ねじのロケット」の打ち上げ日を7月18日に決定

紀南に宇宙ビジネスを根付かせよう

ロケット ニュース

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2018年3月)• または主題と関係の深い情報源のみに頼って書かれています。 ( 2018年3月) ロケットニュース24 URL 使用言語 ・ タイプ 運営者 メディア事業部 スローガン 昨日のニュースをいち早くお届けしたい 営利性 ロケットニュース24とは、日本のネットメディア である。 概要 [ ] メディア事業部によって運営されている。 「くだらなくて、おもしろい」出来事を伝えている。 編集長はが務めている。 英語版の名称はソラニュース24(SORA NEWS24)である。 脚注 [ ].

次の

IST、観測ロケット「ねじのロケット」の打ち上げ日を7月18日に決定

ロケット ニュース

インターステラテクノロジズ IST は、7月中に打ち上げを行うとしていた観測ロケット「ねじのロケット」の打ち上げ日を正式に7月18日11時と決定したことを発表した。 観測ロケット「ねじのロケット」のイメージ C IST 当日の打ち上げウインドウは11時~12時のほか、16時5分~17時50分も用意されている。 なお、今回の打ち上げは、6月に行った「えんとつ町のプペル MOMO5号機」の打ち上げ同様、新型コロナウイルス感染防止対策として、完全無観客・来町自粛・立入り制限区域の拡大等を実施して行うとしており、打ち上げの様子については、YouTubeなどのライブ配信で視聴してもらいたいとしている。 ねじのロケットの打ち上げにおける新型コロナウイルス感染症対策の主な取り組み内容は以下の通り• 見学場封鎖による完全無観客打ち上げ• 見学の方が大樹町に来ないように自粛を強く呼びかけ• 立入り制限区域の拡大 打ち上げを見られる場所を大幅に減らす• 制限区域外で人が入れそうな場所へのパトロールと声掛け• YouTube、ニコニコ動画によるライブ配信の充実• 打ち上げ後記者会見は、オンラインで実施• 打ち上げ日時の発表を直前まで控える• 新聞・チラシ等で立入り制限区域やパトロールエリアを周知• 公開された「ねじのロケット」の機体 C IST.

次の

【秘伝】シェーキーズが「フライドポテト」の公式レシピを公開! さっそく作ってみたゾォォォオオオ!!

ロケット ニュース

中国民間企業の翎客航天科技は10日午前、青海省内で打ち上げ後に軟着陸させ回収できるタイプのロケットRLV-T5の3回目の打ち上げ実験を成功させた。 打ち上げ用ロケットの開発に取り組む中国民間企業の翎客航天科技は10日午前10時35分ごろ、青海省内で打ち上げ後に軟着陸させ回収できるタイプのロケットであるRLV-T5の3回目の打ち上げ実験を行った。 実験は成功し、同ロケットはほぼ予定の場所に着陸した。 中国メディアの澎湃新聞が2019年8月10日付で報じた。 ロケットの燃焼は50秒で、高度300.2メートルに達した。 着陸予定地点と実際の着陸地点の誤差は7センチメートル以下だった。 翎客航天科技の設立は2014年で、繰り返し使用ができる液体燃料タイプの打ち上げロケットの開発に取り組んでいる。 RLV-T5の最終設計が決まり製造を開始したのは2018年5月だった。 全長8.1メートル、最大直径0.65メートルで、離陸時の重量は1.5トン。 推力の調整が可能なロケットエンジン5基を使用しており、反復使用が可能な地球周回軌道への打ち上げロケットの技術を確立するための実験機という。 第1回の打ち上げは3月27日で、20メートル上昇した後に空中で10秒間停止し、降下して着地した。 予定地点から着地地点のずれは50センチメートル以下だった。 2回目の打ち上げは4月19日で、40メートル上昇した後に降下して着地した。 滞空時間は30秒で、予定地点から着地地点のずれは30センチメートル以下だった。 澎湃新聞によると、空気力学や宇宙技術の専門家である黄志澄氏は同件について「有意義な実験だった」と評価する一方で、「高く評価しすぎる必要はない」とも論評。 米国のスペースX社のレベルに比べれば、まだ開きがあると指摘したという。 翎客航天科技の楚龍飛最高経営責任者(CEO)は、今回の実検の成功を受け、RLV-T5をさらに改良して、1キロメートル以上上昇させて回収する実験を多数繰り返して信頼性を実証。 同時に、年末までには準軌道(弾道軌道)への打ち上げで反復して使用できるRLV-T6の組み立てを終え、2020年前半の初打ち上げを目指すと述べた。

次の