アーカーシャ ライジング フォース。 【グラブル】 アーカーシャHL、グランデHLの自発の開始 更なる脱法チャンスを求めて新たな日課を模索する・・・

ジョブ詳細_ClassEXII/ライジングフォース

アーカーシャ ライジング フォース

主人公・ゾーイ・シス・コルル 50を踏んだらデスを召喚します。 この時ニーアがフロントにいるので 敵に 通称メンヘラデバフという防下限の個人デバフの付与と自分のキャラに回復不可効果が入ります。 これが強くてデス打つ時点でコンジャクを打てるんですよね。 コンジャクションで回復しないので。 次のターンにシヴァ投げてシス1シス4ニーア1を切って殴り。 今回 アビ上限ではなく通常上限を採用してる理由はここにあってシスが強すぎて絶対に上限を叩けるからですね。 ソルジャーで5000万近く 50万貢献度 のバーストが叩けます。 大体この時点で143の確定ラインに到達できますが足りてなければ適当にフルチェで終わりです。 キャラの並びの理由について解説します。 完全に途中でするの忘れてました。 簡単に言えば単奥義を打ち続けるためですね。 これが初動殴る前の状況 コルル単奥義 これが1T目殴った後 コルル1とフルファイアを切った後.

次の

最近のアルバハについて

アーカーシャ ライジング フォース

全員フルアビしてから戦闘開始。 ただしまだ奥義は使わない。 この際に主人公のゲージが溜まっていなかったらやり直し。 これで終わりっ! 運用方法 奥義パとの相性が非常に良いので、基本的には必殺装備を揃えて奥義で削る。 現状だとマグナ装備・神石装備ともに必殺系が充実している水属性と闇属性が 運用しやすいが、強い楽器武器がある属性なら全属性で運用可能。 ターン辺りの火力が高く、サポアビによる即死回避もあるため、 高難度ソロ等でも重宝。 取り分け短期なら闇と水、長期なら土と水が強そうかなと思います。 また、闇はリミ武器ですが強力なウン・ハイルがあるので、 そうなると火か光ですが、光も一応天司琴あるので じゃあ火かなーとも思いましたが、個人的には火と光なら 光のほうがライジングフォースを運用しやすそうかなと。 とはいえ基本的にライジングフォースは全属性で有用なクラスなので、 ジョブ専用武器も極端な話全属性あってもいいくらいでしょう。 というわけで、どの属性で作っても失敗ってことはないと思います。 自分は琴キャラが多いって理由でとりま風にしましたが、 土でも良かったかな感。

次の

最近のアルバハについて

アーカーシャ ライジング フォース

グラブルについてです。 虚空武器を作るために、アーカーシャに通いたいのですが、ジョブについて困っています。 調べてみるとスパルタセージで固めた方がいいという情報もあれば、それはもう古いという情報もあり、何が正しいのかわかりません。 スパルタのファランクスが75以降は効かないのと、セージの回復が背水をしたい人に迷惑になってしまうと言う点でやはりスパルタセージはやめた方がいいのでしょうか?だとすると何がいいんですか? 自分は水着ゾーイがいないので、ソルジャーやライジングフォースで火力を出せるわけでもないです。 持っていて活躍できそうなキャラは、黒騎士 ターニャ シャレム コルル 最終シス オリヴィエ フェリ辺りです。 アドバイスください。 スパルタが邪魔になるのはコルルで特殊技を受けた際に瀕死状態にならなくなってししまい自動ダメアビが発生しなくなるため。 セージが邪魔になるのは回復アビによって背水効果の乗りが悪くなるため。 まぁでも、ここらへんのことを言い始めるときりがありませんよ。 もっと言うとルシフェルやノビヨなどの回復石、奥義ゲージアップ系の石を召喚すること ソルジャーの単奥義が崩れてチェイン硬直が発生してしまうため。 デュアルインパルス、士気向上などのアビリティの使用や黄龍槍の使用 同上の理由 などの行為についても貢献度を稼ぐ人からしたら邪魔になってしまいます。 でも、そんなことばかり気にしてたら窮屈でしょう。 気にせず自分が一番良いと思ったジョブを使いましょ。 所詮一部のユーザーのエゴに過ぎないのですから。 私もアーカーシャでソルジャーやライフォ使いますけど割り切ってますよ。 それと、水着ゾーイがいない状態ではどのジョブでも貢献度を稼ぐのはちと厳しいです。 マグナであればなおさらですね。 それでもアーカーシャでなにか貢献したいとおもうのであればトールを持ち込みましょう。 あのマルチで一番大事なものはトールです。 アーカーシャ長くやってるプレイヤーならそこを理解していると思うので、トール投げていれば文句言うやつなんていません。 一方でインフレが進んだ現状、トールがいなくても問題ない人が多いことは事実ですがね。 しかし、それはトールがなくても問題がない装備や立ち回りを考えたうえでの話です。 それに、トールを持ち込むことが自分のためにもなるでしょう。

次の