上野 とんかつ。 激安から高級まで!とんかつ激戦区の上野とんかつ厳選5選

上野の絶品とんかつ!安いのにおいしいお店から老舗人気店まで8選

上野 とんかつ

上野公園やアメ横があることで知られる「上野」。 山手線や中央線を始め、様々な路線が走っているので、アクセスも大変便利な街です。 外国人観光客も多く、日本を代表する観光スポットのひとつとも言えます。 そんな上野には飲食店も数多くあり、中でもとんかつ専門店が多数軒を連ねています。 しかもどのお店も、お客さんが絶えない名店ばかり。 上野は、とんかつの聖地と言っても過言ではありません。 それもそのはず、もともと「とんかつ」という食べ物は、かつて上野にあった「ポンチ軒」が発祥と言われています。 その後、上野や浅草を中心にとんかつを出すお店が増え続けていったというわけなんです。 今日は、上野にある人気のとんかつ店と、おすすめメニューをご紹介していきたいと思います。 上野方面へお出かけの際はぜひご参考にどうぞ。

次の

とんかつ上野

上野 とんかつ

上野へおいしいとんかつを食べに行こう!上野には、安いのに絶品なものから、地元民に愛される老舗、「ぽん多本家」や「とん八亭」といった名店まで勢揃いなんです。 今回はサクッとジューシーなとんかつを味わえるおすすめ店を厳選してご紹介します。 上野で外せないとんかつ屋!創業約70年の伝統の味「とん八亭」 初めにご紹介するお店は「とん八亭」。 「上野駅」広小路口から徒歩約6分のところにある、下町の雰囲気漂うお店です。 こぢんまりとしたお店ですが、カウンター席からテーブル席の用意があります。 お肉と相性抜群のラード100%の揚げ油で揚げられた、とんかつはサクサク!噛むほどに旨味が広がります。 続いてご紹介するお店は「ぽん多本家」。 上野広小路駅から徒歩約2分のところにある、明治38年創業の老舗洋食屋さんです。 先代からのの伝統を受け継ぐとんかつは、お肉の銘柄を決めず、そのときのベストのお肉を選んで揚げるそう! こだわり抜かれたとんかつをいただきたい方は是非、こちらのお店へ足を運んでみてくださいね。 <スポット情報> ぽん多本家 (ぽんたほんけ) 住所: 東京都台東区上野3-23-3 電話: 03-3831-2351 3. 「上野駅」広小路口から徒歩約10分のところにあるお店です。 ひとりでご飯をとりたい方にも、家族連れにおすすめです。 箸で切れるほど柔らか〜い肉質! おすすめメニューは「ヒレかつ定食」¥1,800(税込)。 衣はサックサク、中はお箸で切れちゃうほど柔らかいお肉!口の中でとろけていくようです。 定食には、お出汁がきいた豚汁、漬物、ご飯が付いています。 「上野駅」不忍口から徒歩約1分とアクセス抜群のお店です。 こちらはフレンチテイストをプラスした、こだわりのメニューがいただける洋食屋さん。 おしゃれだけど、カジュアルで雰囲気のレストランなので、肩肘張らずにお食事が楽しめます。 1週間かけて仕込むという、こだわりのデミグラスソースでとんかつをいただけます。 <スポット情報> 上野洋食 遠山 住所: 東京都台東区上野公園1-54 上野の森さくらテラス 2F 電話: 03-5826-4755 5. 「上野駅」不忍口から徒歩約1分のところにある「上野3153」内にあるレストランです。 大きな窓ガラスがある開放的な店内は、座席が豊富です。 創業当時から変わらないという伝統の「ドミグラスソース」でいただくカツは絶品!深みのあるソースがお肉の旨味を引き立てます。 【ランチタイム】 11:00〜15:00 <スポット情報> 上野精養軒 3153店 住所: 東京都台東区上野公園1-57 UENO3153 3F 電話: 03-3832-3153 6. 上野老舗店でこだわりのとんかつを!ボリューム満点の「宝亭」 続いてご紹介するお店は「宝亭(たからてい)」。 「上野駅」広小路口から徒歩約15分のところにあるお店です。 昔ながらの雰囲気を残した定食屋さんのような店構えがたまりません。 フライの人気者、とんかつとエビフライ、ハンバーグを一緒にいただける夢のようなセットです。 「上野駅」不忍口から徒歩約3分、アクセス抜群の居酒屋です。 居酒屋ですがお昼も営業していて、コスパ高いランチをいただくことできます。 店内は暖簾(のれん)をおろせば半個室にもなるテーブル席や、お座敷、カウンター席まで!会社の休憩時間といった、ひとりランチにもおすすめのお店です。 ランチメニューには、サラダとみそ汁と小鉢がセットになっています。 上野の柔らかとんかつの名店!平日がお得な「蘭亭ぽん多」 最後にご紹介するお店は「蘭亭(らんてい)ぽん多」。 「上野駅」広小路口から徒歩約10分のところにある和食屋さんです。 いかにも老舗といった昔懐かしい雰囲気のお店には、テーブル席からお座敷まであります。 落ち着いた空間でゆったりお食事を楽しみましょう。

次の

とんかつ武蔵野

上野 とんかつ

ポークソテーでもなかなか見ないようなこの厚み! なんと一人前で約300gもある。 しかも、毎回オーダーが入ってからカットし、揚げたてを提供する。 ランチでこの贅沢! 説明を聞いているだけでお腹が空いてくる。 ふと、調理している手元を見ていると、筋切りをしている様子がない。 その理由を伺うと、「筋切りは、肉の反り返りや口当たりをよくするために行う下処理。 うちのとんかつは厚みがあるので、縮んだり反り返りもないんです。 肉質がいいので筋を感じない。 なので、肉にかじりつく歯ごたえの楽しさとうまみを感じてもらおうと、そのままで揚げています」(武澤さん)。 国民的メニューのとんかつだが、食べる前から驚きの連続! 次の工程にもさまざまな秘密がある。 ご飯にとんかつを一切れ、そこにカレーとソース、卵黄! 数種類の野菜のすり流しとオリジナルで組み合わせた7種類のスパイス、和食の技法を生かした特製のカレーに、ソースのスパイスが加わると一層おいしい! 「うちのカレーはソースをよりおいしく食べるためのもの。 それほどにこのとんかつとソース、カレーも他の品も、すべてが相乗効果をなし、味を引き立て合っている。 フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の