ヴァレ ル エンド ドラゴン。 【遊戯王】「ヴァレルロード・F・ドラゴン」等の効果と相性の良いカードを考察

《クイック・リボルブ》からの《ヴァレルエンド・ドラゴン》リンク召喚コンボ【ヴァレット】

ヴァレ ル エンド ドラゴン

1 :フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されず、 モンスターの効果の対象にならない。 2 :このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。 3 :フィールドの効果モンスター1体と自分の墓地の 「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。 対象のフィールドのモンスターの効果を無効にし、 対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 で登場した・の。 と限定のを持つ、できる、のをにし、をするを持つ。 1 は・でされず、のにならない。 強固なだが、によるではないまでは防げず、などに注意が必要となる。 2 はできる。 も3500と高く、されにくいため、となる。 3 はのをにし、をする。 にされることなく、でをにしつつ、でも稼げる。 3 でのをにすれば、の共通条件でするのになる。 ただしこの場合、のをにしていないため、も行えない。 このはであり、同じ状況でを得ることのできるの 2 のと異なるため混同しないようにしたい。 のをにとる必要があるため、以外に採用する場合は 1 2 がメインとなる。 3 を使いたいのならばも併用する必要がある。 1 3 の併用により強固なだが、を持つは 3 で妨害できないので苦手。 特には単体ではどうやっても突破できず、はされずとも3000のを受け続ける。 他のであちらをしても場合はあちらの 3 でこのがされてしまう。 もっとも、に出してするなら他のを使い分ければ良く、なら素材となるを並べる過程を 3 で妨害できるため、直接戦うことはさほどない。 同じのはでを受けた場合にされる恐れがあるが、では 1 のによりもされずに一方的にできる。 やなら1枚でこのを出せる。 下記の手順では省かれているが、の 1 で任意のをしているので実質的な消費は0の計算である。 (または)を・しAを。 AのでBを。 (または)とBでを。 で2体を。 と3体でこのを。 デザインとしてはを三つ首にした上で、の翼などといった4の要素を上乗せした姿である。 実際、 1 のはの・の・のを合わせたものであり、それらの最上位種としてエンドという名が付けられたのだろう。 なお、実際にこのを持つ3体のみをとしてすることは不可能である。 三つ首になっているのは、から続く3000のドラゴン系が上位種になった際の伝統といえる。

次の

【《ヴァレルエンド・ドラゴン》はいくら?】初動相場,買取価格まとめ

ヴァレ ル エンド ドラゴン

「フュリアス」。 サベージの「・S・」、エクスチャージの「・X・」ときて、 やっぱり来たな「・F・」の融合が。 「フルバースト」とか勝手に思ってたら全然違いました。 次は儀式の「・R・」とか、ペンデュラムの「・P・」とかするんでしょうかね? 「ヴァレル」シリーズは結構好きなので、 増えるのは普通に嬉しい。 遊戯王. jpでストラクチャーデッキ リボルバー」の新規が公開されました。 というわけで、今回の記事は、 「ストラクチャーデッキ リボルバー」に収録される、 「ヴァレルロード・F・ドラゴン」と「ラピッド・トリガー」の考察記事になります。 融合関係の2枚ですね。 そのカードを破壊する。 この効果は相手ターンでも使える。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。 引用元: 融合。 やはり貴様、アカd ry 融合素材がまるで「スターヴ・ヴェノム」の様だぁ。 けど、手札融合とか「龍の鏡」での墓地融合ができるから、こっちの方が出しやすい。 素材指定が「闇属性ドラゴン族」なので、 【ヴァレット】でも融合召喚しやすいですね。 更に、この効果は、 相手ターンでも使うことができるフリーチェーンの効果なので、 妨害札として使うこともできます。 【ヴァレット】では、 この効果で「ヴァレット」モンスターを破壊すれば、 エンドフェイズのリクルート効果に繋げられます。 ただ、このカードはリンクモンスターではないので、 「ヴァレット」達が持っている除去効果は使うことができないので注意。 若干勿体ない気もするけど、 このカード自身も破壊対象に選択できる。 なので「単体で効果が完結しているモンスター」として別デッキに入れることもできそうです。 闇属性だけとはいえ、リンクマーカーの数の指定もなく、 墓地から除外するだけでリンクモンスターを蘇生できます。 場を離れた時除外されるなどの制約もありませんが、 この効果で特殊召喚したモンスターは、そのターン中効果を発動できません。 EXデッキから直接墓地に送っても発動できるので、 「ゲール・ドグラ」や「おろかな重葬」等でも発動できます。 ヴァレルロード・F フュリアス ・ドラゴンと相性の良いカード 闇属性ドラゴン族テーマなら大体のテーマで召喚が可能なので、 それらのデッキで除去効果を持った汎用融合モンスターとして使うこともできる。 元々融合召喚を使うテーマである「レッドアイズ」や「オッドアイズ」でも召喚できる。 その他にも、闇属性ドラゴン族なら、 この間の「ヴァレルロード・X・ドラゴン」の記事で書いたモンスター達も使うことができるので、こちらの記事も。 墓地のリンクモンスターを蘇生する効果の方も活かせるデッキというと、 【サイバーダーク】が思いつく。 闇属性ドラゴン族がテーマに属していて、 「サイバーダーク・クロー」の効果で、 EXデッキのカードを直接墓地に落とすことができる。 ただ、このカードを融合召喚するのが難しいので、 ちょっと厳しいかもしれない。 「超融合」「龍の鏡」 融合召喚するカードの中でも使いやすいカード。 闇属性ドラゴン族テーマに採用できるのはこの辺りかな。 前者の場合は、 「スターヴ・ヴェノム」や「ヴァイオレット・キマイラ」等のメタカードを入れつつ 「F フュリアス ・ドラゴン」と使い分けられ、 追撃やサクリファイスエスケープにも使えます。 後者の場合は、 墓地融合が可能なので、消費を抑えられます。 「オッドアイズ・フュージョン」 融合するカードには、こんな選択肢もある。 ドラゴン族専用の融合魔法で、 EXデッキの「オッドアイズ」モンスターを融合素材にできるので、 融合召喚の消費を抑えることができる。 条件はモンスターの数が「自分の場に0体且つ、相手の場に2体以上」と 若干厳しめだが、 「F フュリアス ・ドラゴン」の攻撃と除去効果で切り返した後、 リンクモンスターを蘇生する効果でリカバリーということもできる為、 条件的には合致しているように思う。 「超越融合」 個人的に気になってるのがこれ。 闇ドラゴン2体で融合した後、 素材にした2体を蘇生できる。 その後、「F フュリアス ・ドラゴン」自身を除去効果に巻き込めば、 EXモンスターゾーンが空き、最初に素材にした2体はまだ残っている。 結果的にライフ2000を払って、 素材2体を残したまま相手のカードを除去したことになる。 更に、墓地の「F フュリアス ・ドラゴン」は、 除外することで闇属性リンクモンスターを蘇生する効果があるので、 即座にこっちの効果を使うことができる。 リンク2が墓地にいれば、 残された素材2体も使ってリンク4が。 リンク3がいれば、 リンク4を出しつつモンスター1体を余らせることも。 また除去効果を使わなくても、 「F フュリアス ・ドラゴン」を含む3体でリンク3を召喚した後、 蘇生効果を使うことで、リンクモンスターを並べることができる。 このギミック【ローズ・ドラゴン】に入れると面白そう。 「超越融合」で、 「ホワイトローズ・ドラゴン」と「レッドローズ・ドラゴン」を融合し、 「F フュリアス ・ドラゴン」の除去効果でEXモンスターゾーンを空ければ、 「ハリファイバー」が召喚できる。 そうなったらもう、 こうして、 こうよ。 いつものやつですね。 また【ローズ・ドラゴン】が強化されてしまったな。 「ヴァレルロード・X・ドラゴン」 「ヴァレル」が増えると、このカードが気になってしまう。 何気に相性は悪くない はず。 「F フュリアス ・ドラゴン」を蘇生し、 除去効果で相手のカードごと「F フュリアス ・ドラゴン」を破壊してしまうことで、 除外されてしまうデメリットを回避できる。 「ヴァレル」リンクモンスターの方が火力は出るが、 デメリットを回避できる除去効果持ちということで、 選択肢の一つにはなる。 元々「・X エクスチャージ ・ドラゴン」の効果を使うとダイレクトアタックはできないので、 デメリットを回避しつつ、そこそこに攻められるモンスターとして丁度いい。 モンスターが多い時に使えるが、 その場合は結局「ヴァレルソード」の方がいいことが多いので、 攻撃するついでに魔法・罠を破壊しておきたい時なんかに良いと思う。 ラピッド・トリガー 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 この効果で特殊召喚したモンスターはEXデッキから特殊召喚されたモンスターしか攻撃できず、EXデッキから特殊召喚されたモンスターの効果を受けない。 引用元: 速攻魔法の融合。 その効果により、 フィールドから素材モンスターを破壊することで融合召喚を行う。 フィールドからしか素材にはできず、手札融合はできないが、 まさかの素材を破壊して融合召喚。 初めて出てきた効果です。 「ヴァレット」モンスターを素材として破壊すれば、 リクルート効果に繋ぐことができ、 2体リクルートすることもできます。 素材にするモンスターや、融合召喚するモンスターに特に指定がないので、 「ヴァレット」以外でも使うことができる。 優秀なカードだが、 融合魔法なのに「融合」も「フュージョン」もついていないので、 サーチ手段がない。 速攻魔法の融合カードの中でも、似たようなカードとして「瞬間融合」がある。 「瞬間融合」は ・素材は破壊できない ・耐性と攻撃制限が付かない ・エンドフェイズに自壊するデメリット有り 「ラピッド・トリガー」は ・素材を破壊できる ・耐性が付くが、攻撃制限が付いてしまう ・エンドフェイズに自壊しない 素材を破壊できる「ラピッド・トリガー」の方が優秀に見えるが、 相手のデッキによっては、攻撃制限のせいで「使ったら攻撃できない」ってなることもある。 「瞬間融合」の自壊デメリットも「スターヴ・ヴェノム」の破壊効果に繋ぐ等、 活かせるモンスターも少なからずいる。 こういうのことを考えてると、 使い方次第だなーって思えますね。 改めて。 ラピッド・トリガーと相性の良いカード 「ブースター・ドラゴン」 破壊された時に墓地のドラゴン族を蘇生できるリンクモンスター。 破壊して融合素材にすれば、 融合召喚しながら蘇生を行うことができる。 【ヴァレット】ならば、 専用モンスターであることも相性が良い。 【月光】 破壊と相性が良い融合デッキとなると まあこのデッキですよね。 「月光蒼猫」や「月光虎」を素材にして破壊すれば、 融合召喚しながらリクルートや蘇生を行うことができる。 上記の2体以外の「月光」も、 墓地に送られた時に発動できる効果が多いので、 フィールドからしか素材にできないこと以外は特に支障がない。 融合召喚したモンスターが、 EXデッキから特殊召喚されたモンスターの効果を受けなくなり、 「月光」融合モンスターの耐性が向上する。 が、 EXデッキから特殊召喚されたモンスターしか攻撃できないデメリットがあるので、 二回目の攻撃の前に全体除去を行う「月光舞獅子姫」とは相性が悪い。 なので「月光舞獅子姫」を出すカードとして使うのではなく、 「月光舞猫姫」を出して、破壊された素材の効果で展開するというような、 中継役の動きをすることになる。 まとめ 今までの「ヴァレル」同様の汎用的なカードで、 普通に強いですね。 EXデッキも気になるけど、メインデッキの方も気になるところ。 残りのカードで【ヴァレット】のメインデッキがどこまで強化されるのか。 因みに「F フュリアス ・ドラゴン」は、 ストラク付属の強化パックに入っているので、シークレットレアが存在します。 すごいカッコ良さそう。 相性のいいカード、テーマは見つかり次第、随時追加していきます。 では、今回の記事はここまでにしようと思います。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

ヴァレルエンド・ドラゴン

ヴァレ ル エンド ドラゴン

1 :フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されず、 モンスターの効果の対象にならない。 2 :このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。 3 :フィールドの効果モンスター1体と自分の墓地の 「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。 対象のフィールドのモンスターの効果を無効にし、 対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 で登場した・の。 と限定のを持つ、できる、のをにし、をするを持つ。 1 は・でされず、のにならない。 強固なだが、によるではないまでは防げず、などに注意が必要となる。 2 はできる。 も3500と高く、されにくいため、となる。 3 はのをにし、をする。 にされることなく、でをにしつつ、でも稼げる。 3 でのをにすれば、の共通条件でするのになる。 ただしこの場合、のをにしていないため、も行えない。 このはであり、同じ状況でを得ることのできるの 2 のと異なるため混同しないようにしたい。 のをにとる必要があるため、以外に採用する場合は 1 2 がメインとなる。 3 を使いたいのならばも併用する必要がある。 1 3 の併用により強固なだが、を持つは 3 で妨害できないので苦手。 特には単体ではどうやっても突破できず、はされずとも3000のを受け続ける。 他のであちらをしても場合はあちらの 3 でこのがされてしまう。 もっとも、に出してするなら他のを使い分ければ良く、なら素材となるを並べる過程を 3 で妨害できるため、直接戦うことはさほどない。 同じのはでを受けた場合にされる恐れがあるが、では 1 のによりもされずに一方的にできる。 やなら1枚でこのを出せる。 下記の手順では省かれているが、の 1 で任意のをしているので実質的な消費は0の計算である。 (または)を・しAを。 AのでBを。 (または)とBでを。 で2体を。 と3体でこのを。 デザインとしてはを三つ首にした上で、の翼などといった4の要素を上乗せした姿である。 実際、 1 のはの・の・のを合わせたものであり、それらの最上位種としてエンドという名が付けられたのだろう。 なお、実際にこのを持つ3体のみをとしてすることは不可能である。 三つ首になっているのは、から続く3000のドラゴン系が上位種になった際の伝統といえる。

次の