あおり 運転 東名。 東名あおり運転に懲役18年、なぜ「殺人罪」が問われなかったのか

東名あおり運転事故・石橋和歩被告は強烈なイジメられっ子だった

あおり 運転 東名

法曹関係者は口を揃えて「最高刑20年の危険運転致傷罪や監禁致傷罪を適用するのは法律の拡大解釈になるため難しい」と言っていた。 しかし、一般人も判定を行う裁判員裁判ということもあり、危険運転致死傷罪が適用されたと思う。 一般の人の感情を反映したということで裁判員裁判の特徴がキッチリ出ている。 私はこの判決を尊重すべきだと強く思う。 むしろ求刑23年に対し18年になったことに納得できないです。 今後はどうなるか? おそらく加害者は控訴するだろう。 高裁だと裁定はすべて法曹関係者になる。 当然ながら拡大解釈に対し強い抵抗感持つだろうが、「シロウトの裁判など関係なし」とばかりに違う判定をすると裁判員制度を法曹界で否定することに。 一般市民が判決にも携わる裁判員裁判。 市民感覚での裁判が期待されるが、高裁などで判決が覆されることは多々あるのも現状 高裁としちゃ裁判員制度の可否を判定できないため、一審を踏襲するんじゃなかろうか。 最高裁まで進む可能性大きく、最終的な裁定出るまで数年かかるかもしれません。 危険運転致傷罪の適用で大きな問題となるのが文字どおり「危険な運転とは何か」ということ。 今回検察は「高速道路で4回にわたり前に出るなど危険な運転をした」とし、それが停止した後の死亡事故と因果関係あると認めた。 この判決について複数の法曹関係者に聞いたら「気持ちはわかるけれど拡大解釈だと思います」。 というのも危険運転が直接死亡事故になったワケじゃないからだ。 拡大解釈していけば、法律より心情が優先される韓国のような状況になる。 この点、大いに評価したい。 というのも神奈川県警は追突した大型トラックを『自動車運転過失致死』で書類送検してます。 起訴猶予になっているけれど警察は「追い越し車線に止まっている車両を避けなかったから違反」と認定しているワケ。 起訴猶予ということで刑事罰こそないが、行政処分の根拠になる違反点数についてはキッチリ加算させられるということ。 もし神奈川県警の主張を正しいとしたら、高速道路の本線上で止まっていた被害者を死亡させた原因は、追突した大型トラックの運転手になる。 法曹関係者も高裁や最高裁でこの点は争点になると言う。 自動車の専門家としては地裁の判断が正しいと考える。 高速道路上で止まっていたら避けられない。 この事件を機に、高速道路の追い越し車線に停車していた車両 歩行者を含む と衝突した時の責任をキッチリ決めるべきと思う。 そして走行している側の車両を、渋滞など予見された状況になければ免責すべき。 当然ながらあおり運転で止めたほうは、危険を作り出したことになる。 それが原因で死亡したなら、傷害致死だ。 何より今回はクルマを移動の道具として使っていたのでなく、刃物と同じ凶器として使っている。 だったら危険運転致傷という道交法より傷害致死という刑法犯が妥当。 最高刑20年です。

次の

東名あおり運転に懲役18年、なぜ「殺人罪」が問われなかったのか

あおり 運転 東名

公判では「通行中の車に著しく接近し、かつ、重大な危険を生じさせる速度で車を運転する」という、自動車運転死傷処罰法が規定する危険運転の解釈が争点となる。 検察側は冒頭陳述で「停車が原則禁止の高速道路で停車させる行為は重大な危険を生じさせる」と指摘。 「停車前の妨害運転も含めて一貫した動機で行われており、一連の行動が危険運転にあたる」と述べた。 検察側はまた、石橋被告がワゴン車を停車させ、夫に暴行を加えるなどして高速道路上で監禁したとして、監禁致死傷罪の成立も予備的に主張している。 弁護側はこれについても「停車時間が短く、監禁に当たらない。 監禁の故意もない」と争う構えだ。 検察側の主張によると、石橋被告は昨年6月5日午後9時半すぎ、パーキングエリアで自動車整備業の萩山嘉久さん(当時45)=静岡市清水区=から車の止め方を注意されて腹を立て、嘉久さんの妻友香さん(当時39)が運転するワゴン車を時速約100キロで左側から追い越し、前に割り込んで減速。 同様の妨害を繰り返した末、追い越し車線で停車させて追突事故を引き起こし、嘉久さんと友香さんを死亡させ、娘2人にもけがを負わせたとされる。 また、山口県下関市で昨年5月、他の車の前で自分の車を停車させる行為を繰り返し、窓ガラスなどをたたいて降車させようとしたなどとして強要未遂罪と、他人の車のドアを足で3回蹴ってへこませたとして器物損壊罪でも起訴されている。 (飯塚直人、山下寛久).

次の

東名夫婦死亡事故 裁かれる“あおり運転”│ TBS NEWS 動画ニュースサイト

あおり 運転 東名

関連記事: 後続のトラックが追突 そこで、後続車のトラックが、停車していた萩山さんの車に追突。 助手席に座っていた萩山さん長女、後部座席にいた次女が、衝撃を感じた後に顔を上げると、「父も母もいなくなっていた」ということでした。 それが長女と次女にとって、両親との最後の別れだったのです。 危険運転致死傷罪が適応できない理由 公判の争点は、石橋被告に対して、危険運転致死傷罪が適応できるかどうかというところにあります。 というのは、事故は、被告が萩山さんとの話を終えて、自分の車に戻る途中に起こったため、石橋被告のあおり運転によって、萩山さんが車を停車するにいたtt菜緒は間違いありませんが、被告が車に追突したわけではない。 つまり、直接の死亡原因になったのは、それとは別な大型トラックを運転していた別な人物による追突なのです。 よって、直接、夫婦を死亡させたわけではない、危険運転致死傷罪には当たらないというのが、被告側弁護人の主張となっているのです。 関連記事: 追突した運転手はどうなるのか それでは追突した運転手は罪にはならないのかというと、今回は石橋被告の裁判ですので、ここで、その運転手の起こしたことについてが対象ではありません。 おそらく、今後それは別件で公判が行われることとなるでしょう。 大型トラックは、追い越し車線を走ってはならないという決まりがあります。 しかし、この運転手はそれを知っていながら、守っていませんでした。 追い越し車線は危険度が高い 追い越し車線というのは、通常他の車線よりもスピードが出ているのが普通です。 そして、大型車は、事故の際の衝撃も大きいことはいうまでもありません。 また、慣性の法則によって、スピードが出ていればいるほど、急ブレーキを踏んだとしても、停車するまでが普通の乗用車よりも長い距離を要します。 それらのことから、追い越し車線の走行は禁止されているわけです。 1台前のトラックは避けられた そして、萩山さんとこの大型トラックの間にはもう一つ別のトラックが走行していましたが、前を走るトラックは車線変更をしてワゴン車との衝突を避けたが、この大型トラックの運転手性は間に合わなかったことがわかっています。 その点を男性は、「車間距離を十分にとっていなかった。 100メートルあればぶつかることはなかったと思う」と供述をした通りです。 おそらくは、この運転手は、上記のような点の過失が問われることになるだろうと思われます。 トラック運転手が謝罪 トラックの運転手は、萩山さんの遺族に対して、「両親を奪い、大変申し訳なかった」と供述をしています。 もちろん、石橋被告が停車をさせなければ、トラックはぶつかることはなく、萩山さんが亡くなることはありませんでした。 しかし、トラックが追い越し車線を走っていなければ、あるいは十分車間距離を取っていたなら、萩山さんの車に追突する前に、十分停車する時間的余裕があったかもしれません。 事故の要因は一つではなく、悪い行為が重なった結果、2人の姉妹が両親を奪われることになってしまったこの事件、判決は14日に下されます。 最新記事 あおり運転に判決が下りました。

次の