メルカリ オファー の やり方。 メルカリにオファー機能追加!使い方はシンプルで値下げ交渉に便利?

【値下げ交渉】素人でも成功できる便利なメルカリのオファー機能の使い方

メルカリ オファー の やり方

オファー可能な商品カテゴリーは決まっており、 「インテリア・住まい・小物」「家電・スマホ・カメラ」「スポーツ・レジャー」の3カテゴリーのみ。 オファーできない、ボタンが表示されないときは3カテゴリー以外の商品として設定されているからでしょう。 また、これらの3カテゴリーの商品を出品する場合は自動的にオファー機能が表示され、自分で設定オフにすることはできません。 例えば、10,000円の商品に対してオファーできる最低価格は8,000円までです。 仮に希望価格を5,000円と記入しても「元値の8割以上より高い価格にしてください」と表示され、オファーできません。 また、同時にオファーできる件数は10件までです。 ・オファーが承諾されなかった場合 ・オファーしてから24時間が経過した場合 ・他ユーザーに購入された場合 ・出品者により商品が編集または削除された場合 オファーが成立したときの注意点 交渉成立した場合、希望価格で購入できるのは オファーしてから24時間以内という点です。 出品者が承諾してから24時間以内ではないので、23時間59分後に承諾されたとき、希望価格で購入できる時間は残りの1分間のみとなります。 ですので、オファー承諾のメッセージが届いたら、すぐに商品を購入できるよう準備しておくといいでしょう。 オファーは出品者から嫌がられやすい オファーは希望価格を提示するだけなので、出品者からすればコメントから「値下げお願いします」と交渉された方が気分がいいです。 基本的にオファーしても承諾されない場合が多いので、値下げ交渉する場合はコメントからした方が希望が通りやすいです。 オファーされたときの対応方法 出品した商品にオファーがくると「この商品への値引きのオファーが来ました。 この価格で販売しますか?」と通知が届くので、「オファーの価格で売ります」と「今回は見合わせます」のどちらかを選択して対応しましょう。 商品ページを編集する必要はない オファーを承諾した場合、申請した相手が購入ページに遷移することで自動的に価格が変更されるので、出品者が商品を編集して価格を変更する必要はありません。 かえって商品の編集を行ってしまうと、オファー自体が自動的にキャンセルされるので気をつけてください。 オファー申請、承諾後のキャセンル方法 オファーの申請後、承諾後どちらもキャンセル可能です。 ただ、相手には通知が届いているので、できる限りキャンセルは控えましょう。 オファー申請後のキャンセル方法 オファーした商品ページの「オファー」をタップすると、オファー待機画面に移動します。 待機画面にある「オファーをキャンセル」をタップすればキャンセル完了です。

次の

メルカリ「オファー機能」の詳細や使い方、オファーをキャンセルする方法を徹底解説

メルカリ オファー の やり方

メルカリのオファー機能とは メルカリでは、商品購入前に「値下げ交渉」する文化があることをご存知でしょうか? これは自然なことで、商品を買うと決めたら少しでも安く購入したいと思うのが正直なところですよね。 店舗での値下げ交渉は、お店によってできるところとできないところがあります。 しかし、メルカリは素人同士のやりとりなので値下げ交渉をすれば、相手も商品を売り切ってしまいたい場合は交渉に応じてくれる可能性も大です。 オファー機能を利用すれば、商品ページのコメント欄で値下げ交渉の書き込みをせずに、直接出品者へ希望価格をオファーで提示できます。 もちろん、他の人に見られることもなく交渉のお願いができるので、気軽にかんたんにチャレンジできるのです。 それでは、さっそくオファー機能のオススメな理由と対応の仕方をご説明しましょう。 値下げ交渉を成立させたいならオファー機能がおすすめ オファー機能は、 他の人に見られることなく値下げ交渉ができる便利な機能です。 こちらを見てください。 オファー機能を使わずに、通常のコメント欄で購入者から値下げ交渉が来たときのやりとりです。 購入者から「3800円で購入できませんか?」 とコメントが来てその後3回やりとりを行って取引が成立しました。 このようなやりとりがめんどくさい。。 さらに、コメント欄だと相手からの返信が返ってこなかったり、時にはメッセージのやりとりが長引くことで不快に感じることもあります。 いかがでしょうか? とても気軽にできる上、いちいち文章を考えたりしなくていいので気を使わなくて済みます。 値下げ交渉するなら、コメント欄ではなくオファー機能を必ず使いましょう。 ただし、気軽にオファーできるからといって現実的でない値下げ交渉は出品者に迷惑なので控えること。 メルカリオファーが来たときの正しい対応とは はじめてオファーが来たときはどのように対応したらいいですか? とってもかんたんです。 アプリの新着通知をひらくと、オファーしてきた人の名前も表示されているので安心です。 オファー価格で売る場合は「オファー価格で売ります」 オファー価格で売りたくない場合は「今回は見合わせます」 この2つのうち、どちらかのボタンを押すだけでオファーしてきた人に通知され完了です。 コメント欄のように、文章を打つ必要もなくボタンひとつでかんたんですね。 オファーがきたら、この手順で対応してみましょう。 メルカリのオファー機能が意外に成立する理由 実際オファー機能はどれだけ使えるのか? どれだけ便利な機能でも、使いこなせなくては意味がないですよね。 まだ体験したことがない場合は、一度成功を体験すると見方も変わります。 オファー送信側と受信側のそれぞれの立場からみたメリットをご説明しましょう。 【オファー送信側】他人に見られず希望価格で即成立する可能性がある これは冒頭でお話したとおり、他人にまったく見られることなく出品者だけに「希望価格で買いたい」とお願いの連絡を送ることができます。 そして、出品者から「あなたの希望価格で売りますよ」という意味でオファーが承諾されたら取引成立です。 出品してなかなか売れない商品にオファーが来た場合、出品者がオファー価格で売り切ってしまいたいとおもったら、承諾してくれることもよくあります。 素直に表示価格のまま買うのもいいですが、 メルカリは値下げ交渉されるのは当たり前になっています。 その環境を味方につけて、オファー機能をしっかり活用しましょう。 【オファー受信側】相手の購入希望価格がわかるから承諾しやすい オファーを受ける側はどうでしょう。 時計を9000円で出品していたところ、「8500円で購入したい」とオファーがきたら500円の差なら売れないより、いま売り切ってしまったほうがいいと思うこともあります。 オファーを送信する側は、絶対購入したい価格を伝えるわけですから、受信する側も承諾すればお互いウィンウィンです。 【交渉編】簡単操作!メルカリのオファー申請の仕方 ここからは実践編です。 オファー申請の仕方と、オファー後のキャンセルの仕方についてご説明しましょう。 値下げ交渉したい!オファーの申請手順・やり方 まずは、購入したい商品ページを開きましょう。 いつもの流れだと、「購入手続きへ」のボタンを押して購入へ進みます。 今回は、「購入手続きへ」ボタンのとなりにある「オファー」ボタンを押しましょう。 すると、「出品者の方へお値引きをお願いしてみましょう。 」と出てきます。 購入したい価格を「オファー価格」の空欄に打ち込みましょう。 最後に「オファーする」ボタンを押します。 以上です。 とてもかんたんなので、一度チャレンジしてみると覚えられます。 メルカリでオファーした後にキャンセルする手順・やり方 オファーしたけど、やっぱりキャンセルしたい。 他の出品者から買いたい、他のサイトの方が安かった。 など、あとから出てくることもありますよね。 そんなときでも対応できるよう、メルカリはキャンセルページを準備してくれています。 まずは、オファーした商品ページの「オファー」ボタンをもう一度押してください。 すると、「オファーを送りました。 お待ちください」いちばん下に「オファーをキャンセル」ボタンがありますね。 こちらを押すと、オファーはすぐにキャンセルされます。 ただし、一度相手にオファーを送ると通知されるため、あとからキャンセルの通知を送ると相手もいい気持ちはしません。 できるだけキャンセルしなくて済むように考えてオファーをすることが大切です。 メルカリでオファーできないカテゴリーと価格制限はあるの? 例えば、ずっと欲しかった時計が5,000円で売られていて、3,500円でどうしても買いたいと思ったとき、3,500円でオファーできるのか? できません。 オファーは出品価格の8割以上かつ最低販売価格300円以上という条件付です。 ですので、5,000円の場合はいちばん安くて4,000円でオファーできるということになりますね。 では350円の商品の場合はどうでしょうか? 300円の8割は280円ですが、 最低価格が300円以上なのでいちばん安くても300円でオファーできるということになります。 つづいて、オファー可能な商品カテゴリーに制限はあるのでしょうか? 実は制限があります。 なにも知らなかったら、どのカテゴリーにもオファーできるのかなと思いますよね。 オファー可能なカテゴリーは、こちらの赤枠の3つに限られます。 オファーできない、またはボタンが表示されないときは3つのカテゴリー以外の商品として設定されているからです。 また、これらの3つカテゴリーの商品を出品する場合は自動的にオファー機能が表示され、自分でオフにすることはできない設定になっています。 【オファーするときの注意点】 ・オファー可能な商品カテゴリーは3つに限られている ・オファーできる価格は商品価格の8割以上かつ最低価格300円以上 こちらの2点を覚えておきましょう。 また、オファーしてもメルカリから自動的にキャンセルされる場合があります。 【自動的にキャンセルされる条件】 ・オファーが承諾されなかった場合 ・オファーしてから24時間が経過した場合 ・他ユーザーに購入された場合 ・出品者により商品が編集または削除された場合 これらに当てはまったら自動キャンセルされることがありますのでご注意ください。 【交渉編】メルカリのオファーが来たときの対応の仕方 つぎは、反対の立場になってみましょう。 オファーが来たときの対応の仕方をご説明しますね。 すると、「オファー価格」が表示されていますので価格の確認をした上で、承諾する場合は「オファーの価格で売ります」ボタンを押しましょう。 あとは、購入されると取引完了の通知が来ます。 いかがでしょうか? こちらも迷うことなくかんたんですね。 メルカリオファーを断る キャンセル 手順・やり方 オファーをキャンセルする手順は承諾のやり方と途中まで同じです。 すると、「オファー価格」が表示されていますので価格の確認をした上で、キャンセルする場合は「今回は見合わせます」ボタンを押しましょう。 これで完了です。 【危険】オファー申請がきている最中に出品価格を編集したらどうなる? このような経験はないでしょうか? 5,000円で出品していた時計に、購入希望者から4,000円でオファーがきていて承諾せず誤って出品価格を4,000に編集してしまった。。 この場合、オファー承諾にはならず オファーが自動的にキャンセルされます。 これはわたし自身も同じ失敗をしたことがあります。 これはちょっと違う話ですが、購入希望者から4,000円でオファーがきましたが4,200円なら譲ってもいいと思い、なぜかそこで出品価格を4,200円に編集してしまいました。 その瞬間にオファーが自動キャンセルされたときは、とても焦ったのを覚えています。 わたしと同じ失敗をしないように、このことをしっかり覚えておきましょう。 「メルカリのオファー」まとめ いかがだったでしょうか? メルカリのオファーについてはしっかり読み込めましたか? 他の人に見られず、かんたん操作で値下げ交渉できるのがオファー機能です。 メルカリのオファー申請と承諾、そしてキャンセルの方法はかんたんだったと思います。 重要なのはこちらの3つですね。 【オファー3つの注意点】 ・オファー可能な商品カテゴリーは「インテリア・住まい・小物」「家電・スマホ・カメラ」「スポーツ・レジャー」の3つに限られている ・オファーは商品価格の8割以上かつ最低価格300円以上で申請する条件がある ・オファーがきたら出品価格を編集すると自動キャンセルされる この3つを踏まえた上で、オファー機能を活用してみてください。

次の

メルカリ「オファー機能」の詳細や使い方、オファーをキャンセルする方法を徹底解説

メルカリ オファー の やり方

メルカリのオファー機能とは メルカリでは、商品購入前に「値下げ交渉」する文化があることをご存知でしょうか? これは自然なことで、商品を買うと決めたら少しでも安く購入したいと思うのが正直なところですよね。 店舗での値下げ交渉は、お店によってできるところとできないところがあります。 しかし、メルカリは素人同士のやりとりなので値下げ交渉をすれば、相手も商品を売り切ってしまいたい場合は交渉に応じてくれる可能性も大です。 オファー機能を利用すれば、商品ページのコメント欄で値下げ交渉の書き込みをせずに、直接出品者へ希望価格をオファーで提示できます。 もちろん、他の人に見られることもなく交渉のお願いができるので、気軽にかんたんにチャレンジできるのです。 それでは、さっそくオファー機能のオススメな理由と対応の仕方をご説明しましょう。 値下げ交渉を成立させたいならオファー機能がおすすめ オファー機能は、 他の人に見られることなく値下げ交渉ができる便利な機能です。 こちらを見てください。 オファー機能を使わずに、通常のコメント欄で購入者から値下げ交渉が来たときのやりとりです。 購入者から「3800円で購入できませんか?」 とコメントが来てその後3回やりとりを行って取引が成立しました。 このようなやりとりがめんどくさい。。 さらに、コメント欄だと相手からの返信が返ってこなかったり、時にはメッセージのやりとりが長引くことで不快に感じることもあります。 いかがでしょうか? とても気軽にできる上、いちいち文章を考えたりしなくていいので気を使わなくて済みます。 値下げ交渉するなら、コメント欄ではなくオファー機能を必ず使いましょう。 ただし、気軽にオファーできるからといって現実的でない値下げ交渉は出品者に迷惑なので控えること。 メルカリオファーが来たときの正しい対応とは はじめてオファーが来たときはどのように対応したらいいですか? とってもかんたんです。 アプリの新着通知をひらくと、オファーしてきた人の名前も表示されているので安心です。 オファー価格で売る場合は「オファー価格で売ります」 オファー価格で売りたくない場合は「今回は見合わせます」 この2つのうち、どちらかのボタンを押すだけでオファーしてきた人に通知され完了です。 コメント欄のように、文章を打つ必要もなくボタンひとつでかんたんですね。 オファーがきたら、この手順で対応してみましょう。 メルカリのオファー機能が意外に成立する理由 実際オファー機能はどれだけ使えるのか? どれだけ便利な機能でも、使いこなせなくては意味がないですよね。 まだ体験したことがない場合は、一度成功を体験すると見方も変わります。 オファー送信側と受信側のそれぞれの立場からみたメリットをご説明しましょう。 【オファー送信側】他人に見られず希望価格で即成立する可能性がある これは冒頭でお話したとおり、他人にまったく見られることなく出品者だけに「希望価格で買いたい」とお願いの連絡を送ることができます。 そして、出品者から「あなたの希望価格で売りますよ」という意味でオファーが承諾されたら取引成立です。 出品してなかなか売れない商品にオファーが来た場合、出品者がオファー価格で売り切ってしまいたいとおもったら、承諾してくれることもよくあります。 素直に表示価格のまま買うのもいいですが、 メルカリは値下げ交渉されるのは当たり前になっています。 その環境を味方につけて、オファー機能をしっかり活用しましょう。 【オファー受信側】相手の購入希望価格がわかるから承諾しやすい オファーを受ける側はどうでしょう。 時計を9000円で出品していたところ、「8500円で購入したい」とオファーがきたら500円の差なら売れないより、いま売り切ってしまったほうがいいと思うこともあります。 オファーを送信する側は、絶対購入したい価格を伝えるわけですから、受信する側も承諾すればお互いウィンウィンです。 【交渉編】簡単操作!メルカリのオファー申請の仕方 ここからは実践編です。 オファー申請の仕方と、オファー後のキャンセルの仕方についてご説明しましょう。 値下げ交渉したい!オファーの申請手順・やり方 まずは、購入したい商品ページを開きましょう。 いつもの流れだと、「購入手続きへ」のボタンを押して購入へ進みます。 今回は、「購入手続きへ」ボタンのとなりにある「オファー」ボタンを押しましょう。 すると、「出品者の方へお値引きをお願いしてみましょう。 」と出てきます。 購入したい価格を「オファー価格」の空欄に打ち込みましょう。 最後に「オファーする」ボタンを押します。 以上です。 とてもかんたんなので、一度チャレンジしてみると覚えられます。 メルカリでオファーした後にキャンセルする手順・やり方 オファーしたけど、やっぱりキャンセルしたい。 他の出品者から買いたい、他のサイトの方が安かった。 など、あとから出てくることもありますよね。 そんなときでも対応できるよう、メルカリはキャンセルページを準備してくれています。 まずは、オファーした商品ページの「オファー」ボタンをもう一度押してください。 すると、「オファーを送りました。 お待ちください」いちばん下に「オファーをキャンセル」ボタンがありますね。 こちらを押すと、オファーはすぐにキャンセルされます。 ただし、一度相手にオファーを送ると通知されるため、あとからキャンセルの通知を送ると相手もいい気持ちはしません。 できるだけキャンセルしなくて済むように考えてオファーをすることが大切です。 メルカリでオファーできないカテゴリーと価格制限はあるの? 例えば、ずっと欲しかった時計が5,000円で売られていて、3,500円でどうしても買いたいと思ったとき、3,500円でオファーできるのか? できません。 オファーは出品価格の8割以上かつ最低販売価格300円以上という条件付です。 ですので、5,000円の場合はいちばん安くて4,000円でオファーできるということになりますね。 では350円の商品の場合はどうでしょうか? 300円の8割は280円ですが、 最低価格が300円以上なのでいちばん安くても300円でオファーできるということになります。 つづいて、オファー可能な商品カテゴリーに制限はあるのでしょうか? 実は制限があります。 なにも知らなかったら、どのカテゴリーにもオファーできるのかなと思いますよね。 オファー可能なカテゴリーは、こちらの赤枠の3つに限られます。 オファーできない、またはボタンが表示されないときは3つのカテゴリー以外の商品として設定されているからです。 また、これらの3つカテゴリーの商品を出品する場合は自動的にオファー機能が表示され、自分でオフにすることはできない設定になっています。 【オファーするときの注意点】 ・オファー可能な商品カテゴリーは3つに限られている ・オファーできる価格は商品価格の8割以上かつ最低価格300円以上 こちらの2点を覚えておきましょう。 また、オファーしてもメルカリから自動的にキャンセルされる場合があります。 【自動的にキャンセルされる条件】 ・オファーが承諾されなかった場合 ・オファーしてから24時間が経過した場合 ・他ユーザーに購入された場合 ・出品者により商品が編集または削除された場合 これらに当てはまったら自動キャンセルされることがありますのでご注意ください。 【交渉編】メルカリのオファーが来たときの対応の仕方 つぎは、反対の立場になってみましょう。 オファーが来たときの対応の仕方をご説明しますね。 すると、「オファー価格」が表示されていますので価格の確認をした上で、承諾する場合は「オファーの価格で売ります」ボタンを押しましょう。 あとは、購入されると取引完了の通知が来ます。 いかがでしょうか? こちらも迷うことなくかんたんですね。 メルカリオファーを断る キャンセル 手順・やり方 オファーをキャンセルする手順は承諾のやり方と途中まで同じです。 すると、「オファー価格」が表示されていますので価格の確認をした上で、キャンセルする場合は「今回は見合わせます」ボタンを押しましょう。 これで完了です。 【危険】オファー申請がきている最中に出品価格を編集したらどうなる? このような経験はないでしょうか? 5,000円で出品していた時計に、購入希望者から4,000円でオファーがきていて承諾せず誤って出品価格を4,000に編集してしまった。。 この場合、オファー承諾にはならず オファーが自動的にキャンセルされます。 これはわたし自身も同じ失敗をしたことがあります。 これはちょっと違う話ですが、購入希望者から4,000円でオファーがきましたが4,200円なら譲ってもいいと思い、なぜかそこで出品価格を4,200円に編集してしまいました。 その瞬間にオファーが自動キャンセルされたときは、とても焦ったのを覚えています。 わたしと同じ失敗をしないように、このことをしっかり覚えておきましょう。 「メルカリのオファー」まとめ いかがだったでしょうか? メルカリのオファーについてはしっかり読み込めましたか? 他の人に見られず、かんたん操作で値下げ交渉できるのがオファー機能です。 メルカリのオファー申請と承諾、そしてキャンセルの方法はかんたんだったと思います。 重要なのはこちらの3つですね。 【オファー3つの注意点】 ・オファー可能な商品カテゴリーは「インテリア・住まい・小物」「家電・スマホ・カメラ」「スポーツ・レジャー」の3つに限られている ・オファーは商品価格の8割以上かつ最低価格300円以上で申請する条件がある ・オファーがきたら出品価格を編集すると自動キャンセルされる この3つを踏まえた上で、オファー機能を活用してみてください。

次の